スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕立ちというか夜立ちというか 

雷が超至近距離に落ちてるYO!

梅雨ってこんなんだったっけ?
なんか違くね?

スポンサーサイト

はじめてのCG 

20070531011207.jpg


アレだ。フォトショで絵描くのはいいけどやっぱり下書きくらいはアナログでやらなきゃ面倒臭くてしょうがないや。

それにしても色塗りのノウハウがないとどこから手を付けていいものやら迷うな。
面白いからいいんだけどさ。
色数がアホみたいにあるのも困る。
この娘どんな色にしよう。
つうかいきなりグレースケールで描き出してよかったんか。それすらよく知らない。

ペンタブのタッチにまだ慣れない。
拡大して細部を描くというものにも慣れない。
今までにない感覚だ。なんなんだこれは。
マウスの代わりにペンタブ使ってると、いつのまにかペンが上下逆さまになっているという怪奇現象が頻発します。

それから自分のパソコンがないと色々ツライ。
これを家族の真後ろで描いてんだよオレ。とんだ武勇伝だ。
まぁいきなりこんなの描きだすオレも相当空気読めてないけど。
一応乳首を描くときは迷ったよ。迷った末に描いた。
軽く後悔している。

あ、腕ごついな。今気づいた。


リアルのだめ。菅野よう子。何歳の頃の動画かは知らん。

シークレットバトン 

ターンA最終話のBパートが削除されてて、最終決戦を見ることができないスズタケです。
なんなんだこの生殺し状態。

悔し紛れにOVAのロードス島戦記を見始めた。
綺麗なのにドジっ娘なディードがすごくカワイイと思います。
日本国内では、ディードのキャラクターデザインによりエルフは長い耳だというイメージが定着したそうです。なんかそういう事らしいですよ。


歪斗先輩から受け取ったシークレットバトンを消化しようと思います。
ミクシィ内ってことが前提のバトンのようですが、今までどおり情け容赦なくブログでやります。

※内容は伏せてお答えください。
※バトンを受け取った方にわかる仕組みになってます。
※このバトンをやりたい人はコメントにお書きください。
※問題は直感で当て嵌まりそうなマイミクを四人(四天王)お答えください。
(同じ人を何回あてはめてもOKです。)

【シークレットマイミクバトン(四天王編)】

1:あやさん
  ユッパさん
  窓
  pinaさん

2:基本的にみんな冷静だからな。どうだろう。印象だけで答えます。
  すな
  ユッパさん
  たろう
  190

3:そんなの数えてないから勘で。
  飛車さん
  窓
たぶんツートップはこの二人。あとは大体みんな同じくらいの数だと思う。

4:なんだこれww妄想以外のなにものでもない質問だなw
チャン・イーモウとかが作りそうな感じ。
つうかホントなんだこれ。心理テストか。
○:アスカ先輩
●:pinaさん
◇:のび
▽:なつぺそ

5:pinaさん
  飛車さん

6:文面を見る限りはみんなだな。
困ったさんはいないね。

7:米田さん(←強すぎ)
  すな(←たまに人語じゃない言葉を操るあたり)
  ユッパさん(←発想と飛躍力の塊)
  歪斗先輩(←的確な言葉を選んでると思う)

8:妄想再び。なんか聖飢魔Ⅱみたいだな。いや、なんとなく。
○♪:窓
●♪:オレ(いや、その、実は密かな憧れがあるんです・・・)
◇♪:たろう
▽♪:ユッパさん

9:若い知り合いしかいないからなぁ。どうやっても似合わないと思うんだ。

10:日芸ならガチでありえそうだから恐い。
   窓
   カリスマ
つうか知り合いでもそうなりそうな人は結構いる気がする。   

11:pinaさん
   すな
   ユッパさん
   アスカ先輩

12:事実上ね。ある程度は把握してます。でもなーこのブログに書き込んでくれる人でなーそこまでの人っていない気がするんだ。
   たろう
   窓
この二人くらいかなー。


最後に。
このバトンをやりたい人はその旨をコメント欄に書き込んでください。なんか窓の出現率の高い結果になったな。

らーせっせーらっせっせ。しーしっしーしっしっし。

今現在ペンタブでパソコンを弄ってます 

秋葉行ってきました。
で、見事なくらい景気良く散財してきました。
せっかく稼いだ金なのにね。
後悔はしていない。

すなと秋葉に行くと散財フラグが立つ。
これはもう間違いない。

昼飯のためだけに高田馬場に赴き、柳宗理の店(?)「麺屋 宗」というラーメン屋に行った。
自身がデザインしたものを客に実際に使ってもらう場所として作られたそうです。

まぁ実際はそこまで柳宗理の雑貨に包まれてーっていうほどでもなかったわけで、彼のデザインの片隅をかじれる程度。

肝心のラーメンの方ははじめから期待してなかったので別にどうでもいいです。
もっと色々触れるかと思ってたから、そういう意味では残念でした。
これなら直営店に行ったほうが多少マシかなと思われます。


でだ。問題は秋葉に着いてからだよ。

まずは本来の目的であるペンタブを買うこと。
これのためだけに秋葉にまで行った。暇だったし。

で、ソフマップで速攻で用事を済ませましたよ。
そうすると当然やることがなくなる訳だ。目的を達成したわけですからね。

その後行き場を無くした若者二人は、無謀にもサラリーマンひしめく秋葉原に繰り出しました。
行き先などありません。あるのは思うままウロウロする元気と、おやつを奢る奢らないで言い合える気力くらいのものでしょうか。

結局いつも通りゲーセンに行き時間を潰し、いつも通りラジオ会館で右往左往しましたね。

しかしそのラジオ会館で問題は起きました。
エスカレーターを上るとなにやらすえた臭気が鼻を突く空間に出くわしたのです。
秋葉でもそこまで酷い匂いのする場所は行ったことがなかったので、一瞬我が鼻を疑いました。

異臭の発生源はフィギュア・ドールメーカーとして有名なボークス秋葉原ショールーム。
ただでさえ常人には近づきがたい(店舗のある場所が6階というのも手伝って余計に入りづらい。)空気を放出するあのボークスです。

その上今日は、あろうことかフロア改装のため「売り切れ御免の売り尽くしセール」を大開催中で、しかも最終日前日という奇跡的状況がオタクと言う名の猛獣を招きよせたために、店内の空気までをも冗談抜きに澱ませていました。

いくらなんでもこれはない。これはなさ過ぎるぞ。
売り尽くしセールはともかくとして、なんなんだこの人間の多さは。
平日の昼間に集まる人数じゃない。

しかしこれと言って他にやることがない我々二人。
とりあえず匂いを堪えつつ入店。

人いきれとでも言おうか、店内の以上なまでの熱気・臭気に思わずのけぞってしまいました。
本気で顔をしかめるすな。それを見て苦笑いするしかないオレ。

店頭の触れ込みが正しければ「60%オフ」だ。
なんてったって「60%」オフ。半額以下。
オレにとっちゃまたとないチャンスだ。これを逃す手はない。

獣の目をしたオタク達を尻目に、店内を物色すること数分。
ミーナのガレージキットを発見してしまったオレ。
ガレージキットなんて一つ1万円はする高いものなので今まで手が出せなかったのだけど、今は60%オフなのでそんなのお構いなしだ。
調子に乗って二つもお買い上げ。
しめて5000円也。(会計するまで気づかなかったのだけど、二つで5000円になるお得サービスだったのです。)
はい、完全に空気に当てられてます。分かってます。


それから紆余曲折を経て(←便利な言葉w)、ヨドバシカメラでラストエグザイルのフィギュアを箱で買った。
前から欲しかった奴。
もうここまで来たらいくら使おうが似たようなもんだっていう気分になってた。

で、本日の戦利品。どいつもこいつもいちいち箱がデカイ。
ヨドバシ、ボークス、ソフマップと、どこからどう見てもアキバ帰りな袋を提げて電車に乗ったオレ凄い。
CIMG0327.jpg


なんかもうどうでもよくなりました。
やってしまったものは仕方ない。また稼げばいい。

何はともあれ久々に散財できて楽しかったです。
貯蓄?なにそれ。新しい食玩か何かですか?

