スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想を公開しようかと思ったけど自重した 

ようやくパソコンがいつもの状態に戻りました。

もうね、感染したウイルスが3桁とかありえないんでね。
フリーのウイルス駆除する奴インストールしまくりですよ。

現在常駐してるのが二つあります。
たぶん今後は重たい作業とかやり辛くなるかと思われるのでそれについても考え中。

「ぼうぎょ」をあげたせいで「すばやさ」が下がったわけだな。
こういう時は「レベル」を上げて対処すればいいのかしらね。
それはそれでめんどくさいなぁ。


ウイルスバスターにもそれぞれ性格があるようで、モコの散歩をしながら繰り広げた妄想が今凄い勢いで膨らんでます。
今回の一連のウイルス騒動も絡めた設定が着々と出来上がりつつあります。

最近こういう妄想力が有り余ってる感じで困ってます。
ジュースの原材料をネタに適当なストーリーを作ってしまいかねない勢いです。
歯磨き粉に入ってる「ソルビット液」とか語呂良過ぎだっつうの。そりゃ変な設定も思い付きますよ。


話は変わって。

パソコン周辺を漁ってたら、兄が置いてったフォトショの本を発見しました。
しかも都合のいいことにオレが使ってるバージョンについて説明してんの。
なんとラッキーな。

今までほとんど「習うより慣れろ」でやってきたから、この機会にじっくり読んでみてもいいかも知れない。
イラレの本もあると助かったんだが流石にそこまで美味い話はそうそうないわな。
いや、フォトショだけでも大助かりですよ。

勝手に感謝しとく。

スポンサーサイト

いい加減にしてもらえないだろうか 

今夜もまとわりつくような湿度たっぷりの風をケータイからお届け。
ウイルスの運び屋さん、スズタケでございます。


マカフィーでスキャンしたらウイルスなんて一個もでてこなかったくせに、フリーソフトでやったら200を超える感染が発見されました。

でもあれなのな。
今までマカフィー以外のソフトでスキャンなんてあんまりしたことなかったから知らなかったけど、フリーの奴だと検索だけして駆除までやってくれないことがあるのな。

あんだけ時間かけて検索してたのに駆除できねぇのかよ!と、軽く憤慨。
さすがに疲れてるところにこれはないぞ。
つうかなんだ233個って。多過ぎだろ。


時間が経つにつれパソコンの挙動が徐々におかしくなっていく……。
ブラウザ起動するのに3分かかる。
こわいこわい。

ひょっとして初期化した方が早いんだろうか。
うわぁ……なんかもう………嫌だ………。


なんで家族の中でスキャンしようとする人間がオレしかいないんだろう。
放っときゃパソコンが勝手にやってくれるんだから昼間暇な奴がちょっと気利かせりゃいいだけの話じゃないか。

なんで明日テストがあるオレが真夜中にこんなことやってんだ。
オレはまだ夏休みじゃないんだぞ!
と、声を大にして訴えたい。

やーめーてーよ~~~ 

パソコン「スズタケの奴…最近課題ばっかりでちっともアタシにかまってくれない……。
そうだ!ちょっとイタズラしてやろう!
フフフ。あいつどんな顔するかしら(ドキドキ)」

――数時間後

オレ「ちょおおお!!ウ、ウイルスぅぅう!!?」


ということが今朝ありました。(一部改変)

今日提出のレポートを印刷しようとした矢先の出来事です。
我が家のパソコンが絶妙過ぎるタイミングで華麗にツンを発動しました。


オレ「分かった分かったからホントもうマジ勘弁してくれ…。
単位かかってるんだからさぁ…。頼むよ…。」

パソコン「ふんっ!自業自得よ!いい気味だわ」

オレ「………………あ~~~そうかい。
そっちがそういう態度に出るならオレにも考えがあるぞ」

パソコン「ふぇ?な、なによ…」

オレ「役立たずのお前なんか置いといて学校のパソコンで印刷してやんよ」

パソコン「ちょ!な、なに馬鹿なこと言ってんのよっ!アタシはただ――」

オレ「それにだ……オレが帰って来たら………オレが帰って来たらなァ………時間をかけてたぁっぷり……スキャン…してやるよ…フフッ……覚悟しとけ……ゲヘ…ゲヘヘへへへェ……」

