スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋を華麗にスルーして田舎を行く 

朝行って夜に帰って来るなんて疲れるだけだっての。
でもなんだかんだで面白かったので、写真とか載せつつ遠征の感想でも。

CIMG0390.jpg
朝っぱらからナイスなツーショットを拝めた。
自由席が1~3号車だったので迷うことなく1号車へ。何故かって?ガイアがオレにそう囁いたのさ。前へ・・・もっと前へ行け・・・ってね。

当然ながら狙う座席は最前列。進行方向の右側の窓寄り。そこなら新幹線の最前列で富士山が見えるんだよ。これを狙わない手はないでしょう。

ところが
前に並んでいたハゲたオッサンに先を越され、紙一重で2列目に甘んじる結果に。これは悔しい。

続きを読む

スポンサーサイト

出発前に時間ができたので 

もうちょっとしたら名古屋に行くので、その前に最近思いついた事をちょっとだけ書いとく。


近所の公園にある、選挙の候補者が掲示されてる掲示板を見たら、候補者の政党が自民党と民主党と幸福実現党しかなかった。
なんだこれ・・・。選択肢になってなくね?自民と民主っていうクソでかい政党の間に幸福実現党という新参者がいるのが信じられない。流石は宗教。圧倒的な組織力と言わざるを得ない。宗教組織ならそのエネルギーを政治以外のところで発揮してほしいもんだ。


室内用のオゾン発生器だかなんだかが、人体に害を及ぼすレベルのオゾンを発生させてただとかで国民生活センターにお咎めされたという話で、オゾン発生器なんてものを買う人がいるのかと驚愕した。
オゾンってバリバリの毒物じゃねえかよ。どうせオゾン層の役割を思い浮かべて、地球のために太陽光線を和らげてる良い奴だから人の体にも良い物だろうとか勘違いしてるんだろ。そういう人はきっとフロンが人体には無毒だって事も知らないんだろう。オゾンなんか使ってまでご家庭で何を消毒したかったんだ。

だいたい酸素だって毒なのにその同位体のオゾンが無毒なわけねえだろと。
太古の地球で酸素が発生し始めた頃、生物はまだ嫌気性生物しかおらず、発生した酸素によりそのほとんどが死滅したんだそうだ。
そして生き残った一部の生物は猛毒の酸素を克服して逆にエネルギー源としたが、現在ではその毒に依存しなければ生きていけない生物になってる、っていう進化の経緯をね、少しでも知ってれば専門家でもない限りそうそう酸素だとか、ましてやオゾンなんてものに手を出さないと思うんだが。
人間なんてミトコンドリアがなければ酸素を活用することもできないのに。

数年前には酸素バーとか訳の分からないものが流行の最先端としてもてはやされたしな。
酸素がないと生きてはいけないけど、純粋な酸素を吸ったらそれはそれで害なんですよ。オレは吸った事ないけど頭痛になったりするそうですよ。
酸素ボンベは空気ボンベで純粋な酸素だけではないというのは周知の事実だと思ってたんだが、その理由まではキチンと理解されてないという事なんだろうか。

至極当然の事だけど、甘いものは美味いけど甘いものばっかり食ってたら太るんだよ。それさえ覚えてれば無駄に傷つく事はない、はず。

自分の体以外の物は基本的に全て「異物」なんだから、広義ではあらゆるものが「毒」だ(さすがに極論か)。それを粘膜から直接吸収したり、消化酵素で分解するなどして無毒化して取り込み全身に行き渡らせて生きてるんだから生物の生存本能というかド根性は本当に想像を絶するレベルだよね。


というわけでそろそろ出発の準備を始めたいと思います。

ゾンデギゾバ クウガ 

クウガを観てる最中なんだがこれ面白いなぁ。今までストーリーをちゃんと知らなかったからとても楽しんでます。
こりゃ同人でいくらでもネタになるわけだよ。今更感全開だが。バルバ×ゴオマとかないのかな。ゴオマが一方的にバルバにグロンギ語で罵られるっていう奴。全編カタカナで。

