スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費活動楽しいです 

イヤホンに続き新しくWALKMANを買いました。耳周りの環境が一気に変わりますなぁ。
今まではポータブルCDプレイヤーのWALKMANだったわけだけども、今日からはメモリータイプになります。32GBっつってね、2万円もした。高えよ。

すげえ・・・オレ、今、時代のビッグウェーブに乗ってるよ(一世代前のモデルです)。今なら「ポータブルCDプレイヤー?ああ、あのかさばる奴(ワラ」と鼻で笑えるレベル。元々あのCDプレイヤーの操作感の悪さには辟易していたからな。買ってよかったと思います。

Sシリーズなので上位機種のAシリーズやXシリーズよりはハード的にもソフト的にも性能が下になります。音質だって恐らく劣るでしょう。
でも、いい。もーアレよ、圧縮しないで記録容量の限界まで詰め込みまくるつもりだからそれでよしとする。それでいいという事にして自分をごまかす!そこさえ目をつむればデメリット以上のメリットを得ることができるんだ!そうだ!損得だ!シビアに考えろオレ!

今までずっとCDで聞いてきたので、iPod全盛の時代にあってPCに音源を取り込む習慣がないまま現在に至っている。だもんで手持ちのCDを取り込む作業がすごいことに。今もPCの横にCDがタワー状態になってるよ。
ひとつ懸念しているのは、CD一枚の容量がだいたい700MBだとして、圧縮しないでWALKMANに取り込んだ場合50枚弱くらいしか入らないんじゃないかということ。2枚組のアルバムが恨めしい。こうなると一旦HDDに保存しておいて、必要に応じてWALKMANに出し入れするっていう方法をとらざるをえなくなるわけだ。バリュー感・・・あるのか?

まぁ今までのようにCDを一枚一枚取り替える必要がなくなるから、その点においてはかつてない程快適なミュージックライフをenjoyできるようになるはずだ。そう、限りないsatisfactionをGetting My Way・・・。


CDドライブの質が悪いのか、ものすごい勢いでブンブン唸ってるんだが大丈夫なのかこれ。こんなんで正確にコピーできんのかね。
ノートPCのCDドライブって交換できんのかな。できたとしてもどうせまた純正品しか対応品はないですー保証はしないですよーとか言われるだろうからやらないけど。


今夜は久しぶりにバイクをぶんぶん乗り回してる人々が大量に湧いているようで外がえらく賑やかです。ああいう人達も騒音をぶちまけたり人に迷惑かけたりしないで地域にお金を落としてくれれば個人的には走り回ってくれても全然構いません。
どうやらそんな聞き分けのいい人達じゃなさそうなので、おまわりさんどうぞやっちゃってください。おかげで我々市民は安心して眠れます。

スポンサーサイト

最近は男の顔の見分けも付かなくなってきた 

CAD3FIE5.jpg
近頃はすっかり流行の音楽というものに疎くなり、新聞のテレビ欄の横に掲載されていたこのバンドの広告も特に興味のわくものではなかったのだけど、この写真、何度も見返せば見返すほどメンバーの顔の見分けがつかなくなってきて、バンドそのものとは全然関係ないところで興味を持ってしまった。

パッと見れば確かにそれぞれ髪型も違うし顔の作りにも特徴があるはずなんだけど、全体の雰囲気が似ているというか、仮にこの4人が兄弟だと言われてもなんとなく納得できてしまいそうな気がするのはなんでなんだ。もちろんこの4人が似てるというのもオレの主観でしかないから異論もあるだろうが、今こうして見ているこの瞬間にもオレは4人の顔の見分けがつかなくなっていっているのは紛れもない事実だ。
普通、人が4人も集まれば顔の特徴なんてはっきり出るもんだろう。右下の人を基準にそれぞれ微妙にアレンジしましたって感じだ。鼻の形とか全員そっくりじゃねえか。

