スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルの感染状況ってどうなってんだ。 

テレビや新聞が豚インフルエンザに関するニュースをぱったり扱わなくなっている。ちょうど都内での感染者数が3人くらいになってからだ。ブーム去るの早くね?

気になったのでWHOのホームページを見てみたら、国内の感染者数は一日10人くらいのペースで増えているし、メキシコなんかなくなった方の数が80人超えてるんだぜ。まだまだ全然収まってないよ。

アジア近辺の国の中では日本の感染者数が飛びぬけている。それどころかアメリカ、メキシコ、カナダに次いで世界4番目の感染者数であることを忘れちゃいけない。日本とアメリカの人口密度の差を考えるとなおさら警戒しなきゃいかんと思うんだが・・・。

必要以上に騒ぐ必要はないとはいえ、WHOのパンデミック警戒レベルはまだレベル5なんだよね。新聞の隅の方の小さい記事でもいいから感染状況を継続的に報道してほしいものだ。

スポンサーサイト

神様仏様イエス様 

やっぱダイハードの吹き替えは野沢那智に限るな。


自分の感情の出所に疑問を持てる人だけが本当の意味での無神論者なんじゃないのと常々思っている。「オレ神とか宗教とかそういうの信じてないからwwwwww」と言う人がどれだけそれを本気で主張しているのかは知ったことではないけど、そういう人でも割と平気で奇跡とか口にするんだよな。

逆に言えば、感情の出所に疑問を持たない人は全て自分の中に神様を棲まわせているとも言える。その意味でならば、人は生まれたときから潜在的に有神論者だ。それは流石に言いすぎか。

感情がどこから生まれてくるのかという部分を否定できるものなら否定してみたいもんだけどね。
人間の主観が特別な意味を持っていないのは理屈で分かるとしても、泣いたり喜んだりするのは衝動的なもので抑えようがない。「抑えようがない」と自然と思える人にとって感情というものは神秘性と共に語られるべきものとして捉えられると思う。消極的有神論とでもいうべきか。一方そこで思考停止せず自分の感情に疑問を持てる人だけが真の無神論者だと。

もちろんその意味での神様というのは、何かお願い事を聞いてくれるわけでもないし奇跡を起こしてくれるわけでもない。ましてやお賽銭やお布施の類などできようはずがない。寺院を必要とせず、既存の宗教のように信仰すべき対象というのもない。明確な道徳も示さない。教えがないからそれを広める必要すらない。そしてあろうことかこの神様は信仰によって人を救わない。もはや宗教としての体裁をなしていない。そんなないない尽くしの神様。そんなのでもいいじゃない。

仮にこの考えを元に一つの宗教を考えるなら、人の数だけ神がいて、偶像の有無も各人に委ねられるという超絶フリーダムなものとなり、しかも道徳の基準がないから超並列的な価値基準を持ったまとまりのない名ばかりの組織となる。実質的には団体を組織する意味を持たない。

また、感情の神秘性を根拠とする性質上、既存のあらゆる宗教の思想を包括する。にも関わらずこの宗教によって救われる者はいないから、そもそも宗教である必要すらないのだが。
しかしそのくせこの宗教はほとんど全ての人類を信者とすることができる点で画期的である。しかも本人の自覚の有無に関わらずだ。

信者達を繋ぐものは神の存在というその一点のみ。宗教を組織する者の共通認識として最低限の部分だ。それも直接神の存在を証明をしているのではなく、「感情を否定できないから信じるほかない」という後ろ向きな信仰心である。不純もいいとこだね。

