月別アーカイブ

 2006年10月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうか!地球が滅んじゃえばいいんだ! 

マズイわけですよ。
本格的にヤバい状態でございます。

今日中にパネル制作を終わらせないと次の作業に支障が出る。

今日が全ての要の日になりそうだ。
今日をベストな状態で乗り切ることが要求されている。
ベターではなくあくまでもベスト。

パネルがな~終わるかな~。
怪しいな~。だいぶ怪しいな~。

ああもう参ったな~。
大変だ~なァ。

助けてよ、アンパンマン。

スポンサーサイト

いや、参った参った。 

何が面白いって今日の授業ですよ。

工業デザイン史という授業なのに「人間とは何か」という授業内容と関係性の遠い質問をされ、それに対してオレは「人間とは大便製造機です」と答えてやった。

一瞬の間をおいて、教室が笑いに包まれました。
この時点でガッツポーズです。

先生は言葉の意味が分からなかったらしく、「ちょっと字を書いてみてくれる?」と言ってきました。
なぜ分からん。
嫌がらせか。


まぁそれについて説明はしましたが、どうやら先生及びクラスメイト達には分かってもらえませんでした。


唯物論的観点から言えば、この大便製造機という言い方は的を射ています。
別に珍しい解釈じゃないし。

今回こういう主張をしたため誤解を招く結果となってしまいましたが、一貫した物言いはどうやら極端に見えるようです。

別にオレはそれが全てだとは思ってない。

運命も奇跡も同時に信じてしまうのが人間だからね。

大便製造機なんてひとつの真理を端的に表現したに過ぎない。
額面通りに受け取ってもらっても困るよ。

マ、マジで……? 

今朝の「めざましうらない」のさそり座が「一人で頑張り過ぎない。周りに助けを求めてOK」となっていて、なんだかすごく心に刺さった。

ただの占いなのに。

朝日新聞、情報遅いよ 

ビートルズが新曲を出すそうです。

詳細はこちら

やばい。これは確実に買いだ。

ビートルズすら自らサンプリングの時代だよ。
そこまでとんがった音は期待してないけど。

でもあのビートルズですよ?
ビートルズのプロデゥーサーが今頃になって動き出してやんの。
なんで今なの?

ひょっとしてとんでもなくキレまくったブレイクビーツだったらどうしよう。
全世界が驚くぞ。あっはっは!

まぁとにかく買いますよ。11月20日全世界同時発売だそうです。

趣味が理解されないことに関して若干迷う 

人の趣味を聞くにつけ、どうしてオレの趣味は人に理解されにくいものばかりなのだろうと思うことがある。

決して多趣味ではない。
突拍子もないことをしてる自覚もない。

普通に音楽聴いたりしてるだけ。
なのにまともに趣味が合う人に出会った試しがない。

だけどmixiで趣味が合う人を探そうとは思わない。
なんかリアルじゃない気がするから。

だからできるだけ実際に会っている人の中で、趣味の会う人はいないかなと思ってるわけなんだけど、どうにもそういう人に出会ったことがない。
これは一体どうしたことだろう。

例えば、教室で音楽をかけてる人がいる。
ipodをデッキに繋いでるからランダムに色んなジャンルの音楽が流れてくる。

聞き覚えのある曲もある。っていうかほとんどがそうだ。
なぜなら大抵が流行りの曲だからだ。

それを悪いとは言わないけど、要はオレの趣味が流行から外れているのは確かなようだ。
実はこれって結構寂しいことでもある。

別に流行の曲が嫌いなわけじゃないし、いいものはイイと素直に思う。
そういう信条はあるけど、更にそこから踏み込んだところでオレが停滞してしまっているせいで話がまるっきり合わない。
周りの友達も口を揃えて「趣味がコアだ」という。
それが寂しいと思うこともある。

完全に趣味が合う人なんて絶対にいないけど、断片的にでも趣味が合うだけですごく嬉しかったりするもんだ。
理解があるだけですごく嬉しいもんじゃないか。

はっきり言ってテクノに興味のある人間が極端に少ない。
まぁ別にテクノが全てじゃないけど、特に言うならばテクノ、ってこと。
次にジャズとか。
主にインストの立場が非常に弱い。

中には「歌がないとつまんない」という人もいる。
歌モノに支配されている。
こればっかりはどうしようもないが。

それだけが音楽じゃないやい、と言いたくなることも。
音楽の楽しみ方は人それぞれだけど、それぞれというならつまらないと言われたモノが好きなオレはどうしたらいいんだ。

つまりはそれこそが趣味の姿ということか。
自分の好きなもの以外は見えなくなる。
たぶんそれはオレにも当てはまることなんだと思う。

世の中には色んな趣味の人がいるけども、お互いがお互いを拒絶し合う必要なんかこれっぽっちもないはずだ。
他人に理解できないからこそ「趣味」というのかも知れないけど。

ああもう何言ってんのか分からなくなってきた。


趣味が合う人に出会えてる人は本当に幸せだろうなと思う。

VSフジテレビ 

ついさっき「ガチャピン日記」に生ぬるい感じのコメントを投下してきた。

28日付けの「Pちゃんは弱かった」のコメント欄です。
相変わらずえげつないタイトルだと思います。
そしてこのタイトルを、是非ともガガーリンに言って欲しい。

おそらく検閲済みのコメントだけが表示されるので、オレのコメントが当局の監視の目をクリアするかどうかは分かりませんが、それでも何かをやり遂げたような不思議な達成感があります。

