スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴 

一人暮らししている弟が来年度から帰ってくるかも知れない。それは自体は別に構わないんだが、その煽りでオレと弟を二人部屋にするということで話が進んでる。目下のところそこが悩みどころ。

漫画本やらプラモやらフィギュアやらで埋め尽くされたオレの部屋。この部屋からモノを一斉に減らして弟と暮らせるレベルまでシェイプアップしなければならない。もうちょっと広い部屋に移動するとは言え、思い切って現状を覆しでもしないと限りとてもじゃないが二人部屋なんて無理だ。なんだ、これは今まで散々モノを増やし続けてきたオレへの罰なのか。

いや本当に参った。高校の頃に今の部屋を割り当てられて以来、無理矢理でかい棚を設置してまで収納スペースを増やし、フィギュアやら漫画やら役に立たないものを増やし続けてきた。それこそ寝るスペースなんて後回しにしてた時期もあったレベル。ここまで膨れ上がってしまったものを今さらどうしろと言うのか。
ましてや課題制作とかどうすんだ。深夜はもちろん朝まで及ぶ作業量なのにシンナー臭などを同居人に我慢してもらうことができるのだろうか。スケッチするにしても部屋の電気も点けないとアレだし。趣味の時間はもってのほか・・・という事になるのかしら。いかがわしいイラストとか描けないよ。どうすんだよこれ。

ああ、それにPC弄るのも問題ありって事になるなぁ。ニコニコ見て下手に笑うのはもちろん、グラビア画像を集めるのとか家族の目の前ですることじゃないよね。ガッキーかわいいなとか言ってらんない。
アニメ見て悶絶してゴロゴロするとかもできなくなる。うあああああああとか変な声出せない。メッセとかどうしよう。これは真面目に由々しき事態である。
ブログだってどうすんだ。弟の見てる前で書くのかこれ。なんか全部ダメになるな・・・。せめて弟が帰ってきたらPCのパスワード設定しとこう。見られてもいいものとまずいものとが一緒くたに保存してあるからウッカリ中身見られたりしたら死ねる。

負の側面ばかり見てると何もかもダメに思えてくる。しかも全部オレの都合。もっと良い面を見なくては。
弟が帰ってきて良くなる事!
・部屋が綺麗になる!
・不必要なものがなくなる!
・話し相手が増える!
・リア充の言動を間近で観察できる!
・家族全員で暮らせる!(←兄弟全員二十歳オーバーでこれはあまり良いことではない)
・今より家事を分担できるね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

基本的に今までの生活は全て忘れるしかなさそうだ。何をどれだけ妥協するかはお互いに話し合って決めるしかない。はっきり言って不便なことしかないが一人暮らしを経験した弟にとってはオレ以上に不便に感じるに違いないんだ。今ここでつべこべ言ってもいられんだろう。
よその家と比べるとどうやらうちの兄弟はそれほど仲の良いものではないようだし、適当にやってても丸く収まったような昔と同じという訳にもいくまい。相手も自分も大人にならないとアレだ。まずい。

スポンサーサイト

マイクロソフトが地味に始まっていたでござるの巻 

産学の冊子のデータを整えながらフリーソフトを落としたりしてPC環境を変えたりしてた。

今までMac風のドックを使っていたのだけど、これがちゃんとウィンドウの上に表示してくれなかったりすることがたまにあって、できれば非常駐のソフトでホットキーでサクッと起動してアプリの追加削除が簡単にできるのがあったら最高なんだけどなぁ、と常々思ってたんです。

PCの知識なんて初心者に毛が生えた程度しかないオレでも簡単に操作できることが最低条件、それでいて見た目が格好良ければそれに越したことはない。そんなことを考えながら探しても、見つかるのは常駐しちゃったりコマンド入力でアプリを呼び出す上級者向けのものばかり。フリーソフトでしか考えてないから自分にぴったり合ったものがそうそう簡単に見つかるはずもなく・・・。インストールしては試しに使ってアンインストール。その繰り返し。

ところが!半ば諦め気味に何気なくWINキーを押してみた時に気付いたんです!開眼したんです!
「あれ?ひょっとしてスタートメニューって使えるんじゃね?」と。

これは完全に盲点。灯台下暗し。
WINキーで一発で呼び出せて、ショートカットもフォルダもなんでも登録できて、ドラッグ&ドロップで自由に並べ替えができて、そしてなにより非・常・駐!
なんだよ・・・・マイクロソフト始まってるよ・・・既に始まってたよ・・・・・。
ノートPCなのでキーボードでの操作の方が割りと楽だったりするのでこれはキてるよ。風が吹いてるよ。
デスクトップ 再晒し
WINキーと方向キーでポチポチやって選べるので実に楽。それどころかスタートメニューに登録したソフトの名前の頭文字を打てば、そのソフトが選択されるのでそのままEnterキーで起動できるのな。初めて知ったよ。
つまりOperaを起動するなら「WIN→O→Enter」と順に押せば起動するんです。何度も言うけどこれは楽だ。

これであとはデスクトップ上のウィジェットを軽いものに変えれば・・・・今の環境を維持したままより良い状態に持っていける・・・!