今日もラクガキ 

rakugakiugjnsdfgh.jpg
昨日のラクガキの反省から、ラクガキを丁寧に描いてみることにした。
こんなもんでも時間がかかるのが悔しい。なんだかんだで延べ3時間近くかかっている。ノープランで描き始めたとは言えたかがラクガキ。もっと手早く仕上げたいもんだ。

rakugakiugjn.jpg
頑張った部分だけ大きくしちゃう。
友達からは「何が描いてあるのかなかなか見えてこなかった」と言われた。もっとメリハリ付けて描いた方が判りやすいかも。
個人的にはある程度の満足感を得ることができたのでOKという事にします。何がどうOKなのかという事は聞かないで。
もっとモノをちゃんと見ていないとダメだというところを反省点としたい。デッサンの基本ですね。

らくがき 

rakugakiwwwww.jpg
授業中に途中まで描いたラクガキをそのまま上げる。あからさまに途中までしか描けてないけどまあいいや。出席票に何を描いても良い授業なので好き放題やった結果がこれだよ。ラクガキとはいえもっと丁寧に描くべきだと思います。

映画の感想 「フルメタルジャケット」 

FMJ.jpg
劇中で一番好きなセリフがこれ。

フルメタルジャケット

ネタ的な意味でハートマン軍曹の罵詈雑言の数々ばかりがやたらと有名なこの映画、正直に告白するとオレはこの映画の事を盛大に誤解していた。どのように誤解していたかというと、ベトナム戦争時の海軍学校に入隊した主人公が卒業するまでを描いたある種の青春映画かと思ってたのね。

戦争を扱って青春もクソもないんだけど、とにかくネタとして扱われてる部分がその軍学校の部分ばかりなもんだから、それ以外があるとは思ってもみなかったわけ。ところが実際には、前半で軍学校での非人間的な過酷な訓練シーンを、後半で戦地に赴いた主人公が一人前の戦争屋になるまでを描く2部構成の映画だったっていう。ハートマン軍曹なんてあくまで脇役じゃねえか。脇役にしてはアクが強すぎるけど。

なんかもうハートマン軍曹の印象が強すぎてほかの部分をほとんど覚えてないっていうね。いくらスラングにしたって口汚すぎる。何を食べてどのような人生を送ったらあんなにも滑らかに放送禁止用語を連発できるようになるんだ。
とにかくこの映画を地上波で放送できない理由はよく分かった。間違いなく開始3分で抗議の電話が鳴り始めるだろうね。

内容的にはとてもよかったんですけどね。戦争を都合よく感動モノに仕立て上げて「名作」なんて言われてるものなんかよりオレは俄然こっちの方が好きだ。
軍学校での訓練と戦争体験を通して人間性を失っていくアメリカ兵の姿をアメリカ側から描いていくというこの批判的精神。戦争を肯定するようなセリフが頻繁に出てくるけど、それも含めて最終的に逆説的に反戦を唱えているあたりとても良いと思います。
まさか「人を殺す顔をしろ!」という軍曹のセリフが伏線になっていたとは。

ネタとしても戦争映画としても傑作という珍しい映画なんじゃないかね。

ちなみにgoogleで「ハートマン軍曹」で検索すると、一番上にその全セリフを網羅したサイトが出てくるので興味のある人は覗いてみるといいと思います。いや、実際に映画を観た方がその凄さがよく分かるんだけども。

何度も言うけど戦争映画として冗談抜きに良い映画でした。満足感でいっぱいです。さすがキューブリックすごい。


それから、「機動旅団八福神」というマンガに登場する主人公・名取とその上官である四方田(よもだ)軍曹は、フルメタルジャケットの主人公・ジョーカーとハートマン軍曹のオマージュなんだということに気付きました。それぞれのキャラクターのセリフや思想、人間関係で似通った部分が見受けられた他、士官学校の入学式から始まるストーリーなどハッキリとオマージュする意思があるようです。これは良い発見。
もういい加減佳境に入っているこのマンガのラストがどうなるのか気になるけど、今の展開ではフルメタルジャケットのような感じにはまずならないと思う。

