スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長いこと放置していたヘッドホンを修理 

CIMG0393.jpg
これは一年半ほど前に接点が故障して片方の音が聞えなくなったゼンハイザーのヘッドホン、PX200です。プラグだけ買ってきて自力で修理しようとして見事失敗し、仕方ないから新しいヘッドホンを買い直したという苦い思い出があります。
それ以来ずっと引き出しの奥にしまっておいたんだけど、そのヘッドホンを今日になって突然思い立ち再度修理にチャレンジ。どういうわけか復活したので喜びの報告をしたい。


とりあえず前回修理(というより事態を悪化させただけ)した部分をじっくり観察して状況を把握した。
新しいイヤホンプラグはすでに装着してあるのでハンダ付けだけやり直します。
CIMG0389_20090913201510.jpg
矢印で示している銀色の部分は、ヘッドホン側から伸びている銅線を挟みこんでまとめる役目がある。赤と緑の線が右と左の音を伝えてくれるんだそうです。銅色の線はグランドっていいます。これはとりあえず電気のマイナス極だと思ってください(厳密には違うらしいけど未だに違いを理解できていない)。
こうして見てみると、挟む部分でビニールのカバーが剥かれて銅線が裸のまま束ねられてしまっている。これじゃあ電気信号がごちゃごちゃして最悪の場合ショートしちゃうんじゃないの・・・。そう思ってビニールカバーを挟むように調整しました。

CIMG0394_20090913201510.jpg
お分かり頂けるだろうか。金具でしっかりビニールカバーを押さえてるでしょ。ハンダも綺麗に付け直したしこれで大丈夫なんじゃないの。実にサクサク作業である。(といっても何度かやり直してそれなりの長さのコードを犠牲にした)
この状態のまま通電テストもせずPCのイヤホンジャックに突っ込むと、無事耳元でルイズが「こ、こ、こ、この馬鹿犬ーー!」って言ってくれました。どうやら上手くいったようです。


あとになって調べて分かったことなんだけど、ヘッドホンに使われている緑とか赤の銅線はエナメルでコーティングされ絶縁されている(リッツ線というそうです)らしく、ただねじってハンダ付けしただけでは導通しないそうです。な、なんだってーー!
また一つお利口になりました。

つまり理屈では、オレがわざわざ状況から推測して試してみた事は全然関係なかったってことなのよ・・・。金具でビニールカバーを挟むとかあんまり意味なかったそうですよ・・・。でもちゃんと音鳴ってるぞ・・・。どういうことなの・・・。
よくよく見てみれば、銅線の先っちょがハンダに包まれるようになってる。端面はコーティングされていない銅線が露出しているはずなので、なんとか導通してるって感じなんだろうか。
推測と対応と結果が全然結びついてないけど、まぁ素人工作だしこれはこれで良しとする。また何か問題が起きたらその都度対応すればいいだけだ。

とにかく直ってよかった。
一年半ぶりに使ってみたヘッドホンは、相変わらず低音が若干物足りない、それでいてクリアで広がりのある音でした。これだよこれ。
ずっとPC用に使っていた携帯電話付属のソニーのイヤホンがノイズが酷いものだっただけに、この透明感のある軽い音はとてもありがたい。ただ、以前も思ってはいたけど側圧(耳に当たる部分の締め付ける圧力)がそこそこあるので長時間使うと耳が痛くなるのが難点だ。メガネを使っているだけに結構ネックになる。こういう時こそイヤホンが必要になるんだよなぁ。

スポンサーサイト

電動鉛筆削りをハイパーにする 

1_20090625234529.jpg
暇なので電動鉛筆削りを改造した。

以前からそのモタモタした回転数にイライラさせられていたので、ここらでパワーを付けてやろうと。動力をパワーアップさせてやろうと。つまりモーターを交換してやろうと。
そう思った次第であります。

ちなみにパ○ソニック製です。

続きを読む

LEDトレース台制作 part2 「肉体戦争」編 

1_20090502204846.jpg

さて。
今日も今日とて工作に勤しむわけです。

本日のお相手は今現在使用中のケータイの充電スタンドと導光板になります。
まずは上の写真の充電スタンドを解体し、内臓されているコネクターを使ってLEDを実際に点灯させます。

この充電スタンドは、ケータイを接続した状態でワンセグを観ることができるようになっているので、このような珍妙な形状になっています。正直一切全くこれっぽっちも使わないので中のパーツを取り出してトレース台に組み込んでしまおうと目論んでいます。

続きを読む

LEDトレース台制作 part1.5 「現状把握と今後の方針」編 

トレース台の制作に関して、途中経過についてその都度簡単な説明だけしておこうと思う。こういうことやっとかないとモチベーションを保てない性分なので。

このトレース台の肝の部分として導光板がある。導光板とは先日PCモニターから取り出した分厚いアクリル板の事だが、これはアクリル板の端面から導入した光がアクリル板の中を全反射しながら進んでいく(光ファイバーを同じ原理)ときに、アクリル板に加工された反射ドット(または射出成型による溝)に当たって向きを変え、光が表面に出てくる現象を用い、点発光を面発光に変換することができる優れものだ。

