スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終的に他力本願 

ちょっと気付いたことがあったので書いときます。

みんな大好きネコミミについて。

ネコミミについてというか、ネコミミを道標にちょっと考え事をしてみた。


ここ最近劇的に萌える対象がなくなって、「衰え」とか「減退」といった言葉が目の前をチラつくようになったことは以前日記にも書いた。

その原因は何かと考えた末に、「キャラクターとそれを取り巻くモノ(者・物)の関係性こそが重要」という一つの結論に達した。
「達した」と言っても何の事だと言われそうなので説明します。
親切なオレ。


ネコミミはカワイイ。これは紛れもない真実だ。

しかしその反面ネコミミの世界の広がりには限界があることも自覚していなくてはならない。

ネコミミ単体としての魅力以前に、その個性は周囲のキャラクターの存在によって支えられているものであり、それなしにはネコミミという強烈な個性さえも輝きを失ってしまうのだ。(これはネコミミに限ったことではない。
今回はオレの煩悩の一端を担うジャンルとしてネコミミを例にあげたまで。)

つまりネコミミキャラよりむしろそれを取り巻くキャラの方が大事、ってことだ。


対象に萌えるあまり、作品の世界観を無視し「キャラ対自分」の袋小路にはまり込んでしまった人。
感情を先走せらた結果何が大事なのかを見落としてしまった(そのことに気付いてすらいない)人。

このような中身のない萌えへと至る精神状態の推移を「萌えの形骸化」と名付けよう。
いや、名付ける事に意味はないが。
なんかカッコいいじゃないか。

しかしこれによりハッキリするのである。
オレは結局抜け殻のように実体のない幻に対して尋常ならざる感情を向けていたのだ。
つまりネコミミを愛すが故にネコミミしか見ておらず、ネコミミを取り巻く時代、環境、状況、人間(?)関係といった基本的な部分に目を向けていなかったわけだ。
そりゃ限界が来るわけだな。

これは萌え方の違いを言うものであって、決して対象の否定ではないので誤解なきよう。

そしてここにきて実感してしまうのは、腐女子の得意技「カップリング」の凄まじさだ。

作品の世界観をベースに複数のキャラクターを動かし、そこに自らの意思を介在させることで更なる化学反応を起こす。

彼女達は「カップリング」に萌えている。「関係性」に萌えを見出だしている。
また、キャラとキャラの関係をジャンル化する(違いを明確にする)ことで、ありとあらゆる可能性を模索できるようになっている。
凄い。無駄がない。(男にも似たようなことをやってる人はいるけど腐女子ほどじゃない)


まぁダラダラとこんなことを言ってみたところで、オレの言う「萌えの形骸化」なんてものはほとんど意味を持たない言葉だろう。

なんせ中身がないのが「萌え」なんだ。
「萌え」なんざ初めからそうだったのに、さも自分だけ真実に気付いたかのような態度をとるのは滑稽だ。それは自覚している。

でもそうでも考えなきゃ説明がつかない。
いや、むしろそうであって欲しいとさえ思っている。

それ以外に原因があるとは思いたくない。信じたくない。
現実逃避の詭弁だ、これは。


まぁなんだ。

長々と読んでもらっといて今更言うのもなんだが、要するにオレが言いたかったのはこうだ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓















「誰か燃料投下してくれ!!」




このセリフにガッカリした人はこの記事のタイトルでも見ればいいんじゃないかな☆
あははははおれさいてい!

スポンサーサイト

しっかりしようよオレ。 

ネコミミ。


スズタケが夜毎うわ言のように繰り返しているといわれるこの単語。

なぜオレはこれほどまでにネコミミが好きなのか。そこのところが分からない。

これについてはこのブログを立ち上げた当初から考え続けているけれど、未だに納得のいく答えが見つからない。

最近は、どうにもこの思考の先には、単なる自分の理想の女性像を思い描いているだけなのではないかという袋小路しかないような気がしてきている。

つうか今までの論旨だと最終的にはそうなる。
ほぼ間違いなくそうなる。

自称オタクだとは言え、いくらなんでもそれだけは避けたい。

「オレの理想はネコミミ美少女だ文句あっかーーー!!!」
なんて・・・。

オタクとかそういうのを考慮したとしても、流石にこれは人としてどうかしてると思う。
かなり頭悪いよね。

例えば言い方を変えて「ネコみたいな女性」と言ってみるば随分とイタイ空気も緩和されるだろうし、これならば「スズタケはどんなタイプの人が好き?」なんていう一般ピープルがよくする下らない質問(←最低)にも軽く答えることができるけれど、それでもネコミミはネコミミとして確実にオレの心の中に存在している訳で、今後もいわば別腹みたいな位置にそれは居座り続けることになるのだろうと思う。

だから無理してネコミミを否定する気は毛頭ない。ただちょっと自分痛い子よと。

思う訳です。

事実、これまでも実生活においてネコミミが三次元のフィールドに介入してきた事はないのだし、そこのところの住み分けというか干渉は今後もないものと思う。
ただしオレは以前一度だけ妄想で現実を超越したことがあるという経験の持ち主なので、いつどこにネコミミが現れてもなんの不思議もないのね。

この世の中に不思議なことなど何もないのだよ、関口君。

まぁつまり何が言いたいのかというと、自分ハッキリしなさいよと。

心にネコミミへの熱い想いを燻らせたままでいいのかと。

そんな中途半端な心持ちでいることは、なによりネコミミに失礼だろうが。


何が純愛だ!!何が信頼だ!!そんな・・・そんなアレだ!上辺を飾ったりして本当は何がしたいんだよ!何を言いたいんだよ!!想いの丈を叫べばいいじゃないの!!
ハッキリしろよハッキリ!!!