コメントがアップされればオレの勝ち、されなければ負けです。

左端にある小さいイスがオレのだよ 

20061028200605
最近電車の中でブログの更新をするのが習慣になってきました。


昨日、イスのプレゼンがあったのですが、わりかし良い評価をされたので良かったです。
もっと酷評されるかと思ってた。

一枚の木の板からイスを作る課題で、実際に座れるようにしてあります。

プレゼンで座ってもらった時に「木じゃないみたい」と言われたのが何より嬉しかった。

肥ポンにも「今までにこういうのはなかったな」って言って貰えたし。

サイズが小さい事と使用目的が弱い事がネックだな。
まぁそこらへんは適当にはぐらかせばいいや。

とりあえず、板材でクッションを作るという目的は達成できたと思う。

自分で座った時は、座面が若干沈むのが想像以上に怖くて、いっそのことコンセプトを「恐怖を喚起させるイス」にしようかと思ったくらい。

それが意外と好意をもって受け入れられたのは実に喜ばしいこと。

このイスは芸祭で展示することになってるけど、本当は問題はそこにあって、大学の外部から遊びに来た方が、初めて目にしたイスに実際に座ってみて何を感じるかなんだよね。
身内の評価よりよっぽど重要だよ。

そこでの評価が本物の評価だからね。


とりあえず、課題がひとつ減ったことが嬉しい。

やっほい!

明日から 

新宿のどこだったかでミュシャ展やるって。

電車の中吊り広告には入場無料って書いてあったけど詳細は知らん。

行きたいヒトは自分で調べなさい。

カムバック・マイ・マフラー 

マフラーを朝っぱらから紛失した。
お気に入りだったのに。

かなりハッキリとしまった場所やしまった時のシチュエーションを覚えているので、探す場所は間違ってない。
まして今シーズンはまだマフラーを身に着けていないからなくすはずがない。

なのに、ない。
部屋中探したけど見つからない。

結局今日は親のマフラーを借りてきたけど、やっぱり自分のがいいや。

つうか今日はなんでこんなに寒いわけ?
統計的には一応晴れやすい日になってるんだけども。

ただでさえ寒いのが嫌いなのに、オレが家を出た瞬間にポツリポツリと雨が降り出し、駅に着くと同時にピタッと止みやがんの。
畜生貴様ァ…。
ナメてんのか。

せっかく日ハムが優勝し新庄が最後の花道を飾ったというのに、そんなお祝い気分も一気に台無しになってしまった。

朝から意味なくイライラしてます。
今のオレはジャックナイフよりも危険だぜ。

成し遂げた感で胸がいっぱいです…!! 

学バスを如何に乗りこなすか、それが問題だ。

まがりなりにもスポーツの経験を持ちながら、バランス感覚がまるっきりないことで(脳内で)有名なスズタケです。

そんなオレにとって、毎朝乗る学バスは結構な苦痛だったりします。

バスのような大型車両は横Gが激しくてとても対応しきれないため、しょっちゅうバランスを崩しては周囲の方々に迷惑をかけてしまっています。

さすがにこのままではマズイ。
できることならなんとか改善したい。
三半規管を鍛えたい。三半と言わず四半規管や五半規管へとグレードアップを図りたい。

今夜はそんな思いに従ってみました。

大学から駅までの道のりで、スズタケVSファッキン学バスのガチンコ勝負を小さく開催。

ルールは簡単。
駅に着くまで、手すりや吊り革に掴まらなければオレの勝ちです。要は両足だけでバランスをとると。

学バス攻略のポイントは、
①方向転換の瞬間を見逃さないこと
②車間距離などの道路状況を適格に掴むこと
③ギアチェンジ
④バス特有の無意味に抑揚のある動き
⑤運転手のクセ
⑥道路の凹凸とタイヤの位置関係
が挙げられると思います。

特に①と⑤は意外と要注意で、ハンドルの切り方一つとっても人間のクセは明確に出るのです。
そこを見抜けるか見抜けないかが、プロとアマの境界であり分岐点となることは自明の理でしょう。


オレの読みは完璧だ!
かかって来やがれBITCH'S BUS!!!

と、敵意剥き出しの勇み足になったはいいものの、いざ走り出してみると、ほんの数メートルで己の敗北が大決定。
時間にして試合開始から10秒程で負け犬に成り下がりました。

こ、こんなはずでは…。

と、一瞬目の前が真っ暗になりかけましたが、考えてみなくても普段からフラフラしてるんだしむしろフツーだよね。

まぁ一応悔しかったし、その後も続けて車中でバスの動きを研究しました。
その研究結果がこちら↓↓↓

①90°以上のカーブは難易度A+
②足は進行方向に対して45°に開くと、あらゆる動きに対応しやすい
③運転手の呼吸を掴み、完全にシンクロすることが大事
です。


先の攻略法も含め、よく出来てると思います。

家に帰ってから改めて自己満足に浸りたいと思う。


この研究結果が、平衡感覚皆無な可哀相な人達にとって、一つの福音となることを願います。

20歳直前に素晴らしくどうでもいいことに心血を注げたことを誇らしく思う。

頭はシャキッとしたけど咳が風邪っぽい感じにグレードアップ 

今朝もバファリンを飲んで来た。

あんまりバファリンにお世話にならないせいか、タブレットがやけに大きく見える。
こんなに大きかったっけ?