光を乱反射させるにはいくつか方法があるが、今回オレが解体したPCモニターからは期待していたようなものが出てきてくれなかった。
というのも、普通光を乱反射させるためにはアクリル板自体に溝をいれるか、ドットをプリントするにしても金属的な光沢を持たせるとか、光源から遠のくに従ってドットの大きさを変えるなどして均一に光るようにしているはずなのよ。ところが実際はこれだよ↓
doukouban.jpg
お分かりいただけるだろうか。ドットが等間隔に並び、しかもこれ、レーザーで刻印しているだけなのよね。これじゃあ光は反射しないよ。むしろ透けてる。ぼんやり透けてる。

まぁさすがに導光板だけってこともなく、ほかに拡散シートやらプリズムシートやら使って光を効果的に反射・拡散させようと工夫してるのは見て取れるんだけどそれにしたってちょっとなぁ。これで冷陰極管を両サイドに使ってるわけでしょ?若干古いモニターとはいえ無駄だよなぁ。

kakusansi-to.jpg
これが拡散シート。導光板から出てきた光を文字通り拡散させる役割を担ってます。まんまぼかしですね。目線を隠すだけで誰だか分かりにくくなって非常になんというかアレだな。

purizumusi-to.jpg
そしてこちらはプリズムシート。これがまた面白いもので、向こう側のものが複屈折して見えるのよ。正直これはこれで一枚余分に遊び用に欲しい。

このプリズムシートを2枚の拡散シートが挟み、導光板の上に重なっていました。
導光板の下には薄いプラスチックの反射板が2枚。

さて、この状態からどうやって望みの形に仕上げるかという話だけど、とりあえず導光板はこのままではまともに使えない。考えられる方法は、裏面に60個くらいLEDを埋め込む方法と、2ミリ幅くらいで溝を彫ってエッジライト方式にする方法のいずれかになる。
電源が5Vしかないので、いずれの方法にしろLEDは全て並列つなぎとなり、一つ一つのLEDに抵抗を付けなければならず手間が恐ろしくかかるのよね。薄型にこだわるとこういう事になる。

導光板にLEDを埋め込む方法のメリットは、光量を確実に確保できる点だ。その代わり作業量が倍に増え、厚みも数ミリ厚くなってしまう。
エッジライト方式ならLEDは最小限で済む上かなり薄く仕上げることが可能となるが、彫るべき溝の幅など光学的な部分で不備が生じる恐れがあり、結果光量不足になるのではないかと。

一度はステップアップコンバータでも組み込んで電圧を引き上げ、LED取り付けにかかる手間を省こうとも考えたが、コンバータの基盤をトレース台の厚さの中にしっかり収めることができると思えなかったためその案はなしの方向に。
それじゃあどうやったら作業量を減らせるかと考えた結果、ここは一つ失敗を覚悟でエッジライト方式にこだわってみようという事にしました。溝を彫るにしても等間隔でいいよもう。等間隔でやっても十分なくらい高輝度LED並べればいいんだろ。冷陰極管並みの光量が得られるとは思えないけど近づくことくらいできるだろう。

可変抵抗を挟んで光量調節できるようにするかどうかでも迷っている。調節できる方が便利っちゃ便利なんだよなぁ。これもまたツマミの直径が10ミリ以下のものがあればの話で、なければナシになります。ネット上だけで探すのも限界があるかしら。できる限り薄くしていきたいっていう気持ちがあるからパーツを探すだけで一苦労だ。トレース台自体の厚みは10ミリ以下はもう無理なのでせめて15ミリ以下を実現したいね。12ミリくらいになる予想だけども。

あともう一つ迷いどころは分解可能にするかどうかだ。蛍光管の場合は割れたら交換する必要があるので分解できなきゃならないんだけど、LEDのように長寿命で丈夫なものならその必要もないのかなと。完全に接着して固めてしまえばかなり強くなるから、壊れないという保障があるならそうしてしまいたい。

それからもう一つ。思いつきのアイデア。
ケータイの充電アダプターを利用したトレース台ならば、コネクターさえ取り付ければUSBから電源を取ることもできるんじゃないかと。充電アダプターとUSBでは扱っている電圧と電流がほとんど変わらないんだよね。ひょっとしたらPCから電源を取れるトレース台ってちょっと便利なんじゃないか(PCを起動しないとトレース台も使えないが)。まぁこれは最後の最後に付け足すこともできるので、作りながら考えれば良し。

とりあえず明日は学校がないのでじっくり工作できる。

チョロQUSBができるまで 

こいつらを合体させたのでその過程を報告したい。

1_20090411035142.jpg

3_20090411035142.jpg
かたや900円くらいでアキバで買った4GのUSBメモリ。
かたやこれまたアキバのスーパーモデラーズという店の閉店セールで半額で手に入れたチョロQ。

※地味に画像が多いので文章は最小限にします。面倒くさいので。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。