おしまい。

ファーストガンダムの 

ブライトがいつの間にか年下なんだったって考えたら急に恐ろしくなった……。

アムロとかは別にいいよ。ブライトだよ?

なんかもう……ね。

18歳とか19歳の生々しい年齢設定ってわけもなく悔しいな…。

ユニヴァアアアアアアアアアス!!!! 

もうだめだ。まずい。

ターンAとかマジで面白すぎる。つうかBGMがことごとく素晴らしすぎる。

YouTubeで探したけどフルコーラスはなかったのでニコニコの方を貼っておきます。
これでも聴いて癒されて欲しい。
作曲は菅野よう子ですよ。






なんだろうね、結局オレは生活感のあるアニメが好きなようだよ。
ラストエグザイルだって空中戦よりもヴァンシップを整備してるシーンとか飲用水をろ過するシーンとか、他愛のない会話のシーンの方に魅力を感じる。

ターンAでも、さりげなく挟まれる食事の風景にホッとする。
衣食住がきっちり描かれてる事。これって人間を描く上で実はすごく大事なテーマだと思う。

冷凍冬眠を繰り返すことによって数千年にもおよぶ年月を生き月の世界を統治してきたディアナが、生命として終わる場所に地球を選ぶ意味。
日常の積み重ねの先に死があるのなら、日常を描くことで見えてくる死もあると思う。
それはとどのつまり生の物語なんだよね。

凄まじきは富野。富野の作品をまともに見たことってほとんどなかったけど、ターンAで富野すごく見直した。
この人すげーまともだよ。凄いよ。


ほぼ毎日観てるから、キャラクター一人ひとりに感情移入しちゃって困ってます。
あと10話で全部見終わるけど、様々な想いが交錯して終盤に向けて人間関係が盛り上がっていく様にドキドキする。
この先の展開が楽しみだ。まぁ結末は知ってるんだけども。

メカデザインで拒絶しちゃってる人が多いのが本当に残念だ。
作画レベル、シナリオともに今のガンダムの比じゃないぞ。
毛嫌いせずに観るといいことがあります。

それからどうでもいいんだけど、名台詞が多すぎて驚く。
深みのあるセリフをさらりと言うから憎い。
やけに仰々しかったり。


ターンAのキャラデザ担当の安田朗のブログです。
歴代トップ絵のところにイラストが数点あります。

自己申告 

アスカ先輩からバトンをもぎ取って来ました。
ニコニコでターンA観たいので素早く!素早くやるよ!


【オタク自己申告バトン」】

どれくらいの質問に対して自分が深くのめり込んでいるか、星を塗りつぶすことで再確認し、もしよかったら理由も書いてください。 このバトンをやることで自分が一体どんなオタクなのかをマイミクさんに確認してもらいましょう!
★の上限は五でいきます!

なんかもうブログに持ってきた時点でマイミクとか関係ないんだけどまあいいか。

>>1漫画+小説好き?
★★★★☆
漫画も小説も好きだけど、そのふたつを同列に見れないという性分なものでしてね。
よってラノベは好きでない。
手の届く範囲に娯楽があるって素敵なことよね。好きな作品は何度でも読み返したいと思う。

漫画なら基本的に何でも読めるけど、小説だと割と時代物が好きな傾向にある。
なんだろうねこれ。


>>>2アニメ+声優好き?
★★★★☆
アニメは好きだけど声優まで手は出してない。
だから声優の話にはほとんどついてけない・・・。
アニソンも全然わかんないし。
友達とカラオケに行くとオレだけアニソン歌ってないって状況になることもよくある。

アニメ見るときに気になるのは作画監督とか原画の方だからなぁ。
そっちの話できる人いないんだよなぁ・・・。

とにかく今はターンAが面白すぎなのでプッシュしておきます。


>>>3ゲーム(PC、AC、CS)好き?
★★★☆☆
これも好きだけど。好きだけども。
いかんせんウチにはゲームがないので家でゲームできません。
ゲーセン行ってもやらない。
免疫がないからやりにくいのな。正直な話。

友達ん家行ったときとかは普通にやってるけど。


>>>4同人(同人誌、同人ゲーム等)好き?
★★☆☆☆
「同人」という集まりは「面白い」と思うけど、そこで生み出されるものが必ずしも好きというわけではない。
「同人でなければならない理由」があるとは思えないから、同人だろうと非同人だろうと関係なく良いと思ったものだけ好きになる。


>>>5アニソン+ゲーム曲好き?
ん・・・?
これは邦楽か洋楽かどっちが好きかで言い争うのと同じニュアンスの質問だな。
アニソンやゲーム曲だからってそこで境界線を引こうとは思わない。

つまらなければつまらない。それでバッサリ切り捨てて終わり。
アニソンだろうとそうでなかろうと。
なので星判定はつけられません。


>>>6メイド喫茶好き?
行ったことないー
こう言うと「意外ー」とか言われるけどオレは別にメイドが好きなわけじゃないしな。
「一度行ってみたい」とは思うけど、それって結局オタク視点じゃないんだよね。
興味本位なんだよ。


>>>7ついつい予約特典とか気にしちゃう?
★★★★☆
気にする。えらい気にする。
初版かどうか、とか。

ラストエグザイルは全巻初回限定版で揃えたぜ。
つうかゴンゾはDVD高過ぎだ!
でもそのおかげでシルヴァーナのペーパークラフト貰えたんだよ!
要はこうやって所有欲を満たしたいのだよ!オレは!