バルバ「ギジャバビゴギザ」
ゴオマ「ロドドギデデブザガギ!ロドドビダバギボドダゼボボギデデブザガギ!」

オレは買うぞ。

もうね、ゴオマの小物感がたまらないね。あのせこさと卑屈さと腹に一物抱えたような目が良い。その癖結構生き延びるしね(23話の段階ではまだピンピンしてる)。誰か同人出せよ。ズ・ゴオマ・グオンリーイベントとか過去にやってたりしないのかな。さすがにないっすか。素直に悪役として面白いキャラクターだと思うんだよ。
これからもっと面白い怪人が出てくるのかと思うとワクワクする。

そこに戦略はあるのか 

企業によってメール一つにも丁寧に対応してくれるところもあれば、まるっきり梨のつぶてのところもあるという事に少しだけとまどいを感じております。残暑お見舞い申し上げます。スズタケです。

企業ごとのこの対応の差はなんなんだ。オレのメールの出し方が悪いのか。仮にそうだとしたらどこが悪いのか分からないからすぐには直しようがないというジレンマ。辞書とネットを駆使して修正するしかない。日本語の壁は高い。トライ&エラー。


気がつけば8月も残りわずかとなってまいりました。ちょっと前に8月になって「嘘だろ・・・」とか言ってた覚えがあるのに。
いや!オレ達の戦いはまだ始まったばっかりだ!オレはようやく登りはじめたばかりだからな。このはてしなく遠い就活坂をよ…。


そうそう、今週の金曜に愛知に行く事になりました。たった2時間の説明会のためだけに。愛知の瀬戸市ってところまで行って来ます。万博のメイン会場の跡地に近いらしいけど説明会が午後からなので遊ぶ余裕はありません。説明会くらい都内でやってほしいもんだ。

でも説明会やってくれるだけでも十分良心的ですよ。食器メーカーを調べてると説明なしにいきなり面接、給料は要相談というパターンの多い事多い事。その会社の考え方などを知る機会もろくに与えられず、HPの会社概要などから内情を推測するしかないってのはちょいとばかし骨の折れる作業ですぜ。もっと外に向けてアピールしてよ!回転の遅い業界なのは分かるけどもっとアピールしないと業界自体がどんどん廃れていっちゃいそうな気がしちゃうのよね。

実際就活支援サイトを活用しているのは、ノリタケ、鳴海、ニッコーの大手3社くらいのもので、それ以外の中小企業は皆無といった状況。これって正直どうなんだ。いや、そういうサイトを使うのにも金がかかるのは分かるんだ。「食器業界に進みたいって人は何も言わなくても勝手に寄って来るだろう」っていう算段だとしてもまぁ理解できる。ただ、どんどん業界自体が地味になっていってるのは、外に向けて積極的にコマーシャルしていないせいもあると思うのね。就活を通して業界全体に漂う閉塞感のようなものが見えてきた。

自分自身が華やかな職業に就きたいというわけではないけども、業界自体が一般人から華やかな印象を持たれるというのは、商品への興味を持たせやすくなるだけでなく、良い人材も確保しやすくなるという点からもその業界にとってプラスに働くと思うので、広報活動をないがしろにするのはいかがなものかと思うのですよ。ましてや若い世代にも日常生活を充実させようという考え方が一般的になってきた傾向があるのに、ここで打って出ないのは何故なんだ。客は主婦層だけじゃないのに。
文化的な生活に必要不可欠な物を扱ってるんだから、そこに注目させる方法なんていくらでもあると思うんだが。
そしてそういう事は金を持ってる大手が率先してやれよと言いたい。業界全体を盛り上げろよカス、と。