ハッキリしたいです・・・。


答え出ねぇ・・・。

ネコミミって大好きだよ 

さて・・・と。



久しぶりにネコミミ語りでもしようかね。

学校が始まってから、色んな方面からネコミミの解釈を聞くことができたので勉強になった。


しかもそれはオレが思っていたものと随分違うものだった。

大まかに言ってしまえば、どうやらシルエットがネコミミのようであれば、それはネコミミとして認められてしまうようなのだ。
これは一体どういうことか。



驚愕の事実である。

どうやら一般的(オタクの中の『普通レベル』という意味)には、それが実際にネコミミであるかどうかという事は大した問題じゃないんだそうだ。ビックリだ。



明らかにネコミミを模してるような髪型のキャラは結構前から存在してて、その上人気が出てたりするのも事実なんだけど、正直言ってオレはアレが大嫌いでして。

姑息なんだよ。基本的に。



キャラクターとしては「人間」だから「ネコミミ」を付けるわけにはいかない。しかし「記号」としての「ネコミミ」の存在はキャラクターの造形においても価値あるものなので利用したい。「ネコ性」を端的に表現できるツールとしてネコミミを使わない手はない。
なによりネコミミって萌えるしトレンドだし。

そういうノリだよね、きっと。


実際それにより、より自然な形で「人間」に「ネコ性」を加味する事ができるようになったし、なにより「ネコの耳」から「ネコ性」のみを抽出する事によって、従来のネコミミとは違う、更に質的に洗練されたネコミミが誕生したことは注目すべき点であることには間違いないだろう。

「髪の毛の造形でネコミミを表現する」ことを最初にやった人は本当にすごいと思う。時代の流れを合理的に読めてる。

しかし、ただ単にそれをコピーしただけのキャラクターが氾濫しているという現状がオレは気に食わんわけで。
そういう事をしてる奴が姑息だと。そういうわけです。

やるなとは言わない。使いすぎだって言ってんの!



でもオレはやっぱり本物のネコミミが一番だよう。

まぁそんな感じです。




眠いので寝ます。

おやすみなさぁい・・・。

ネコミミとは何を指すか 

ネコミミとは何か。

もうね、自称イタイ感じのオタクのオレにしてみればね、こんな事いちいち確認するまでもないんだけどね、問題の再認識のため、新たな発見を求めて今一度問い直してみようと思う。