またおばあちゃん家行って来た 

CIMG0351.jpg
色が薄い。
CIMG0352.jpg
目が死んでる。

昨夜から今日までおばあちゃん家に泊まりに行っていた。
昨日学校から帰るときにお母さんから電話がかかって来て「すぐに帰って来い」と。友達と7時過ぎまでダラダラしていたので完全に寝耳に水だった。しかも9時までに帰って来いとか鬼かと。駅まで歩きだったのに。できれば事前に言ってほしかったなぁ。

色々事情が重なって泊まりに行った翌日におばあちゃんの習い事の教室までオレが付き添うという事になったのだけど、夜が明けてみるとおばあちゃんが億劫がってしまって結局行かずじまいだった。普段はうちの両親や伯父さんや伯母さんが付き添っているところを、孫であるオレが一緒に行くと言い出したわけだから多少気が引けてしまったのかも知れない。う~ん。難しいもんだな。

おばあちゃんはもう結構物覚えが悪くなってしまっているので、同じ話を何度もしなきゃならないことが5分に1回くらいある。今日だけで曜日の確認を十数回はしている。それは何度でも説明するから全然構わないんだが、「教室を休む」と自分で決めた事に関してはこっちから言わなくてもしっかり覚えてるんだよな。記憶というのは不思議なものだ。ボケ防止にはDSで脳トレするより日常生活の様々なことを本人に任せてしまう事が一番良いんじゃないかとも思った。少なくともおじいちゃんが生きてる頃はおばあちゃんは全然ボケてなかったわけだし何か関連があるんじゃないか。怪我とかされると怖いから結局こっちがやっちゃうんだけどさ。

とりあえず今回の収穫は、土曜の昼以降のテレビが壊滅的につまらないということだ。あまりの暇さに上の絵とかを描いたりお茶を飲んだりして時間を潰しましたとさ。おしまい。

体重が減り髪も短くなって財布も軽い。さて。 

年度はじめにやった健康診断の結果が返ってきたんだけども、どういうわけか去年よりも体重が5キロも落ちてました。まったくどういうことだ。

素直に喜びたい気持ちはあれど、痩せた理由が全く分からないから今後に活かせないっていうね。それと未だ微妙に身長が伸び続けているのが我ながら気味悪い。大学に入ってから1センチは確実に伸びてる。
爬虫類や魚類は生きている限り成長し続けるというが、とうの昔に成長期が過ぎた哺乳類であるところのオレはどうして背が伸びているのか。しかも年間数ミリ単位という半端な数字で。だいたい日本の成人男性の平均身長なのでこのくらいで止まってほしいんだが。人体スケールとして自分の体を使えるならそれに超したことはないし。

そもそも興味のない数字とか知識に関して覚える気がサラサラないから、こうして通知されでもしないと自分の体重の変化すらまともに把握できないのよね。高校の頃の成績とか、50メートル走のタイムを覚えていて誇らしげに披露する人をたまに見かけるが、成績そのものよりそんな数字を事細かに覚えているということの方に驚いてしまう。それが一年前の健康診断の結果ということでも同様の感情を抱く。自分の視力なんか知らないよ。メガネしてるし。

お腹まわりの肉付きにしたって主観ではとても変化しているようには思えなかったし、季節の変化に合わせて食が細ったり太ったりするから一年単位で見れば平均的に食べてることになってるはず。なのに実際には痩せたわけで。実感が伴わないと不安になるもんだね。

変化が感じられないということは、5キロの減量なんて実際それほど大した数字ではないってことなのかね。まぁ男の5キロと女の5キロでは全然違うんだろうが。

体重が減った原因を強引に考えるなら、収入の減少に伴って外食に行く回数が減ったということと、健康診断直前の春休み中にほぼ毎日モコの散歩をしていたことが起因しているんじゃなかろうかと。なんだかんだで30分から1時間くらい歩いてたからなぁ。感覚としては散歩程度のものが減量にそれほど効果があるとはあまり思えないんだけども。
最近学バスに乗る回数を減らして歩く時間を増やすようにしてるから、場合によってはこの程度でも何かしらの変化があるかも知れない。が、何もないかも知れない。
どちらにせよ多分来年のこの時期にはまた自分の体重を忘れていると思う。所詮その程度のものである。


