スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無意味なものは意味のあるものと同等あるいはそれ以上に価値がある説 

「表現」などと呼ぶ以上、前提としてそれを伝える相手がいなければその行為自体意味をなさない。相手に何かを伝えようとする事=コミュニケーションなので、あらゆる表現活動の目的はコミュニケーションであり、それのみが意味のある行為ということになる。AからBへ何かを伝える時、AとBの間にあるのが表現で、意思の伝達の方法という事だ。言葉、文字、絵、音、金などなどコミュニケーションの手段というのは世の中にたくさんある。

じゃあ逆に無意味なものってのは具体的に何よ?と考えると、それはコミュニケーションが成立しないものを指す。突き詰めるなら、ハナから他人に観測できないもの、あるいは忘れ去られたもののいずれかなんじゃないか。自分以外の人間が見たり触ったり出来なければ(もっと言えば気配すら感じることが出来なければ)コミュニケーションなんてしようもないし、人の記憶から忘れられたものならば当然コミュニケーションの手段とはなり得ないので、過去にいかに実用的な用途があったとしても実質的には無意味なものと成り果ててしまう。

考えてみれば、この2パターンの範疇に含まれるものって実はとんでもなく多いんじゃねえの。
部屋を見渡してみれば、もはや自分の記憶から忘れ去られたものなんかいくらでもあるし、人にはとても見せられないものだって腐るほどある。いかに情熱を傾けて作ったものでも、コミュニケーションという場に出されないのであれば、表現にはなり得ず無意味なものになってしまう。そういう意味で無意味に終わったものってそれこそ無数にあるはずだ。しかもそれは時間経過と比例して絶え間なく生産され続けていて、誰もあずかり知らぬ所で蓄積されていく。

発掘されていない遺跡、家の天井裏、バッグのポケットの底、一週間前の夕飯のおかずなどなど・・・すべからく無意味よね。コミュニケーションとは完全に切り離されてる。どこかの誰かが何かしらの想いを込めて作った「何か」はどこにでも存在していて、情け容赦なく無意味なものへと変わっていく。

見ることも触れることもできず、誰も知らない無意味な「何か」が降り積もってこの世の大部分は形作られている。そう考えると無意味なものへの愛着も芽生えようってもんですよ。本来意味のあるものの逆説としてしか説明できない無意味の価値というものを、表現というフィールドであればまた別の視点からその価値を再確認できるというわけだ。

言ってしまえば歴史というものは無意味なものが積み重なった塊で、今現在意味のあるものと見なされているものはほとんど表面的な部分でしかないように思う。その意味のあるもののうち価値があると言われてるものってどれだけの割合であるのやら。そしてその価値も人が忘れてしまえば無意味になる。毎日当たり前に触れているあらゆる物が、ベラボーに刹那的な存在に思えてくるじゃないか。

「無意味とはなんぞや」という事を気にし初めて早数年。主観的に意味のあるものにしか価値を見出さない考え方が世間の主流なのは理解した上で、まるっきり無意味なものを主観的に捉えると同じくらいの価値を見出せる、と、ようやくその結論にたどり着いた次第でございます。


おやすみなさい。

スポンサーサイト

何かを作ろうと考えると、往々にして手段が目的に変わる事がある 

おばあちゃん家に泊まるという予定だったので急いで帰宅したら、家にあがった瞬間にやっぱり必要ないと言われたので力が抜けた。

姉が昔から使っていたCDラジカセを捨てると言い出したので、もったいないから譲り受けることにした。でかいスピーカーが入っているのに捨てるなんてとんでもない!塩ビ管スピーカーという存在を知ってから、自作のスピーカーがあったらいいなという思いがあったので、どうせゴミにしてしまうならいっそオレが蘇らせてやろうではないかと。万が一失敗しても懐は痛まないしね。オレは得しかしないっていう。
スピーカーだけでなくCDを回してるモーターだって良い遊び道具になるし。一つのプレイヤーから最低でも2つはモーターが取れる(CDを回すモーターと読み取りヘッドをスライドさせているモーター)から、ほいほい捨てるにはちょいとばかし惜しいんだぜ。くるくる回転するものは無条件で素敵アイテムに認定してしまう性分なものですから容赦なく接収するつもりでございます。近いうちにバラバラにしちゃる。


ところで話は変わるがこれを見てくれ。こいつをどう思う?

