月別アーカイブ

 2006年04月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気のない更新は果たして意味があるのか。 

告白します。











アナタの事が好きです。















ウソです。





本当はブログに書くネタがありません。とても困っています。


別にブログなんか無理して書く必要なんかまるでないし、無理して書いたところで何も面白い事なんか全然ないんだけど、それでも何かを書かなきゃいけないという脅迫観念でもあるんでしょうか、今のオレは借りてきた猫のようにビクビクしています。

正直気持ち悪いです。なんかもうめんどくさいです。

大好きです。アナタの事が大好きです。ウソです。

ああもう。

何書いてんだろオレ。



総長とか事故ればいいのに。

ああもう。なんだこれ。


なんで日芸のバスは金がかかるんだ。
私立のくせに。日大のくせに。マジで考えられない。



ああもう。



今日はなんだか家から出てません。
サークルのHP用に載せるプロフィール。
あれの本文を打ち込んだりしてました。
イラストも大分「イイ感じ」に仕上がりました。

このブログを見てくれてる人なら判ると思いますが、オレは一言でモノを語れる人間じゃないんですよ。

昨日の○×バトンでも、○と×だけで答えろって言ってんのにも関わらずガメラがどうのヘチマのツルがどうのって勝手にベラベラ喋りまくる鬱陶しい男なんですよ。

だからそんなプロフィールがちょっとした言葉で済むはずがないわけで。

自己紹介の域を著しく超えています。

まぁ細かいことはリーダーのセンスにお任せなんですが。

正直ね、イラストの途中段階のものとかここに載せたい気持ちで一杯なんですね。
でもやっぱりサークルの一員として描いたものだから著作権とかどこに帰属するかはっきりしないし、そこらへんキッチリ確認したうえで載せたいと思います。

つうかサークルのHPのリンクを貼ればそれでいいんだけど。

まだちゃんと出来上がってないから、もう少しお預けです。

体勢が整ったらリンク貼ります。それまでしばしお待ちを。
まぁオレはタグとか分かんないから任せっきりなんだけど。申し訳ない。



あ、なんかお母さんが寝言言っとる。

なんだ。どうした。

ウチのお母さんは悪い夢ばかり見るらしいので心配っちゃ心配。

でも今に始まったことじゃないんで「ああ、またいつものか」ってくらいにしか思いません。

どうせ明日になったら「昨日嫌な夢見たのよ~」とか言うに決まってる。

知ってるよ、それは。

脅迫観念でもあるのか。大丈夫なんだろうか。




ああ、しかしめんどくさいな・・・。


家族って時々めんどくさいよなぁ・・・。嫌いじゃないんだけど。

スポンサーサイト

バトンですって!アラヤダ奥さん! 

なんかね、友達から強制バトンなるものを強要されまして。

バトンなのに強制。どういうことだ。

つうかネット上のものに強制力なんざ皆無でしょうに。


それでもバトンを受け取るオレって萌え。


【○×バトン(経験バトン)】

○→経験あり ×→経験なし  (○×で答えてね)

・入院→×
・骨折→○(知らぬ間に足の小指を・・・
・失神→×
・しゃぶしゃぶ→×
・万引き→○
・補導→×
・ギター→×
・ピアノ→×
・メガネ→○(メガネって萌えるよね
・コンタクト→×(ふぁっきん
・テレビ出演→×
・北海道→×
・沖縄→○
・四国→×
・京都→○(京都駅はガメラ3のロケ地でもあるから大好き
・大阪→×
・名古屋→×
・仙台→×(ガメラ2では完膚なきまでに壊滅してましたね
・福岡→×(ガメラ1では福岡ドームで・・・
・漫画喫茶→×(なんかああいう混沌とした空気が嫌い
・エスカレーターを逆走→○
・フルマラソン→×
・10kg以上減量→×
・金髪→×
・日本武道館→○
・横浜アリーナ→×
・ラヴレターをもらう→×
・手術→○(肩のホクロを取りました
・イヌネコを飼う→○
・一目惚れ→×
・先生に殴られる→×
・廊下に立たされる→×
・徒競走で一位→×(徒競走をやるような年の頃はファットボーイだったので基本的に運動全般がダメなのよ
・リレーの選手になる→×(いや、だから・・・
・2メートル以上の高さから落ちる→○(ヘチマのツルから落ちました
・学級委員長→×
・飛行機→○
・ディズニーランド→○
・スキー→○
・スノボ→×
・異性に告白→×
・同姓からの告白→同姓の人自体ほとんど会った事ございません。ん?



もう一つ。



■強制バトン
『見た人は強制的にやらなければいけないバトンです。
 ここまで読んだ方は諦めてください。
 やらぬとすれば、債務不履行として、訴訟します。』

わぁひどい。

■ステータス
HN:スズタケ
年齢:19歳
職業:大学生
病気:書きたくないです。マジで。
性格:よくわからん。割と中年層に好かれやすいと思う。
口癖:口癖より独り言の方が多いです。
靴のサイズ:26・5~27cm
兄弟:兄、姉、弟。あとは妹がいれば完璧なんだけど。
ペット:子どもの頃から虫やらなんやらよく飼ってます。今はワンコを一匹。モコちゃんですね。世界一。

■好きなもの
[色]オレンジ、緑系、紫系。あとはモノクロ。
[番号]0、7、9
[動物]ネコ、イヌ、その他哺乳類全般、爬虫類、昆虫、鳥類も全部好き。軟体動物と微生物、ウイルスの類は嫌い。
[飲みもの]熱燗、上海冷茶、緑茶
[ソーダ]なんでソーダに限定するんだろう・・?別に嫌いじゃないですけど。
[本]本というか作家なら。宮部みゆきとか京極夏彦が好き。でもそんなにこだわりはないですね。
[花]花はその存在自体が好き。だから特にコレが好きっていうのはないです。

■質問
[髪染めてる?]いいえ。
[髪の毛巻いてる?]いいえ。
[タトゥーしてる?]いいえ。
[ピアス開けてる?]いいえ。
[カンニングしたことある?]できたらいいなって思うけどチキンだからできません。
[お酒飲む?]日本酒さえあればいう事はないです。
[ジェットコースター好き?]ディズニーランドレベルでダウン・・・。
[どこかに引っ越しできたらな~と思う?]憧れは海の見える街。坂道があって~静かで~気候の穏やかな~そんなところ。ないか、そんなの。
[もっとピアス開けたい?]開けてねぇっつの!
[掃除好き?]いいえ。
[丸字?どんな筆記?]習字を習ってた事もあるのに物凄く汚い字を書きます。字を書くこと自体は大好きなんだけど。
[ウェブカメラ持ってる?]ねぇよ。
[運転の仕方知ってる?]免許欲しいなぁ。
[携帯何?]auのneonでございます。
[コンピューターから離れられる?]言ってしまえばデジモンなんかもコンピュータなわけで、コンピュータから離れることは現代社会からの離脱に他ならなく、そういう意味では離れられないと思う。それよりオレは「言葉の世界」からの離脱こそ現代の人類にとって必要な事だと思います。
[殴り合いのケンカしたことある?]暴力は嫌いです。否定はしないけど。でも友達の喧嘩を止めに入って、その友達に殴られたことならあります。
[犯罪犯したことある?]軽犯罪なら数知れず。そんなでもないか。
[お水/ホストに見間違えられたことある?]あるわけねぇだろ。純朴な青年を絵に描いたようなオレを捕まえて何を聞くんだ。
[ウソついたことある?]はははははは!バカ言ってんじゃないよ!当ったり前だろうがー!!
[誰かを愛したことある?]はい。
[友達とキスしたことある?]中学の時の友達に、タバコの主流煙を口移しされたことがあります。はじめてのチューでした。ショックでした。男子トイレでの出来事です。ふたりきりだったので余計に「アレ」だと思います。ほとんどトラウマ化してます。
[誰かの心をもてあそんだことある?]はははははははは・・・・。ある。
[人を利用したことある?]二度も聞くな。
[使われたことは?]あああああ・・・・・。よくあるわ。
[浮気されたことある?]浮気もクソも・・・・。もういいです。
[何かを盗んだことある?]はい。
[拳銃を手にしたことある?]フロイトによれば男は皆ガンマン・・・。ハイハイ、もういいよもう。