猫 

nuko3.jpg
昨日学校で見かけた猫。
このクソ寒い時期にベンチの上で丸まってたので弄り倒してきた。物凄く嫌そうな顔をしている。

nuko.jpg
ただの気まぐれなのかオレのことが本気で嫌いなのかその表情から汲み取るのは至難の業だが、こんなふうに離れたところで気持ち良さそうにゴロゴロされると放っておかれた身としては少し淋しいものがある。

nuko2.jpg
そして奴は去って行った。木枯らしの吹きすさぶ中、一人ベンチにオレを残して・・・。

誰か新宿の攻略本作って;; 

マジもうやだよあそこ。リアルダンジョンにも程があるだろ。なんで1階から階段で下りたのにまた1階に出るんだよ。どんだけ多重構造してんだ。

昨日も昨日で説明会で新宿に行ったんだよ。それ自体は午前中で終わるから午後は丸々ブラブラできるーとか喜んでたんだ。そういう無計画なところがオレの甘さだと思います。

いやーもうさんざん迷ったよ~。
気がついたら高島屋に迷い込んだまま外に出れなくて2時間くらい彷徨ったしね。なんなのアレ。歩いても歩いてもビルの中なの。無限ループ恐いよ。
昼飯食べるにしても似たような店しか目に着かなくてウロウロしてるうちビジネス街の方に行っちゃうし。お腹は空くわ疲れるわで泣きそうになった。方向音痴と優柔不断はもうどうしようもないと思います。

あっちこっち見て回るのは面白いから好きなんだよ。特に新宿みたいな都心は変な人がたくさんいるから何もしなくても面白いことが向こうから飛び込んでくる。だけど最低限自分のいる位置くらいは知ってないとマズイと思うんだ。
EZナビウォークにはなんで方角の表示がないんだ。画面回転とかできたら素晴らしいソフトになると思うんだけど。3Dナビとかかえって分かりづらいよ。

その後新宿に嫌気が差したから池袋に移動したんだ。まぁ新宿と比べて多少は分かる土地だから?なんて思って油断してたのが間違いだった。ごめんなさいでした。
なんでオレはパルコと西武の構造が未だに理解できてないんだろうな。世界堂に行こうとしてロフトに着くとか冷静に考えればおかしいだろ。真逆じゃねえか。今までもストレートに世界堂に着けることって少なかったから慣れたと言えば慣れたんだけど当たり前のように迷ってるとたまに凹むから嫌なのよね。
無目的にサンシャインに行ってもなんかイベントやってて騒がしいし外に出たら出たで乙女ロードだしもうなんなの。オレが何をしたっていうの。

これから新宿に行くことも地味に増えるんだろうな。その度に迷うのかオレは。場数を踏むしかないとはいえ、そのうち変な路地に迷い込んで東京湾に浮かぶことになったりして・・・。ひいいいい


今から学校行って来る。開いてなかったらどうしようかな・・・。

リクルート グループワークで カルチャーショック 

とりあえず説明会が終わった。今更一社目。おせえ。

グループワークをやったはいいけど、他の人が経営学とか社会学とかの専攻ばかりだったからオレだけ浮いてた感が否めない。高学歴ばっか。なにそれ。
ただでさえ探り探りやってるのに輪をかけて意志の疎通がしづらい状況がもどかしい事この上なかった。発想の仕方が違うってだけでこんなに不便なのか。考え方の前提が違いすぎる。

たった15分の所要時間の中で、今まで積み上げてきたものが部分的にでも露わになってしまうというのも考えようによっては恐ろしい。オタ臭匂わなかったかな。

むしゃくしゃしたから新宿で遊んでから帰る。

雑記 

近所にできた新しい本屋に今更行ってみた。
品揃えは浅く広く可もなく不可もなくといった感じで、店内も明るく見やすくできていました。元々ホームセンターだったのを改築して本屋にしてるので、駐車場が無駄に広かったり、駅から微妙に離れているなど今後生き残れるかどうかを考えるとちょいと怪しい気もする。ましてや本屋の周囲1キロ圏内には中学校が2つと小学校が1つある。果たしてこれで万引き被害が出たりしないのだろうか。古本屋もあるし転売にはもってこいの環境じゃねえか。
ただ個人的に嬉しいのは画材コーナーにコピックが置いてあったということ。歩いて3分の距離に画材を扱ってる店ができるなんて初めてだよ。超画期的。

課題もとりあえず最終プレゼンが終わり一息つけるのかなという感じです。長かった・・・実際はそんなに長くないはずなんだけど気持ち的には物凄く長く感じた・・・・。ようやく全て終わったのね・・・。