この大きさの半分が「やさしさ」と名付けられた胃薬だと思うと、一体何の薬だか分からなくなってくる。
結構な量だと思うよ。

服用法を確認すると「空腹時をさける」と書いてあった。
これはつまり空腹時に服用すると体に良くないですよってことだよね。

なるほど、薬の半分が胃薬なのには理由があったんだ。別に「やさしさ」を付与したわけじゃないんだな。

胃薬を同時に服用しなければならないほど強~い薬ってことだね。
食後に飲めば胃への負担は更に軽減させられると。

本来の目的である頭痛薬としての機能があまりに強すぎるために、苦し紛れに胃薬を貼り付けたってだけの話なんだね。
何がやさしやだ。
言い訳じゃねぇか自己弁護じゃねぇか

病院で処方されるような絶妙な強度の薬はないのかね。
市販の薬は強すぎて怖い。

おアツいのがお好き 

風邪の悪化が著しい。

昨日は鼻水垂れっぱなしの状態が続き、今日になって鼻水こそ止まったものの喉は痛いわ熱っぽいわ咳は出始めるわとかなり本格派。

風邪をひくこと自体数年振り。ましてや熱なんて小学校以来かも知れん。

体がだるいから早く歩けない。動作が緩慢になる。
頭が痛いから大きな声を出したくない。正直笑うのも苦痛。
頭痛の影響か、耳が遠くなる。耳鳴りも四六時中する。
体が熱くなったりもした。

それでも割と症状を楽観してるのは、食欲が全然衰えないから。

食欲があれば大丈夫、と昔お母さんが言っていた。
今はその言葉を信用しようと思う。

帰宅後、風邪薬を探してみたらどこを探しても見つからなかった。
どうやらウチは風邪薬を置かない家のようだ。一体どんなだ。

代わりに正露丸とか便秘薬といったウンコ関係の薬がいくつか出てきた。この世で最もオレが必要としない薬だ。

ようやく見つけたバファリンを食後に2錠飲んでおいたけど、これってそんなに効くのかしら。
風邪にバファリン。
できればルルとかパブロンとか、いかにも風邪薬然としたモノを飲みたかったのだけれど。

とにかく風邪だろうがなんだろうが原稿はやらねばなるまい。
明日もまた学校だし。


であるからして、何の脈絡もなくバトンいきます。
シオさんからいただきました。


vvお酒バトンvv

【1.好きなお酒はなんですか?】
日本酒でしょうか。
口当たりの柔らかな奴が好き。
カクテルはいい加減名前が覚えられなくて困ってます。大抵おいしいんだけどね。
ワインは赤い方が好き。
あ、梅酒もいいよね。

【2.嫌いな(または苦手な)お酒はなんですか?】
焼酎がちょっとまだ分からないかな~。強くって。
あと「とりあえずビール!」ってのもどうも・・・。
発泡酒ばっかり飲んでるからでしょうか。

【3.誰と飲みますか】
友達とぐらいしか飲まないなぁ。
ウチの親ってあんまり酒飲まないんだよね。
一人酒ってのも一度はやってみたいことではある。

【4.泣き上戸?笑い上戸?】
泣かないよ。
無駄にテンションが上がるのと声が大きくなる。
故に次第に喉が枯れて笑うのも辛くなって居たたまれなくなってくることがある。

【5.酔いが顔に出る方ですか?】
赤くなりすぎて、むしろ赤黒くなるそうです。
でも、チビチビ長時間飲んでいると土気色になってくるらしいので注意が必要です。

【6.記憶を無くしたことはありますか?】
ああああああ・・・・・・・・
基本的にセーブしないからなぁ。
考えてみれば破滅的な飲み方してるなオレって。

【7.今までで一番楽しかったお酒は?】
逆にいえば、つまらない飲み会がなかった。

【8.逆に一番思い出したくない飲み会は?】
その節は本当に申し訳ありませんでした・・・
思い出させないで~~~~~!!!
記憶がないから余計に嫌なんだよ!!!

【9.彼氏(または彼女)とお酒を飲むのは好きですか?】
好きですね。いないけど。
いたらいいなという願望に基づいた妄想でございます。

【10.お酒を飲んで、勢いで喧嘩をしたことがありますか?】
喧嘩はしないな。
つうか酒で荒れたことって(記憶の範疇では)ない。
つうか酒飲んでると何もかも許せる気になってくる。
あとになって酔いが醒めた頃に「あのやろう・・・」と思うことはたまにある。

【11.お酒が好き?飲み会の雰囲気が好き?】
酒は好きだけど、やっぱりそこに誰かがいなきゃ面白くないよ。場合によるけども。
ワイワイ飲むのもしんみり飲むのもどっちも好き。
酒で溶け合う仲はあると思う。

【12.一度飲んでみたいお酒は?】
「大吟醸生原酒 龍神丸 中どり無ろ過」
「もやしもん」って漫画に出てた。
究極の日本酒だそうです。超美味そう。

【13.次に回す人5人を指名して下さい】
「赤pina」pinaさん
「自称・酒に強い男」窓
「未成年だけど」飛車さん
「笑い上戸」すな
「アルコール自家生産」歪斗先輩


よろしく~

おっは~ 

さ、寒い!なんだこの寒さは!!