パソコン「ら、らめええええええええええええ!!!!」


ああ早く学校に着かないかな。
はぁ……。

ハリポタはエマ・ワトソンのためにある映画だというのに・・・ 

さきほどテレビでハリポタをチラ見したんだけども、俳優は成長してるのに吹き替えの声優がまったく成長してなくて笑えた。
もういい加減あの子達使うのやめようよ。大人っぽい顔立ちになっちゃったラドクリフにあの幼い声は合わんだろう。
あと酷い棒読み。
萎えるどころか大爆笑しちゃったよ。

つうか「秘密の部屋」は放映当時映画館で観たんだよね。もちろん事前に原作の方を読んだ上でだ。
「ネコミミハーマイオニーが見れる!」という一点のみを楽しみにアホ面ぶら下げて観に行ったんですわ。

もうその頃には既にネコミミ狂と化していたオレとしてはアレですよ。絶叫モノだったわけですよ。
ふざけるなと。
オレはあんなもの要求してない。

原作を読んで期待に胸を膨らませていたオレに謝れと。
件のシーンが近づくにつれて高まっていった心臓の鼓動を返せ。すぐに返せ。

「くるぞくるぞ・・・あと少し・・・・・この台詞を言って・・・・そうこの次のシーンッッ・・・
キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぁぁぁああああああ!!??」
びっくりして顎が外れるかと思ったわ。
完全に心を弄ばれました。あのときのショックは今でも忘れません。

普通美少女がネコ化したとあれば当然耳とシッポ(場合によっては肉球も可)のみ変身するもんでしょうが。
何も全身毛むくじゃらにする必要ないんだよ。
空気読めよコーカソイド共。極東人をナメるな。
まったくもって日本のファン(というかオレ)というものを無視した愚行だった。

なんだかんだ言ってハリウッドに失望したのはアレが初めてだったんだよなぁ・・・。
ああ懐かしい・・・。

寝るか勉強するか絵を描くかどれかにしろ 

なかなか頭痛が治りません。うざい。
そのことを親に話してみたら「病院行け」と言われました。
「頭の病院」って凄いインパクトを持った言葉だよね。

テスト期間にこんばんわ、スズタケでございます。

最近絵を描きたくて描きたくてどうしようもない感じです。
でもテスト。まずそっちを片付けなければ。

下校者は見た! 

今日の帰りにバス停で学バスを待っているとき、隣に座っていた女の人がいきなり足の爪を切り始めたので度肝を抜かれてしまった。
こんな虚の突き方ってあるか。

屋外で、それも公衆の面前で爪を切るという行為自体も相当驚きだが、それ以上に学校に爪切りを持ち込んでいるという事実が想定外過ぎた。

いや、確かに爪切りを持ってきちゃいけないなんて規則はないし、人前で爪を切っちゃいけないなんておばあちゃんに言われたこともないけど、それでも、それでも・・・ねぇ。
もしかしてオレが知らないだけでみんなやってるの?ひょっとしてこれって常識?

以前、揺れに揺れる武蔵野線の電車内でビューラーを駆使する女性に出くわしたこともあるが、あれはあれでその曲芸のようなテクニックに感心してしまった覚えがある。
「まぶた挟んじゃうよ~・・・」とすごく心配していたのだが本人は何食わぬ顔でマスカラまでしていた。

「手練れ」──。
それはまさに彼女のような人のことを指すのだろう。

まぁどう考えてもメンタル面の手練れだけどな。
そこまでして化粧したいのかと。

今日のことにも同じことがいえる。
そこまでして下校時に爪切りしなきゃならない理由ってなんだ。
家帰ってから切れよ。風呂上りの方が爪も柔らかくなって切りやすいだろがよ。違うかい?え?