そうしてこの4人の顔を眺めて何分経っただろうか。ふと彼らから視線を下に向けると、シングル曲のタイトル「見つめていたい」の文字が・・・。
なんということだろう。彼らが曲に込めた思いを、オレは図らずも体現していたとでも言うのか。

なんか今年は凄い人ばかり亡くなるな 

アベフトシ逝去の報せを聞いて大ショック。thee michelle gun elephantのギタリスト。高校時代のオレのスターみたいな人でした。思春期真っ只中に聴いていてなおかつ聴きはじめてすぐに解散してしまったものだから物凄い記憶に残っているバンド。そして人物。

清志朗やマイケルに続き、こうも大きな人が亡くなってしまうとどうにもやりきれない。これから先もどんどん色んな人が亡くなるんだろうなぁ。当たり前なんだけども。

亡くなった日は今月22日の未明なんだそう。日食があった日だね。
「暴かれた世界」でミッシェルの存在を知り、初めて買ったミッシェルのCDが「太陽をつかんでしまった」だった。太陽、掴んじゃったのね。日食という単語を聞く度に思い出してしまいそうだ。ああもうこのCD一生手放さない。
42歳だったそうです。早すぎるだろう。



ミッシェル解散後にも他のメンバーは精力的に活動していたのに対し、アベはずっと音沙汰のない状態が続いていた。それがつい最近活動再開したっていうからすごく喜んでたんだよ。あんまりこういうこと人に話したりしないけど。去年にはミッシェルが再結成するなんていうデマもあったくらいで、内心テンション上がってたんだ。なのにまさかこのタイミングで亡くなるなんて思ってもみなかった。

本当にもう影響受けまくったからなぁ。いかにもな話だけど、曲のタイトルから連想して油絵とか描いたもんだよ。高校の頃。それくらい好きだった。チバもアベもクハラもウエノもカッコよかった。大好きだったよ本当に。あーあーもう。なんだってんだもう。もう4人が揃うことはないんだなぁ。伝説になっていっちゃうんだなぁ。

CDとどいた 

それにしてもアマゾンには感謝感謝ですよ。
家にいながらにして買ったものが届く。素晴らしい。探す手間が省ける。

そんなこんなでまたCD買いましたとさ。金に飽かしてここぞとばかりに買いあさってます。アマゾンは素晴らしい。

以下買ったものリスト。
Pat Metheny Group「Imaginary Day」
Aphex Twin「druqs」
Steve Reich「The Desert Music」
yanokami「yanokami」

こないだ買った分も合わせてそれなりの枚数買ってしまった。実に気持ちがいい。こんだけあればあと3年は戦えるな。

ライヒが品薄だかなんだかでなかなか確保できなかったらしく注文してからやたら時間がかかった。
実はあと一枚注文したものが届いてないのだけど、それもようやく確保できたらしいのでさっさと先払いしてきちゃおうと思います。ワクワク。

もうアレですよ、ライヒが作業用に適しまくりで常用しまくりなんですけども。
作業の邪魔になるほど音楽に意識が持っていかれないから実に気持ちがいい。意識のバックグラウンドで音が鳴ってる感じ。
この人の昔の曲も実験的で好きだけど、近年の曲は聴きやすいから好きだ。どんどん聴きたい。


あとyanokamiが神がかってた。すげえ。
矢野顕子とレイハラカミのユニット。どこまでもフワフワしてて楽しい音。いいじゃないか。


なんだか最近は、ニコニコやyoutubeやマイスペースで気に入った奴を買うという流れができつつある。今まではラジオとかテレビ主体で知ったもの中心だっただけにこの変化は大きい。
調子に乗って学校の図書館で「ミニマル・ミュージック その展開と思考」なんて本を借りちゃったばっかりに(内容に関してはチンプンカンプンです)、自分の中で無駄に音楽熱が高まっています。能動的に音楽を聴く体勢が整ってきたのか(といっても既存のメディアに依存はしているのだけど)。