そろそろ寒さがしんどくなってきた。

ただでさえ金がなくて服が買えないのに、こんないきなり冷え込まれると為す術がなくなってしまう。

ああ寒い。寒い寒い。

バスは混んでるし、電車は止まるし。
こんなに寒いのに、あろうことか埼京線の車内は冷房がついてる。クソが。殺す気か。

眠い。漫画の方の作業が終わる気がしない。

今朝から鼻水とくしゃみが止まらないのは風邪でもひいたせいなのだろうか。


武蔵浦和で逆転裁判みたいな髪型のサラリーマンを目撃しました。

忙しいときに限ってこういう事態が重なるんだ 

今日お母さんが病院に入院しました。

長年放置していた静脈瘤を取り除く手術をするんだそうです。

なので、入院している間の4日間はお父さんが仕事を休んで主夫業に専念します。

なにもそこまで、と思いましたが、まぁそこは夫婦の決定ですから文句は言えません。

お父さんの作ったご飯を食べるのもかれこれ10年振りくらいなんじゃなかろうか。

一人暮らしの経験がないお父さんが作ったチャーハン。
苦労のあとが見え隠れしてます。
でもまぁ食べれる味にはなってた。

その他家事全般をお父さん自ら背負うと言っています。
大丈夫なのかと心配になる。

そもそも神経質な性格だからストレス溜めて爆発しなければいいけど。
そうなる前にフォローはするつもりだけど、学校にも行かなくちゃならないし色々大変だ。

たった4日間とはいえお母さんが家の全てを掌握している状態に慣れきった我々家族は、要を失ったことで一気に弱体化するものと思われます。

自分でやれることは時間の許す限りやらんと。
そうしないとお父さんがキレる。

でも原稿もやらなきゃならないから基本的に寝る間はないし、椅子が完成するまでは気が抜けないのもあるし。

どこでバランス取ろうか。
あと一月待って入院してくれればここまで焦ることもなかったろうに。

タイミングなんて大抵悪いもんだ。そう思って乗り切るしかないか。

お隣ではハルヒのイベントやってたよ 

東京都立産業貿易センターに行ってきました。
現地に着いて初めて正式名称を知りましたよ。

なにやら物々しい名前ですが、オタクの手にかかればイベント会場に成り果てます。

有効活用と言えるかどうかは定かではありませんが、まぁイベント自体は面白いものなので有意義ではあるだろう。

東京タワーのすぐ横のビジネス街にオタクが大量発生する光景もなかなかにシュールでいいと思います。


で、友達とトサンボーの建物内に入って行ったんですが、エレベーター横の案内板に不審な記述を発見しました。

それがこれ↓↓↓↓











TS350149.jpg

ちょうど2階にあたる欄に書いてありました。

なんだ、重力軽減の間って。
どうみても新興宗教の類の匂いがする。

仮にそうでなくても、軽減っていう言葉に込められたそこはかとない真剣さが、無闇に不気味さを煽ってるような気がする。
重力を軽減して一体彼らはどこへトんでいこうというのだろうか。

友達は「そういうサークルかなんかじゃないの?」と言っていたけど、やっぱりどうにも腑に落ちない。

ちなみにこの上の階、つまり3階では将棋大会が、更に上の4、5階が我らが目指すエルドラド<イベント会場>となっていました。

どう考えてもラインナップがわざとらしい。
同人誌とコスプレと将棋と重力軽減。なんだコレは。

トサンボーは怪しげなモノを全部一括りにして一括処理しようとしてるんじゃないかと勘ぐってみたりした。


イベント終了後は、近くにあったドトールで一服。
帰り際、ドトールの出入り口で子猫がすり寄ってきました。

TS350151.jpg

二人して弄りまくりました。
もう可愛すぎ!
まだまだ歯も生えたばかりのようで、ずっと指を甘噛みされてました。
痛いような痛くないような、なんとも言えない至福の感触。
子猫の甘噛みですよ。堪らんわけですよもう。
時間よ止まれと何度願ったことか!


なんだかんだであっという間に一日が過ぎてしまったのでなんだか呆然としてます。

イベント会場の独特の空気はやっぱりいいね。
楽しい!エネルギーに満ちてる!
コスプレは端から見てるだけで十分面白いし。
そうそう、ネコミミがいっぱいいたんですよ。これは一体どうしたものか。


うん、とりあえず今から原稿やります。
にゃんにゃん。

眠たい 

とさんぼーってどこにあるんだろう?