テオ・ヤンセンというアーティストの存在を最近知り、その作品のあまりの凄さに感嘆した。動画の作品は、モーターもエンジンも必要とせず、風の力のみで海岸を歩き続ける生き物のように動く機械だそうです。
樹脂のフレームだけで構成されているのにこの動きの生々しさはどうだ!実にフェティッシュである。たまらん。


それをリスペクトした動画がニコニコに上がっていた。モーターを動力としているが基本構造を踏襲しているためコストの割りに完成度が高い。良いね。
関節を上手いこと組み合わせるだけでこうも複雑な動きが生まれるものかと改めて驚かされる。モーター一個でこれだぜ?アイデアだなぁ。


これはまた関係ない人なんだけど、Reuben Margolinというアーティストの制作風景を撮影したもの。木とは思えないうねりっぷり。波の動きに関心を持っているのかな。素材から想像できない動きの面白さと、動きそのものに計算された美しさがあって目を離せない魅力がある。テム・ヤンセンにも同じ事を感じたけど、ここまで来るとアーティストというよりエンジニアに近い気がする。

無機質な構造美と有機質な混沌とした優雅さが同居している。だから美しい。生命発生のプロセスにも通じてるんじゃないか。感動しちゃうね。本当こういうの好きだわ。


秋の夜長にしっとり聴ける作業用BGM。お気に入り。


ついで。最近観た動画の中で一番ハイセンス。全編イメージ映像となっております。

僕って褒められると伸びる子なんだよ 

清水先生と言ってもゼミでお世話になってるデザイン学科の長老様ではなくて、「日芸の文芸学科の教授と言えばあの人」という方の清水先生の話。

その清水先生の「マンガ論」を通年で取ってるんだが、夏季休暇の課題として提出したオレのレポートが「ドストエフスキー曼荼羅」に載る事になってしまった。どうしてこうなった。事務上のミスとかじゃないのか。

今年で3回目の発行になるという「ドストエフスキー曼荼羅」。先生の担当している他の授業の学生や、先生の交友関係の中から募ったドストエフスキーに関する論文やら殴り書きに近いものやらが一冊にまとまった冊子なんだけど、中にはどこかの教授とかが書いたものもあるのでとても馬鹿にできるような内容にはなってない。実際読んでみると様々な人が同じテーマをバラエティーに富んだ観点から論じているので呼んでいて飽きない。中にはハイレベル過ぎてもう訳の分からない事になってるものもあるくらい。そういうのはとてもじゃないがオレの脳味噌では理解不能。
だいたい文学なんて理解できないし、論理の通った文章とか苦手だし、高尚な文章は書けないしそもそも書くつもりもないと思っていたのに、どういう訳かまさかの採用である。どうしてこうなった(←2回目)。

もちろん選ばれたという事自体は大変喜ばしい。他学科公開の授業とはいえ、文芸学科の教授から文章を評価されて嬉しくないわけがない。ただ、ただね、レポートを書いている時点で求められている内容から外れていると思いながらも提出期限だけは守ろうと思って嫌々書いていたものを採用されてしまうとなると、その内容が物凄く恥ずかしく思えてきてしまっていっそ取り消してもらえないだろうかと思ったりしてしまうのですよ。
文字数を稼ぐためとはいえ、わざわざ2007年問題について言及したのは多分オレだけなんじゃないか。落合尚之版の 「罪と罰」のレポートなのに。

今日のマンガ論の授業は、ドストエフスキー曼荼羅に載せるカットを描くというだけの至極簡単な授業でした。好き勝手に絵を描くだけで終わるという夢のような時間。
CAVGHRQ2.jpg
レポートが載るよりこっちが載った方が素直に喜べたと思う。
ラスコルニコフに殺された高利貸しの老婆と、彼女を殺した斧。手塚治虫版を参考に。主役を描こうという気は何故か起きなかったね。多分オレ隙間産業みたいな業種で起業したら案外成功するんじゃないかな。