それにしてもアレだよ。いい加減計画的な行動をとれるようにならないとダメだ。もう何度も同じこと思ってるけどなにも改善されてない。ダメなのはオレ自身だ。
無闇な徹夜は身体に負担がかかってしょうがないから嫌いだ。徹夜を自慢するような中坊的発想はもうやめないといけない。夜の方がテンション上がって何かと集中できるのも確かなんだけどそれだけのために健康を害するのはかえって効率に響く。よくない。

もうすぐプレゼンだけど気にせずラクガキ 

課題の息抜きにラクガキ。いちいちスキャナーで取り込むのも面倒くさいし撮影しちゃって終了。楽な反面画質が落ちる。でもそんなことは気にしない。
CIMG0292.jpg
後れ毛っていいよね。もっとしつこく後れ毛を描けるようになりたいもんだ。一本一本の髪の毛を描く手間を惜しんじゃダメだね。あとなんか頭でけえ。ノープランで描くと大抵こうなる。知ってる。

CIMG0291.jpg
昼間、兄から山田章博の「ロードス島戦記 ファリスの聖女」を借りて読み、それがまた非常にテンションの上がる内容だったので思わずうろ覚えのモンスターを描いてみちゃいました。全然違うけど。こんなんじゃない。
もうやっぱ最高ですわ山田章博。ロードス島たまらん。素晴らしいたまらん。OVA版より以前のストーリーを描いてるんだけどもうねええええそれがねええ。ああもう!!いがみ合ってるはずのドワーフとエルフと人間が力を合わせて戦う展開って大好物。ロード・オブ・ザ・リングとか。そういうハイファンタジーをもっと読みたい。
今更ながら小説版を買おうかと思った。何世代にも渡る物語ってどうしてこうも面白いんだろうね。

アイドルのPVって見れば見るほど面白いね 

ルール■
これを見た人は、必ずデスクトップのスクリーンショットを日記に載せます。
執行猶予はありません。
あまりに名誉毀損だという場合には、アイコンやファイル名に修正を加えてかまいません。
しかし、あまり修正しすぎるとおもしろくないのである程度自粛しましょう。
早速すべてのウィンドウを最小化しましょう

kabegami.jpg

【1】デスクトップを晒して、一言どうぞ。
あの、なんつうかごめんなさい。バトンを回してくれたイノヌには特に謝りたい。普通のデスクトップでごめんなさい。


【2】OSは何?
XP。
こないだアキバ行ったときにメモリが物凄く安かったので、円安の今のうちに増設したい気持ちでいっぱいです。


【3】これはあなた個人のパソコン?職場や家族共有のパソコン?
自分のです。


【4】この壁紙は何?どこで手に入れた?
石川県にある「千里浜なぎさドライブウェイ」ってところの画像です。去年たろうの実家に遊びに行ったときに撮った写真をちょっとだけ加工したものです。
写真技術は低いし天候は悪いし冷静に考えればあまり良い写真ではないのですが、個人的に気に入ってるのでデスクトップにしてます。


【5】壁紙は頻繁に変える?
ほかに良い画像が見つかった時は変えるようにしてます。
良い画像というのは面白いという意味でもあるしカッコイイという意味でもあるしスケベという意味でもあります。


【6】デスクトップのアイコンの数はいくつ?
数えてみたら22個でした。
でもドックの中身も含めたら40個にもなっちゃうのよね。こんなにあるとは思わなんだ。


【7】ファイルやショートカットがゴチャゴチャしているデスクトップ、許せる?
画面いっぱいにファイルが散乱してるのを見ると全部消してしまいたくなります。というより、よくそんな環境で作業できるなと感心してしまう。ファイル一つ探すのにも集中力を使い果たしてしまいそうだ。


【8】何かこだわりはある?
常に自分の使いやすい状態を保つこと。カレンダーやアナログ時計、天気予想のウィジェットをデスクトップに置いてるのも利便性からだ。

ほかには、windowsって保存したりネットから落としてきたりすると左側に溜まるじゃない。だから左側はそういうファイルを一時的に置いておく場所にしておいて、ちゃんと保存する段階になったら右側の色分けされたファイルに突っ込んでおくというオレルールを採用してます。


【9】今回、このバトンが回ってきてからこっそりとデスクトップを整理した?
いじってないというか、「期待してる」との振りに対して画像を用意しようとはした。
だけど結局それほど面白い画像もなく、あるとすればグラビア画像くらいのもんだったので、それじゃあいくらなんでも人に見せるにはあんまりだろうということでいつも通りのまま見せればいいじゃないという結論に至った次第。自分に素直になろうよキャンペーン実施中です。