■今現在
[今着てる服]昔の服をパジャマ代わりにしてそれを着てます。
[今のムード]ムード?モードじゃなく?雰囲気って事?酒が入ってるためフワッフワです。
[今のテイスト]フワッフワのプリップリよ。
[今のにおい]知りたい?
[今の髪型]ボーズ。今も昔もボーズ。何か文句ある!?ぁあ!?
[今やりたいこと]金儲けしたい・・・。カネ・・・。かね・・・。金が欲しい・・・。
[今聞いてるCD]ない。ブログの更新に夢中ですから・・・。無我夢中に、いつも死力を尽くして更新してますから・・・!!
[一番最近読んだ本]しばらく何も読んでないな・・・。CUREとかかなぁ。
[一番最近見た映画]映画館ならナルニア国物語。自宅でならアイランド。
[一番最後に食べたもの]晩飯の豚汁。
[一番最後に電話でしゃべった人]お母さん。
[ドラッグ使ったんは?]ド、ドラッグ!?・・・・ああ、薬ってことね。ステロイドは常用してます。あ、重い?
[地球のほかの惑星にも人類がいると思う?]他の惑星って時点で「人類」じゃないです。でもエロヒムはいるんじゃないの?
[初恋覚えてる?]はい。
[まだ好き?]いいえ。何かの気の迷いだったと思います
[新聞読む?]時間があるときは。
[ゲイやレズのともだちはいる?]いるけど最近会ってない。
[奇跡を信じる?]必然があるなら偶然も当然有り得ます。証明したことはないけど。
[成績いい?]聞くな。
[帽子かぶる?]はい。
[自己嫌悪する?]自己嫌悪こそ前進の礎です。
[なんかに依存してる?]煩悩と依存心の塊です。なんかもうそんな自分がイヤ・・・。
[何か集めてる?]コレクターです。つうかコレクティングなくして今のオレはないです。
[親友いる?]嫌味な質問だよね。どう答えろっちゅうの。いると信じています。
[身近に感じれる友達いる?]それはいる。生き別れた兄弟なんじゃないかって人が。
[自分の字すき?]その前に「好き」くらい漢字でお願いします。自分の字は好きです。はい。
[見た目気にする?]コンプレックスの塊なので気にします。
[一目ぼれって信じる?]あるなぁ。確かにあるよ。
[ビビビ!を信じる?]それはない。
[思わせぶりははげしい方?]質問の意味が分かりません。確信犯って事?意識してそんなことしてる人なんてロクなもんじゃないよね。
[シャイすぎて一歩を踏み出せない?]聞くな。

■自分のこと
[よく物思いにふける]はい、あります。よくあります。それが趣味。楽しいじゃん!物思いに耽るのって。妄想が膨らんでさ。
[自分は性格悪いと思う?]性格の悪い自分が好き。
[いやみっぽい?]皮肉は好き。言わないけど。脳内で溢れてる。
[天使?]は?
[悪魔?]ん?天使か悪魔かの二元論に答えるのがバカバカしいんですが。強いて言えばオレは神だと思います。つうかオレの感情そのものが神の一つの姿だ。
[シャイ?]はい。だからプレゼンとかは地獄そのものです。
[よくしゃべる?]いいえ。好きなことなら他人を無視して喋り倒せますけど何か?
[疲れた?]お気遣いありがとうございます。





はい。以上で終了でございます。

結構邪険な回答をしちゃったね。ごめんね、窓。


もうね~、前にバトンを勝手に貰ってきた時にバトンの恐ろしさには戦々恐々としたんだけどさ、でもこういうのって受け取った方がいいじゃない。

強制力のない強制ってことは、つまり受け手側のノリと寛容、懐の深さが問われる訳で、これに答えないとオレは「つまらない人間」ということになってしまう可能性が高いんだよね。

だいたいこれは自己分析なのか対外的な自己紹介なのかもはっきりしないし、それでは一体バトンってのはなんなのかと。

そうなるわけです。

思うにマスターベーションを他人に見せてるようなものに違いないんだな。
そう考えるとすごいな。とんだ変態だな。

そんなのが世間に溢れてると思うと、急に他人を見る目が変わります。

道行くOLも小学生も学校の先生も右も左も皆変態。

さすが日本。これぞニッポン。世界に誇るジャパニメーションの生まれる土壌だ。気色悪いね。正に日本だね。アハハハハ!



・・・・・。



やっぱりバトンって貞子だよ。本気でそう思う。


まぁ面白いからいいんだけど。

怖い一面もあるってことを自覚しなきゃ意味がないね。

表だけ見てても仕方ないんだよ。裏だけ見ててもそれはただの盲目なんだよ。

両面、あるいはもっと他の面から見なければならない。それは何事においてもそうだろう。

多面的、多重的に物事を捉えられない人が正しい解答に行き着くはずがない。

うん。


実際に学校の授業で「服装の意味」だとか「常識」についてまともに答えられていない人ばかりだったのには正直呆れた。
オレが呆れるんだからよっぽどでしょう。
正しくなくたっていいじゃないか。いつも考えてることを言うだけで十分じゃんよ。
みんなそんなもんなのか。
単位取れたってそれじゃ意味なんかないでしょうに。

オレ以外の人間は皆オレ以上の見解を持っていてほしいなぁ。
もしくは全然違う考え方をしていてくれると助かる。

これって全然無理な要求じゃないでしょう?
巷でよく言われるところの「個性」を見せてみなさい。

と、言いたいことしきり。



まぁこんなこと実際に言えないけどね。

ココでしか言わないし言えません。

チキンですから。小心者なので。ネット弁慶なんでワタクシ。



それぞれに違う人生があるというなら、意見が違って当然でしょう。それが俗に言う「個性」なんでしょう?

だったら積み重ねてきた知識や考え方も人によってまるで違うものであるのは当たり前の事じゃないか。

なのに皆揃って意味のない回答しよって。
言葉の重みを噛み締めなさいと言いたいねオレは。



S水先生の言ってることは面白い。年輪を重ねてきただけの重みは十分ある。

なんのことはないような事でも、長年の経験があるから、たとえ同じ見解でも解釈には雲泥の差があると思って間違いない。

でもやっぱり扱ってる話自体にはあまり面白味がない。

辿り着いた結論がそれかと思う点が多々ある。年月ってそんなもんかと思う事も。
まぁ嫌いじゃないからとりあえず話は聞くけど。
そういう意味ではコエポンの方がよっぽど面白いぜ。うん。

必修科目の恐ろしさ。ああ怖い。



なんだか話が逸れたね。

まぁいいか。

オレのブログだし。
基本的に何書いても大丈夫だし。

天上天下唯我独尊。王子べジータ様的発想。サイコーです。



あんまり人にせっつかないようにはするけどね~。

まいっか~。

おやすみ~~~。

ムシ 

なんだか久しぶりの更新になります。スズタケです。
みなさん覚えているでしょうか。

夜に友達と飯を食べに行ったりすると、どうしてもブログを更新するだけの体力気力が残りません。


今日は割と早くに家に帰って来れたので、こうしてパソコンに向かっていられるわけです。

とはいえ大した話題もないので困っています。どうしたらいいんでしょう。




ああ、ありました、話題。



今日の帰りのバスの中で、ゾウムシを見つけました。

まだ小さくてカワイイ奴です。多分この春生まれた子なんじゃないかな。

もうね、ゾウムシは昔から好きな虫なのね。

噛み付いたりしないし、爪がとがってるわけでもないし、なによりあの愛嬌満点の顔。
指に乗っけてしばらくもてあそんでました。

こんなに小さいのに、なんでこんなにカワイイのかよ。ゾウムシと言う名の宝物。


昆虫は素晴らしい。本当に美しいと思う。完璧なデザインってのはこのことだ。

正に「神のオモチャ」だね。今森光彦さんの言葉には深く共感できる。
あ、今森光彦ってこの人ね↓
http://www.imamori-world.jp/

この人の「昆虫記」っていう写真集を持ってるんだけど、これが本当にキレイでさ。
虫嫌いな人もきっとこの美しさには感じ入るものがあるんじゃないかな。

それぐらい愛情たっぷりに虫達の表情を追いかけてる写真集なんだ。根気よく、その一瞬のために待ち続けている今森さんの真摯な姿勢が感じられる。情熱的な写真の数々。価値ある一冊だよ。本当に大好きだ。

小さい頃から生き物が好きで、だから図鑑やらなんやら色々あったりするんだけど、最近になってそういうのを見返してみると昔とは違う感覚で見る事ができるからすごく楽しい。

ただの写真とかイラストでしかないんだけどね。どのページをめくっても抑揚なく虫が羅列されてるだけなのに。
なんでこんなに楽しいんだろう。

虫の生態って興味深い。ファーブル昆虫記とかも大分読んだ。

基本的にオレの思考って小学生の頃から何も変わってないんだよ。根本的にはずっと一緒。
忘れないようにしたい。


虫の何が美しいのかってことを喋り始めると止まらないような気がするからやめときます。

とりあえずスズメバチが大好きだってことを分かってもらえたら思い残す事はなにもありません。
アシナガバチは誰でも知ってるよね。他にもアリとかも好き・・・。アリだってスズメバチと近縁なんだよ。
それにジガバチって知ってる?ウエストがほっそ~いの。不思議な色気を感じさせる造形が好き。



はい。興味のない人にはよくわかんない世界ですね。どうでもいいですね。ごめんなさいでした。



ところで世界最大の昆虫って知ってます?