いやまぁ、その業界に入る事もできていない素人の世迷言ですが。
もうじき夜が明ける。随分涼しくなってきたもんだ。

最近観た頭の悪い感じの動画を貼る 

もう募集要項だとか採用情報だとかいう言葉を見たくないよママン。なにが採用担当の方はいらっしゃいますか、だ。ええいファックファック。

むしゃくしゃしたので動画だけ貼って生存の証としたい。就活の諸々から逃れる時間も必要よ。


自分の声を加工すれば女の子の声にできるんじゃないかという妄想はオレもしたことあるけど、まさかそれを実際に実行した奴がいたとは。
特筆すべきは、声はもちろん動画内で使われている画像や音楽といったものまで完全に自作であるということ。これぞ真の自給自足。オタク的ロハスの実践者。実に頭が悪い(ほめ言葉)。


なんでも最後に「ルーツ飲んでゴー」をつければ良いと思ってるあたりが素晴らしい。高い技術力をもってすれば小学生レベルのネタでここまで勝負できるもんなんだと改めて認識させられる意欲作。こういうセンスこそ見習いたい。


もうなんだか訳わかんね。勢いだけはすごい。
随分前にアップされた動画みたいだけどこれを知って以来暇を見ては参拝するようになってしまった。なにがオレをそうさせるのか・・・。


お口直し。

ここんところホラーばっかり観てたから久しぶりに感動した気がする。人情だね。

気分転換おしまい。就活するぞ。

もはや深夜なのか早朝なのかも分からないに雑記 

いい加減夏休みに飽きてきた。無理矢理にでも生活に変化を付けないとこうなる。
毎日募集を探す作業とポートフォリオの編集の繰り返しで、いい加減暮らしが単調になってきた。これではいけない。下らない事の一つや二つ考える余裕が欲しいもんだね。実に緩慢な日々である。ああ退屈だ。

外に繰り出すにもバイトしてないもんだから余計な金はないし。ケータイの充電器のコードは切れるし。ろくな事がないね。
息抜きがホラー映画を観ることって正直どうなんだ。この一夏でホラー耐性がガッチガチに高まる予感がする。ある程度耐性がついちゃうと怖がりたい時に怖がれなくなるから損なんだよな。

こないだも同じようなことを書いた気がするけど、びっくり系をホラーと呼びたくないのよね。スプラッタもびっくりもスパイスでしかなくて、最終的に欲しいのは脂汗をかきながら身悶えしたくなるような緊張感だと思う。恐怖と緊張は紙一重。そういう意味でサイコサスペンスは十分ホラーの範疇に入ると思ってる。


ある意味ではこれもホラーだ。何かの間違いだと信じたい。

にっちもさっちもいかん 

ケータイの料金払わずにいたら止められた。その状況で一昨日コミケに行って来た。たろうの手伝いで。サークル入場おいしいです。でも連絡手段がないってのは改めてしんどい事だと痛感しました。
しばらくの間オレのケータイはただの時計付きのデジカメと化すので連絡のある人は諦めて不貞寝してください。いや諦めずにメッセで連絡してください。お手数おかけします。

そして8月も半ばを過ぎたわけです。いよいよもって将来が不安になってくる。募集自体が少ないのはなんとかならんのか。時期的にもう大分遅いってのもあるんだが。色々な事を同時進行で全て確実にこなさなければならないのが精神的にきつうございます。
泣き言ばかりも言ってられん。とりあえず作業に戻りまする。

○○集団←イラッとする 

いつの頃からか、なにかしらの目的を持った人の集まりをやたらと○○集団と呼ぶ向きがある。特にクリエーターの集まりの場合その傾向が強いようだ。

言葉の意味合いとしては別に間違っちゃいないからそういう言葉を使うこと自体に文句はないんだけど、集団という言葉を選んだ理由はせいぜい「会社組織のように全体主義ではなく、個人個人の技能を生かした個性ある仕事をしますよ」というのを強調したいだけじゃねえか。