【10】最後に『この人のデスクトップを覗きたい』という5人
あ、特にいませんwwww
梅酒のみてえな。


※※ここから別のバトンのようです※※

1)お名前は?
⇒スズタケ


2)性別は?
⇒男性


3)何才ですか?
⇒22歳
自分が何歳か忘れることが最近多い。なにこれ。おじいちゃんか。
いちいちカウントしてないってのがアレよね、まずいんだわな。


4)第一印象は何と言われる?
⇒皆一様に「真面目そう」と申される。それが次第に「もっと真面目な人かと思ってた」に変わってくる。そして最終的には「どうせスズタケだし(笑)」に至る。この変化はなんだろう。なんだろうと考え続けて結局何も変わってない。


5)では仲が良くなった子にはどんな性格っていわれる?
⇒「変態」とか「変人」とか「馬鹿」とか「どうでもいいことに力を注いでる」とか。


6)何フェチですか?
⇒改めて「何フェチか」と問われると逆に怯むな。こないだもあやさんに「獣耳が好きな人は獣耳の何が好きなんだ」ということを言われ、ネコミミ好きを公言してやまないオレはちょっと悩んでしまった。

ただ、一重にフェチと言っても何もネコミミに限った話ではないし、それこそ脚とか上腕二頭筋とか背筋とか太股とかお腹とかおっぱい!とか耳とかお尻とか膝小僧とかもうたくさんたくさん好きな人体パーツは数え切れないくらいあるし、服装やシチュエーションを含めちゃうと小一時間語るにも十分すぎるくらい燃焼率の高い要素になってしまうわけで、あえて今それを語るにはちょいと尺が足りないかと思われます。

だが強いて何フェチかと言えば・・・・・「髪フェチ」だろうか。
そのー、なんだ。自分の髪とかじゃなくて、例えば女の子の髪の毛とかですよ。基本的にいつも目に付いている部分ではあるのに、なんだかんだで不可侵領域の一つだよなぁという意味で。人によっては何も抵抗なく触れたりするんだろうが、オレにとってはそれだけで物凄く大きな意味を持っているのでよほどの事がない限り「触ってはいけない」ものとして認識されていることに最近になって気がついた。髪というより頭に触れちゃいけないということなのかも知れないが。


7)お洒落のこだわりありますか?
⇒特にないです。


8)ポジティブ?ネガティブ?
⇒なんでも都合のいい方に解釈しようとするのはポジティブですかネガティブですか。


9)香水はつけますか?
⇒基本的に香水の匂いが嫌い。
こないだも電車に乗ってるときに隣に座ったネエちゃんが物凄い臭くて、思わず顔をしかめてしまったがあの人はそれに気付いていたのだろうか。車内で化粧しても匂いってするよね。なんとかなんねえのかな。


10)夢はありますか?
⇒人当たりの良い人間になりたいです。あと30年後くらいに丸眼鏡が似合うような大人になりたい。


11)国、数、英、社、理を好きな順にならべてください。
⇒理、国、社、数、英
これって学校の授業の場合先生にもよるんだよなぁ。単に興味があるジャンルということで並べてみました。


12)何型ですか?
⇒O型です。


13)この世で一番憎いものは?
⇒ 布団を敷いてるときに本の山が崩れたりすると、素で「ファアアアアアック!」って言います。


14)異性の好きな髪型・ファッションは?
⇒黒髪ロングに白ワンピがオレのジャスティス。あとポニテ。亜麻色の髪の毛とかいいよね。色素薄い感じ。この場合二次元でも三次元でもいける。
清潔感があればなんでもいいと思います。


15)癖ありますか?
⇒普段気付いてないから癖なんじゃないでしょうか。
あややの曲でもあったよね。「自分じゃちょっと気づかない様な変な癖 もしあったならどうしよう」ってやつ。トロピカ~ル恋して~る。

思わず動画貼っちゃったけどめちゃめちゃ懐かしいなオイ。つんくの歌詞はいつ聴いても凄まじい。
今の方がはるかに歌うまいね。最近はほんとに大人っぽい顔立ちになってきてんだよな。NHKによく出てるけどハロプロで広い年齢層に支持されてるのってあややか矢口くらいなんじゃないの。なんだか感慨深い。

なんかアイドルの話の流れになったのでついでに星井七瀬のPVでも貼っておくか。ひょっとしたら前に一度貼ってるかも知れないけどそんなの関係ねえ!

すごく可愛いのに歌が壊滅的に下手とのことで逆に話題に。なっちゃんのCMで覚えてる人もいるのではないでしょうか。
以前このPVをyoutubeで見たとき、コメント欄に「一回通して聴くとIQが10下がる」と書いてあったのが未だに忘れられない。いつ聴いても力が抜ける。
ちなみにこの娘は今「メイちゃんの執事」に出てるそうです。これが時の流れというものですね。


16)特技を思いつくだけ!
⇒特技と言えるほど特化した技は持っておりませぬ。


17)自分に似合う色、似合わないと思う色は?
⇒寒色より暖色の方が似合うんじゃない?とは言われたことある。どちらかというと寒色の方が好きだから服買うときいつも迷います。

好きな服買えばいいとは言うけど人から似合ってるーとか言われた方が気持ち良いのは当たり前だもんなぁ。そこらへんどう折り合いつけたらいいのかね。最終的にはどっちでもいいわいとなるわけだけども。


18)では下の項目に当てはまる知り合いを!(バトンを回すひと:重複可)
面倒なんでアンカーで。アイドルのPV見るの楽しいな!