いや、でも屋外で爪を切るというのも気持ち良いのかも知れない。
うちのお父さんもたまに休みの日なんかに窓開けて爪切ってるよ。
これをオーガニックな生き方というのだろうか。
ロハスなライフスタイル。
違うか。違うな。いや違うだろう。

あ~つうかオレも学校で爪切ったことあったわ。
切るっつうか研ぐ?紙ヤスリで。
爪伸びてたからシャカシャカやって短くしましたよ。そうだったそうだった。


そういえば今ふと思ったんだけど、爪切りのない大昔は伸びた爪をどうやって処理してたんだろう。
人間みたいに薄い爪って伸ばしっぱなしにすると割れやすかったりしたんじゃないかな。
自然に磨耗する?そんなに都合のいいもんかなぁ。

あるいは爪を噛んで短くしてたとか。子供みたい。
アムロだね、まるで。

にぽんごーにぽんごー 

ここ数日頭が痛い。

風呂入ったりして血圧が上がると、頭の右側が締め付けられるように痛む。
今までこんなことなかったからちょっと怖い。
ただの偏頭痛だと思うんだけど。


ちょっと一度誰かに訊いてみたいことだったんだけど、体の痛みを表現する言葉の意味をきちんと理解して使えている人っているのかと。

かく言うオレは日本語の多彩さにたじろぐばかりで意味なんかまともに理解できていないと思う。
それどころかこの歳になった今でも馴染めない種類の言葉だと思ってる。

今回の頭痛を擬音で表すのならおそらく「キリキリ」とか「ギュウゥゥ」なんだろう。
これくらいならまだなんとなく分かる。

でも親や病院の先生なんかがよく使う「しくしく」なんかになるともう手に負えない。
完全にお手上げ。

これは語彙力と想像力の問題なのか?
なんにせよ日本語の深みを味わえる良い例だと思う。


オレみたいに言葉の意味を理解できてない人は結構いると思うんだ。
それでもみんなどういうわけか不自由なく暮らしてるように見える。

みんな一体どんな擬音で痛みを伝えているんだろう。
すごく気になる。


言語はニュアンスだという。
完全に言葉の意味は分からずとも、身振り手振りを交えつつ説明すれば大抵伝わってしまうという不思議。

むしろ「3日前くらいからお腹がモニュモニュしてんスよwww」などと自分勝手な表現をするとかえって相手に伝わらないっていう。


特定の言葉を共通観念としてお互いに認識していれば、実はどんな言葉を使うかなんて大した問題ではないのかも知れない。

「常識」というものの不確かさと「言葉」という不定形のオバケが絡み合う生々しいコミュニケーションの形こそ社会の中では必要とされるということか。
いや、知らんが。


試しにみんなで一日だけグロンギ語で喋ってみるとかすればいいんだよ。
多分暮らしていくのに必要なことは大抵通じると思うんだ。


言葉ってなんなんだろうな、ホントに。

や ら せ だ と ! ? 

びっくり!
中国の段ボール肉まん報道はやらせだったんだって!

マジかよ!完全に踊らされてた。
中国ならそれくらいやりかねないって思いを読まれてたってことなのか。

つうか段ボール入りの肉まんを売っているなんて報道をしたことで誰にメリットがあったってんだ。
さっぱり分からん。

オリンピックを控えた街で起きたことというだけでもかなり不安感を煽ったのに、その報道自体が釣りだったなんて一体中国は自国のイメージをどうしたいんだよ。
何度国家レベルでネタ作りをすれば気がすむんだ。


もう中国には誰も追いつけないな。
ここまで来るといっそ清々し………くないな全然。

ボールペンを愛でる 

わざわざ池袋まで行ってボールペン探索をしてきました。
まぁハンズしか行ってないのだけど。

で、とりあえず今日のお買い物↓↓↓

pens.jpg


それぞれタイプの違うペンなので損をしたという感覚はありません。
大いに試せばよいではないか。よいではないか。

店頭で試し書きした感じでは、比較的PILOTの製品が使いやすかったように思う。
写真の一番右のペンはPILOTです。フォルムがキレイだったので買いました。
デスクボールペンっていう商品名なんだそうです。