とりあえずグーグル先生に聞いてみました。

イメージ検索「ネコミミ」・・・と。


そしたらまぁ出るわ出るわ。

なんだ・・・。なんなんだこりゃ。

基本的にエロ方向なのね。

幼女からお姉さん、少年や中年のオジサマまで幅広い年齢層・ファン層をカバーしてる。

正直見るに堪えないものがある。

まぁオタクのやることだからだいたい予想はついてたけど。

それにしたってヒドイ。


考えてみりゃオタクって一般人がタブーとするところを好む傾向があるように思える。

同性愛、強姦、少女趣味、処女信奉、その他諸々のプレイetc etc・・・。

なんだってここまで欲望に肉薄するのか。

しかもそれでいて「萌え」は「ポルノ」じゃないって言うんだ。
一般人の理解が及ばないのも頷ける。


で、こういったオタク的要素のひとつとして「ネコミミ」がある。

その証拠はグーグル先生がご存知です。


「ネコミミ」は以下の3つに大別できると思う。

①既存のキャラクターにネコミミを付けただけのもの

②オリジナルのネコミミキャラ

③コスプレ

③は別問題として、①と②には大きな違いがある。

①には元のキャラクターにネコミミをオプションで装備したもので、②は始めからネコミミキャラとして存在しているものなのだ。
まぁそんくらい分かるか。そうか。

でだ。
純粋なネコミミっていうのはこの場合②の方になる。当然の話ですね。

では①は何者か。

それを知るには「ネコミミ」にはどのような付加価値があるのかという事を考えなくてはならない。



男が女のことを「子猫ちゃん」と呼ぶことがある。

これには少なからず侮蔑的な意味が含まれている気がするのでオレはあまり好きじゃない。
まぁそう思うかどうかは人それぞれだけど。

ここで注目すべき点は、女性が猫に例えられているところだと思う。

つまり男は猫に人間の女性的な部分を見出していると。

ではそれは一体どういったものだろうか。

恐らく、猫のしなやかな動きや気品のある表情、そして時折甘えてくる性格が「女性的」に見えるのだろう。

昔から「にゃんにゃん」と言えばセックスのことを指していることも考えると、多分これは間違ってないと思う。

世界的に見ても、女性のことを「○○キャット」なんて言ったりしているので猫は本当に女性的に見える生き物のようだ。
しかも性的な意味で。

「猫」が持つ「甘え」と「女性」のイメージ。そして「セックス」。

これらの他にも猫は「体のしなやかさ」や「イタズラっぽい性格」、「無邪気」といった様々な要素を持っている。


そういった猫的なものの象徴として「ネコミミ」はあるのだ。

ネコミミを付けるという事は、キャラクターに「猫的要素」を与える事に他ならない。

既存のキャラクターにネコミミを装備させた時にその傾向は顕著に現れる。
なぜならそのキャラクターには既に「性格」が設定されているのだ。
そこへ猫的な性格を与えるために「ネコミミ」が出動。

手軽に「甘え」や「セックス」といった性格を植えつけることができる訳だ。
ネコミミってなんて便利なんでしょう!

そしてネコミミを付けるだけで、見る者に「猫的な性格をしたキャラクターですよ」と言葉を介さずにビジュアルのみで伝える事が出来るわけだ。
つまりは単なる「記号」でしかなんですよ、ネコミミは。

オレが前から言ってる「『萌え』はカテゴリーに過ぎない」っていうのはこういう事。
そんなもんなんです。


そんなもんだから、容易にエロスや甘えを与えられる道具としてネコミミがオタク達のハートを掴んでいる訳だ。
まぁ単に猫好きが多いってだけかも知れないけど。


ただし、ネコミミを付けることでキャラクターが生きる場合も十分有り得る事なので、全てのネコミミを悲観しようとは思わない。

つうかこのオレがネコミミを否定するはずがねぇだろうがっ!!


とにかく結論。

「ネコミミとは、キャラクターにエロスや甘えをビジュアル的に与える事のできるオプションパーツである。」

こんな感じか。

いちいち確認するような内容じゃなかったね。
発見なんて一個もなかったし。

まぁ実際ネコミミ自体にはコレくらいの能力しかないだろうね。

うん。

とりあえずこれで「『ネコミミ』とは何を指すか」という問題は片付いたと思う。

次は「自分は『ネコミミ』の何が好きなのか」だ。

もうこれはオレの独壇場よ。STAND ALONEだよ。

誰にも邪魔させない。
誰も邪魔できない。

そんな孤立無援、孤軍奮闘なオレの生き様を書き殴りたいと思います。
全国のネコミミスキーに捧る。

オレの熱いネコミミ魂をぶつけてやるゼッッ!!!!
みんな!!覚悟しとけよなっっっ!!!!!!









でもあんまり引かないであげてくださいね・・・。
ね。
そういうの普通に傷つきますので・・・。
ハイ・・・。


それじゃぁおやすみなさぁい・・・。

続きはまたしばらくあとになると思う~~。チャオ~~~・・・。

ネコミミについて本気だして考えてみた 

以前学校の先輩に聞かれました。

「スズタケは自分がなんでネコミミ好きなのか、その理由分かる?」と。

オレは答えられませんでした。
あれから半年近く経つけど、今でも全然分からない。

しかしそれではいけない。

その問いに答えるべく、そろそろ動き出してみようと思う。


「何故」の問いに答えるために、以下の順序で考えてみようと思う。

①「ネコミミ」とは何を指すか。

一体ネコミミと呼ばれるものはどんなものなのか。
まずは、この最も基本的なことを把握することから始め、突破口を開きたいと思う。

②自分は「ネコミミ」の何が好きなのか。

ある意味一番難しい質問。
あくまで主観的な見解を示さなくてはならないため、「他人の意見」とか「一般的な萌え論」から離れなくてはならない。
冷静な自問自答ができるかどうかがポイントだ。

③では何故「ネコミミ」が好きなのか。

「何故山に登るのか。」と問われ「そこに山があるからだ。」と答えるのもカッコ良くて好きなんだけど、ここではそういう感覚的な答え方はしたくない。
「それがネコミミだからだ。」なんていうのは全く答えになっていない。
この問いに対する答えは最終的に自己分析に終わるはずだ。


何のことはない。三段論法である。

論理的な思考が苦手なワタクシとしては、なるべく一歩一歩確実に進んで行きたい訳で。

まぁとりあえずこれで考え方の道筋は作れたかな。
ってこんな事いちいち書き出す事じゃねぇよ。


ゆっくりでいい。
焦る事はないんだ。

感情に気付くために。
気持ちの根源を見極めるために。


複雑怪奇なネコミミ道をもっと深く知るために必要なプロセス。

なんだか先の見えない獣道に迷い込んだ気分だけど。

まぁやれるだけの事はやってみましょう。


私は、ネコミミと自己との関係を追求し、ネコミミとの真の意味での邂逅のため、努力し続けることを、ここに、誓います・・・。

2006年3月6日 「みかんの色素」代表 スズタケ。

































なんちゃって。(セルっぽく)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。