おおお・・・じきに夜が明ける・・・・ 

Yahoo!IDを取得しようと思い@の前を「shima_pan」にしようとしたら、似たようなのがいくつも引っかかって登録できませんでした。なんだこの国。

就活のためとは言え、その手のサイトから毎日数十通ものメールが届くのが不快でならない。もういちいち削除するのも面倒だから放置することにしてる。このまま容量の限界に挑戦できないかしら。


今更言うのもアレなんだが、学校のクラス内で「オレ○○受けるぜー」とか言うのを度々耳にしていたりしたのだけど、あれって悪い言い方をすると遠まわしな脅しだよなぁとか思うわけで。
そもそもクラスの人間全員がライバルという状況であって当たり前なんだから仮にそうだとしても何もおかしな話ではないのだが。

ただでさえ狭いデザイナーという枠で複数の人間が同じ企業を目指す場合ってのはチャレンジャーというか、お互いの信頼関係がよほどしっかりしてないとのちのち気まずい事態に発展しかねないよなぁと他人事ながら考えてしまう。
実際車業界に進みたいという人はそれなりの人数がいて、当然少ない席を身内同士で奪い合うという状況になっていて見ていて恐ろしい気持ちになることもしばしばあったりする。でも当の本人達は実に爽やかに協力し合いながら情報を交換し対策を練っている。あの家族的な雰囲気はなんなんだろう。素直に感心する。かっこいいよ。

同じ企業を受けて、どちらか片方が受かる、受かってしまうという状況になったとしたら、オレにはどちらの立場になってもちょっと耐えられないと思う。お互いによく見知った仲ならなおさらだ。せめて相手の顔が分からなければ蹴落としてやるくらいの気持ちにもなれるってもんだ。こんなところで自分の嫌らしい部分が露呈するのもどうかと思うが。

思えば大学受験の時だって、高校には美大を受ける人間なんかそれこそ数える程度だったし、予備校内でも自分を含めて日芸を受けたのは二人だけだった。高校でも予備校でも空気になることに努めていたオレにとっては他の人は全員カボチャみたいなもんで、できる限り関わりを持とうとしなかったからある意味何が起きても冷静でいられた。だから今みたいな状況って考えてみれば初めてなんだよな。ああ恐ろしい。

自分がどこを受けるかという宣言をすることが脅しのようだという考え方も、はっきり言って思い切り後ろ向きなのよね。人を信用しなさすぎ。なにを物怖じしてんのって話だ。そんな場合じゃねえだろと。きーきー。

ガス抜き 

気分転換にラクガキ。なんだか途中で元気がなくなったので適当にうp。
CIMG0306.jpg
CIMG0307.jpg
尻を描くのは楽しい。それだけで十分。最近似たようなポーズでしか描いてないけどそれでも別に構わねえだろと思えてきた。開き直り。

外見たらみぞれのような雨が降っていた。今朝も少しだけあられが降っていたので今夜の冷え込み次第では雪に変わるかも知れない。今季はまだ雪を見てないので楽しみだ。雪かきが必要になる程降ることが滅多にないのは関東の良いところだろ思います。

耳が痛いのでとりあえず放置 

風呂上がりに綿棒で耳掃除するのが日課なのだけど、先日右耳内部を傷つけてしまったようで綿棒が軽く赤く染まるということがありました。
それ以来炎症でも起こしているのか耳の奥がジンジン痛み、それに伴い右顎まで痛くなってくる始末。

顎関節症じゃないだけまだ我慢もできるってもんだけど、どうにも気になって仕方がない。大きく口を開けにくいから喋りづらいし食べづらい。
この間の飲み会の時にちょろっと話してた、「下顎に神経が通ってる必要ってあるのか」ってことに絡んでくるね。正直個人的にはまったくもって必要ないと思うんだけど。まぁいいや。そんなことはどうでもいい。

とにかく今のこの痛みを治すには顎ではなく耳を治さなければならない。面倒くせえ。耳かきしづらいのが物凄く不快。

そういえば人によって全然違うものだと思うけど、爪の長さってどれくらいが適当なんだろうね。
体の話ばかりで申し訳ない。

オレの場合、少しでも爪が伸びると作業時などに爪で手を切ってしまうことがしょっちゅうあるので常に引っかからない長さになるように努めてるんだが(そのせいで全ての爪の長さが微妙に違う)、人によっては男でも自慢げに1cm近くまで伸ばしてたりしてそれでよくカッターとか使えるなぁと感心してしまう。そんな人とは絶対握手したくない。