>>>8好きな作品のグッズとか買っちゃう?
★★★☆☆
高校の頃はねーエヴァとかラスエグとか買いまくったねー。
今でも机とか棚には「そういうの」がいっぱいあるよー。

今ではそこまでミーハーな買い物もしなくなったかな。
以前と比べれば。


>>>9買い物は絶対ポイントカード対応店?
☆☆☆☆☆
いや、別に・・・。

あ、でもレイのテレカのためにゲーマーズでポイント貯めたんだっけ・・・。
スク水のレイのテレカ。今でも持ってる。
ああいうテレカって絶対使わないんだよな。
なんで普通のカードじゃいけないんだろう・・・。


>>>10日本橋or秋葉原好き?
★★★☆☆
秋葉は好きだねー。
日本橋は大阪の日本橋か。行ったことないわ。

考えてみれば秋葉行くって言っても目的はフィギュア探索か電化製品見るかの二つに一つだな。
他にすることないのかオレは。


>>>11カラオケではアニソンしか歌わない?
☆☆☆☆☆
いい加減アニソン覚えないとオレ空気読めてないんじゃないかと不安になることが・・・。
ネマコンにいた時もそういうのは感じてた。
今ではだいぶ開き直れてきた。
アニソン分かんないもん。

つうか普段聴いてる曲が歌モノじゃない場合が多いので、カラオケに行くと何歌えばいいのかすごく迷います。
で、結局昔好きだったミュージシャンとかそんなのばっかになる。


>>>12友達との話の内容は殆どそっち系?
★★★☆☆
相手による。


>>>13コミケに行ってみたい?(行ったことある?)
★★★★☆
行ったことはあるけどなんともなー。
凄い空間だとは思うけども。

以前親が「オレも行ってみようかな」とか言い出したときは本気で止めました。
あんなところ興味本位で行くところじゃねぇ。
「目的」がないと。


>>>14部屋の中にフィギュアとかポスターとかある?
★★★★☆
ポスター貼ってあるぜ!
貼ってあるし何枚かはビームサーベルよろしく丸めてあるぜ!

フィギュアは言わずもがなって感じだな。


>>>15部屋に買ったけど積んでるゲームや本はある?
★★☆☆☆
ない、と願いたい。
あれば思い出せるだろうし、もし思い出せないのであればそれほど存在感のないモノってことなんだろう。
オレの記憶の範囲ではそういうものは「ない」。
が、確証はない。


>>>16自分はどんなタイプのオタクだと思いますか?
この質問ってどういう意味合いで★をつければいいんだろう・・・。

コレクターだと思う。
結局これに尽きる。


>>>7回す人5人
ご自由にどうぞ。


なんかどれも中途半端な結果になったな・・・。

凄まじい小説を読んでしまった・・・ 

清涼院流水の「コズミック 世紀末探偵神話」を1ヶ月以上かけてようやく読了したのだけど、なんなんだろうこの脱力感は。

途中笑える場面がいくつかあったけどアレって笑うところなんだよね?
ねぇ、笑っていいんだよね?

ミステリーなんだろうけど、事件の真相を知ってここまで気が抜けたのは初めてだ。
この本を貸してくれた後輩の言ってた「バカヤロー小説」とはこういう意味だったのか。

数々のトンデモ設定の面白さはそこらの少年漫画にも引けをとらないんじゃないか。

裏表紙に貼り付けてあったブックオフの100円の値札がなんとも言えない説得力を放っていた。
もういいよ。完全にネタだよこれは。
真面目に読んだらダメだよ。その時点で負けだよ。

逆に、キャラ萌えできればこの本の50%は楽園に変わるはず。
そんな確信を持った。

反面こうも思っている。
この清涼院流水という人にはもう少し着いて行かなければならないという事だ。
オレはまだエッフェル塔が飛ぶシーンも、大阪ドームが飛んで移動しまた元の位置に戻るシーンも確認してないのだから。

喉元は過ぎた!熱さにもいずれ慣れる!いずれは!

電波時計は便利だけど電波な時計はちょっと…。 

タイトルに意味はないです…。

どうも、スズタケです。
友達の誕生日の曜日を間違えるというミスで寝起きから沈んでました。

一日の始まりからしてそんなだから嫌な予感はしてたんだ。
今日はろくなことがないぞって。


バイト先で、課が変わって作業が格段に楽になった。
それは良い。構わない。
だけどなんだ。いくらなんでも暇すぎないか。

何もしないで一時間近く立ってるだけの時もあったぞ。
昨日までいた課ではまず考えられないことだ。これで時給が同じっておかしいだろ。
発汗量だけで見ても月とスッポンだ。

時間を持て余すことに苛立ちを覚えたのは今回が初めてかも知れん。
待つことに関しては割と自信があったんだけど。
今日ばっかりはムカついたね。

他にも粘着質なオッサンやら挙動不審のアンちゃんやら、ここはキャラクターの宝石箱かと。
変人多いよ。

まぁオレもオレでうろ覚えの「Yeah!めっちゃホリディ」とか歌ってたけどな。
サビ以外鼻歌の「粉雪」とか。


今週に入ってからというもの、体を動かしてるおかげか家に帰って布団に入るとアッという間に寝てしまう。
そして6時間後にスッキリ目が覚める。
なんだこれは。なんなんだこの健康生活。

働いてる時は何故かいつも歌ってるか食べ物のことを考えるかしてます。
今日も色々夢想しましたよ。

・スパゲッティ食べたい
・できればカルボナーラを
・安いのでいいからビール飲みたい
・食欲のない世界なんて考えられない
・プリンの甘さが恋しい
・素麺の喉越しは日本の宝
・いつか食料を巡って大きな戦争が起きるんじゃないか
・豆大福食べたい
etc………

あと油断してると「オレのバトルフェイズはまだ終了してないゼ!!」とか「猫駆除だ!」とか「♪奴隷人生を~」などと意味不明なフレーズをブツブツと唐突に喋り出すこの口をどうにかして欲しい。

ホントにもうこれ見ただけじゃオレ完全に電波さんじゃねぇか…。

働いてる時のようなある意味で極限の状態の下では、考えてることが全て垂れ流しになるから困る。
独り言増えるし。
そうやって脳の中身を曝すようなマネをしてるから、いつかも職場でタマ姉の幻覚を見たりするんだよ。
本格的に終わっとるな自分。


人間ギリギリまで追い詰められると欲が出ていかんね。

自制せねば。
欲を制御するのが理性の役目だもの。

働いてる時くらい冷静にいこうぜ。

だるい 

三日目にしてようやく定時に帰れたスズタケです。
正直ヘトヘトですわ。

本当ならこんな日雇いの肉体労働じゃなくて長期のバイトをしたいところだけど、6月のID合宿の事を考えたら迂闊に働く事もできやしない。

まぁ今は目先の収入の事しか頭にないので気にしてないけど。
できることなら早めに定職に就きたいもんだ。
今みたいなバイトじゃ割に合わなさ過ぎだもの。


今働いてる工場は、オレが通っていた高校のすぐ裏手にあるので馴染みがあるっちゃある。

ただ当時はその中身までは把握していなかったので、数年越しに垣間見たその実態におののいてます。
マジでありえない職場。

まぁ頑張りますよ。
この仕事もあとちょっとでおわりだ。

お絵かきバトンだよー 

バトンもらったので労働前に消化しておきます。
正直デザイン学科にいてオレほど絵を描かない人もいないと思われ・・・。


お絵描きバトン▽

・今までに最も多く描いたと思われるキャラは?(版権創作どちらでも)

⇒キャラて。いきなり答え方に困る質問だな。
版権なら綾波レイでしょうか~。レイたん。
あ、でもアスカとどっこいどっこいかも。

高校の頃はオリキャラばっか描いてた覚えがある。


・何色を多く使いますか?