どうでもいいんけど、ずっと坊主頭だった髪の毛を最近少しずつ伸ばしている。なんだかんだで中学の頃から坊主頭だったわけだからバリカンとも随分長い付き合いだったんだな。感慨深いものである。

毛先が肌に触れて痒くなるのは嫌だから様子を見ながら伸ばしているけど、ちょっと髪が伸びるとここぞとばかりに癖っ毛性能を発揮するオレの髪が現在進行形で驚きの展開を見せている。なにがビックリって前髪がね、外の方向にハネるんですよ。外ってアレね、左右じゃなくて前方ね。横から見ると前髪の毛先だけ顔から離れてる状態。どう説明したら伝わるだろうか。ひょっとしたらこのまま伸ばし続ければスネ夫かあしたのジョーみたいになれるんじゃないか。
髪質自体がサラサラヘアーとは程遠いから何かと面倒臭すぎる。結局今日髪を切ってきたけど(モヒカンにはしてません)、うん、やっぱり面倒だな伸ばすと。

効率から考えれば坊主頭がベストなんじゃないかとさえ思う。頻繁に首を鳴らすオレにしてみれば、頭を振る度に髪に慣性が働いて、一瞬後に髪が遅れて着いてくる感じが非常に鬱陶しく感じられてしまう。これはアレか、慣れるしかないのか。あと頭洗うときに頭が重くなるのがダルすぎる。

たまに腰のあたりまで髪伸ばしてる女の人を見かけるけどあれがどれだけ凄いのかを今更実感している。あれを毎日洗うんだろ。大変な作業だよなぁ。手入れの手間うんぬん以前に日常生活を送る上で不便なんじゃないかと。水かぶったら1~2キロくらいは増えそうだ。肩くらいまでの長さの人でも相当大変なはずだよなぁ。根性あるよなぁ。感服します。

豚インフルエンザ上京す 

とうとう東京でも豚インフルエンザの感染者が確認されたようですね。高校生ばかりに感染するってのはどういう事なんだ。
髪でも切りに行こうかと思ってた矢先にこのニュース。どう考えてもオレにモヒカンにしろと言っているとしか思えない。さて・・・。

弱毒性とはいえ季節性のインフルエンザじゃないからこうもテンヤワンヤしてるわけで、それを「大袈裟だ」とか言う人の神経がまったくもって理解できません。今豚インフルエンザの薬を作っちゃったら今年の冬のインフルエンザの方の薬が足りなくなる恐れがあるんだろ。何故それがわからない。ましてや鳥インフルやらSARSやらでこの手のウイルスネタには敏感になってるんだから仕方なかろうよ。過剰反応してでも対抗しないとなぁ。

まぁ対抗といっても、目下梅雨前線が北上中だし、日本の高温多湿な気候の中でインフルエンザウイルスがどれだけ蔓延できるのかという事もあるから今はまだこれといった対策はしてないんだけどね。兄は早々にマスクしてますが。
いやぁもうね、マジでカルト宗教を興すには絶好の機会だと思うんですよ。不謹慎な話だけど。こうも終末感を煽られるとそんな考えも脳裏をよぎりますよ。


あと関係ないけどいつの間にかニコニコでアダルトコンテンツ扱ってんのな。有料だけど普通にAVっぽい。他のどんなコンテンツよりも金を集めやすいエロにとうとう手を出しやがった。

18歳未満閲覧禁止ってなってるけどこれって事実上誰でも見れるって事だよね。小学生ですらアカウントを持ってるニコニコがこういうものを扱い始めたら色々とアレなんじゃないかなと思うんだが。
小学生や中学生がそういうのを見たいと言うのなら、リスクを負ってビデオ屋に行くとか、頑張ってネット上で探すという努力(方向違いかも知れんが)をすべきだと思いますよ。18歳未満禁止ってなってるんだから。
それをわざわざ運営側が提供してどうする。目の前に人参をぶら下げられて黙って眺めてるほど子供だって馬鹿じゃないぞ。