深爪過ぎても爪が減るから良くないとも聞くし、じゃあどうすればいいんだと爪を研ぐときにいつも思う。
いやもうオレにとっちゃ爪を研ぐことが一種の快楽行為だから好きなだけヤスリでシャカシャカ削ってしまいたいのよ。不便にならない程度に。
tume.jpg
この図解で分かるかな・・・。
この・・・なんつうの、爪が伸びてきた時に爪の両サイドに三角形のフィールドができるじゃない。できるんだよオレの場合。あそこをガツガツ削るのがこの上ない快感なんだよ。
たまに違うテイストで味わいたい時は普通に爪切りでバチッとやる。チマチマ切ったりしない。神経を集中させ、澱みなく、一発で。それはそれで気持ちがいいものだ。

いつだったか自分用に爪切りを買ってからこんなことになってしまったように思う。それまで別に爪切りごときに快感なんて求めてなかったし。今じゃあ常に手の届く場所に置いてあるから気になった瞬間に即削るというのが習慣になってしまった。悪いことではないのだろうけど度がすぎないようにしたいものだ。

耳かきにしたってそうだ。綿棒で耳かきするようになる以前は、普通に木製の耳かきで3日に1回程度だったのに、綿棒に切り替えてからはあまりの気持ちよさに毎日するようになっちゃったんだからね。コストパフォーマンスは悪化してるし手間だってかかるのに。しかもその結果傷つけてる。度が過ぎるとこうなるんだね。良くないことだと思います。


いやもうだからなんだっつう話ですけど。
とりあえず耳と顎が痛い。ほっといて治らなければ大人しく病院行きます。

テトラポッドのぬいぐるみだと・・・・! 

http://portal.nifty.com/2009/01/30/b/

やべえwwwwwこれは死ぬるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwかわいすぎんだろ大おお大おおおおおおおお大おお大もおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ほっしいいいいなあああああああああ
展開図あれば自分で作れるから買わずに作ってしまいたいよう
これ50個くらい作って部屋中に転がしときたいよもう

それにしても完成度高いな・・・・
業者に発注するとこんなにも違うもんなんだね・・・
はあはあ・・・

ああ可愛い

のび太と緑の巨人伝 感想(追記もありんす) 

テレビでやってたので観ましたよ。去年映画館で観れなかったのでこんだけ早くにテレビでやってくれるのは嬉しい限り。

ご存知の通り、ここ最近のドラえもん映画は過去の作品のリメイクです。この「緑の巨人伝」は「雲の王国」のリメイクという位置付けになるみたいですね。
「雲の王国」と言えばドラえもん映画の中でも特にエコを全面に押し出した作品で、地上の緑を守るために天上人が地上の文明を滅ぼし緑を取り戻そうとする話。人類を傷つけずに文明のみ破壊するってところが面白いところだったと思う。
リメイク版になる「緑の巨人伝」では、ストーリーのアレンジに伴って新キャラが登場したり、元ネタとはまた違ったメッセージがあるにはありました。あるにはあるってのはなくなってる部分もあるということね。

アレよ。率直な感想は「雲の王国inナウシカ」ということですよ。
うちのお母さんまでもが「え?ナウシカ?」とか言い出す始末。
実質雲の王国の要素なんてそれほどないんじゃないかってくらいドラマチックな展開を強調してて、株式天国とか密猟者達とか、オリジナルの方にある生々しい話はかなり薄まっていた。

高慢口調のロリ女王(ドジっ娘)のリーレがクシャナ的。かわいい。個人的にとてもgood。のび太達に感化されてだんだん優しくなっていく辺りがすごくクシャナ。一人で森に遊びに行っちゃう辺りはすごくナウシカ。そのうちナウシカみたいに自己犠牲的なことやるのかなって思ってたら、ラストシーンで「今度は私の番だ・・・」とか言ってのび太達の乗る気球を逃がすのよね。自分の身の危険を省みず。でもナウシカみたいに一度死んで復活するってところまではやりませんでした。それをやってくれたら最高だったんだが。

ほかにも巨神兵とかプラトンビームとか腐海の成り立ちと意味とか大ババ様とかすごくナウシカっぽいところが見受けられました。もうね、なんかね。あからさまだよなぁ。メーヴェによく似た飛行機とか。

オリジナルの方の劇場版ドラえもんって何かしらの怖さがあったよね。雲の王国なら、ノア計画で人類と植物を一時的に避難させつつ地上を洪水で洗い流してしまったり、鉄人兵団なんて宇宙から侵攻してくるロボット軍団をのび太たちだけで迎え撃つって話だったり。海底鬼岩城なんて核戦争だし、魔界大冒険では魔界から追われて石にされ身動きの取れないまま雨に打たれたりっていう嫌な怖さがあったもんだ。
それが今のリメイクドラえもんでは怖さよりも映像的な迫力と分かりやすいお涙頂戴ストーリーをことさら強調してるだけの事が多くて、繰り返し見れる面白さってのは大分薄れていると思うのよ。残念なことに。