それをアーティストのような表現者が言うのならまだ分かる。あくまでそれぞれの個性を最大限尊重するという思想のもと、とりあえず名義上は同じ集まりとして扱ってもいいよとお互いに了承しあった人達であれば集団と呼ぶに相応しいと思うのね。その中で協力し合ったり切磋琢磨するっていう事で、どちらかと言えば友達とか同志といった感覚の結びつきなんだろう。

ところがあろうことか会社組織の人間が「私達は○○集団です」なんて平気で言ってるんだよね。お前ら個人主義を否定して組織の中に収まってるんじゃないわけ?組織の力の強さを知ってるからこそそこにいるんだろうが。それは全然悪いことじゃないしむしろオレなんかは個人にできないレベルの事を可能にするのが会社だと思ってるから、そういうところはしっかり主張すべきだろと言いたい。

どうせアレだろ。個人主義礼賛というか、個性を尊重する時代に合わせた戦略なんだろ。本末転倒というか会社としての軸がブレブレじゃねえの。
やれクリエーター集団だの、やれデザイン集団だの、とりあえず集団って言っておけばかっこいい感じに聞こえるだろっていう魂胆が見え見え。素直に有限会社だとか株式会社だとか言えばいいのに。それでいいじゃないか。その方がきっちり組織としてのまとまりを感じて誠実に聞こえる気がするのはオレだけなのか?

社会的に活動する以上、金が絡んで商業的にならざるを得ないのに(志はともかく)、その上で集団と呼べるだけの集まりってそうそうないと思うんだが。組織というものをただ時代に寄り添っただけの表現で呼ぶことに違和感を覚える。流行や若者受けよりも、より多くの人の信用を得られる表現にしてほしいものだ。

台風が来るかと身構えていたら足元が揺れたでござる 

台風が来るという予報があったにも関わらず、たろうの家にお邪魔して一晩中酒を飲んできた。結局台風どころか一ミリも雨が降らなかったわけだが。
朝方になって地震が来たから驚いたよ。沿岸部や雨が降った地域は特に地盤が緩い場合があるだろうから、このタイミングで地震だなんて大自然の采配はかくも恐ろしいものだね。

震源地近くは震度6弱だとか聞いて多少の被害が出るかもね、なんて話しながら横になっていた。震源地から距離があるおかげで震度3か4程度で済んだのでこれといって危機感も持たず。日本人の地震耐性を発揮する時ですね。多少大きな地震が来ても30分後くらいにはTV版エヴァがどうのとか綾波の乳首がああだとか言ってられるのは凄いことだと思います。

でもまぁ昼間に地震が来なくてよかったね。季節柄海に人が集まりやすいから、もし地震の来る時間が5時間ほど遅かったら津波に持って行かれる人がたくさんいたに違いない。ましてや震源が駿河湾のど真ん中らしいし、波が湾の対岸に反射して何度も沿岸を襲ったであろう事は想像に難しくない。地震のタイミングに助けられた部分は大きいんじゃないだろうか。

それ以上に、あの辺の地域は東海地震に対する危機意識が関東以上にしっかりしてると聞くし、そういう常日頃の危機管理能力の高さがこの結果を生んだんだろうな。素晴らしいじゃないか。
比較的建物などの被害も少なく、静岡のディフェンスの堅さが証明された格好だ。さすが、日本三霊山の一つである富士山を抱える静岡県である。浅間大神にでも守られてんのかと。

のりピーの旦那空気読めなさすぎ 

のりピーがシャブ中だったかどうかは知った事ではないけども、少なくとも旦那は口を割るべきじゃなかったんじゃないかと思う今日この頃。子供もいるんだからせめて母親くらい逃げられるようにすればよかったのに。実際のりピーが容疑者になった途端に偏向記事(クラブミュージック好きだとかいう何が悪いのか意味不明な記事も)が大量に出てきてるわけだし、これじゃ逃げてる意味がまるでない。旦那はいっぺん「半落ち」でも読めばいいんじゃないか。全然違うか。
もちろん覚醒剤は所持するだけで犯罪だし、使っていた場合尿検査にひっかからなければいいというものでもないのだけど。仮にのりピーの容疑が晴れても、今これだけ両親が犯罪者としてバッシングされてるんだから子供にとってはたまらないだろうな。なんかもうまさに「ダメ。ゼッタイ。」を体現してるね。実の親が覚醒剤を使ってるなんてこれ以上ない反面教師じゃないか。