ただでさえ著作権うんぬんで問題視されてるニコニコが、いらぬところで目を付けられる要因になりそうだね。青少年の不健全な育成環境にニコニコがなっちゃってるよ。いやそれは今更か。黒字担当さん、金の事ばかりというのも考え物だと思いますよ。
ただ、素直な気持ちとしてコメント付きAVって新しいなと思いました。エロが全部ギャグになりそうで。その点の発想だけは評価する。

あ、でもアレね、今までのグラビア関係は好きだからそっちは消さないでね。エロはいらないから健康的なものと笑えるものの二択でいいです。AVは要らないからそっちね、増強してください。お願いします。

頼まれイラスト 

社内ポスター
お父さんに頼まれて描いた社内ポスターの文字だけ変えてアップする。著作権はオレにあるんだしこれといって問題はあるまい。
これくらいの密度でもとりあえず満足してもらえたので儲けもんである。

それにしてもこの手のポスターって物凄い気遣わなきゃならないのな。当初は手前の男性だけしか描いてなかったのだけど、お母さんに「女性も描かないと文句言われるわよ」と鋭いツッコミをされ、おっしゃるとおりです今すぐ直しますと答えるほかなかったのが悔しい。如何にオレが常識知らずなのかを目の当たりにした格好だ。

女の人を描き足すにあたって男の人と同じ体型じゃアレだからーとか脚が短く見えたら怒られたりするのかしらーとかオレの心はほとんど疑心暗鬼状態。二人の立ち位置だってどちらかが少しでも前に出たりすることがないようにできる限り横並びにしたり、余計なノイズが混ざらないように極力気を遣うのがとても苦痛でした。
そうして出来上がったものがこの無難なポスターなんだよ。我ながらあまりの無難さに笑いがこみ上げてくる。好き勝手描いていられるのってすごく素晴らしいことなんですね。

雑記 

先週は世の中的に色んなことがあったね。松っちゃん結婚とかお塩てんてーが俳優業再開とか。
そんな色々から思い付くだけ書いておく。


建前上はマスコミからのバッシングに堪えかねて党代表を辞任したという事になってる人が、舌の根も乾かぬうちに代表代理になっちゃうとかすごい世の中ですね。なにフラグだよこれ。

党首討論したくないとかそれだけの理由でほいほい肩書きを書き換えられるならそんなに楽しい職場はないよ。ましてや実質的には何も変わってないんだし。これぞまさしくタヌキ親父。下腹に毛がない。


インフルエンザがとうとう日本でも広がり始めて、いよいよもって終末感が漂ってきた昨今の日本。これからの季節南風が増えるだろうし、偏西風もあるからウイルスが風にのって関東方面に流れてくるのも考えようによっちゃ有り得なくはない。日本アルプスの活躍に期待したいところだ。
まぁそれ以上に主要な交通機関から感染が広がっていく方が早いんだろうけど。


個人的なところでは、用もないのに新入生歓迎行事に行ってみたりしていた。芸祭にはオタズムの新刊出るってさ(←すごくニッチな情報だなこれ)。
お祖父ちゃんが出てきた夢を見たちょうどその日がお祖父ちゃんの命日であることを思い出して超弩級の鳥肌が立ったり、お父さんに頼まれて社内ポスターを寝ながら描いたり。なんだか本当にごちゃごちゃした一週間だったな。特にブログも更新せずダラダラと過ごしながら、まだ6月にもなってないのに気温が30℃近いとか頭おかしいんじゃないかとか考えてました。