考えてみればテレビとかでも全然取り上げられないから知らないんだよね。

哺乳類とか鳥類は当然のようにみんな知ってるのに。これって差別?

で、調べてみました。

グーグル先生、お願いします。

いや、やっぱりウィキペディアの方にします。先生ごめんなさい。悪気はないんですよ。


で、その結果がこちら↓


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E
3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E6.98.86.E8.99.AB.E3.81.AA.E3.81.A9

ギネスの内訳なんだけど・・・。


・・・・・・・・・・。


知ってる名前がほとんどない。
つうか「世界最大」を細分化し過ぎでしょうが。

まぁいい。そんなもんだろう。

昆虫の世界が多彩で面白いってことはよく分かったよ。
それでいいんだよね。そうなんだよね。




まぁ・・・・・そんな感じです。



おやすみなさぁい。
明日から金色週間だ。じっくり課題と付き合おうではないか。

スタックスのヘッドフォンを本社で聴いてきた感想。 

はいはい、昼頃にも書きましたけどね、スタックス本社で試聴してきましたよ。

只今よりその感想を書き殴りたいと思います。



「入門機としてはどれがいいか」という事を尋ねたところ、まず紹介されたのが「SRS-2050A」。

アンプとセットになってる比較的安い製品。

そう。スタックスのヘッドフォンは全てアンプが必要なんですね。

アンプによって音質も俄然変わってくるという本格派でございます。

で、とりあえず聴かせてもらったところ・・・




感・動!!!




参考のためにと持参したCDは、PE'Zの「スズ虫」、スティーブ・ライヒの「ライヒ/ディファレント・トレインズ」、そしてスパングル・コール・リリーラインの「TRACE」の3枚。(ちなみにスパングル~を知らない人はここでお勉強してね。すごいから。→http://www.lilliline.com/

どれも聴かせる音楽。割とおとなしめなチョイス。でも最高にアツイぜ。


一通り全てのCDで聴いたんだけど、正に別次元。オレが今まで使ってたヘッドフォンがヘボ過ぎたのかも知れん。

CDにはこんなにもたくさんの情報が詰まってたんだ~って思いました。

聞こえてなかった音がはっきりと聞こえましたね。

これを聴いてしまうと、大抵のヘッドフォンがバカらしくなってくる。

電器屋に売ってるような奴は、重低音ばかりに気をとられて音が汚くなってる。必要なのはバランスだ。ごまかされちゃダメだ。

今回そのことに気付かされた。

細かいんだよ。一つ一つの音が。キチンと分かれてるし。



で、その次に「ポータブルできるものはないか」と聞いてみた。

唯一あったものが「SR-303」。これだけ。そのほかは全て屋内用。

できれば持ち歩けるものがあればそれに越した事はなかったんだ。普段持ち歩くことがメインだし。

だからこれも聴かせていただきましたが・・・。

う~~ん。どうもこれは・・・・違うな。

きっとね、耳の中を2ヶ月位掃除しないとこういう音が聞こえるんだろうな。そんな気がする。

ぼやけた音。ボソボソ感というか。

確かに他のイヤホンなんかと比べたら段違いの音なんだけど、これは正直見るべきところは技術面のみだなぁ。

静電型をここまで小型化できるのって多分スゴイことなんだと思うよ。そこは素直に思う。

でも肝心の音の方はいまいち。

これに2万払うなら、もう2万払ってさっきの奴買った方が断然得だ。

この時点でポータブルは完全に諦めました。



せっかくだからもっと良い音を聴かせて貰おうというわけで、全クラスの製品を出してもらい、聴き比べてみることに。

で、まず聴いたのが「SR-303」。
「SRS-2050A」のヘッドフォンよりも1ランク上の製品。

まぁこんなもんだろう、1ランク上なら。

若干角が立ってるような感覚があったけど、、まぁ確かに良い音には違いない。
でもオレにはその微妙な感覚がどうも苦手だ。トゲみたいに鳴るの。

そうそう、この時辺りから聴く曲を統一して、スパングル~の「corner」で聴きました。この曲が本当にステキで、特に終盤が昇天モノ。ライナーノーツにも書いてあったけど、クラリネットのフリーキーなメロディーが脳ミソを融かします。全体にジャズの香りが強い曲なのでこういう試聴にはもってこいでしょう。

でな、刺々しい音の話なんだけどな、この曲のシンバルが特に痛々しく聞えてくるわけなんですよ。

全体的に聴きづらいかなぁ。まぁ好みによると思うけど。


次に聴いたのが「SR-404」。もう一つ上のランク。

これはさっきの問題点を克服してキレイに鳴ってます。

でもその後に最高級機「SR-007」を聴いたら目が覚めました。

なんだこれはっ!!!

正に別格!繊細さと力強さを高い次元で融合させてるよ!!
間違いなく未体験の音質!!
くあ~~~~~~っ!オレはこれを待ってたんだ!!!

試しに「SRS-2050A」と交互に聴き比べてみるとその差は歴然。

全ての点において「SRS-2050A」を遥かに凌駕してる。
明らかに、違う。

あんまり良い音だからそのままCD聴き続けちゃった。

これはね・・・、ハッキリ言って聴かないと損だよ・・・。

無料でこんな良い音を体験できるんだから、電車賃払ってでも絶対に聴くべき。

悔やまれるのは、もっと色んなタイプの音源を用意して行けば良かったなという事。
ハードロックとかファンクがどう聞こえるか試せばよかった。
もっともそういう類の音で音質を判断するのも難しいんだけど。



あ~~~、それとね。スタックスのヘッドフォンってほとんどオープンエアーなんだけど、これが並みのオープンエアーじゃなくって音が冗談みたいにだだ漏れなんですよ。

だから間違っても人の多いところとかで使っちゃいけないし、逆に言えば外の音もよく聞こえるから、聴く環境はキチンと整えなければならない。

まして静電型なんていう特殊なタイプだから埃も嫌うし。
お世話が大変なヘッドフォンのようなんだよね。

まぁ「お帰りなさいませ、ご主人様♡」とか言うようなBITCHとは話が違うということですね。

普段はツンツン。いざという時はデレデレ。
そんなヘッドフォンなんだと思う。
まったく素晴らしい事じゃないか!



良いモノには金がかかる”こともある”。
その好例なんじゃないかな。

手始めはやっぱり「SRS-2050A」でいいかな。これでも十分聴かせてくれるし。
徐々にランクを上げてけばいいや。

学生の身だからそこまで金を注ぎ込めないとは思うけど。欲しいモノは他にもたくさんあるし。

じっくり付き合おうではないか。

タイトルなし 

29日に所沢のダイエーにユザワヤがオープンするんだそうだ。

所沢近辺のレイヤーが喜びそうですね。

日芸生も喜びそうですね。

柳瀬川駅ホームにて 

20060425150907
一瞬、

「危険ですので ドアの萌には 立たない様 お願いします。」

に見えた。

スッゲーーーーー!!!! 

たった今スタックスで試聴してきましたん!!!!

どうしよどうしよ!!!!スゴいよスタックス!!!!!

酔うわ~~~。酔えるわ~~~~。

世界にはこんな音があったのか!!!!

一時間かけてガッツリ聴かせて頂きました!!!!

や~~~~~~~~ばい………。たまんねぇ………。

あまりの音の細かさに、聴きながらニヤニヤしてしまったほど。

スタックス萌え!スタックス萌え!サイコーだぜ!!!

家に帰ってから個々の違いについて詳しく書きたいと思います。

ネコミミって大好きだよ 

さて・・・と。



久しぶりにネコミミ語りでもしようかね。

学校が始まってから、色んな方面からネコミミの解釈を聞くことができたので勉強になった。


しかもそれはオレが思っていたものと随分違うものだった。

大まかに言ってしまえば、どうやらシルエットがネコミミのようであれば、それはネコミミとして認められてしまうようなのだ。
これは一体どういうことか。



驚愕の事実である。

どうやら一般的(オタクの中の『普通レベル』という意味)には、それが実際にネコミミであるかどうかという事は大した問題じゃないんだそうだ。ビックリだ。



明らかにネコミミを模してるような髪型のキャラは結構前から存在してて、その上人気が出てたりするのも事実なんだけど、正直言ってオレはアレが大嫌いでして。

姑息なんだよ。基本的に。



キャラクターとしては「人間」だから「ネコミミ」を付けるわけにはいかない。しかし「記号」としての「ネコミミ」の存在はキャラクターの造形においても価値あるものなので利用したい。「ネコ性」を端的に表現できるツールとしてネコミミを使わない手はない。
なによりネコミミって萌えるしトレンドだし。

そういうノリだよね、きっと。


実際それにより、より自然な形で「人間」に「ネコ性」を加味する事ができるようになったし、なにより「ネコの耳」から「ネコ性」のみを抽出する事によって、従来のネコミミとは違う、更に質的に洗練されたネコミミが誕生したことは注目すべき点であることには間違いないだろう。

「髪の毛の造形でネコミミを表現する」ことを最初にやった人は本当にすごいと思う。時代の流れを合理的に読めてる。

しかし、ただ単にそれをコピーしただけのキャラクターが氾濫しているという現状がオレは気に食わんわけで。
そういう事をしてる奴が姑息だと。そういうわけです。

やるなとは言わない。使いすぎだって言ってんの!