普段ブログで映画だのアニメだの感想を平気で不特定多数の人間に公開しているというのに、大学の一授業の一環で読む人も限られた冊子に載るマンガの感想程度のもので戦々恐々とするなんておかしな話だ。普通に考えれば逆だろう。

思うにこれは読む人の顔が見える事に対する恐怖なんだと思う。
ブログならいくらいい加減な文章でも許されるけど、レポートともなるとある程度しっかりした文章力が求められ、シビアな目に晒される分はっきりと実力が表れてしまう。そこに書き手の知性というか、ほとんど人格と言ってもいいくらいはっきりと人となりが透けて見えてしまって、要するにオレはとてもとても恥ずかしいぞと。うれしはずかし、なんて、男の言うようなセリフでもなかろうが今のオレの心境はまさにそれ。偉そうな事を根拠も説明もなくいきなり断定的に言い切るのは悪い癖だと反省しております。


話は変わって。
といってもまた授業の話なんだが。

美術作品研究っていう授業を受けていて、毎回学生が作ったミニ彫刻を発表するというものなんだけど、今日の授業で発表された作品に対して突っ込みをいれたら教室中が空気読めみたいな空気になったのでオレはとっても心外です。

そもそも発表された作品自体が美術というより実用を想定したという事だったので、先生が「デザイン学科の人で何か意見のある人はいますか」と聞いてきたんだよ。唯一工業デザインを専攻している人間としてはいくらでも突っ込みどころはあったんだけど、プレゼンみたいに疑問に思った事を言いたいように言ったら揚げ足取りをしているだけと見なされるのは分かりきっていたので、コンセプトや造形面に関してはノータッチで必要最低限の構造と色に関してのみ指摘した。そしたらなんだ。教室は微妙にざわつくし、先生までもが「厳しい意見」みたいに言うんだもの。オレはそんなに悪いことをしたのだろうか。いや、あの状況では悪いことだったんだろう。なんだか悔しい。

美術だろうと実用を考えるならそれなりの知識は必要だろうし、想定できる範囲であればそれほど専門性もなく実験するなり考えるなりすれば分かりそうなものを、美術学科だからという理由でそれをしない理由はないんじゃないの。オレが指摘したのは本当に最低限だぞ。作者本人は割りと納得してくれてたみたいだけど、その周囲にいる人がオレに対して「ありえない」みたいな顔してたのが本気で解せん。和やかなムードの授業だとは思ってたけどあれは馴れ合いという事だったのか。求められた事を正直に答えただけだっつうの。しかも人によって異なる主観的な評価ではなく、理屈でしかない部分の指摘だぞ。

う~ん・・・それでもオレがコテンパンに批判したという事になるんだろうなぁ。言いたい放題言っているように見えただろうから作者の人にとっては少なからずショックだったかも。
理屈でしかない事を相手の感情に配慮してマイルドな表現で伝えるのは相当難しい事だろう。今後デザイン学科の人間としての意見を求められたら、オレはそういう事をしなきゃならない訳だ。いくら難しいことだろうと、自分の常識を相手に押し付けるのは良くないこっちゃ。それだけの話。

少しずつ全体的な思考になっていく自分を、忌避する自分と受け入れる自分と 

ゴールデンウィーク真っ只中ですね。
世間じゃ真夏日だとか寝ぼけたこと言ってますよ。まだ5月だっつうの。外がどんだけ暑いかなんて知ったこっちゃないわ。

こどもの日も近いことだし「このロリコンどもめ!」で有名なバックベアード様のハンコでも作ろうかと思ったけど、参考に拾ってきた画像を一瞬見ただけで断念しました。水木先生本気すぎ。
一応今回は石じゃなくてプラ板の積層なのでパテでいくらでも修正可能です。便利便利。