左側の色の着いた2本はアメリカのメーカーFISHERのペン。
色がキレイだったので思わず購入。ブラウンとターコイズ。
油性でこういう色のペン欲しかったんだ。
ただ気になるのがインク漏れ。
窒素ガスが封入してあるらしく、常に内圧がかかっている状態なのでインクが掠れるようなことはないそうなのですが、逆にそれが仇となってしまっています。
素敵なデザインなのにもったいない。あとは実際に使ってみてどんな感想を持つかだな。

左から3番目、STAEDTLERのトリプラス。
かっこよかったので買いました。でもちょっと書きづらいかも。
トリプラスはカラーペンなどで結構お世話になってるシリーズなので持ちやすさに関しては問題ないと思ってたんだけどなぁ。
グリップからペン先までの距離が若干遠く感じる。
筆記に使うにはちょうどいいかも知れないけど、絵を描いたりする用途には向かないように思う。
まぁ一般的にはそんな使い方しないんだろうが。

で、一番真ん中の黒キャップは、ぺんてるの誇る超絶事務用ボールペン。
描きやすいとかそういう理屈うんぬん抜きにして、とりあえずべらぼうに安いのと、書き味を試してみたかったという好奇心が購入動機。

凄いのはぺんてるのイメージキャラクターを描いてる人が平凡・陳淑芬だってことだ。
ぺんてるマジナイスチョイス。

そして右から2本目の地味なペンは、ZEBRAのTapliclip。0.4ミリ。
もうこの細さは憎いよ。好きだ。デザインは置いておくとして。

どうでもいいんだがZEBRAの油性ボールペンのネーミングセンスがあまりにも光りすぎててビビった。
レガリアだのジョバンニ・バレンチノだのレクシムだの・・・。
どうなってんだ・・・。

この本数で¥1000弱という値段は高いのか安いのか。
とにかく一度にこんだけボールペンばっかり買う奴もそうそういないだろう。
文房具を選ぶのって楽しいもんだね。


その後適当にハンズをぶらついたあとは初めての献血に行ってきたよ!
ビュービュー血抜き取られてきた。
お腹が空いたからフラッと立ち寄っただけだったんだけどね。
それでも血液型が判明したので大収穫。
20年越しの謎がついに解明されたのです。これは記念すべきことだと思います。

親がA型とO型なので、AかOかの確率は五分五分。
正直どちらでも良かったので大した感慨もなかったです。
まぁ結局O型だったんですけど。

もしB型とかだったら即親に電話して緊急家族会議を開くつもりでした。
そのまま家に帰らずに腹違いのブラザーを探す旅に出たかも知れん。

当然そんなことがあるわけもなく、極めて平凡な結果が出たのでネタとしては不十分だったような気がしなくもないです。

いやいや、良い結果だった。安心した。

帰り際、記念品とやらを頂いた。
家に帰ってから開封してみると・・・↓↓↓














pen.jpg

なんかキティのボールペン。
なんだってこのタイミングにボールペンなんだ。
しかも2本。ふざけるなと言いたい。

偏愛ボールペン 

最近絵を描くのも字を書くのもボールペンばっかり使ってるから消費量がえらいことになってます。
ボールペンってこんなに簡単に一本使いきれれるものだったっけ?