でもオレはやっぱり本物のネコミミが一番だよう。

まぁそんな感じです。




眠いので寝ます。

おやすみなさぁい・・・。

お天気さん 

今日はすごい天気だった。

早朝に雨が降っていたらしく、空気がひんやりとしていて気持ち良かったね。

風がちょっと吹いてたから少し肌寒いくらい。雲はビュンビュン移動してた。

どういう気象条件なのかよく分からないけど、なんだか夏みたいな空模様が広がってた。







どちらも大学の敷地内で。



湿度が高くて日差しも柔らか。あたたかい空気に涼しい風。

すごく理想的。大好きな天気だった。

ここ最近こんな天気が続いてるからオレはとてもウキウキしてます。

多少課題があろうがなんだろうが関係ないね。
コエポンなんて全然怖くないサー・・・。



こんな天気が一日中続いたので、当然夕方も光の具合が良い感じでして。

つまりこういう事。
帰り道。
武蔵浦和駅のホームから見た富士山。





いつ見てもこの景色はいいね。

フェンス(?)が邪魔だけど。それさえ無視すれば眺めは最高。

夕暮れ時の民家の灯りとかって好きだ。なんだか分からないけど好きだ。

人の気配のする景色が好きなのかも知れない。土臭さとか。


オレの通学路は良い景色が多いから割と気に入ってる。電車の質はともかくとして。

これであとはバスが無料になってくれたらなって思います。

コネって大切。マジでコネとか欲しいわぁ。 

よし!!決めた!!

ヘッドフォン買うぞ!!

給料入ったし!

STAX本社での試聴も予約したし!

今回はちょ~~っとばかし奮発させてもらいまっせ!


迷ったけどね~。ベイヤーかスタックスか。

デザイン的にはベイヤーの方がいいんだけどね。
スタックスの奴って黒板消しそっくりなんだもん。

それでもやっぱり性能と評判の良さでスタックスの勝ち。

まぁガタガタ言わずにこれでも見なされ↓
http://www.stax.co.jp/index-J.html


それにしても驚いたね。

世界的に有名(らしい)スタックスの本社は、なんと埼玉県内にあるんだってさ!

びっくりだ。

埼玉といえば、特産品とか観光地とかが全然ないくせに、犯罪の数だけは全国でもトップレベルのベッドタウンとして有名なのに、まさかこんなところに世界に誇れる技術を持った会社が存在しているなんて想像もしてなかった。

いや~~、まだまだ捨てたもんじゃないよ、埼玉。

そしてそして、スタックス本社の所在地が、定期券の範囲から少しだけ離れた場所にあるから、大して電車賃もかけずに最高のヘッドフォン(イヤースピーカー)を聴きに行けるのね。

ラッキーだ。久々にラッキーだよ。



本物を聴きたいと願い続けて早幾年・・・。
とうとう良い音を手に入れる瞬間が近づいてきた。

多少の出費はこの際考えまい。こういうものは痛みを伴うものなんです。



オーディオってなんでこんなに金がかかるのかすごく疑問なんだけど、好きな人にしか判らない世界なんだろうから、外野がとやかく言っても関係ないんだろう。

それでもやっぱり言いたくなるよ。
いくらなんでも明らかに敷居が高い。なんとかしてもらえないだろうか。

そういえば昔、「ケツがなんで割れてるのかって言うと、拭くときにツルンとしてたらちゃんと拭けなくて困るだろ?だからだよ。」って兄が教えてくれました。いまだに忘れられません。 

唐突にこんなことに疑問を抱いてしまったオレは一体なんなんだろう・・・。



みなさん、お尻っていくつだと思います?



はぁ・・・・。



いやさ、尻って割れてるじゃないの。

二つに割れてるじゃん。

でも数える時は「一つ」って数えるよね。

それって一体どういうことよ、と。



そもそも尻とはどこの事を指しているのか。

臀部。それには違いあるまい。
腰から下あたりの、いかのも「でんぶ」って感じの部分だね。
あの一塊のことを「一つ」としているわけで。


でもね、ちょっと考えてほしいの。

「脚」の一部としての「尻」というのは、必ずしも「一つ」の尻とは言い切れないと思うんだ。

つまりだ。

歩くために必要な筋肉としての「尻」というのは、左右で別々の独立したユニットなのではないかということだ。

尻が左右で別の存在だっていうことは、数え方も当然「一つ」ではなく「二つ」になるはずなのである。

一人の人間には尻が二つある。これこそが真の尻の姿なのではないだろうか。



分かりやすく言えば、「尻」からウ○コが出るわけではなく、「脚の間」からウ○コをひねり出す感じ。

こう言うとちょっと表現が最低なんだけど・・・。


いや!真実から目を背けちゃいけないね!
本当の意味をここから発信していく意味でもオレは言い続けなければならない!



尻は二つ!!もう譲らない!!もう決めたもんね!!知~らねっと!!

えええええええ!!!って気分。 

今日は朝から驚かされてしまった。

日本ハムファイターズの新庄剛選手が、今季限りで引退する意思を表明しました。

うそぉ・・・。

なんで?

新庄好きなのになぁ・・・。

なんでも体力的に限界なんだそうだ。

う~~ん・・・。

まぁそういうのは本人にしか分からない事だからねぇ。
周りがとやかく言ってもしょうがないんだけど。

でもまだ34歳なんだよ?若いよね。もったいないなぁ・・・。



新庄といえば、オレの中では2004年のオールスターゲームでのホームスチールが印象に残っている。

あれは本当に驚いた。意表を突くっていうのはこのことか!

しかも試合前に宣言していたMVPもしっかり受賞してしまった。

有言実行。本当にすごい男だ。


そういうことを飄々とこなしてしまう。
実力があることの証明だろう。
かと言って力を誇示したりしないし。そういうのってカッコイイと思う。



新庄は言いました。
この時期に引退宣言をすることで、今まで以上にいい成績を残せるのではないかと。

そうやって自らを追い込む事で生まれる力の強さを彼は知ってるんだ。
ただチャラいだけのアンチャンとは違うってこった。



それにしても新庄は今後どうするんだろう。

また発言を撤回したりして。

野球解説者っていうタイプでもないし・・・。

タレントになったらなったでキャラクターが濃すぎて周囲の人間に迷惑がかかりそうだ。

モデルとか・・・?

華やかな舞台が似合うのは確かだね。

いっその事役者でもやれば・・・。

イチローも挑戦してるんだし。

あ、でもセリフとか覚えなさそうだ・・・。


なんか想像できないや。
いまいちしっくり来ない。

走ってる新庄の姿しか思い浮かばんわ。



やっぱりスポーツをやっててほしいなぁ。

ゴルフでもいいからさ。

意外と似合うかもよ?プロゴルファー新庄。

カーリングとか。
セパタクローとか。
カバディとか?いや、流石にカバディはないだろう。



まぁ新庄のことだから、こっちが思いもしないことをやってくれるんじゃないかな。

とにかく、今シーズン限りで野球選手としての新庄は見れなくなってしまう。

是非とも頑張ってもらって、ファンの記憶に残るプレーを見せてほしいと思う。

新庄がんば!応援してるぞー!!

ひさびさに更新 

オレが参加しているサークルは非公認サークルである。

今週の月曜日から机出しが始まり、本格的に新入生をゲットする段階にまでようやく来た。

末端構成員であるオレは全然仕事をすることもなく、いつの間にかここまで来ていたので、冷静に考えみたら実は凄い事やってるんじゃないかって事に今更気が付いた。



いや~、一年生っていいね。

何がいいってオドオドしてるのがイイ。

「私、どうしたらいいの・・・?」みたいなね。

右も左も分からない感じ。マジでカワイイと思う。

初々しいっていうのがこういう事なら、初心者っていうのはもうその存在自体が神みたいなもんなんだと思う。

計算してそういう態度とってるわけじゃないもんね。素晴らしいね。

意識しないからこそ生まれるその仕草。それは、新入生にしか持ち得ない武器なんだと思う。そしてその武器は往々にして最強の武器になる。恐ろしいもんだ素晴らしいもんだ。



類は友を呼ぶと言うべきか、そういう人材をこちらが求めているせいなのか、そのどちらかは判断がつかないが、いずれにせよ今日も多くのオタクが机出しにきてくれた。

よーきた!よーきた!みんな仲間だ!こっちおいで!