漫画の原稿を描かなきゃってときに、オレの場合ネタを搾り出す作業があるわけだけど、その度に自分をいちいち掘り下げようとしている自分がいて、いらぬ事を思考しなきゃならない事が煩わしく感じます。
結局自分の事しか描け(書け)ないのでそれは仕方がないのだけど、こう毎回じゃ気が滅入る。

もうちょっと気軽に何かを描けたらいいなぁと思う今日この頃です。例えばラクガキとかハンコみたいにね。
じゃあいっそラクガキでよくね?と開き直ってみるだけの度胸もなく、結局ただ半端に主張したいだけの自己満足的な惨めな結果のみが残る。

このブログでも度々書いていることではあるのだけど、オレは記号的で単純な感情移入というものが嫌いで、それに踊らされたくないがために自己防衛しているようなものなのだけど、それは結局「自分がくだらないと思っているモノと同じに見られたくない」という程度の子供っぽい意地で、その意地を通そうとすると、逆にそれ以上のものを感じるだけの感性・知識・経験の欠如を自ら露呈する結果に終わってしまうのがなんとも言えず悔しくてね。

そういうのもある程度は自覚してるつもりなんだけどな。
それとは別に、感情移入こそが全ての表現の根源的な要素であるのを知っていて、それでもなお感情移入を否定したい自分も認めてあげたいと思ってるのね。
もうオレはずっとその事しか考えてないような気さえする。

で、前ちょっと考えた。
それは「他者を絶対的に拒絶するアートというのは可能か」ということなんだけど、それがどうも不可能臭いと。割とアッサリ結論に至ってしまった。

例えどんなに無意味(に見える)なものを用意したところで、人は意味を持たないものを基本的には認めないし、仮に「そういうもの」として無意味なものを認めたとしても、それは「無意味」という新たな価値を与えられたにすぎず、結局それはそれで「有意義」ということになってしまう。その時点で許容されちゃってんよ。

全ての存在に意味がある、というより、全ての存在は意味を与えられる、というのが正しいか。
存在不能なものは存在しない。トートロジーか。

そもそも絶対的な拒絶を目的とした表現なんてものは存在理由そのものがない。
基本的に相容れないと言われているアートとデザインに唯一共通項があるとすれば、それは「他者」の存在であり、それなしにはそもそも「表現」というものが生まれていないんだ。
その「表現」を形作っているものの一つに「共感」がある以上、そこから離れることは不可能だ。不可能なんだ。(大切な事なので2かry)


何かを表現しようとしている人が何を考えているのかは知らない。
その人が描きたいモノを衝動のおもむくままに描いたモノにこそ鬼が宿るのも分かってる。
ただその表現に他者はいるのかと。やりたい事をガムシャラに突き進む旺盛な貫通力は一度わきに退けておいて、そもそもそれは誰に向けた表現で何のために描いているのかと自問自答すべきなんじゃないか。
いや、全ての表現者にそうなってもらっちゃそれはそれでマズイんだが。
少なくともオレは自分一人でいるよりも他者のいる世界の方がいい。この場合「鋭さ」ってのは二の次だな。

今までは自分だけよければそれでよかったのだけど、最近はこんなことを考えるようになった。なってしまった。良いと捉えるか悪いと捉えるかは今は判断しない事にする。

振り上げた拳の下ろし場所に困る 

ああもうなんてこと!
めちゃめちゃ気合入れて書いた記事が消えた!ファッキュー!!

選美眼がほしいという話をギーガーや村上隆やTENGAを例にあげてまで書いたのに!AVが芸術と認められないのは何故か、とか!俗と芸術の違いとはなんだろう、とか、サブカルが芸術として認められた背景とは、とか!書いたのに!せっかくたくさん書いたのに!なのに保存ボタン押したらいきなりログイン画面になって一瞬でパーだ!なにそれ!どういうこと!?


うわぁ・・・マジへこむ・・・・・・身も心もツンドラ地帯になってしまった・・・・・もう一回書く元気なんかない・・・。

今度から長い文章書くときは別の場所にコピペして保存しながらやることにしよう・・・。じゃないと報われなさすぎる・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。