⇒特に決めてない。
つうか配色とかいつもカオスなので分からないってのが正直なところ。


・使うのが苦手な色があれば

⇒赤!断然赤!
上手く使えれば相当かっこいいんだけどな・・・。
ごめん、赤・・・。


・人物を書く際、どこから描きはじめますか?

⇒その時々によって変わります。
目から描いたり輪郭から描いたり腕から描いたり足から描いたり・・・。
どこから描いても一度は必ず修正するからあんまり関係ないかと。
「描きやすい」「描きにくい」はあるけどね。

まぁ世の中には腰から描くような基地外もいるからな。


・消しゴムのカスさえ愛せるキャラクターは誰でしたか?

⇒そりゃねーよ。


・完成までに一番時間が掛かった作品は?

⇒高校の頃に描いてた油絵なんか無駄に半年かけたぞ。
半年かけただけの意味はない。
ただ単に迷いが多いだけよ。


・絵が上手くなりたいって時あなたならどんな手段を使う?

⇒人の真似。


・このバトンを回してくれた人の絵の感想をどうぞ

⇒ただひたすら透明感が凄い。
清涼感のあるエロス。


・自分の得意な画材は?

⇒得意というか一番触れている画材は色鉛筆。
細かいグラデーションを思い通りに描けるから好き。


・逆に苦手な画材は?

⇒自分の思い通りにならない画材・・・。
水彩とか。
アレは・・・なんなの?上手く使いたいとは思うけどなんだってあんなに難しいの・・・。


・自分の絵に対してどう思いますか?

⇒とりあえずヘタクソだな。
線が多すぎる。減らしたい。
できることなら一本の線だけで全て表現しきってみたい。
まぁこれができるのはずば抜けたデッサン力が要求されるんだけども!


・雑誌を参考にしたりしますか?(衣裳、背景、構図など)

⇒雑誌というか写真集なら。
でもグラビアって役に立ちそうであんまり役に立たないんだよな・・・。
ポーズも構図もだいたい決まってるんだもん。
資料としてのグラビアは3冊もあれば基本的に問題ないと思う。
風景とか動物の写真集はいくつあっても足りないだろうけど。


・自分の絵で好きな部分はありますか?

⇒どうだろ・・・。
ちょっと考えてみたけどあんまりないような気がする。
「オレが描くこの部分がいいんだよね~」じゃなくて「好きな形がこうだからこう描く」って感じ。伝わりにくいな。
つまり好きなのは自分が描いたものじゃなくって、すでにある形の方なんだよね。
それを自分の絵にフィードバックさせてるだけであって・・・。


・絵を描くときについしてしまうクセはありますか?

⇒顔を描くでしょ。ついで首を描くじゃない。
そのあと胴体を描くんだけど、オレの場合ついつい肋骨で止めちゃうのね。
腕も足もない、骨っぽい胴体の上に生きた頭が載ってるだけっていう猟奇的な絵面になることがままある。


・右向きの顔を描くのは得意ですか?

⇒たまに意識的に描くことはあるけど好き好んで描くわけじゃない。
いわば義務?得意じゃない。


・どの位の頻度で絵を描きますか?

⇒描くときは描くし描かないときは1週間でも2週間でも平気で描かない。


・スランプに陥ったときはどのように対処しますか?

⇒スランプになるほど描かない。
なってもそのまま放置の方向で。
もしくは自分のスランプに気づいてないって可能性もあるけどな。
調子がいい時は「調子いいね自分~♪」ってめちゃめちゃ手動かすけど、調子が悪いときは「あ、もういいや」だからね。


・絵を描く際になにか必要なものはありますか?

⇒画材・・・ですよね?
ほかには・・・・なんだろう。テンション?
いつも音楽かけてるけど、選曲ミスるとテンション下がるからなぁ。音楽は必ずしも必要ではないです。
ラジオの方が調子いいときもあるしね。


・主線は迷い線おおいですか?きれいに一本線ですか?

⇒迷いは恐れ、恐れは怒り、怒りは憎しみに変わる。
そして憎しみは苦痛につながるのじゃ。

迷い、多いです。
正直なんとかしたい。


・自分にとって絵を描くとは?

⇒まーた難しい質問を・・・。
知らん。描きたいから描く。それ以上の感情はない。
自分の絵が何かを変えられるとは思ってないし、そのつもりもない。
社会性のある絵ってのが理解できないので、アートとして自分の絵を考えることはできない。
オレが描いてるのはただの自己満足に過ぎません。意味なんかないんだ。
欲求があるからそれに対する解答を自らの中に求めてるだけ。


・着色するときの平均時間ってどれくらいですか?

⇒早ければ2時間。長ければ一晩。
平均すると3時間とか4時間っていう普通の長さになる。


・尊敬する絵描きさんは?

⇒絵描きってのはアレだよね。イラストレーターって区切りですよね。
村田蓮爾とか。


・今後描いてみたいものは?

⇒前々から言ってるけど、少女マンガ的画風に見られる構成的なグロテスクを身に付けてみたい。あれは奇跡だ。
ただアレを描けるだけの画力がないのでまだ描かない。
もうちょっと骨を描いてから。


・絵を描くときに気をつけていることは?

⇒特になし。考えると手が止まるので。
できるだけ何も考えずに描けてる時が一番絶好調。


・人物を描くときはどんな表情を描くのが好きですか?

⇒横目?が描きやすいのでついつい描いちゃいます。
あとは薄目。
表情のバリエーションが少ないのでなんとかならないものか。グラビア写真集だけじゃ正直表情の勉強にはならん。
誰か・・・誰か良い資料持ってないか・・・!!


・模様や柄ではどんなものが好きですか?

⇒模様とか柄の類は敵です。描けない。
どっちかっていうとシルエットの方が気になる。


・一番描いてて楽しい服は?

⇒楽しいのは体にピタピタしたSFっぽいボディスーツだね。なにより楽だし。
ここ数年はボディスーツもほぼ封印してるので、着るもので楽しいと思ったことはないな。
あーーでもファスナーとかは描いてて楽しいかも。


・ネームはどこでやりますか?

⇒基本的に家で。
小ネタを練り直す作業なので落ち着いてやらないとっていう気持ちがある。
でもそんなに上手くいくことなんてそうそうないわけで・・・。


・絵を描いて一番困ることは?

⇒自分のデッサン力のなさを実感する瞬間が一番困る。


・着色するときに一番こだわって塗ってしまう部分はどこですか?

⇒どこっていうポイントはない。


・ペン入れに使っている道具は何ですか?

⇒丸ペン。Gペンも試しけどちょっと柔らかすぎてね。
なんかもういっそボールペンでもいいんじゃないかとか思ったり。


・デジタル派ですか、アナログ派ですか?

⇒デジタル経験ナッシング。
なので比較できませぬ。


・配色で意識していることはありますか?

⇒ない。


・絵を描く時にしている工夫は何ですか?

⇒それもない・・・かなぁ。
「ハァ~それじゃ描きますかねぇ」とか言いながら椅子に座ってそのまま描き始めるので。


・どのタイプの人が一番描きやすいですか?

⇒バケモノ。
あ、人じゃないですね。はい。


・いつごろから描き始めましたか?