そんな感じ。壁なんかないね。

つうかむしろオレの方がオタク負けして引いてしまったくらいの人も中にはいらっしゃって・・・・。

まぁ・・・いいよね。人それぞれなんだし。どうせあの人は冷やかしだし。

覗いてってくれてありがとうございました。



まぁなんだかんだ言って、結構優秀な人材が集まりそうで嬉しい限りなんですが。

カワイイね、一年生。デザイン学科の後輩が増えそうでワクワクする。

ハイクオリティーな作品を作れたらいいなって思います。

まだまだ始まったばかりのサークルだから今後が楽しみだ。うん。




・・・・・・・なんかね、ここ最近ね、オレの去年の成績がデザイン学科内で広まりつつあるみたいなのね・・・。

普段あんまり話さない人とかにも「成績ヤバイんだって~?」とか言われる始末。

オレはサル山のボス猿じゃねぇ!!あんまり見るな!!
見たいなら金払えコラッ!!

って言ってやりたいこともしばしば。

まぁ実際に言ったりはしませんが。小心者なので。ネット上でしか喋れませんからワタクシ。

情報の出どころも分かってるし、そんな事をいくら言われたところでオレの成績が上がるわけでもないし疲れるだけなので適当にあしらってますが、そろそろ不快指数が上昇傾向にあるので、ボルケーノが爆発しないうちにCDでも買って音楽から刺激を貰ってスカッとしようと思っています。

ほんと、大きなお世話もいいとこ。
優越感に浸りたいだけの人がグダグダ言ってくるのが一番腹立つ。

まったく!純朴で純情な青年を絵に描いたようなこのオレを捕まえてだ!根堀り葉堀り個人情報を聞きだそうだなんて・・・。

ああ眠い。

びっくりしたぁ・・・ 

またしてもトロイの木馬に感染。

なんとか駆除。

これで二度目だ・・・。


もう・・・。


潜伏しないでほしいなぁ・・・。


どうせそのうちまた出てくるんだよコイツ。腹立つわぁ~。

どなたか完全に駆除する方法を教えてください・・・。お願いします・・・。

♪ガッメラ~ガッメラ~♪ 

マジかよ!

マジなのかよ!

帰ってくるぞ!

僕らのガメラが帰ってくるぞ!!

嗚呼、何年ぶりの事だろうか!

http://gamera.jp/

いや~~~~、驚いたね。

武蔵浦和駅のホームにでかい看板があってね。
今日初めてそれに気付いたんだよ。



でもなぁ・・・・。

な~~んか違うんだよなぁ・・・。

ガメラって可愛いキャラクターじゃないもんよ。

こんなね、人に媚びる怪獣じゃないんだよ。

子どもの味方である初代ガメラだってあの顔だぜ?邪悪すぎだよね。

まぁ時代の流れからして可愛い方が売れるのは確かなんだけど。

平成ガメラで思い切り世紀末感を盛り上げちゃったから、ここでテンションを減圧しておこうと。
そういう気持ちもあるんだろう。

子どもの手にガメラが還ったって事だけでも十分意味のあることだけどね。

ただ、凶悪なガメラに心ときめかせてたオレにしてみれば少しだけ残念だなって。

思っただけです。

だって・・・・。

あんなのじゃちょっと・・・・ねぇ。

なんつうかアレだ。

「ET」とネバーエンディングストーリーに出てくる「モーラ」を足して2で割ったヤツを空に飛ばした感じじゃないの。

うん。

まぁいいや。

ゴールデンウィークにやるんだそうだ。
観に行こうかな、どうしようかな。

とりあえず「ニューワールド」を観てから考えますわ。



ああ、なんか今テレビで「マトリックス リローデッド」がやってるよ。

この映画ね。

カーチェイスのシーンが大評判ですね。

確かにすごい迫力だよね。

高速道路をバイクで逆走とか車の上をぴょんぴょん飛び回ったりするの。

車がバカバカ壊れるでしょう。すごいよね。

あんなのマトリックスの世界観がなければできっこないわ。

でもね、オレ思うんだ。

あれって興奮自体は思いっきりアナログなんじゃないかって。
そんなに大騒ぎするこっちゃないと思う。



マトリックスが魅せる世界のどこがスゴイかっていうと、時間と空間を操作して今までにない映像美を作り上げたってところにあって。

それまでの映像技術の集大成としてマトリックスサーガは大成功を収めたわけで。

色んな業界に影響を与えたって意味でもすごい映画には違いないね。

ワイヤーアクションをスタイリッシュなものにまで昇華させた功績は大きい。

歴史を変えた映画だよね、確実に。


まぁいくら優雅なアクションをやったところで、ネオはジャッキー・チェンのスピードには到底着いて来れないんだけど。

オレにとってはネオよりジャッキーの方が断然強いんだよ。

そしてジャッキーよりブルース・リーの方が、背筋の美しさで圧勝するんですね。当然のセオリーですよね。

もうね・・・ドラゴンの無駄のない背筋は正に芸術品だよマジで。
そしてなによりドラゴンには敵に情けをかけることを忘れない精神があるからね・・・。

かっこいいわけですよ。

まぁ要するにだ。

オレの中の「アクションスターランキング ~最強はオレだ~」の結果はですね、こうなるんですよ。

1位  ブルース・リー

2位  ジャッキー・チェン

3位  ネオ(キアヌ・リーブス)

4位  「ターミネーター2」のT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)

5位  スティーブン・セガール


こんな感じですわ。

なんでスティーブン・セガールが5位にいるかっていうと、この人って、平成ガメラシリーズのキーパーソンである草薙浅黄を演じる藤谷文子の実父なんだよね。
だから、無条件で5位。

火薬の量で勝った「沈黙シリーズ」の功績も考慮すると、この順位は妥当でしょう。
そうでもないか。そうですか。

まぁ「ポニーテールが似合うオヤジランキング」なら間違いなく優勝してるところでしょうねぇ。



最近は肉体派のアクション俳優といえばザ・ロックかヴィン・ディーゼルくらいのもんだ。
一時と比べると随分減ったよね。

観客があんまり筋肉とか汗とかを求めなくなったのかも知れないね。

だからマトリックスとかが流行るんだ。

そういう意味でワイヤーアクションっていうのは、地に足のついた「格闘技」っていう枠から外れるから、「人智を超えた戦い」として受け止められやすいんだろう。
神がかり的な戦闘だから、当然人間臭さは皆無なわけで。

力強さよりも優雅な世界を求めてるのか。

そうやって考えると軟弱だなぁ。


男のフェロモンが容姿からしか出なくなってるのは問題だな。

なんつうかね、アレだ。

男の視点からしてみれば、美しい筋肉はそれだけで価値のあるもんなんだよね。

逆三角形の背中ってどうよ?
オレが女ならそれだけで恋に落ちるわ。

過剰な筋肉は必要ないんだ。
無駄のない体が美しい。

だからブルース・リーは美しいんだよ。
オレの言ってることが分かるかね?んんん??



・・・・・。


何でオレはこんなところで筋肉について語ってるんだ。
意味が分からん。

寝るわ。

おやすみ。

所沢 

近頃駅から歩いて学校に通っているんだけど、その途中にこんな畑を見つけた。

ナズナと、なんとかっていう雑草みたいな豆が、これでもかっ!て勢いで繁茂してるんです。

見るからにモッサリしてる。なんとも柔らかそうで気持ち良さそう。

畑ダイブしたい。

おつかれさん 

留年って怖いな~。

いや、別にどうでもいいんだけどね。

オレが留年してるわけじゃないし。

留年なんてお金のある人にしかできる事じゃないし。

2年も3年も同じ学年にい座り続けるなんてねぇ・・・。

う~~~ん・・・・。

知らなきゃ良かったな、こんなこと。

どこまで信用のおける人物か分かったもんじゃない。

まぁ・・・

なんつうかアレだ。

他人の振り見て我が振り直せ?ってヤツか?

セレブって恐ろしいなぁ。




話は変わって・・・と。


なんだかなぁ・・・。

今日は凹まされてばっかだぞ、オイ。


もうなんだかオレには人の沸点とかが分かりません。

どこら辺に逆鱗があるのか判断がつきません。

オレが厚顔無恥な事をしたのは自覚してる。

自分から辞めたんだから、偉そうな態度をとる資格なんかこれっぽっちもないのに。

あの人の言ってることは大体正しいよ。
間違えたのはオレの方だ。勘違いが過ぎた。

でもあの人の言う「ケジメ」って「縁を切る」ことと同じような気がするんだよね。

そんなもんなの?人と人との繋がりってその程度のものなの?

時間にしてみれば確かに短いものだったとは思うけど、そんな事がこの事に関係があるわけ?