水性より油性のペタペタした感じが好きです。なにより滲まないし。
できれば色のバリエーションが増えてくれるとありがたいんだけど、技術的に難しいのか黒と赤と青以外を見たことがありません。
ハイテック並みの色数あったら血眼になって全色揃えるよオレ。


いやまぁハイテックもあれはあれで好きなんだ。
チマチマと色重ねると面白いんだよ。
流石に0.25で点描やった時は終わりが見えなさすぎて萎えたけど。

ハイブリッドのインクの黒さも魅力的だ。
掠れた描き方ができる点がいい。
でもいかんせん乾かないからうっかり手で擦っちゃうんだよね。
あれがなければいいんだよ。
ゲルインク?んなもん誰が使うかバカ。


油性ボールペンで一番使いやすいのを探しています。
今のところzebraのJIM-KNOCKかTapliclipの0.7ってとこだけど、キャップが付いた普通の事務用のボールペンも気になるところ。
もっと金を出せばインク溜りが出ないボールペンもあるんだけど(←某氏が愛用していた)、それはちょっと高過ぎるので庶民には無理な相談なわけです。

店頭で迷わないためにボールペンを買う時は以下のことに注意して選ぶことにする。

~ノック式ボールペンの場合~

・普通の文房具屋で手に入ること
・とにかく安いこと
・線がしましまになったりしないこと(インクがキチンと充填されているかどうか)
・グリップの太さと素材選びが適切であること
・頭の形がスムーズにノックできる形であること
・グリップからペン先までの距離が遠すぎたり近過ぎたりしないこと
・ノックのストロークの深さ

バネの感触は好みに応じて。
個人的にはクリップがウザいのでいっそ削り取ってしまいたい。
あとは重心の位置なんかも調べてみたら面白いかも知れない。

正直デザインなんか二の次だ。
機能を満たしてさえいればとりあえず気にしない。
デザインしたっぽいボールペンって微妙に値段高いじゃない。
わざわざパッケージングとかしちゃったりしていかにも「デザインしました」って面構えがウザい。
量産品なんだからおとなしくしてろと言いたい。

キャップの付いたボールペンはあんまり使ったことないから比べようがないです。
追って報告します。

なんだか目が冴え渡る 

寝たいタイミングで寝れない。
ここまでくるともはや布団なんて不要なんじゃないかって気がしてくる。

特に体に変調を来しているわけではないから楽観してる。いやむしろ調子はいいくらいだ。
ただこのままじゃ生活するのに不便だからなぁ。
やっぱり規則正しい生活をしなきゃダメなのかしら。


人は昼間に活動する生き物なので、目覚めの瞬間から就寝するまで時間は太陽の光と密接に関わってるそうです。

地球全体をドーム状の建造物で覆い太陽光を遮断したら、人の生活にどんな変化をもたらすのかなと思った。

人工光により昼夜関係なく照らし出される都市と人。
そんな世界での規則正しい生活なんてのは文字通り現実離れしてるんだろうね。


地球や太陽と一緒に動いているって自覚すれば規則正しい生活も悪いもんじゃないと思えるのかも。
そういえば大きな一定のリズムの中に身を置く感覚って感じたことないや。
ちょっと意識してみることにして今日は寝る。

もうじき朝だ。

雑記 

なんか雨止んじゃいましたよ。

そうか…。
これが噂に聞く嵐の前の静けさという奴か…。


湿気のせいでケータイに貼った和紙が心なししっとりしてます。
正直キモい。
こないだ大宮にできたハンズに行ってみたんだけどカッティングシートの種類が割とあった。
次ケータイに貼る素材はカッティングシートにしようかなどと思案中。


また鴨川は氾濫するのかな。
溢れる直前に写真でも撮りに行こう。
普段のせこい川幅が急激に増える様を見るのは面白いもんだ。


せっかくの休日なんだし髪を切りに行きたいんだがこんな天気の日にわざわざ動くのも億劫だ。
この出無精気質はなんとかならないのだろうか。

続きを読む

変な結論が出た 

台風が近付いているそうですが、今現在まだまだ埼玉は静かなもんです。
嵐は個人的には大好きなんですけど必ずどこかで怪我人が出るので手放しにはしゃげないですね。


唐突だがなんていうか台風って蚊に似てるなと思う。

蚊は動物の血を吸う時に自分の体液を吐き出しており、その体液に含まれる成分が痒みの原因になっているらしい。
そのせいで嫌われ者になってしまっているが、痒みの元たる体液を出さなければああも嫌われなかったろうに。そんな恨み半分同情半分に語られる事の多い悲運の虫、蚊。