⇒意識して描き始めたのは中学の終わり頃かなぁ。
それまでは自由帳とかにラクガキしてる程度。
でも小学一年の頃に水彩で描いたアジサイは、今でも絶対描けないと断言できる。
おそらく今までの人生で最高傑作だと思う。


・今まで自分の描いた絵の中で、気に入っているものは?

⇒小学一年の頃に描いたアジサイ。
最近のだったらノートに描いたディオ。


・おすすめの資料を教えてください

⇒資料というか、感銘を受けた写真集でも紹介しましょう。
梶井照陰写真集「NAMI」
以前本屋で立ち読みして、言いようのない衝撃を受けた。
資料としてよりもバイブルとして持つべし。
オレはまだ買ってないけどな!


・次に回す人

⇒アンカーで。


はいお疲れ様でしたー。
バトンおわり!

でんきや 

結局今週いっぱい働きます。働くことにしました。
ここである程度金稼いどく。


暇な時って用もないのに電器屋に行くことがよくある。
新しいケータイが出てないかチェックしたりUSBの値段みたり店員を遠巻きに観察したりデモのパソコンの電源を落としたり・・・

色々遊べます。
店内で流れてる音楽が耳障りなのは仕方がないとして。
落とした電源はあとでちゃんと直してますよごめんなさい。


今日は近所のノジマでペンタブ弄ってきました。
今マジで欲しいので購入を検討中。

地元では秋葉より若干高いので買いません。
多少面倒でも秋葉まで足を運んで買うつもり。

日曜ということもあって結構客がいる中しばらく一人でラクガキしてましたよ。
描いては消し描いては消し。

普通に人間描いたり骨描いたり。
モニターの位置が低い上に画面の角度が机に対して垂直だったので描きづらいことこの上ない。
あんまり絵っぽい絵を描き残してったら後から来た客が触りづらくなると思ったので、最終的には色んな色を使って適当にグチャグチャにして来ました。


電器屋から帰宅してみると、学校から休校を知らせる通知が届いていた。
なぜ手紙なんだ。
しかも実家通いだから親と自分のとで合わせて二通も届いてやんの。

どんだけ資源の無駄遣い??
ちきゅうかんきょうにえいきょうするよぉー???

まぁ人件費の無駄、紙の無駄だな。
基本的にこの大学は金の使い道間違ってんだよな。
余分な金があるならオレにくれればいいのに。もちろん無償で。


それにしてもアレだね。
また電器屋の話に戻るけど、USBの値段って本当にすぐ下がるのな。
半年くらい前に1GのUSBが3000円で「安っ!」とか言ってたのに、ちょっと前秋葉行ったときは2Gで3000円になってんだもん。
もはや「ポカーーン・・・」ですよ。
こんなに安くなるとろくに口もきけなくなるわ。

これならUSB買うより外付けのHDD買った方が断然お得じゃねぇか。

はしか 

なんかミクシィで学校の友達の日記とか覗いたら、どこもかしこも麻疹の話で持ちきりだった。

うちの学校は来週の頭から今月いっぱい閉鎖されるそうです。
HPでも確認したので間違いないようですな。

うん、実際の麻疹よりも「麻疹の話をすること」が流行してるあたりが面白いね。
オレも流行に乗ろうかしら。


しかし10日間も休み貰っても何すればいいんだろう・・・。
そもそも来週の土曜日に開催予定だった春祭はどうなるんだ。
ルー大柴が来るんじゃなかったのか。
観たかったのに・・・。どうすんだよホントに・・・。

日雇いのバイトでも入れて金稼ぐか。
定職に就いてないんだしこんな機会でもないと日々の生活にも困るからな。
半分働いて半分遊ぶ。
うん、そうしようかな。

上手いことやればペンタブ買ってケータイ料金払ってもおつりが来るくらいには稼げるはず。


しかしなんだな、麻疹だなんて。
なんで今流行るんだ。
きっと関東以外の地域では大した騒ぎにはなってないんだろうよ。

予防接種してればそんなに発症することもないのかなって思ってたけどどうやらそうじゃないみたいだね。
子供の頃に予防接種しても大学生に頃になるには抗体の数も減ってるだろうから、それもこの流行の一因になってるのかも知れない。

お母さんは「若者の抵抗力が落ちてるんじゃないの?」なんて言ってた。
なるほど、それも一理ある。


日芸内でも感染者が確認されてるようなので、ことによってはオレも菌を貰ってるかも知れないわけで。
この休み中に発症することがあれば速攻で病院行きます。
待合室で思いっきり咳・クシャミするの。うん。


ところで全く関係ないのだけど、この動画はオレのハートに火を点けた。

突然変な人に遭遇してもうろたえない覚悟はあるか。 

フォトショ入りました~。
たろうありがとう~。毎度世話になるね。

しばらくブログも更新してなかったので、久々に何か書こうかと思います。
一昨日くらいに鬱臭い文を投下しようと試みたけど、恐ろしくガキっぽい内容だったので自主規制しました。
愚痴こぼすのも大概にしなければ。

今年に入ってからというもの、更新頻度がガクンと下がっています。
漫画の感想とか映画の感想とか結構な数溜まってるんだけどな。
なんだかんだ言って春休み中とかそれなりに漫画読んだもの(いつの話をしている)。
全くどうしたものか。

まぁおいおいね。地味~にこなしていきますよ。
来週は学校の図書館で「ビデオドローム」を観る予定。クローネンバーグの。
この監督の映画スゲー面白いのな。


ちょいと作りたい物がいくつかある。
課題よりもそっちに労力を注ぎ込みたい。
やりたいことにだけ目を向けてちゃ良くないってのは分かってるけど、どうも無駄であればあるほど頑張ってしまう性分なもので致し方ないとしか言えない・・・。


ここのところノートのラクガキの量があり得ないことになってきてる。
もはや授業のノートの様相ではない。
こないだなんかDIO描いたよ、ディオ・ブランドー。JOJOの。

ラクガキでスキルアップはしてないけど、何故かよく分からんオッサンの顔とかを描いたりする。
なんの得にもなりゃしねぇ。

男の子も女の子もまるっきり描いてない状況なので、せめて若い人間を描かなきゃそのうち自爆しかねない。
現状打破のための早急な対策が求められる。
つうかメカ(ロボット)を描けるようになりたい。

ただラクガキをしてても何にもならないので、落ち着いて自分のラクガキを眺めたりするんだけど、やっぱり実力不足は否めないな。
前から分かってたことではあるのだけど。
もう少し人骨を描けるようにならなきゃダメだ。話にならん。

あとたまに模写をすると結構効くね。
美内すずえの絵柄を真似して以来若干絵柄変わったし、ディオを描いてみて発見したこともたくさんあった。

中学高校の頃は貞本義行とか村田蓮爾とか二瓶勉(「BLAME!」が映画化するかもよ)の真似しまくったけど、大学入ってから真似するのも面倒になってやってなかったからな。
いっそ色んなタイプの作家の絵柄をパクリまくるのも面白いかも知れない。