ああ、頭良くなりてえな。少なくとも無駄遣いばかりしてる人間が賢いとも思えん。

今度はソニーのCDプレイヤーも買ったよ 

有り得ないことにCDプレイヤーが天に召されました。音量調節ができなくなるとか致命傷以外のなにものでもない。
久しぶりにCDとヘッドホンを買った矢先の事ですよ。こっちゃ気合十分だってのにそういう時に限って必ず水を差す子がいるのは一体なんなの。

こんな事でストレス溜めるのもアレなのでさっそく新しいプレイヤーを買ってきちゃいました。
買ってきちゃいました、なんて軽く言ってますけど、なんだかんだで近所の電器屋を3つほど回ってます。いやいや、ポータブルCDプレイヤーなんて今日日誰も買わないからね、在庫がありませんーだの色違いならありますーだのそもそもCDプレイヤーのコーナーすらありませんーだのそんなのばっか。事前にネットで調べて評判の良かったものを探しに行ったのに、どっこいそれどころの次元じゃなかったっていう。

結局希望の品よりグレードの低い機種の、希望の色じゃない奴しか買えませんでした。まぁ若干安くなってるし妥協して買うことにしたさ。この妥協がいけなかったのか、家に帰って蓋を開けてから不満噴出ですよ。

まず何がいけないってプレイヤーの材質が安っぽすぎる。あえて機種名はふせるけどオモチャかこれは。実機なのにまるでモックのような質感に驚いた。

それからコントローラーの操作感の悪さね。ウォークマンのコントローラーは代が変わるごとに劣化していくな。
MP3に対応しているので、CD-Rなどに焼いたものも聞けるようになっているようだ。そのため煩雑になりがちなCDの内容を整理して聞けるように頭だしの機能などを追加している。それはいいよ。でもなんで両手で操作することを前提にしてボタンを配置するかな。どうしてホールドがコントローラー側面じゃなくて裏面にあるんだ。使いづらいことこの上ない。
そもそもパッと見てどう操作したらいいかわからないようなシステムデザインってどうなのよ。説明書を引っ張り出して一つひとつ確認しないと設定もまともにできやしない。

ヘッドホンはコントローラー経由で接続するよりも本体に直接突っ込んだ方が多少音が良くなる。これはいつも通りのことなので驚くことでもないのだけど、本体のボタン類が全て裏面にあるので、ヘッドホンを直接繋いでしまうと、ちょっと音量を上げるのにもいちいち裏返さないといけない。なんで本体側面に付けてくれなかったんだろう。

それからバッテリー周りもちょっと気になった。外付け乾電池のケースが必要以上にごついんだわ。
AC電源も充電スタンドくらい用意してくれてもいいのにそれがない。充電する度にいちいちプラグを突っ込まなきゃならない。本体を置くだけで充電できるスタンドが欲しいよ。オレは。

なんていうか、人の手が触れる部分で詰めが甘い。古い機械でもあるまいし皮膚感のないインターフェイスってどうなんだ。
そもそもウォークマンの売りの一つであるスティックコントローラーだって元々は感覚的に操作できるようにするってのが目的だったのに今ではそれを見失ってしまっている。そういうことができなくなるほど市場が縮小しているということなのか。
まぁどうせこのコントローラーも一年くらいしたら液晶がダメになるんだろうけど。

それから肝心の音質に関してだけど、どうも低音ばかり耳につく。エレクトロニカ聴きづれえ。
ヘッドホンが細かいノイズまで拾ってクリアに鳴らしちゃうみたいなので、このプレイヤーとヘッドホンの組み合わせでは電子音との相性が悪いようだ。そこら辺はオレの好みの問題でもあるんだけども。まぁポップスとかヒップホップを聴く分には十分満足だな。

不満ばっかだね、オレ。こんなことではいけない。でもどこを褒めればいいんだよコレ。とりあえず音が鳴ったからそれで満足するしかないのかね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。