いけない授業がはじまる。

DVDで「ハンコック」を観たけどなんだこれ 

「ハンコック」を観た。
ウィル・スミスは好きだけど、CMを観た時点で映画館に行く気が失せたのでDVDが出るまで待っていた。いやあ、映画館に行かなくて良かった良かった。
盛大にネタバレを含むので、これから観たいと思ってる人はここから先を読まない方がよろしいかと。

前半、ハンコックの心理描写が少なくてどうしても薄く感じる。最初の5分で状況が説明されるからそれなりにツカミはしっかりしてるんだ。でも、どうしてハンコックは人々に煙たがられながらも自身の信じる善行を続けるのか、その説明にあたるシーンが待てど暮らせど出てくる様子がないのね。セリフで説明しなくても、なにかしらの事情を示唆するようなシーンがあっていいはずだ。ましてや中盤でハンコックが過去を告白するシーンがあったのにそこでも話さない。そのせいで主人公のハンコックに感情移入しづらくなってしまっている。
また、ハンコックがPR会社社員のレイの言う事にほいほい着いていっているだけのように見えて、肝心のハンコック自身の意思というものが希薄に感じる。そこらへんをもっとしつこく見せてもいいんじゃないかと思った。不親切。

まぁアメリカンヒーローっていうジャンルの伝統的テンプレートである「超人的な力で悪を倒す正義の味方」というのを大前提にしてる映画だから、そこらへんの説明を飛ばしてしまうというのも理解できなくはないんだが。
結局ハンコックというキャラクター自体が既存の典型的なヒーロー像を別の角度から見せているだけ(それもありきたり)でしかないのよね。せっかくだしハンコックの信じる正義くらい語ってくれてもいいだろう。それくらいしないとヒーローとして没個性じゃないの。バットマンもスーパーマンもスパイダーマンも自己矛盾を抱えながら苦悩しながら正義を行っているぞ。どうなんだハンコック。

中盤、レイの妻メアリーとの関係がごちゃごちゃしてくるあたり話が膨らんで面白くなってくるのだけど、最終的にあんな結末に着地するんだからなんだかね。もうね。

「二人の距離が近づくとお互いの力は消え、普通の人間として生を全うできる。でもそれでは誰が人を守るの。だからハンコックはここを離れて暮らして人々を守って」っていうのは普通に切ない話じゃないか。
それに応える形でハンコックは過去の自分の唯一の手がかりで、かつ長い年月を共にしてきたメアリーを捨て、そしてなによりメアリーを死なせないためにその場を去ったんだろ。愛しているからこそその想いを断ち切るだなんて!

愛ゆえの離別。そう、ここまでは良かったんだ。
だからもうこのままハンコックは音信不通になるもんだと思ってたの。夜空を見上げるレイ一家の顔のアップから俯瞰に移るカメラワークで「今も彼は世界のどこかで悪と闘っている」、「そして彼は伝説になった」、エンドクレジット、っていう終わり方でよかったと思う。(アイアムレジェンドに続いてそんな終わり方というのもアレだけどもw)
なのになんだ、ハンコックの奴、普通にレイに電話してんじゃねえよ。もう台無し。

メアリーにしても、ハンコックとの繋がりが残ったままだと公然と不倫してるってことになるんじゃないの。どうなんだこれ。よくレイは耐えられるな。つうか息子のアーロンの教育によろしくないんじゃないか。最後の最後で頭に「???」が点灯して終わってしまった。完全にポカーンEND。

何も考えずに観るにはいいんじゃないでしょうか。「ファンタスティック4」と似たような感じ。休日にウィル・スミスの映画を観るならビール片手に「インディペンデンスデイ」が最高だと思います。ジェフ・ゴールドブラムも出てるし。
「ハンコック」はウィル・スミスのアイドル映画でした、で納得しておくことにします。

軋む尾てい骨 

尾てい骨が痛い。なんだこれ。座りっぱなしの作業が祟ったのか。

昨夜は窓を開けていたにも関わらず汗ばむほどクソ熱い夜(まだ5月なのに!)で、そこへ来て尾てい骨が痛むもんだから仰向けで寝ることもできず、その上一晩中部屋の中を蚊がフワフワ飛んでいたせいで全く寝付けなかった。ここ10年来で最も寝苦しい夜だったと思う。畜生痛え。