ただし真似できないレベルの神はいるので、身の程はわきまえます。
多田由美とかゆうきまさみとか五十嵐大介とか山田章博とかな。
無駄に列挙してやるぜ。


今回フォトショをゲットしたので、溜まりに溜まったラクガキを編集してみようと思う。
前々から友達に言われてたし一度やってみようと。
まぁどうなるか分からんが。
ノイズだらけのグラフィティにだけは絶対にしたくないのでやるならキチンとやりたい。と思っているマル。

過去のラクガキをほじくり返すとエライ量になるので、そこらへんは力の入れ方を加減したい。
古いラクガキとか今ではさすがに見れたもんじゃないしね。
自分で見る分には一向に構わないのだけども。


明日も一限から授業があるのでほどほどにして寝ます。

おやすみなさい。

ハイム家のおてんばお嬢さん 

なんだろう。
ソシエって可愛いよね。

ソシエ・ハイムですよ。
∀ガンダムのヒロインね。
可愛いよね。うん。

萌えなんて中途半端な言葉はいらねぇ。
素直に、カワイイ。

昨日パソコンでターンA観ててふと思った。

デフォルトでツンデレなのな。
「なによ!ロランのバカ!」とかなんとか言っちゃって。
なんなのあの娘。


DVDボックス欲しいな。

朝から武蔵野線 

昨晩から吹き続ける強風のため、武蔵野線が予想通り止まったようだ。

ちなみにオレは今大宮にいる。
しかし大宮駅に武蔵野線は通っていない。
武蔵野線のある武蔵浦和駅に行けていない。

なぜなら埼京線が止まっているせいだ。
京浜東北線すら遅延の憂い目に遭っている。

目の前の路線が止まっているだけでもガックリくるのに、更にその先の路線まで動いてないなんて知りたくなかった。


電車を待っている間に耳にした会話。

女子高生1「うっそマジで~~ちょー電車止まってんだけど~~!」
女子高生2「すっごい人!マジ人多過ぎ!」
女子高生3「なんで止まってんのぉ~~動けよウザ!」
女子高生1・2・3「キャハハハハハハ!!」

なぜそこで笑う。
言いたい事は分かるがなんだその会話は。

彼女達の話も落ち着いて聞いてみれば面白いもんだ。
脈絡なくて。

会話に参加したくはないが聞くだけなら暇潰しにはもってこいだ。

まぁそんなことはどうでもいい。

とにかく今は早く学校に着きたいところだ。

映画の感想 

このところ映画ばかり観ている。
と言っても今週だけに限った話ではあるが。

久しぶりに感想なんぞ書いてみようか。
中には映画じゃないのもあるけど細かいことは言いっこなしだ。

スパイダーマン3
禁じられた遊び
稲川淳二 恐怖の現場
サイレン


できるだけネタバレは避けます。


まずは「スパイダーマン3」から。

結論から言うと普通に面白かった。
期待通りすぎて逆にガッカリしたくらいだ。
やっぱり面白いじゃねーかよと。

シリーズ3作とも成功する映画なんて今時珍しい。
しかも落ち目と言われるようになって久しいハリウッド映画でだ。

1作目で「大いなる力には大いなる責任が伴う」などとのたまい、当時オレは「イラク戦争を起こしたアメリカがよく言うよ」なんて思ってた。

今回は最終章だからなのか知らないが、バックにもろに星条旗を背負うシーンまで用意してきやがった。
ここまで開き直られるとかえって清々しい。
スパイダーマンに群れる群衆といい、つくづくアメリカ映画なんだなと実感させられた。

シリーズ全体を通してみても、何から何まで分かりやすいことこの上ない。
何も考えずに観て、映画館を出た瞬間に内容の全てを忘れられる。
残るのは「面白かったね~」という感想のみ。

しかしそれこそが正しいハリウッド映画の鑑賞の仕方だとオレは思っている。
そしてスパイダーマンはそれができる映画だ。

それからなつぺそも日記で言ってたけど、主人公とハリーの関係がなんというかアレな感じで・・・・。
人工呼吸でもするのかと思った。
最後の方なんかヒロインが完全に蚊帳の外だもん。
もうやめて!と何度言いそうになったことか。

いや、うん。
まぁ普通に面白かったから良かったんだけど。


アメコミヒーローって何かしらの暗さを持ってると思う。
バットマンしかり。スーパーマンしかり。X-MENだってそうだ。
それでもスパイダーマンほど人間的な悩みを抱えるアメコミヒーローって他にいないとオレは思う。
そこのところをスタッフが理解して映画を作ってるから、洗濯したスーツが色落ちしてたり、ブーツの中に入った砂を鬱陶しそうに出したりするシーンがあるんだと思う。
庶民的というか、そういう親しみやすさってこのキャラクターの大きな魅力だと思う。

もうね、ピーターのグズグズした姿が見たいからこの映画を観てるようなもんだ。
そこまで言ったら言い過ぎか。

次。

「禁じられた遊び」はもう説明不要なんじゃないだろうか。

中学の頃に一度見たことがあったのだけれど、ルナシソ・イエペスの奏でるテーマ曲を深夜のラジオで聞いたのをきっかけにして「もう一度観たい!」という思いに駆られたわけです。

こんなときに学校の図書館は便利。
日芸にはタダでDVDを観れる設備があるのですよ。


なんというか上品な映画だと思った。
オレなんかが語っていいのかと。

ただただ、ポーレットのミシェルを呼ぶ声に打ちのめされるばかり。
こんなにも胸が締め付けられる映画を観たのも久々だ。

あからさまな戦争描写は最小限にとどめているにも関わらず、二人の少年少女を通して戦争の姿をまざまざと見せ付けられる。
あまりに切ない。あまりに残酷。

もう何も言わないよ。何も言えないよ。
何も言わずただ観てくれとしか言えない。
観て感じろ。それだけだ。

次。

ここで一気に毛色が変わります。
次に観たのは「稲川淳二 恐怖の現場」。
すな家で観た。「禁じられた遊び」を観た後に。

ホラーなんか基本的にギャグと紙一重なんだ。
これを観るとそれがよく分かる。

凄いんだよ。
心霊スポットにテントを張ってグラビアアイドルを置き去りにしたり、事前に散々怖がらせておきながら「今日の本題はここからです」みたいなことを言い出したりする。
引っ張り方が上手い。

怪談で有名な稲川淳二だが、彼のテクニックが並のものではないということをこのDVDでハッキリと認識した。
この人は人を怖がらせる術を知っている。

自分はテレビの前で傍観しているだけなので冷静でいられるけど、もしも稲川淳二と一緒に心霊スポットに行けと言われたらオレは断固として拒否する。
何されるか分かったもんじゃない。

一時間という短い時間だが、見終わった後の満足感はそこらの下らないバラエティ番組の比ではない。
稲川淳二のドSっぷりとグラビアアイドルの泣きっぷりのギャップが面白すぎる。