そんな基本的な部分さえ理解できてないまま、そのとさんぼーに行って友達の手伝いをしてきます。

イベントですって。
同人誌売るんだって。芸祭直前によく詰め込んでくるなと感心半分驚き半分です。

いやまぁ彼もだいぶギリギリみたいだけど。


それにしてもアレだな。

日曜日の朝に電車内で静かに教科書を読み耽る女子高生って想像以上にナイスだね。

バトンです。なんか元気ないわ。 

キューピーことシオさんからバトン頂きましたよ。

なんかよく分からないバトンだけどやるよ。
眠い。

明日は友達のイベントの手伝いに行ってきます。



【ミクシィバトン 】

Q1.あなたのミクシィネームは?そしてその由来は?
スズタケです。
HNもミクシィもペンネームも全部統一してるから使い勝手が良いですわ。
由来は朝日新聞のとある記事。理由は特にない。


Q2.今現在表示されているあなたの「写真」はどんなものですか?
pya!で拾ってきたネコの画像。
なんかすごい顔してフックみたいのを咥えてるの。


Q3.今あなたのトップページに表示されている9つのコミュ。

え~っと5つしかコミュ入ってないんですが・・・。

●マルドゥック・スクランブル
村田蓮爾がキャラデザインで参加している、GONZOの新作OVA。
かなり期待してます。
DVD発売までに貯金しておかないと・・・!


●村田蓮爾
ええまぁ好きですから。
イラストレーター・村田蓮爾のコミュ。
大して情報が早いわけじゃないから特に利用はしていない。
「村田蓮爾の基礎知識」ってサイトの方が断然早い。


●♡ウェンズデー♡
アダムスファミリーのウェンズデーに萌えましょうという奇特コミュ。
うん、いつぞやのTV放送の直後に参加したコミュだ。
かわいいよなー・・・。


●五十嵐大介
漫画表現のひとつの極致を描き出す人物。
オレの中の最高の漫画家のひとり。
自然物を描かせたらこの人の右に出る漫画家はそういないと思う。
多摩美の油画科出身だからねぇ。そりゃあねぇ。
現在、埼玉県立近代美術館で五十嵐大介自身が選んだ品が展示されてるそうです。近いぞ。行かねば。
ちなみに埼玉生まれだそうです。


●なんかもう疲れた、もう死にたい
死にそうな思いをしてる人が、ものすごく真面目に集まってるコミュ。
別にオレは死にそうなわけじゃないんだけど、「死にたい」と思う人間が何を思って書き込み、それに対して他のユーザーからどんな返答があるのか、興味があったので参加しました。
つうか面白いくらい自分大好きな人間が集まってる。
愚痴ばっか。
中にはマジっぽい相談もあるけど、こんなネット上で晒すようなことじゃないでしょうに。
人間の負の部分を正の場で語ろうとする人間が何を考えてるのか、少しでも垣間見れたらと思う。
完全に興味本位だけど、ネットっていう社会の中で人間がどう生きようとしてるのかを見届けたいね。
ただの馴れ合いにならないことを祈りつつ・・・。


Q4.トップにいる9人様にバトンを回します
mADHATTERさん
キューピーさん
ハルさん
ミドさん
飛鳥@ミクシ落ち中さん
歪斗さん
なつぺそさん
こまさん
亜夜さん

何人か重複しちゃってるけど虫してね。



寝たいけど寝てる場合じゃない生活が続いております。
いい加減原稿描き上げないと死んじゃうよ。
つうかオレの企画参加者は誰も原稿が出来上がってないというこの奇跡。
一年生大丈夫かな。
手伝うとは言ったものの、なんだかんだで椅子の方が片付かねぇ。やばい。
つうか一年生も一年生で、もうちょっと都合合わせる努力してくんないかなーとか思ったり思わなかったり。
まぁ芸祭に間に合えば別に何でもいいんだけども。
愚痴ってみたよ。

漫画ねぇ。
描けば描くほどアレですよ。
人の浅ましさとか見えてきちゃってしんどいわ。
現代人ってどんだけ周りの目ばっかり気にして生きてんだよ。
集団主義とかマジ鬱陶しい。
他人を本気で信じることのできない人間がこの国にはどれだけ潜んでいるのやら。
バカを見たくないのは分かるけどさ。
簡単に人を信じちゃいけないことがマナーの世の中なんて腐ってるよ。

なんでこんな思いをしてまで描かなきゃならんのかと言えばその答えは簡単で、要は自己表現だと。
デザインとは全く逆のことをやっているわけ。

自分から選んでそうしてる。
両極を知らなければ一方を極めることもできないから。

両方に手を付けてるとオレみたいな人間は混乱も倍になってしまうんだけど、やっぱりこればっかりは必要不可欠だと思うよ。

何かを否定するためにはまずそれを肯定しなければ真の意味での否定にならないんだよ。
否定のために肯定する努力は惜しむべきじゃないと思うんだ。
中学以来の持論です。


なんでもいいからまともに寝れる生活カムバック。
8時間睡眠こそ全て。

良い子だからそれをよこしなさい 

村田蓮爾のショルダーバッグを持っている人間を日芸で初めて視認した。

殺して奪い取ってやろうかと一瞬思った。

焼きたてのクルミパンを食す幸せ 

20061021101103
昼ご飯のつもりで東所沢駅前にあるベルテコっていうパン屋でパンを買ったんだけど、運の良いことにちょうどパンが焼き上がる時間だったの!

昼まで待ちきれなくて、ついついバスの待ち時間に食べちゃいました。


う、うめぇ~~~~!!