滅多に使わないバンテリンを患部に塗ってみたけど一向に痛みがひく様子がない。誰だ即効で効くとか言った奴。でも他に方法がないのでここはインドメタシンを信じることにする。

普通に座ってるだけでも痛むから微妙に体をくねらせて体重を上手く逃がさないとおちおち作業もできやしない。痔持ちの人がよく使うムートン円座が欲しくなった。あのドーナッツみたいな可愛い形のクッションならきっとこの痛みを和らげてくれるはず・・・。


グロすぎワロタ

LEDトレース台制作 part2 「肉体戦争」編 

1_20090502204846.jpg

さて。
今日も今日とて工作に勤しむわけです。

本日のお相手は今現在使用中のケータイの充電スタンドと導光板になります。
まずは上の写真の充電スタンドを解体し、内臓されているコネクターを使ってLEDを実際に点灯させます。

この充電スタンドは、ケータイを接続した状態でワンセグを観ることができるようになっているので、このような珍妙な形状になっています。正直一切全くこれっぽっちも使わないので中のパーツを取り出してトレース台に組み込んでしまおうと目論んでいます。

続きを読む

壊れたものは分解して中身を知ってから捨てる 

ニコニコの時報にELTのギターの人が出てきてビックリしたwwwwつうか気遣ってコメント流れないようになってるしwwwww流石にいつもの時報みたいに「しねえええええええ」なんてコメントが流れるのはマズイわなwwwwwwww
運営もそれくらいの配慮はするのねー。あれだけネタにされてたビリーヘリントンをわざわざ招いちゃうような面の皮の厚い人ばかりなのかと思ってたからちょっと意外だ。


ようやくケータイの充電器の構造を大まかに理解できた。
データの転送に使う端子の扱いはまだ分からないものの、とりあえずケータイに充電するのに必要な端子の扱いは覚えた。よし。理解できた瞬間の気持ち良さったらないね。

こうして理解してしまうとものすごく単純なことなんだけど、いかんせん電子工作に関してはあらゆる面において素人なので、何が安全でどこまでやったら危険なのかという線引きができないからどうしても警戒してしまうのよね。そういう警戒感のあるうちは無理して作業せず、安全だという確信を得てから続行するようにしてる。おっかなびっくり楽しみたい。

ネットで充電器の構造を調べても書いてあることがいまいち理解できず、ひたすら検索したり電器屋に行って商品をパッケージの上から穴が開くまで眺めたり(何が何でも買わないという決意の表れですw)する毎日だったのだけど、なにげなく以前使っていたneonの充電スタンドを分解したら、ネットに書いてあった事がたちどころに理解できたっていうね。neon様々です。充電スタンドの中身があんなにもシンプル配線だったとは。

既に今使っているケータイの充電スタンドも分解済みで、こちらはスタンドを通してPCとのデータ通信が可能なことから意味不明な部品やらなんやらがあり、オレにとってはよく分からないものでしかなかった(それでもずいぶんと単純な構造なのは分かったけど)。これを見た経験があったからneonの構造が余計に単純に見えたのかも知れない。それくらいあっさりしてたんだよ。あれは必要な説明さえすれば小学生でも十分に理解できるレベルの単純さだったぞ。プラスとマイナスがあってー、スイッチがあってー、ケータイと繋がってますよーってくらいのものでした。本当に。

充電スタンドなんて家に置いておいてもどうせ使うことなんて滅多にないんだから暇つぶしに中身を覗いてみるのも一興ですよ。分解する楽しさというものを人にもおすそ分けしたい。ドライバー一本から始まる趣味というのもなかなかオツじゃないか。

廃墟その3
また廃墟。取り壊しは順調なようです。順調なようです・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。