まぁこんな考え方自体が厚顔無恥だっていうんだけど。

向こうからしてみればこっちは反逆者だし。

もう少しサッパリしてる人なのかなって思ってたからなぁ。
ちょっと予想外。


決別を選んだのはこっちの方だし、確かに向こうにしてみれば目の上のコブなんだろうけど、それでもさ、大人の対応ってあるじゃない。

理解しろとは言わないよ。分からなくていいから認めてほしい。
それで十分だ。

「自分とは違う考え方をする人達がいる」って思ってくれるだけでいいんだ。

オレにはこんな事言える資格なんかないけど、できることならば、お互いがお互いの掲げる理想を尊重し合えるような、そんな関係であればいいなと思う。

勝手な言い分なのは重々承知。その上で言いたい。

活動内容がここまで似通っている分、衝突も起こると思う。
水面下の感情だけが育ってしまうかも知れない。

それでもだ。

別離したのには理由があってのことだし、彼らがそのことを重く受け止めてくれるなら、きっとお互いにとってすごくいい関係を築けるんじゃないかって思うんだ。

もうとっくに部外者であるオレが、今更何を言ったところで意味なんか何もないんだけどね。

結局このままの状態が続いた時に苦しむ事になるのは彼女自身なんだから。
オレは言ったはずだよ。
どうしてまだ気付いてないんだ。


相手側が拒否反応を示してる以上、オレにできることは必要以上に干渉しないことだと思う。
向こうが分かってくれるまで待とうと思う。

さすがに以前のようにはいかないと思うけど、それでも辛抱強く待ち続けることで、また一緒に飲みに行けるぐらいのことはできるようになると思う。
オレはそう信じてる。



悪意なんかないんだってことをどうやって伝えたらいいんだろ・・・。


あの人は結局組織としてのあるべき姿を求めるのかなぁ。

社会常識?そんな枠に収まらなきゃならないわけ?

「理屈」のせいで、せっかくの関係がかき消されてしまうのはもったいないなぁ・・・。



あ、そっか。

オレはまだ迷いが捨てきれてないんだな。そうか。そうなんだ。

まだ「どうにかなる」と思ってるんだ。ちょっと甘いか、やっぱり。

タイトルなし 

お腹空いた……。

そう、オレは今すごく腹ペコなんだ。

ひとつ気が付きました 

200604131048222
20060413104822
こういう雑草の何が美しいかっていうと、一枚一枚の葉の重なりから生まれるグラデーションなんじゃないかなって思います。

幾重にも重なることで緑の透明感が強調されるんだと思う。

群生することで本来の美しさを得る。
全体でひとつの美を形作ってるんだ。

単体としては全然主張しないのに。

人間とは大違いだね。

通販で買ったよ。 

アシストオンにてストラップを買いましたよ。

こんなの↓

http://www.assiston.co.jp/?item=1263

で、こちらが今日届いた商品でございます。

TS350012.jpg

しまった・・・。部屋汚いまんまだ・・・。

で、さっそくケータイに装備。撮影場所は村田蓮爾の画集の上でございます。

DSC00133.jpg



このケータイに似合うストラップがみつからなくて困ってたところだったので、このストラップとの出会いはいいタイミングだったと思う。

デザイン的にも好みだし、すごく機能的なストラップなので、今オレはすごく気分がいいです。

それにこのストラップの機構は本当によくできてる!

アシストオンの紹介文にもあったけど、実際に手にしてみるとそれがよく分かる。

一見「遊びの形状」のようにも見えるけど、キチンと細部まで意味のあるデザインなので身につけてて実に気持ちがいい。

色に関しては少し迷ったんだけど、やっぱり見てて飽きない色にしようという事でライムグリーンに決定。

ほら、緑は認識しやすい色だから目に優しいってT々岩先生もおっしゃってるわけですし。

春だしさ。

いいじゃないの。趣味だ、趣味。



注文してから一日で届いたってのがすごく嬉しかったね。

迅速な仕事に感謝。

NHKってたまに変なニュースを取り上げるんだよね。だから面白いんだよね。 

大阪でなんだかよく分からない事件が多発してるそうだ。

なんでも、女子中学生の口を「ごめんね」と言って手で塞ぐ男が出没するんだそうだ。

ニュースを見る限りはそれ以上のことはしないらしい。

ただその発生件数が二桁に近づいているので警察が動き出したと。
そういう話です。

いや~、春だね。
春爛漫だね。
もうこれ以上ないってくらい日本の春のあるべき姿を象徴してるよね。

被害にあった子にしてみれば確かに不快な事だろう。
さっさと乙女の敵を捕まえてほしいと思う。

まぁそんな事よりオレが気になるのは、この男の一風変わった性癖の方なんだけど。

だって変じゃん!口塞ぐだけって!
しかも「ごめんね」なんて言ってるんだ。意味が分からない。


思うにこの男はヒキコモリかなんかだ。

根は優しいけど趣味がコア。

いや、ひょっとしたら「ごめんね」って言ってる自分に悶えてるのかも知れん。


とにかく、極・至近距離から苦しみ悶える乙女を観察しようなんて考える奴はあまりまともとは言えんなぁ。

こんなこと書くと「『まとも』の定義ってなんだ?」みたいな事を言われるかも知れないけど、そんな愚問に答える舌は持ちません。

人類総変態説は必ずしも間違ってはいないと思うけど、だからと言ってこの性癖を見過ごせるほどオレは無関心主義者じゃないし、ましてやうら若き乙女達がこんな間接的かつ卑劣な方法で汚されているという非常事態を、このオレがただ黙って傍観できるはずがないだろう。

いっぺん話してみたいわ、その男と。

何を考えてるのかを聞いてみたい。

何が楽しいのか訊ねてみたい。

きっと面白い回答が得られると思う。

もしくは脳波を検出する装置を着けた状態で、もう一度女子中学生を襲ってもらいたい。
そして検出されたデータを見てみたい。

あるいは犯行前と犯行後に採血をさせてほしい。
ホルモンの分泌状態を調べたら面白い結果が出るに違いあるまい。

あはははは!犯罪者って罪深いね!

長い一日がようやく終わった。 

今日はデザイン学科の新歓パーティがあった。

普段から知らない人とは極力接触したくないと思っているオレが、珍しくこういうイベントに参加しました。

一年生を見たかったんです。ただそれだけの事。



いえね、これがまた結構楽しくって。

アメリカからの留学生と話したりしたし。

同じコースの後輩とメアドの交換もした。

チューハイを一缶飲んだ状態で、体育理論のガイダンスを受けに行ったり。

ガイダンス後も飲みかけのチューハイを頂いたり、ほとんど中身の残ってるビールを飲まされたりしてた。

まぁ基本は会場のお菓子を接収しつつ教室に持ち帰り、友達同士で溜まってたりしたんだけど。

そんなもんでしょ。だいたい。


持参したお菓子も、誰に渡していいものやら分からなかった上に、狭い場所に大勢の人がひしめき合っていたので、あんまり強引な行動にも出れず、結局自分らで処理する羽目に。

つうかオレが持って行った「ふがし」は想像以上に場にそぐわな過ぎたので自ら却下としました。

10本入りで200円もしたんだぜ!?もったいないよね。

どうせみんなはポテトチップスみたいに大勢で食べれるモノを選んでくると思っていたので、それじゃあオレは違う奴を、とびっきりの存在感を放つお菓子をと思い、紆余曲折の末、最終的に「ふがし」に落ち着いたわけで。

候補としては「納豆」や「バナナ」がありました。

特に「バナナ」に関しては、「バナナ」を「おやつ」とするかどうかという永遠のパラドックスに終止符を打つという点で、かなり有力な候補ではありました。
こんなにも有意義な「おやつ」がいまだかつてあったでしょうか?

それでも「バナナ」にしなかったのは、「バナナ」を握り締めた人がズラ~ッと並んで、腰に手でも当てながら無心に「バナナ」を頬張っている姿を想像してしまったためで、ただ単にそれが気持ち悪かったと。それだけの事なんですけど。

まぁ「ふがし」であるべき理由なんざそんなもん初めからありませんよ。
思いつきです。





で、新歓パーティが終わった後は友達と所沢にメシを食べに行きました。

酒は昼間に飲んだので、夕食は水で。

まぁ水もアルコールも大して変わりませんが。

ノンアルコールでハイテンション。これはもはや常識です。

しょうもないオタクトークで盛り上がりました。

とある人物の仮面を剥いだり、心の壁を解き放ったりしました。

いやいや、仲間って結構いるもんだね。

で、その子が言ってた言葉に共感を覚えまして。

その言葉ってのが「一般のことももちろん知っておかなきゃダメだけど、ソッチのこともちゃんと知っておきたい」という意味合いだったと思う。

そう。どちらか片一方の知識だけあっても意味なんか全然ないんだ。
自分が信じているモノとまるっきり反対の見解を知るだけで、今までとは全く違う世界が広がるわけだ。

その上で新しい見方が生まれることもあるし。
なにより楽しいし。

実にいい事だと思う。


時間が経つにつれて、段々と真面目な話も出たりした。

でもその端々に、エヴァがどうのこうの、雪風がどうのこうのというオタッキーエッセンスがちりばめられていました。

昔のNHK教育番組の話もしたりして。


水のみ(つまり完全にシラフの状態)で、ここまで深い話をしたのは多分初めてなんじゃないかな?