これは稲川淳二の職人芸を堪能できる素晴らしい作品だ。
ホラーが嫌いな人も、騙されたと思って一度試してほしい。

ちなみに霊の類は出てきません。

次。

「サイレン」。
堤幸彦監督、市川由衣主演の映画。
これがなんとも言えない出来でして。

以前テレビで見たCMがすごくよくできていたから期待していたのだけど、とんだ肩透かしだった。

結局これは劣化した「シックスセンス」じゃねぇかと。
どこかで見たことある構成だなと思ったら「シックスセンス」だった。

伏線を張るだけ張って回収しきれていない。説明不足。
必要のないシーンがチラホラある。

オレの感性に問題があるのか知らないけど、最初から最後まで緊張感を感じなかった。
何故だ。

それからもう一つ。
堤監督の趣味が出すぎ。
ここまで来るともはや「味」とかいうレベルではない気がする。
トリックのように笑いの要素があるなら構わないのだけど、毎度毎度同じようなモチーフを使われてもこちらとしては食傷気味ですよと。

一番笑えたのは森本レオの狂いっぷりだ。
この森本レオっていうキャスティングも意外性を狙ったものなんだろうけど、かえってそれがギャグレベルのものになっちゃってるから始末が悪い。

唯一まともに良いと思えたのはサイレンという音に注目した点だ。
人に警戒心を持たせるように設計した音を起用するのは「あざとい」とも言えるが、効果的に使えているので問題あるまい。
これまでも音響効果の凝ったJホラーはあった(リングとか)が、ここまで音を映画の「主軸」に据えたのはあまりなかったのではないか。
オレが映画に疎いだけなのかも知れんが。

映像作品では視覚以外の情報が変化することで全く違う作品になるという。
上手いことやったな、と思った。

しかし結局脚本とキャスティングで損してる。
あのラストって夢オチレベルの禁忌でしょ。

主演の市川由衣に関しては、オレの中での彼女はグラビアのイメージが強いせいもあり、どの角度から見ても感情移入が出来なかった。
まだまだ女優ではないということか。


久しぶりにグダグダ長々書いちゃったね。
いい加減眠いです。

おやすみなさい。

勝ったぜ 

歴史学の授業では最後に質問に対する自分の見解を書き、次の授業で先生がいくつかをピックアップして発表したりしている。

前回の授業でその回答欄に睫毛バサバサの少女漫画風の顔を描いておいたら、あろうことか今日発表されてしまった。

名前は伏せられていたものの、先生が「男性が書いたものです」と言うと、どこからか小さな声で「え~~」という声があがった。


よし。よし。
これは間違いない。
確実にオレの勝ちだ。

ちゃんと質問に対する見解も書いたし、それに対して褒めてももらえた。
そんなことよりも、オレが描いたものがプロジェクターでデカデカとスクリーンに映し出されたという事実の方がよっぽど愉快だ。

誰かの「え~~」って声が欲しかったからオレは描いた。狙い通りだ。
無論後悔などしていない!

フ、フハ!
フハハハハハ!!!

夢の中へ行ってみたいと思いませんか? 

時折おかしな夢を見る。

昨晩見た夢も多分に漏れずキテレツで、オレがただ一人塩鮭をものすごく丁寧に丁寧に時間をかけて食べるというものだった。
ご飯もオカズもなしにだ。
もちろんお茶だってない。

目が覚めた時にやたらと喉が乾いていたのは、単に体の水分量が減ったという事だけが原因じゃないと思っている。

つい数週間前にも凄まじく猟奇的かつメルヘンな夢を見たものだが、これは一体何を意味するのかと自分を疑いたくなる。


最近では観念的なイメージだけの夢を見る事はなくなった。
中学くらいの頃までは年に数回、恐怖の塊みたいな夢を見たりしていた。
なんだか分からないけどただ怖いっていう。それも同じ内容の夢を。

今ではそれもなくなってしまった。
これは成長と受け止めていいのだろうか。
逆に、たまにはあの夢を「見たい」とも思う。怖い物見たさだろうか。


ありえない夢であればあるほど面白い。
自分の想像力を試されてるようで。

見たい夢を好きなように見れない不自由さも楽しい。
たまに寸止めみたいな夢を見た時はその限りじゃないが。

自分の中の不可解な部分をこれほどハッキリと示してくれる夢というものは、ある意味じゃこの世のどんなアトラクションにも勝る遊び道具だと思う。
自分の意思とは無関係なあたりがネックだけど、それも魅力の一つと言っていいだろう。

時に不気味で時に愉快な独りよがりの世界…。
自分だけの遊園地…。

季節感 

片付けるそばから落書きしてます。
これじゃ一向に部屋がスッキリしない。


まぁそれはいい。

それにしても最近の天気の良さは尋常じゃないですね。

昼寝をするには最適な日差しと風です。

今くらいの天気が好きだなオレは。

もう少ししたら梅雨に入るのかね。
じとじとべたべたしたイメージの強い梅雨を好きという人ってあまり見かけない。

日本の季節って多彩だけど、結構季節によって人気が分かれるよね。
「夏より冬がいい」って言う人が多いような気がする。
春と秋の人気の低さといったらもう……。

更に輪をかけて梅雨は人気がない。
年に一度の雨期がそんなに嫌か。

まぁかく言うオレも取り立てて梅雨が好きというわけじゃない。

あまりの不人気に同情票を投げてやりたくなっただけです。はい。


湿気がウザいとかカビ臭いとか言われがちな梅雨に、かつてスポットライトを当てた人が果たしていただろうか。
そういえば見た事がない。

梅雨を大プッシュする動きがない事に、気紛れだけど今こそアンチを唱えようと思う。


梅雨がなきゃ日本の農業は大打撃を受けるんだよ。
日本の食料自給率を根底で支える重要な季節なんだよ。
それに……カタツムリ可愛いじゃん!
可愛いじゃないか!
水玉雨傘雨がっぱ!
長靴アメンボ水たまり!


………ダメだ。無理がある。
そもそも梅雨なんか好きでもないのに弁護しろってのが無茶なんだ。

梅雨の何がいけないって、湿度が高い上に気温まで日増しに高まっていくから、うだるような暑さが昼も夜も続いちゃうとこだよ。

湿度が高くても気温がもう少し低ければ過ごしやすいと思うんだ。

まぁいいや。
うだうだ言ってどうこうなる話じゃないし。

眠いので寝ます。
おやすみなさい……。

落書きだって生きてるんだ!! 

部屋を片付けた。

片付けたと言っても、部屋の至る所に転がっていた落書きを一気に段ボールに突っ込んだだけだけど。

すごいよ、本当に部屋のどこを触っても必ず落書きしたノートや紙が出てくるの。

比較的最近の落書きから中学の頃の落書きまで。
小学時代の絵は始めから後生大事にしまってある。

過去の自分の絵の下手さ加減もさることながら、落書きの横に添えられた様々な心の叫びが面白すぎて「なんだこりゃ~www」とか言いながら整理してました。

高校最後の夏休みに書いた日記(夏休み期間限定の日記)なんか何度読んでも面白い。
まぁ要は自画自賛なんだけど、今となっては理解不能な数々のシャウトには目を見張るものがある。
「自衛隊は日本軍と名乗れ!」とか言っちゃってるし。
何様だコイツは。

他愛のない話から受験勉強の苦悩、それこそ男的な悩みまで書いてあったりして、色々と赤裸々過ぎてとても人に見せられる類の日記じゃございません。
いやまぁそもそも日記なんて人に見せるものじゃない。