珍しく前向き発言 

今朝、洗面台の鏡に写った自分の顔をまじまじ見て、一つ発見したことがあります。

目尻が下がってるんですよ。

数年前と比べて明らかに目が垂れてる。

更に、目を細くした時にそれは特に顕著になることも検証の結果明らかになりました。

う~ん。
これはどうしたことだろう。

いい加減寝過ぎで目がトロけたか。

これが20年の重みって奴なのか。

大した事じゃないけど妙に説得力があり、素直に納得してしまいました。

あとで昔の写真でも引っ張り出してみようかしら。

それにしても20年かぁ。
20年でこの変化だから、これからの10年はもっと面白い変わり方をするんじゃないかな。

まぁなんとなく予想はできてるんだけども。


とうとう20代も目前に迫りましたですよ。

まだまだ月日の重さも理解できてないけど、日々おもしろおかしく穏やかに過ごせればいいんじゃないかな。

やんわりと目も垂れてくる年齢になりました。

それはそれで面白いことだなと思う。

歳を重ねることに、悲観することなんかないんだね。

眠気というか睡魔というか、要するに眠い 

今日はずっと工房に入りっぱなしで流石に疲れましたよ。

昼から夕方までず~っと。
板を切るためだけに屈伸運動を何回したことか。

みんなは腰が痛いとか言ってたけど、なぜかオレは膝が痛い。
この場合、どちらがより体への負担が少ないことになるんだろう。


どうも最近寝不足が酷い。
今朝も通学途中の電車の中、学バスのバス停、学バスの中で、思いっきり立寝した。
特にバス停はバランスを崩してフラフラしてたので、端から見たら相当変な人だったと思うよ。

体に変調がないからまだ安心してるけど、こんな生活を続けていたら今に限界が来る。来てしまう。
つうか椅子作りが体力的に意外とキツイ。これがマズイんだ、きっと。

冷静に考えてみたら、誕生日まであと一週間になってしまった。
学校からの帰り道、20年という年月に想いを馳せてみたけど、全然ピンと来なかった。

なんだ20年って。短いとは思わないけど長いとも思わない。
かと言って丁度良いわけでもなく、ただ「20年」っていう数字が漠然と横たわってるだけ。
つまり実感がまるでないと。

責任とかよく分からないので、大人になるってことの意味もいまいち分からないのね。全くどうしたもんか。


人から信用されるとか信頼関係だとか、そういうこと自体に最近すごく引っかかる。
「信じる」っていう言葉にいちいち過剰反応してしまう。

別に他人を信じられないわけじゃないし、信じることの意味もそれなりに理解してるつもりだけど、オレ自身、その言葉の意味を無意識のうちにもう一度噛み砕こうとしているのかも知れない。

「理解している」と言いながらそんなことを思うのは、きっと心のどこかで「信じる」ことに対して違和感がある証拠なんだろう。

こればっかりは他人のアドバイスも用を成さないので一人で悶々とするしかないのだけど、こんなことばかり考えているのも正直ツライものがある。

親しい友人と話していても、家族と一緒にいる時でさえも、ふとした瞬間に「疑念」が湧いてくるのね。「信じる」ことに対する疑念が。

そういう根本的な問題にはあまり手を付けたくなかったんだけどね。
でもまぁ気になってしまうものは仕方がないか。


いやだねぇ。

なんだろう。そんな、ご無体な。 

鴻巣に着いてから最初の上り列車がまたしても通勤快速。

当然上尾を無視して大宮に止まるっていう。


なんだ。
なんなんだこれは。

ちっくそう! 

またしてもやってしまった。


電車で上尾に行く場合、必ず大宮で高崎線に乗らなければダメなんだけど、夜の9時頃の通勤快速に乗る場合注意が必要だ。

何故かと言うと、この時間帯の通勤快速は上尾に止まらない時があるからだ。

埼玉の北部や群馬から来るサラリーマンを効率よく運搬するための処置なんだろうが、どうして降車数の多い上尾を無視して遥か先の鴻巣で止まるのか。

そしてそこまで分かっていながら何故オレは何度もこの通勤快速に乗ってしまうのだろうか。

上尾や北上尾、桶川の立場を考えてほしいものだ。
ついでにオレの立ち位置も。

見慣れた地元の駅を高速でスルーする瞬間の侘しさったらないよ。

一体今回で何度目だ?最低でも4回はやってるはず。

鴻巣に着いたら着いたで、三十分くらい上り列車を待ってから、チビリチビリ各停で上尾まで帰るんだぜ。

今日はただでさえ工房に籠りっ放しで疲れてるのに……。


どうでもいいから早く家に帰りたい……。

世界文化賞 

世界文化賞にスティーブ・ライヒが選ばれてて、朝っぱらからビックリした。

あと草間彌生ね。
なんか変な髪色のオバちゃんがいるなぁと思ってたら、草間彌生だったっていう。

他の3人はご存じないので名前も覚えなかったんだけど、それぞれの分野でかなり有名な方々らしい。


しかしたったの5名かよ。
どんだけ倍率高いんだ。
ライバルは「世界」じゃないか。

これに比べたら高校受験なんて屁みたいなもんだわな。

発見 

うすた京介の公式サイトを発見したので貼り付けておく。

めくるめけ日々


開設から一ヶ月ちょっとでもう6万ヒット。どんな人間だよ。

日本のHIPHOPよ、日本らしくあれ! 