なんだかんだで4時間くらい喋ったね。

よくもまぁ店の人に怒られなかったもんだ。

今後もどんどんこの店には来る予定なので、この程度の事で怒ってもらっても困るんだけど。



とりあえず今日の発見。

酒を飲んだ時のハイテンションは、頭がグラグラしてる状態だから当然起こり得る結果としてのハイテンションなんだけど、シラフの状態でのハイテンションっていうのは、頭がスッキリしてる分、クリアな思考で楽しくなれるので、ものすごく健康的なハイテンションなんだよね。

まぁこういう楽しみ方もあるよってことで。


帰りはまたしても終電ギリギリ。



ああ、なんだかもう眠いわ。

そろそろオレも寝ますよ。



おやすみなさぁい・・・。

にゃんこ発見!! 

200604111030172
20060411103017
久しぶりに遭遇。

とうとう2匹だけになってました。
お母さんと、その娘。

教授の話によると、他の子は誰かにお持ち帰りされたかも知れないとのこと。

ちょっと淋しいけど、無事に過ごしているならそれはそれで良い事だから、なんだか安心しました。

村田蓮爾「robot vol.5」、カネコアツシ「BAMBi 2巻」 

村田蓮爾責任編集「robot」。

その第5弾。ついに発売。

画集の編集作業で忙しかったのか、「robot」の発売日まで少しだけ延期しました。

が、とうとう昨日発売。

さっそく購入。

毎度のことながら作家のレベルの高いこと高いこと。

ものすごいクオリティーで連載してます。

しかも全編フルカラーで。それが売りになってる。

よくもまぁこんなに豪華な作家陣を用意できたなぁといつも感心しながら読んでます。

村田蓮爾がいかに世界的に評価されてる人物かってことがよく分かりますね。

今回なんかキム・ヒョンテも参加してたし。
わお!すごい!

つうかね、今回の村田蓮爾のイラストがね、今オレが一番描きたいモノだったんだよね。

いや、ロリって訳じゃなく。

クラシックバレーの方。

なんだかこんなにタイミングが合ってていいのかって感じだ。

いいお手本ができました。
本当にいいタイミング。

「robot」がどんなもんか知りたい人はこちらへどうぞ↓

http://www.wani.com/



それともう一つ買ったマンガ。

カネコアツシ「BAMBi」。その2巻。

ロック。正にロック。

美味なる暴力。
最高だね。

帯にはなんとチバユウスケがコメントを寄せております。

あのチバが「かっこいいから好きだ」というマンガがここにあります。

なに?

チバユウスケが誰だか分からない?

そういう人は日本のロックを勉強し直してください。

ミッシェルのボーカルよ。ロッソのボーカルよ。

これでも読んで勉強してね↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/Thee_michelle_gun_elephant

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%90%E3%83%A6%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%B1

見ての通りのロックな人間。

オレの中では永遠のロックスター。

その人が認めるマンガが「BAMBi」なのよ。

おもしろいよ~。

とっくに完結してるけどね。

好き嫌いはあると思うけど、マンガが好きな人は一度読んでおいた方がいい。

演出が巧い。ニクイ。

ただ鍵を開けるというだけの動作を、これだけ緊張感に満ちたシーンに出来るのはこの人ぐらいなんじゃないかと思う。

決して言いすぎではないと思うんだけど。

オレが全力を持ってオススメするマンガです。

まぁ取り扱ってる本屋がなかなかないのが難点だけど。

ジュンク堂ならどの支店でもあるんじゃない?

オレもジュンク堂で買ったし。

まぁ気になる人は血眼になってでも見つけ出してください。

下北沢に行ったりして金がなくなった話 

酒が全然ダメなお父さんがウイスキーなんぞ買って来てくれた。

なのでお母さんと二人でおいしくいただいてます。

うめぇなぁ、コレ。



今日は日本民藝館に行ってきました。

が、

休館日だったため入れませんでした。残念。

でもルートはしっかり覚えたので、また今度行ってみようと思います。

本当は昨日行くはずだったんだけど、昨日は昨日で寝坊してしまい、一日の予定が総崩れしちゃったんですね。
いやいや、昨日行っておけばよかった。

ああ、早く柳宗悦の思想に触れてぇなぁ・・・。



で、その日本民藝館は東北沢にあって、ついでと言っちゃあなんですが、すぐ隣の駅の下北沢に服を買いに行きました。

下北沢に行くのはこれで3度目。いつ来ても面白い街。

午後はず~っとブラブラしながらのんびり服を買い漁っていました。

いやいや、散財です。派手に散財しました。
オレ史上最大規模の散財。

散財って楽しいね!お金バンザイ!

でね、今日はちょっと素敵な店を見つけまして。

「泥棒日記」ってところ。

ちょっとアジアンテイストの服を売ってたり。

ジーンズを買ったりしまして。

そこのアンチャンのナイスガイっぷりがとても良かった。
おネェさんは美人だし。

丁寧でね。
フレンドリーで。

媚びてない感じがすごく良かった。

裾上げに2時間かかるっていう謎な感じもなんだか面白かったし。

好印象っていうのはこういう事を言うのかね。
なんでも許せてしまうのは何故だろう。

2時間だろうがなんだろうが待ちますよって素直に思えた。
全然苦痛じゃなかったのが不思議だ。

その後、靴屋の店内をうろうろして1時間をやり過ごし、残りの時間はミスドで休憩してました。

アメリカンコーヒーとホームカットですよ。安上がりなことこの上ない。

でもケータイの電源が切れるとする事がなくなってしまったので、やむを得ず手元にあった紙に0、25ミリのハイテックCで点描をして退屈しのぎをしました。
ところが意外と熱中してしまい、気が付いたら約束の2時間をとっくに過ぎてしまっていました。
点描恐るべし。楽しいよコレ。


ケータイの電源が切れてしまって「EZナビウォーク」が使えない状況で「泥棒日記」までたどり着ける自信は皆無でした。

子どもの頃から根っからの方向音痴であるこのオレが、細い路地だけで出来たような下北沢の街並に適応できるはずもなく当然の事のように道に迷う羽目に。

散々迷って同じところを何度もグルグルとまわり続けました。

ケータイが死んでいるため時間も分からず、気ばかり焦ってました。

昼頃から降り続けていた小雨が余計に鬱陶しく感じられました。
日が暮れ始めていたので、だんだん淋しい気持ちも出てきました。

そんな時!とうとう見つけたのです!ようやく辿り着けました!

ああ!懐かしい顔だ!お店のアンチャンとおネェさんだ!

そしてアンチャンが言ったんです。

「お帰りなさい」

と。



もうね、大感激。

お兄さん、オレのことを弟にしてください!

なんて素敵な人なんだろう!

ああ・・・なんかこういう温かさってイイネ。
こういうのって好きだ!大好きだ!

買い物のしすぎで懐が寒くなった分を、お兄さんが優しく温めてくれたんじゃないかなって思う。



いいね。本当に。人って温かいね。


まぁそんなこんなで今日は散財したわけでございます。

しばらく派手に遊べません。あんまり調子に乗って呑みまくるとあっという間に無一文になりかねません。

なので20日まではおとなしく過ごすことにします。

いやいや、金を使うのって楽しいね。
貯蓄って苦手だわ。本当に。

オレの計画性のなさがこんなところにも見え隠れしてますね。



ああ、なにやってるんだろうオレ・・・。

ウソッ!! 