でも当時から一日に大学ノート1ページとか多い時は3ページくらい書いてたから、今こうしてダラダラと無駄に長い記事をブログに書いたりしてるのはそういう背景があるからかなとも思った。
読めばすぐに読めちゃう量ではあるけどね。


話を戻しましょ。
落書き整理について。

午後から片付け始めたのだけど、実はまだまだ全部集めきったわけじゃないのが現状です。
ファイルとかめくればもっと古い落書きが見つかる可能性は十分ある。

ただ現時点で結構な量が集まっちゃったもんだから正直これ以上は掘り起こしたくないなと思い始めています。
媒体が紙なのでできるだけ平らに保管したいのが人情ってもんです。
しかしながらそうすると場所をとる。
ただでさえ狭い部屋が更に狭くなる。

その上段ボールも生協で貰って来た比較的小さい段ボールなわけで、もうあんまり容量がない状態なんですわ。

捨てたくない……。
捨てたくないからとっておく………。
でも置いておく場所がない………。

もうこれは完全に放置の方向で行くしかなさそうですね。

現状維持が一番円満に事が収まりそう。


片っ端からスキャンして紙はガンガン捨てるか?
いや………原本はなぁ………。
ちょっとなぁ………捨てられないなぁ………。


地下とかに保管庫があればいいのに。

影の裏には光がある 

常日頃から忌み嫌っているチャラチャラした女子高生に対する感情が変化した旨を報告したい。


オレが大好きな女子校生の姿とは。
黒髪ロングorショートにブレザー(できれば紺。中学生なら紺セーラー)。
白い肌に映える紺色のハイソックス(中学生なら白も可)。
スカートはもちろん歩いた時に膝がチラチラ見える絶妙な丈が望ましい。

正に絵に描いたような純朴一途。
そんな娘が大好きだ。

何故こんな娘が好きなのか、当然理由なんて分かるはずがない。
しかし今回その一端に触れることに成功した。
これからその思考の一部始終をご覧に入れる。
過程が多少遠回りなのだが、そこはご容赦願いたい。


かつてのオレはヤンキーに対して憧れを抱いていたように思う。

中学の頃にハッキリとヤンキーという存在を認識し、その時まず感じたのは、自分とは違う生き方をしている人間がいるということだった。

ヤンキーのように親や教師に反抗する事は、押さえ付けられて育った自分には恐ろしくて到底できない行為であり、思うままに行動する彼らに憧れを抱くのはある意味当然だったのかも知れない。

しかしそういったある種の劣等感を持っていては自分が救われない。
だからこそオレは無意識のうちに彼らを嫌悪し拒絶したのだろう。

つまり憧れの対象である彼らを見下すことによって、自分という小さな世界の中での地位、自尊心を保とうとしたのではないか。
そしてヤンキーを否定する論理として、いわゆる「まじめクン」の考え方で武装したのだ。

今こうして思い返してみれば、ヤンキーに嫌悪感を持つ理由なんてそんなものなのかも知れない。

そしてこの嫌悪感こそ、今のオレの趣味嗜好の根幹を成す重要なファクターなのだと確信している。

チャラチャラした服装や喋り方、ヤンキー文化を拒絶して、初めて純朴な存在の素晴らしさ美しさに気付けたと言っても過言ではないのだ。

小学生の頃にも純粋にキレイだなとは思っていたが、それ以上の感情を抱くことはもちろん、素朴さとは別の美点を見出だすことなどできるはずがなかった。
もしこの世にヤンキーがいなければ、恐らくいや確実に今のオレは存在していないと断言できる。

ヤンキーを嫌うからこそ純朴な少女の美しさが見えて来たのは紛れもない事実だ。
まず嫌悪感ありきなのだ。

オレの女子校生や美少女に対する感情は、逆説の上に成り立っていると言える。


と、ここまで思い至って浮かんでくる感情がある。

「感謝」だ。

時代が移り変わっても相も変わらず醜い恰好をし続ける少女達を見る度に思うのだ。
「下品でいてくれてありがとう。」

もはやオレに彼女達を拒絶する理由などない。

彼女達が醜ければ醜いほど、相対的に美少女が浮き彫りになるのだ。

太い足首を隠そうとルーズソックスをはき、制服を無理矢理ミニスカートにしながら階段では「謎」を見せまいと尻を押さえる矛盾を曝す。
他民族を思わせるハイコントラストな化粧をする心理は一体何が原因なのか。
自由の意味すら知らずに勝手気ままに行動する彼女達の思考なぞもはや理解しようとも思わない。

90年代後半のあの時代から多少の変化は見られるものの、今でも基本的には何も変わらず彼女達は傍若無人に暮らしている。

なんて愚かなことだろう。
しかしそれでいいのである。


オレはこれからも変わらず彼女らを見下す。
オレの価値観が変化しない限りそれは決して変わらない。

オレは彼女達を憎悪しながら彼女達が生存し続けることを願うだろう。
生きたサンプルとして。
悪の標本として。

それに引きずられるようにして、美少女の存在価値は不可逆的に高まり続けるに違いないのだから。

とりあえず大体作業は終わったかな 

昨夜からパソコンの初期化と、諸々のソフトのインストール感謝祭を繰りひろげております。

GWの中心で疲れを叫ぶ。
スズタケでございます。


たしか去年の夏ごろにも初期化したんだよな。
でもここ最近のパソ子のツンツン具合はもはや将来的にもデレを望めないレベルにまで達していたので、ここで修正をかけます。
もともとフラグは立ってなかったと。

もうね、起動して10分後にフリーズとかやってらんないのよ。
そのまま30分は何もできないんだから。
イラレなんか開こうものなら瞬殺だよ瞬殺。

ネットにも五分の確率で繋がらないって状態だったから思い切って初期化しちゃいました。

前回の反省を踏まえ、めんどくさかったけどキチンとバックアップもとって万全の体勢で臨みました。

その甲斐あってか前回よりもスイスイ作業が進む。
めんどくさくてもやっておくもんだな。
あとあと楽になる。


でも一つ腑に落ちないことがある。
どうしてまたしても全ての復旧作業をオレ一人でやらなきゃならんのか。
iTuneとかオレ使わないのに。
iPod持ってる奴がやれよ。
自分のアドレスくらい自分で設定し直してほしい。まったくもう。

なんか家族の中ではオレがパソコン担当みたいな位置にいるからやらなきゃならないのも分かるけどさ。
ちょっとくらい・・・ちょっとくらいやってくれないかな・・・。

事実上パソコン使用制限が解禁したのは喜ばしいことだが。


それにしてもアレだ。
昨日今日とパソコンに向かいっぱなしでいるせいで、休日中にやろうと思ってたことが全くできないのね。
フォトショが消えたから画像の編集すらできないという。
また・・・・フォトショもらうのか。いい加減申し訳ないな・・・。


せっかくのGWなのに出かけたのは日曜の法事と月曜の六本木&秋葉ツアーぐらいのもんだ。
昨日なんか本当にパソコンに向き合いながらカスタマーセンターに電話してただけだぞ。
いいのかこれで。

まったりし過ぎて煎餅なんぞかじりながら作業してますよ。
ああ茶がほしい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。