全体的に消化不良だよなぁ。いらぬ描写ばかり。
できることならリーレの両親の話をもっと聞きたかった。なんであそこをスルーしてんだ。両親を亡くして人を信じられなくなってるリーレが、身分の低い森の民と自分との繋がりを通じて他者に心を開く喜びと「みんな同じ生き物なんだ」ってことを知るという展開なら、そこに両親の影を投影したっていいじゃないか。両親を亡くしたリーレの淋しさを拭い去ってやってほしかった。

うーん。正直今の子供達にとってのエコの捉え方が昔と比べると異なる点が、オリジナルとリメイクの間に溝を作ってしまった感が否めない。昔はまだ環境保全とか自然保護の話が一般に下りてきたばかりという時期だったからなぁ。
それこそ地球温暖化や工業排水などの問題が子供でも知っているレベルになった頃に「雲の王国」が作られたから、エコはタイムリーで話題性のあるテーマだったはずなんだ。だからこそストレートに命の重さを訴えられたんだろうし、その上でのエコを問いかけるのも可能な時期だったように思う。
今はもうエコと言えば知ってて当然、それどころかもはや食傷気味じゃないか。エコを大上段に振りかざして動植物のために人類を滅ぼすと言ってみてもそれほどセンセーショナルじゃないんじゃなかろうか。対立を暴力で解決しようとすることの無意味さを描きたいならまたテーマは違ったものになると思うよ。今の時代に問いかけるべきテーマってなんだろうな。難しくてオレには分からんが。

映画的な迫力ある画面構成はすごく好きなのでこれからもどんどんやって欲しいです。昔のドラえもん映画にはそれがなくて、テレビの延長という感じばかりなのが子供心に不満だったから。絵的にプレミアム感があるのは圧倒的に今のシリーズだよ。
なにより遠景がしっかり描かれてるって美点だと思うんだぜ。緑の星の都市全景を映したシーンで、海で何かを養殖してるような描写があったけど、そこで暮らす人の生活が一瞬でも見えるのは素晴らしいと思うんだ。それだけで奥行きが増すじゃないか。いかにも人工物然とした都市設計も、緑の星の歴史を考えるなら当然といえば当然で、それをビジュアルで表現できてるんじゃないかなと。


とりあえず今度の映画がオレの大好きな「宇宙開拓史」なので期待して待ちたい。
なにより話がいいんだよな。地球に戻って来れなくなるかも知れない可能性があるのに、友達との約束を果たすためだけに崩壊寸前の惑星へ行くんだぜ。たまらんね。
ギラーミンとのび太の決闘をどんだけ格好良く描いてくれるのか想像するだけでワクワクする。今のシリーズは秘密道具をやたら格好良く描いてるところも見逃せないポイント。


──追記

なんか後からwiki見て確認したら、この映画ってリメイクじゃなくて完全新作という扱いらしいのね。
こんだけ長々と書いてたことが無駄になった瞬間である。

でもwikiの方にもナウシカうんぬんの事は書いてあったから皆考えることは同じなんだなぁと思った次第。あながち間違ってなかった。

それにしても完全新作。完全新作か。これで。
一晩寝ながら考えたけど、詰め込みすぎで結局何が言いたかったのかが分かりにくいのが失敗だったと思うのよね。もっとリーレの色んな表情が見たかったなぁ。かわいいよあの子。
今回しずかちゃんが空気だったから余計にそう思う。「のび太の恐竜」のときみたいに全身ずぶ濡れになるとかなかったもんな。いやしずかちゃんも可愛いんだけども。何を言ってるんだろうなオレ。

後半パンツの話をしたつもりが一般論になっちゃった 

あのー、ね。昨日の夕方から今日の朝にかけて、サークルでお世話になった方々とおそらく学生時代最後になるであろう飲み会をしてきました。
特にこれといって感傷的になることもなく、最後は古参メンバーのみで朝までマックでダラダラ過ごすというある意味すごく通常営業な感じで幕を閉じました。

考えてみれば4年、もう4年。はええよなぁ。とんでもないこっちゃ。
飲み会のあとの別れ際だって別にこれといったこともなく、いつもどおりまた学校で会えるんじゃね?くらいのテンションだったし。なんかもうその程度。現実感があるようでない。こんなもんなんだろうか。

まぁ別にmixiやらブログやらでお互いの近況くらいは確認できるわけだし顔はだいたい思い浮かぶので、卒業といえど実際はこれといって大きな変化はないような気もする。
いずれにしろオレはあと1年学校にいることになってるので後輩との関係はまだ続く。はず。何も変化した感じがしないのはそのせいもあるのかもね。勝手にオレがそう思ってるだけなんだろうが。