だいたい「蚊」って漢字の由来が安直過ぎる。
ブンブン飛ぶ虫だから「虫」に「文」と書いて「蚊」。
この漢字の発明者にとっては夏の夜なんかに耳元で飛んでる奴がよっぽどウザかったんだろうな。
やけっぱちみたいな名前つけやがってからに。


台風も人や街、農作物への被害を出さなければそれなりに歓迎されるんじゃないかと思う。
台風観光ツアーとか案外流行りそうじゃないか。
あえて暴風域に突撃するの。
凧揚げ大会とかやったら盛り上がるぜきっと。


まぁそんな荒々しさのカケラもない台風なんかこっちから願い下げだがね。
生命力のない嵐にスリルと興奮はあるだろうか?
いや、ない!断じてない!


蚊に刺されれば当然痒くなる。
刺されても痒くならない蚊なんて蚊じゃない。
痒くならなければいいと人は言うが、それでは蚊が何の面白味もないただのちんけな虫に成り下がってしまう。


一見悪い部分のように見えても、落ち着いて考えるとそれこそがそれのアイデンティティーだったりすることもあるようだ。
なんだ、今更気付いた。
ちょっと人との付き合い方も考え直そうかな。

ケータイ改装 

ブログの管理画面に入れないだなんだと言ってたけど、firefoxでcookieを削除したらあっさりログインできんのな。
オレの苦労はどこへ。

パソコンからこんばんわ、スズタケでございます。

とりあえずこないだ言ってたケータイさんの新たな装いをアップップです。
こんなかんじ↓↓↓




20070710222128.jpg

もう撮影のために背景とか考えんのめんどくさかったのでテキトーにもやしもんの上で撮っちゃいました。
なんだって構うもんか。

またしてもユザワヤで買った和紙を両面テープで強制的に貼り付けました。
楽だし面白いんだけど、いかんせん素材が紙だから劣化が激しいのな。
たった4日使っただけなのに今ではすっかり使い込んだテイストになってます。
せっかくの藍色が褪せはじめている。

紙はまだまだガッツリあるからいくらでも貼り替えはできるんだがね。
ちょっとめんどくさいな。な。

曲面に貼る技術と表面の保護(コーティング)、それからケータイを正確に採寸するだけの根性があればちょっとした商売ができるんじゃないかとも思った。
友達にも言われたし。
自分でモノを作らない人間相手なら十分騙せる気がしてきた。
いやまぁneonがこんだけ四角いから貼ったり剥がしたりできるんだけどもね。

あーでもなんかもっと楽に加工できて安くすむ素材ってないのかな~。
なんだか目指すところがおかしくなってきた気もするが・・・。

SEIRO銃(←正露丸と読もう) 

先程生まれて初めて正露丸の世話になった。
痛いわけでもないのにお腹が緩むというよく分からない症状に見舞われたせいだ。

昨晩牛乳パック一本丸ごと飲んだのが原因なのは分かってる。
正露丸が水あたりにも効くというので喜んで飛び付いたのだけど、服用の際水を飲まなけるばならないということに気付いてしまい、なんだかすごく腑に落ちない思いをした。

だいたいあの匂いと形と色はなんだ。
15歳以上3粒ってのも多過ぎる気がする。百年近く前に開発されたんならその年月分くらいは改良し続けろと小一時間。

それにしてもこれ本当に効くのかな…。
なんだか怖くなって来た…。

近況をざっくりと 

どういうわけかウチのパソコンからブログの管理画面にログインできん。
何故だ。

ケータイ衣替えしたから画像載せようと思ったのに。
今回も和柄にしてみました。割と気に入ってます。


最近マンガばっかり買っててどうしようもない感じです。
ちょっと抑えなきゃ。
春休み頃からマンガの感想まったく書いてないし。

ヤバいよ、軽く数えたただけでも20作品近くあるよ。
後回しにするといつまで経っても書かないことになるからちゃんと区切りつけなきゃな。
これ以上ため込むとマジで挽回できなくなる。