20060410114513
せっかく日本民芸館に来たのに休館日だって…。

ちゃんと確認しとけばよかった…。

まぁ場所が分かっただけでも大収穫だ。今日のところはそれで良い事にする。

脱オタとは?という話は絶対にしません。 

本屋で「脱オタクファッションガイド」という本を見つけた。

以前友達に教えてもらっていたため、「これが噂の!」って感じだった。

で、立ち読みした。

正直、よく出来てる。

そんな感想。

内容はタイトル通り。

オタク男がカジュアルに目覚める様をストーリー仕立てで克明に描いております。

ファッション初心者のための指南書って感じ。

親切に解説してあるので、とても分かりやすい。

ダメなものはダメってはっきり断言してるし。

その上で、「趣味は趣味として自由でいいと思うし、マナーとして最低限のファッションは知っておいてもいいんじゃない?」っていう趣旨を一生懸命説明してたように思う。

ちょっとした意識改革を促すような内容。

「脱オタ」のための「ファッションガイド」というより、「脱・オタクファッション」のための「ガイド」って感じか。

巧いことオタクファッションに引け目を感じている部類の人を取り込もうとしてると思う。

隙間産業。今までありそうでなかった本だね。

とりあえずこの本の通りにやっていれば一通り「パンピー」になれるようになってる。

でも気になるのは、カラーページがないということだ。

大事でしょう。色は。
言葉でくどくど説明するよりも、カラーにした方が一目瞭然で遥かに分かりやすくなるのに。


まぁオレは最後まで著者がどういう意図でこの本を著したのか分からなかった愚か者ですが。

読めば読むほど姑息な本に思えてくるに違いないから、とても買う気が起きませんでした。

つうかオレはそれよりも、すぐ横にあったエンキ・ビラルの「ニコポル3部作」の方がよっぽど魅力的に見えた。
1冊3000円。高え!!
買えるわけがない。


「脱オタクファッションガイド」のような、人のコンプレックスとかに漬け込む類の本は嫌いです。

猫なで声で話しかけておいて、最終的には無理やり買わせる気満々な匂いがするから。

そういう風に細かいところを見ていくと、どこもかしこも気に食わなくなってくる。

なんつーかアレだ。
コンビニのレジであからさまな作り笑いを浮かべる店員みたいだ。
もしくは電器屋のケータイ売り場の店員。
必要以上にフレンドリーな語り口調。客の質問に対して的外れな返答しかできない奴。本気で鬱陶しいと思う。

オレは無愛想でいいからリアルなやつを見たいんだよ。
淡々としてていいんだ。
干渉を是とするんじゃないと言いたい。

そう思うから買わなかった。

中途半端にオタクを意識した絵柄や言葉遣いが本当に腹が立つ。
意図がさっぱり分からない。



この本は大宮のロフトで見つけたんだけど、この本があったコーナーは画集とかサブカル系の本がずらりと並んでる場所で、結構品揃えがいいからよく利用する。

今日久々に行ってみて驚いたのは、「脱オタクファッションガイド」みたいな本がたくさんあったことだ。

「アキバ探訪」みたいなね。「オタクとは何か?」みたいな本がズラリ。

ああ、ブームってこういうのを言うんだなぁとしみじみキレた。

「萌え」が単なる商業でしかなくなってる。

売れるためのキャッチフレーズだ。

明らかに誤解された「萌え」が世間に広まってしまっている。

「ブーム」の怖い一面が出た。

道を歩けば「秋葉原行ったことないから今度行くわぁ」みたいな会話があちこちから聞こえてくる。

馬鹿げてると思う。

キリストを信じていない人がバチカンに行って、サン・ピエトロ大聖堂をぼんやり眺めて「神々しさを感じた」みたいな事を言うようなもんだ。

間違った情報が一般に広まり、一般の間でそれが正しい知識だと認識されるっていうのは、あまり好ましいことではないだろう。お互いに。

分かりづらいものに興味本位で中途半端に手を出して、さらに誤解を加速させるくらいなら最初から触るなと言いたい。

それをわざわざ煽ってるのはメディアである。そして民衆自身にも責任がある。
にも関わらず彼らはそれに気付いてすらいない。
正そうとする者さえいない。

要するに正しい知識が欲しい訳じゃないんだ。面白いから弄ってみようってだけ。
実に不愉快だ。

「ニート」という言葉が実体を伴わない状態であっという間に市民権を得てしまったように、「萌え」も全く同じパターンで日本どころか世界中に広まりつつある。

ああ、下らない。

いつの日か「萌え」を「知らない」オタクが生まれてくることになるのは目に見えてる。

ブームってのはそういうことだ。

どうしようもないことばかりでつまらない。

シルヴィ・ギエム。名前がカッコイイよ。フランスだね。 

シルヴィ・ギエムというダンサーを知った。

なんだ。

なんだこの人は。

やたらキレイなんですけど。

こちらが公式ウェブサイトになります↓

http://www.sylvieguillem.com/

顔がくしゃっとなるのが意表を突かれてちょっとびっくりするけど。

肝心のダンスの方は、オレが全然さっぱりだからよく分からないんだけど、ダンス自体は見てる分には大好きなもの。

テレビとかでやってるとつい見ちゃうし。

バレーダンサーの身のこなしのなんと甘美なこと!!

しかもこの人はそういう世界で「100年に一人」っていわれてる存在らしい。
スゴイ人なんだって。よく分からんが。

バレーダンサーは是非一度スケッチしてみたいと思ってたから、この機会に写真集かDVDでも買おうかしら。

いいじゃない。動機が多少不純でも。

オレはシルヴィ・ギエムに「スケッチ」という手段でアプローチしたいの!

挑戦してみたいんだ。キレイなものには。

つうかね、一度騙されたと思って見てみ!本当にキレイだから!!

参るね。

いや参った。

むしろ困るわ。大変困る。

たまにいるけどね。女神なのか小悪魔なのか区別のつかない次元の美女。

シルヴィもそういう類の人。ダイヤの輝きも霞むような、そんな人。

オレと同じ人類なのかと疑いたくなる。

まったく・・・。もう・・・。

フランス語読めないや。サイトに何が書いてあるのか分からない箇所多数。

Biographyなんか何?これは。

「Entrée à l’Ecole de danse de l’Opéra de Paris」?

エント・・・リー・・・ア・・・ラ?エコール(これは読める。天空の学校!美樹本晴彦!アスナ!!アスナ!!)ド・・・ダ・・ダン・・・セ?ス?・・・・・ド・・・ラ????オペラドパリス・・・・・・・・。 

何のこと?しょっぱなから「無理無理無理無理!!」なんですけど。

まあいいや。英語もろくに読めないんだし。腐乱酢語なんざ読めなくたって大丈夫だい!
だいたいオレはその前にドイツ語を克服しなきゃならんという使命があるから・・・。
おフランスについてはまだ手を出しちゃいけないんですよマドモアゼル・・・。ボンジュ~~ル・・・。ジュテ~~ム。アシガジュポ~~ン。シャ~ボネ~~。

OH YEAR.....

イッヒ・・・。リーベ。

なんのこっちゃ。

まぁいいや。収拾つかなくなってきたから寝ます。

明日は日本民藝館に行ったついでに服でも買いに行こうと思ってます。

目黒って遠いね。かったりい。

今日買ったマンガ。「蟲師」と「万祝」。 

「蟲師」はず~っと追いかけてるけど、すごいね、あのマンガは。

とうとう7巻。思ったより早かったね。

ココにきてストーリーに立て筋が出てきたかも知れない。

今までは各話を羅列させつつ、少しだけ関連付けて描いてたりしてたけど、7巻ではそんな些細な事には留まらない大きなことが起こっていて、なんかこのまま完結に向かって一直線に突き進みそうな気配がプンプンする。

二瓶勉の「BLAME!」みたいに、永遠に終わらないんじゃないかって思わせるマンガなだけに、オレにとってこれは少し嫌な空気だ。

ましてや生命に対する畏怖の念とか尊ぶ気持ちだとかを大切に思い、人の営みに並々ならぬ愛着を持つ作者が、なんらかの「終わり」の形を示してくるっていうのはあまり考えられない。

生命は連続してるから。終わりのない螺旋だから。
少なからずそういう思想を作中にも匂わせているので余計にそう思う。

是非とも「終わりのない終わり」を用意して欲しいと思う。
オレの希望。

まぁまだ終わるって決まったわけじゃないんだけどね。



で、「万祝」ですね。
望月峯太郎です。大好きです。

とうとう6巻。実に気持ちいいペースでリリースしております。
半年ペースってすごく丁度いい。

いやもうこの人は正に天才だね!

天才には違いないんだけど、傑作「ドラゴンヘッド」で見られたようなストーリー展開のキレの良さはあまりないかなぁ。

このマンガはひたすら作者の憂さ晴らしのためにだけ存在してるんだと思う。

無闇にデロリアンとか出してくるあたりが特に。

ロカビリーな海賊とか有り得ないと思う。

女子高生のパンツを描きたいだけなんじゃないかと思えて仕方がないんだ。

でも高度なコマ割りで繰り広げられる格闘シーンはスピード感たっぷりで見ごたえがある。

キャラクターがみんな濃い。濃すぎるくらい。

カトーが大好き!
アンタかっこよすぎるぜ!!

ロック魂をものすごく感じる。

いやいや、本当にこの人がカッコイイから読んでるようなもので。

ストーリーが今後どういう方向に行くのかも気になるけど、このマンガではあまり注目しなくてもいいんじゃないかと思う。

まぁ作者の言いたいことだけキッチリ受け取れればそれでいいかなって。

大好きな作家だから最後までちゃんと着いて行きますよ。

丸広で 

20060408123911
ようやくエスカレーターがうごいて6階まで来たのに、戻る時になったらエスカレーターが閉鎖されてやんの。

ファッキンだね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。