別に最近になっていきなり思ったわけではなく、以前から地味に感じていたことではあるんだけど、どうにも世間のジャパニーズHIPHOP(ブラックミュージック全般を指さない狭義のHIPHOP)に向ける目は冷たすぎないだろうか。

確かに行儀のいいジャンルではない。
ガラの悪さは目立つ。そもそも成り立ちからしてそういうシーンなんだし。

HIPHOP嫌いの方に話を聞いてみると、本来英語であるラップを日本語でやるとどうにもカッコ悪い、ダサいのだそうだ。

まぁ確かに日本語は昔から英語と違ってメロディーに乗せにくい言語だと言われてる。

だからこそ昔はグループサウンズや歌謡曲といった日本語に特化したジャンルが育ったんだと思う。

日本語でラップみたいにリズミカルでルールだらけの歌い方をするのは本来無理なんだよね。
韻も踏まなきゃならないし。

そういった弱点を逆手にとって、日本独自のHIPHOPを作ろうとしたのが90年代のHIPHOPシーンだと思う。

わざわざ洋楽に近づけることないじゃないか。
自分達は自分達だけの音を作ろう。

それが嫌いと言われてしまえばどうしようもないんだけど、オレは割と昔のジャパニーズHIPHOPは好きでして。

ベタなところじゃスチャダラパーとかキングギドラとか。
本当にベタだけど。

日本人による日本人のためのHIPHOPって感じで。

オレは別にHIPHOPに内容なんか期待しちゃいないんだ。
とにかく楽しければそれでいい。
ノれれば他には何も要らないからね。

ブレイクビーツだって結局は切り貼りだし、サンプリングだって元々は経費を浮かせていかに安く曲作りをするかって観点から生まれたらしいじゃない。
面白ければ全ては自由になると思う。

だから言葉遊び的要素だとかビートの面白さを追求してればそれでいいんじゃないかな。
そういう意味では最近はアレだよ、SOUL'd OUTが頑張ってると思うよ。
RHYMESTERは継続して日本のHIPHOPを引っ張っていってると思うし。

日本独自のシーンを築き上げればそれはそれで面白いことになると思う。

ただ最近はほとんどが洋楽かぶれというか、日本のHIPHOPが正に死んでしまっているので聴いてて何も面白くないのね。
そういうものに限って言えば確かにオレもHIPHOPが嫌いだ。
別にHIPHOPに限ったことじゃないけども。

HIPHOPなんて明らかに保守的なジャンルだし、革新的な何かを求めているわけじゃないけど、そもそもの発端として日本語に適してないのに無理矢理捻じ曲げようとするからリスナーの目には滑稽に写るわけで。


それまでロック一色だったPOPシーンを格段に面白くしたHIPHOPだからこそ、それを日本でやることの意味をもう一度取り戻せないものか。

スズタケのささやかな願望でした。

ロゴデザインの課題 

学校の課題で、自分のロゴを考えることになりました。

ロゴといえばアレですよ。
企業とかがその象徴として使う記号、マークですよ。

ロゴデザインによって企業の性格や内容が垣間見えたりするもんです。
そういう風に作られてますしね。

で、自分のロゴでも同じことが言えて、つまり私スズタケを象徴するモノをデザインに取り込むべきだと。
そう考えます。

なんせマークですから、それだけで「スズタケ」を語らなければならないのです。
しかも簡潔に。

いや全くどうしたもんかと。

ポッと思い付くキーワードは「ネコミミ」とかそんなもんですよ。
そんなものデザインしてどうする。
前代未聞だっつーの!空前絶後にも程がある。

そもそもクラスの大部分の人間にはこのブログの存在はおろか、ネコミミ好きだとかそんな自爆ネタは一切公表してないですからね!

マズイ……………………わけですよ。
ええ。

地雷を仕掛けて自ら踏みに行くようなもんだ。
馬鹿かと。

ところがね、悲しいかな、他に象徴するものがないのね。
どんだけ影薄いんだよ自分。

いっそのこと自分自身をシンボライズして新世界の神になればいいんじゃね!?とか一瞬思ったけど、どう考えても空回りした挙句に逆の意味で祭り上げられてしまう。
ので却下です。

あとは自分が好きなモノ?
人によっては車とかファッションブランドとかあるよね。

オレの場合はアレですよ。
またネコミミですからね。
ネコミミとかマジ好きだし。

ネコミミ萌え!
IDなのにネコミミ大好き!
IDだけどネコミミ大好きだよ!

ニャーニャーニャニャー ニャニャーニャー

負けにゃいニャン


いや違うよそうじゃない!!
ジョーカーは引っ込んでろよ!