ニコニコでゾイド観てるんだけど、ようやくレイヴンが出てくる回まで来ました。

レイヴンのあの服はなんだ。
ピチピチしよってからに。
まったくけしからんな。

フィーネ可愛いよフィーネ。やることなすこといちいち可愛くってうっかり禿げ上がりそうになる。

だけどフィーネも2年後には……。はぁ…。

ゾイドはキャラクターデザインもメカデザインも世界観も好きな素敵アニメなので、毎回ディスプレイにめり込むような前傾姿勢で観てます。
マズイ、面白いよ。

状況を説明するようなセリフは無駄に多いくせに、キャラクターの感情を描写する場面では必要以上喋らせずに抑えたセリフ回しになってるのが憎い。

子供アニメかと思いきや一筋縄じゃいかないのな。
ロッソの漢っぷりには思わず惚れるぞ。


全話残ってるうちにさっさと観ようっと。

まぁ今夜はもう寝るけども。

身内ネタ 

完全に身内ネタなのだけど、アニメーターをやっている兄が今夜から始まるアニメ「ムシウタ」に参加しているそうです。
まぁまた背景とか描いてるんだと思うけど。

家族の仕事を観ることができるってのは思いの外嬉しいもので、今どうやって観ようか思案中です。

というのも、ウチのBSチューナーがイカれてしまっていてWOWOWはおろか衛星放送全般観ることができないという状況にあり、かと言って身内が関わっているとあらばいつものように軽々しくネットで観るのも憚られるわけで、これはもうレンタルを待つしかないのだけどできればもっと早く観てみたいというのが本心なもんだからコイツはどうしたものかと。


原作を全く知らないので作品自体には正直興味も湧かない。
一応公式サイトも覗いてみたけど、なんともラノベ、なんとも中二臭がプンプンと漂う設定。
オレの趣味から最も離れた位置にある感じがした。

それでも観てみたいというのは単純に身内贔屓だから。
まぁ大抵そんなもんだろう。

ああでもどうしようかな。
ネットなら速攻でアップされそうだなぁ。
適当に徘徊してれば簡単に手に入りそうだ。
迷うね、どうも。

柳澤飛鳥さんのギャラリーin所沢 

大学の近くに「すたじお飛鳥」というギャラリー(?)があることを昨日知った。

帰宅途中の道すがらたまたま発見。
まだできて間もないらしく建物はやたらキレイな状態だった。

ケーヨーD2の交差点を東所沢方面に数10メートル。
大きな風見鶏がお出迎えしてくれます。

ご主人は柳沢飛鳥さんという彫刻家の方で、航空公園にも野外作品を展示してあるそうです。
全然気づかなかった。

柳沢さんはどうやら話好きの方のようで、なんとなく立ち寄っただけなのにいつの間にか2時間くらい世間話をしてしまいました。
いやいや、実に面白いおじいさんでしたよ。


なんだろうなぁ、オレが会ったことあるアーティストって不思議とみんな同じ目つきをしてるんだよなぁ。
大げさに言ってるわけでもなく本当にキラキラ輝いてる。
ああいう目をした大人にすごく憧れます。

上記したサイトの「作者コメント」のところにも書いてあるけど、「心の中から湧き出たイメージを形にしていく、そのプロセスが彫刻であり、出来上がった作品は言わば私自身の汗や垢、体臭なのであり、変な言い方ですが心の排泄物なのです。」という話を本人の口から直接聞き、単純だけど感銘を受けてしまいました。

できあがった作品自体にはなんの価値もないとまで言い切っていました。
結果ではなく途中経過こそが真のアートであり美しいのだと。
マラソンを走り終えれば結果は残るが、汗をかき一心不乱に走ったという事実は残らない。しかしその儚い一瞬にこそ美しさがあると。
血沸き肉踊る、そんな瞬間。