とにかく今は学校の課題。それと就活。嫌な同時進行である。よりによってこの組み合わせだ。たまらないね。


全然関係ないけど、パンツに萌えるってのはどういうことなんだろうね。
たろうがこないだ言ってた、最近のオタクは表層的に「萌え」を「萌え」でしか学んでないということにも通じるなと思う。「パンツ=萌え」として認識してるからパンツさえ出てればそれが「萌え」なんだぜっていう人種。
別にオレがパンツが嫌いだからとりあえずパンツ脱げよとかそういうことを言っているわけではない。むしろパンツは穿いていてほしいと願う。

いやいや、そうじゃなくて気になるのはそもそも何故パンツが萌えるのかという理由や、パンツが“見えちゃった”時の女の子の表情の変化の“面白さ”、布でしかないパンツに記号的価値を与える以前を知っている古いタイプのオタクの方が、今のオタクよりもよほど面白い嗜好を持っている場合が多いということだ。

かと言ってオレがそういうタイプかと言えば、必ずしもそういうわけでもないわけで。どちらかと言えば記号論の快適さに飼いならされた時代の人間なので、「こうこうこういうのってすげー萌える!お前はどう思う?」という言い方より「萌えってこうある“べき”だよ」の方が割りと分かりやすかったりする。いや、未だに理解できないものも数多くあるのだけども。

本屋に行けば雑誌にしろ漫画にしろパンツ丸出しの美少女が笑顔でこっちを見つめているものが大量に見受けられる。この美少女の無邪気さとパンツに向けられる欲が同じフィールド上に同居してることへの違和感はとりあえず置いておくとして、パンツが出てないと求心力がないと見なされてしまいそうな、最低限パンツを出すことが礼儀であるかのような現状はあまり好ましいことではないと感じている。その辺の感覚はおそらく古いオタクのそれなんだと思う。

言ってしまえばパンツなんてたかが布。みんなが大好きなスカートやスパッツや靴下だってぺらぺらの布に違いない。
しかし即物的にその布が好きなんです、そのパンツと呼ばれる物体・物質が好きなんですなどと決して口にすることはない。それは何故か。
結局のところ、その布に包まれている人間とその精神こそが重要で、「誰の」「どんな」などといった“向こう側”を想像する楽しみこそパンツを筆頭とするアイテムに深みを与えており、それに触れたときに生まれるマグマをあえて呼ぶなら「萌え」、という感じなんだろう。

ただね、一方的に今のオタクを蔑めないってのもあるのね。むしろ今のこういう状態が、新しいものを生み出す良い土壌になっている気はするので、彼らは彼らで存分に放置しておけばいいと思う。それをたまに観察して「ああ、また妙なもの作ってるな」と楽しめばいいと思うのよ。ゆとりも一つの財産です。言い方は悪いが。「アニメ好きはアニメーターになるな」っていう富野御大の言葉の裏返しですよ。

仮にパンツをパンツとして愛する人種が現れたとしても、それはもうそういう時代の流れだと観念するしかあるまい。世代こそ違えどマイウェイを突き進みたい気持ちは恐らくお互いに同じはずだ。

オモチャいじり 

アキバで閉店セールをやってたので余った在庫を漁りにすなと行ってきた。昨日。

雨の降る中30分あまり行列に並んだ挙句、魅力的な商品に出会えることなくトボトボと退散してきました。
だけど悔し紛れに買ったチョロQが凄まじく可愛かったので良しとします。

CIMG0294.jpg
キャリアーです。
CIMG0295.jpg
ダンプです。
CIMG0296.jpg
乗ります。
CIMG0297.jpg
可動しちゃったりします。

こんなのがチョロチョロ走るんだぜ。ああ可愛い。


それでも隠し切れない悔しさは、オレ達をアソビットシティへと導いて行ったんだ・・・。
そして買ったのがGNアーチャーとジム。改造目的に買うというのも別に間違っちゃいまい。とりあえず素組みして撮影だけしといた。

アーチャー 違うと思う
このガンアーチャー、やたらと女性のボディラインを意識したデザインになってるのでこんなポーズとらせるのが物凄く楽しい。無駄にでかいバックパックは当然外しています。

アーチャー どう思う
なんかこう・・・高飛車なポーズのとれるMSって貴重ね。最近のプラモはすげえな。

ジム なるほどな
対してこのジムですよ。ガンアーチャーと比べると物凄く太ましい。しかしこれが従来のプロポーションなのであって、OOのMSが華奢すぎるんだわな。ガンアーチャーの足なんかサリーちゃんみたいだもんね。

アーチャー やめて
本日のおまけ。犯罪臭がするのは仕様です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。