………………………しっかし本当に思い付かねえ。
もう課題違反でもするしかないかしらね。

ああ、「みかん」でも描くか。

他に何もないことだしそうしよっかな…。

信じる 

自分の意識の存在こそが真実だというのなら、おそらく意識を失うことは存在の喪失であり世界の消滅を意味する。

世界は必ずしも連続しちゃいない。
スイッチのようにONとOFFを切替えながら絶えず破滅と再生を繰り返している。


なんていうことを唐突に思い付く。
たぶんというか、間違いなく破綻してるので無視してください。


自分が最も信じることができるものとは一体なんだろう。

自分の感覚すら簡単に疑えるというのに、それ以上何を信じろと。

デカルトに従い「我思う 故に我あり」なんて思ってみたけど、その意識という存在の不安定加減にゲンナリした。

結局「ここにいる」という真実さえ霞みたいなもんじゃないか。

もっと信ずるに値する確たるものはないのだろうか。

ただ「無」のみが「有」るとでも言うのか。

オレはどこにもいない。
オレにはこれを読んでくれてるアナタすら見えていない。

何をしていても常に頭の中では真逆の思考をしてる自分がいることは確か。
それは今に始まったことじゃないし、むしろ当初はそれこそが真実への近道だと信じていた。信じていたんだよ。だから根拠なんかゼロだ。

信じることに根拠なんかいらない。
だから、オレがここに存在すると信じることにも根拠なんか一切必要ない。

在りもしない存在理由なんかクソ食らえだ。


理性の正体は「信じようとする心」そのものだと思う。
信じるからこそ疑える。疑うからこそ信頼が生まれる。

信じることで人は最大限の力を発揮する。
では信じることと同じだけの強さで疑えるだろうか。


何を一番信じる?

何だったら信用に値する?

心の支えになってくれる何かを持っているか?誰かの支えになれる?


人間なんて感傷だ。
盲目の暴力だ。

先なんかない。

一瞬だけ金正日の服装について考える 

昨夜、指毛が猛烈に伸びてテンパる、という謎な夢を見ました。


ところで北朝鮮の将軍様ですが、いつもお召しになられている服は一体誰のセンスなんでしょうか。
毎度テレビに出るたびに気になってます。

どう考えても、隣にいるバッジだらけの制服を着た軍人の方がいかにも権力者という格好に見えるし、なにより将軍様の服はどう控えめに見てもみすぼらしい。

豊満な腹、よく分からないヘアースタイル、顔面を覆いつくさんとするデカイ眼鏡。
どれをとっても一国の指導者にはとても見えません。

どんなに卑怯で卑劣だろうが、あの姿格好だけはなんとかした方がいい。
余計なお世話かもしれないけど、最低限テレビに映る人間がそういうところに気を遣わないでどうする。

例えば眼鏡を思いっきりソリッドな印象のものに変えてみるとか。
そこはPOLYSICSとかを参考にしてはどうだろうか。

photo.jpg


服に関しては・・・そうだな。
年齢も年齢だし、やはりチョイ悪オヤジを目指すべきじゃないかな。

いや、いくらチョイ悪にしたところであの腹は隠し通せまい。
ならばいっそのこと腹を生かす方向でアプローチすべきだろう。

とりあえず、一昔前のヘビメタバンドのドラムを参考にコーディネートしてみるとかすればいい。
マッドマックスみたいなの。

madmax.jpg


アミノンジャーの赤い奴とか


DSCF1034.jpg


はたまたタマちゃんとか

20030317-1.jpg



なんかもう別にどうでもいいよね。

酒のちから 

フィッシュマンズを聴きながらの深夜の帰路です。
最近至る所でフィッシュマンズの曲を耳にする。何故だ。やっぱ割とメジャーなの?

まぁとりあえず今日も大宮から家まで歩くぜ。また。

ダメだ。酒飲むと色んなこと考えられなくなる。
ミスが増える。ダメじゃんか。オレマジ使えない。


ヤフオクで売っ払うためのイラストを仕上げるのと食事を兼ねて、放課後に所沢の某ポニーに足を運んだのはいいんだけど、調子に乗って酒飲んだのがいけなかった。

美味しかったけど。

店内でイラストと画材を広げて塗り塗りしたりした。

あとから隣の座敷に来た、やけにハイトーンボイスなオバちゃん集団にアレな感じのイラストをまともに見られ、その中の一人に「あなたの絵はアレよね、え~っとアレよ、ヌードみたいよヌード。今流行の、ええとアキバ系?大きいお兄ちゃんが好きそうな感じの。」みたいなこと言われてメチャメチャ恥ずかしかった。

別にヌードじゃねえよ。
悪いけどそんなに健康的なもの描いてません。

パンチラとか下乳とかネコミミとか、あくまでも「アレっぽさ」をオレなりに前面に押し出した、絶対に家族に見せられない類のイラストなんだよ。売るための奴なんだよ。

その後一緒にいた友達に「大きいお兄ちゃんププー!!」とからかわれたのは言うまでもない。

慣れないコピックを使ってイラストを一枚仕上げるのにかなりてこずる。

絵への向き合い方などで愛すべきダメ出しを受け、色々課題が増えました。また。

オレは他人との差を今一度知る必要がある。オレはあまりに自分に対して臆病だ。

傷つくことに対して過度に恐れている傾向があるようだ。

足りてないのは、自分がゼロから生み出すものに対する信念と、やはり向上心、上昇指向。

夏目漱石に言わせりゃオレは正真正銘のバカモノなんだろうね。

本当は何も興味なんかないんだよね。興味がある気がしてるだけで。

「好きだ」という気持ちや言葉に甘えてる感覚ってまさかオレだけしか持ってない?そんなまさか。

今夜はとっぷりと面白い話をたくさん聴けました。

とりあえず、日ゲイ最後の奇人・清水教授(会った事もないのに失礼だ)に大変興味をそそられた夜でしたまる。


さて、歩くぞ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。