今月いっぱいは柳沢さんの作品を展示しているようです。たしか。
興味のある方は寄ってみてはどうでしょうか。
今週の土曜日にはピザパーティーやるってさ。

昆虫は良い生き物です 

ルリボシカミキリが我が家の壁に張り付いていたので撮りました。
うん、キレイだ。かわいい。
20070703001218.jpg


カメラを向けたらそばにあったプランターに飛んで逃げんのな。
どうやら恥ずかしがり屋のようです。
20070703001236.jpg


画像ではいまいち大きさが分かりづらいかと思いますが、こいつって指先に乗っちゃうくらい小さいカミキリなんですよ。
実に良い青色だね。
調べてみたらこの子の学名が「Rosalia(ロザリア)」だなんていうカッコイイ名前だったもんだからビックリ。
日本だけの固有種らしいです。

近所に雑木林があるので、我が家には季節を問わず色んな虫がやってきます。
冬場にだって蚊が飛んでるんだぜ。


昆虫って見ればみるほど美しくってため息が出る。
造形も色彩パターンも隙がない。
しかも多種多様なもんだから見てるだけでも飽きることがないのな。
完璧。真のデザイン。神様よくやった。

どこまでも面白い羽賀研二 

昨日、所沢から東所沢までチャリで移動しようとして道に迷い、仕方がないから西武線沿いに走って新秋津を目指し、そこから武蔵野線にスイッチして目的地である東所沢まで行こうと試みたところ、更に道に迷って結局所沢に戻ってしまうというスーパーグレートジャーニーを成し遂げました。

こんばんわ。スズタケです。

今日はもともとそのことについてダラダラ書くつもりだったのだけど、すごく面白いニュースがやってたのでそちらを優先します。

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、そのニュースというのがこちら↓↓↓

「タレントの羽賀研二容疑者ら4人を逮捕・恐喝容疑」


>羽賀容疑者は羽賀容疑者が抱える債務約4億円を1000万円で解決させようと計画。
今月上旬、大阪市天王寺区のホテル内で被害者に債権放棄の確認書を示したうえ「署名せなんだら連れて行かれるで」などと脅迫した疑い。


すごい。このクオリティの高さはどこから来るんだ。
しつこく道に迷うオレなんかよりよっぽどレベル高ぇよ。

ちょっと金額が大き過ぎて感覚が麻痺しがちなので、学生としてもっと分かりやすい金額に直して考えてみる。
つまり羽賀さんは400万円の借金を10万円に負けてくれと。
単純にそんな感じよね。

日芸での2年分の学費を上回る金額を、一ヶ月のバイトでまかなえるって考えれば相当アホな話だってのはオレにだってよ~く分かる。
これを方言丸出しで要求するセンスに感服です。負けました。

まぁせっかくだからここで羽賀さんの黒歴史でもひけらかしておきます。

いつかブログに貼り付けようと思ってたネタなのだけど、今まさに最高のタイミングで披露できることを心から嬉しく思う。
知ってる人は知ってることだし別に大したネタじゃないんだけどね。
オレは初めてこれを知ったとき、言いようのない脱力感に襲われたのを今でもハッキリ覚えている。

今だけは何も疑問を抱かずに↓の動画を見てほしい。



「♪よ~せよ~」という歌いだしがハイセンス。これはそうそうマネできない。
これ以上ないくらいのファンタジーなのに「♪黒いーマシンで~こーの街を~」とか歌うなよと。
さすがは元いいとも青年隊!言うことが違うね!

つうか改めて調べてみたら公式ブログのタイトルがまんま
「KENJI's BROG ネバーエンディング・ストーリー」
だったので、思わず肩を震わせて笑ってしまった。
黒歴史どころか相当気に入ってるよコレ!

それから6月20日付けの記事に載ってる写真の伊藤英明がすごくおっかない顔してるのが意味不明。
もっと和やかにいこうよ仙崎。
ああなんかもうこのブログ読めば読むほど突っ込みどころが出てきて困る。
なんて面白いブログなんだ!


どうにもこうにもオチがつかないので、こないだ見つけた子供のカマキリの写真でも載せますか。
20070701022722.jpg

カワイイですよね。大好き。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。