それにしても人って案外簡単に失踪できるんだね。連絡手段を絶って公共交通機関をふんだんに使えば誰も追ってこれないんじゃないの。まぁ容疑者になったってことだから匿う方も犯罪になるので捕まるのも時間の問題だと思うが。

なんだかね。お塩先生の事件にしてもワコールやらピーチジョンやらキナ臭い感じに盛り上がってるし、庶民感覚とはかけ離れた規模の話があっちこっちで飛び交う異常事態になっております。マスコミはそっちの話ばっかり扱って明日行われる政権公約検証大会なんてほとんどスルーするんだろうなぁ。いやあ、日本すごい。

エイリアン描いたお 

エイリアン ブログ用
恐怖の対象であるエイリアンにどうでもいい事を喋らせてみた。ちっとも恐くないね。

しかしディティールを適当に描き過ぎたかもしれない。うろ覚えエイリアン。よく分からないところを暗くしてごまかすという消極的な手段でございます。それにイボイボとか洗練されてない部分が多い。ハリウッド的な、即物的に嫌悪感を煽るディティール(イボイボ、ネバネバ、ヌルヌル、トゲトゲとか)は好きじゃないけど、いざ自分で描くとなると間を埋めやすいからついやってしまう。ギーガーの描くエイリアンはもっとスマートでエレガントです。
エイリアンかっこいいよ。画集欲しいな。

適当とは言っても3時間かかった。これだけで。背景こみで3時間で済むなら最高だね。慣れないことをするには時間がかかるもんだな。ボブ並みのスピードが欲しい。自信に満ち溢れた顔で「ね、簡単でしょう?」って言ってみたい。

デジタルだけで描く時は一枚のレイヤーで済ませる方が楽な気がする。特殊なテクニックを使わず背景を考えないのであればの話だけど。上手い人は複雑なテクニックを使いつつ少ないレイヤー数で済ませてたりするんだろうか。できるかそんなこと。レイヤーの管理面倒くさい。

ホラー映画というか黒沢清が好き 

夜中に部屋を暗くして観るホラー映画の面白さは異常。夏だし。

ホラーと言えども細かいカット割りを多用するのは嫌いです。急に画面にドン!って出てきてびっくりさせるのも陳腐で嫌。真綿で首を絞めるようにジワジワと観客を責めて欲しいね。その点で黒沢清の映画は幽霊の見せ方とか、断定的な口調で曖昧なことを言っちゃうセリフ回しとかがとても素晴らしいと思います。一人で観るとマジでチビりそうになる。ストーリーは超展開になったりすることが多いけど演出はピカ一だと思う。ヘッドホンをして観るべし。ニコニコに「降霊」が落ちてたから貼っとく。


正直これは前編だけ観ればおk。

黒沢清は幽霊の概念を曖昧な解釈のまま扱っているのが個人的にはすごく好き。今どき幽霊を言い表すのに「すごく恐ろしい顔をしてるらしい」なんて真っ向から言うかい。"見えない怖さ”に弱いんだよ。カーテン一つで不安の煽れるんだという事に気付かせてくれました。無駄なシーンを挟んで冗長にするのをありがってるとしか思えない昨今のJホラーの中で、30分そこそこの短編をすっきり纏め上げる構成力をもってる監督は貴重だと思います。
変な特殊メイクでゴテゴテに顔を作った幽霊とか要らないんです。「オトシモノ」とか愚の骨頂。あの映画は可愛い頃の沢尻エリカと野村涼乃が観れるだけ。ダンジョン発見のくだりは爆笑してしまった。

演技の下手なアイドルが出るならスプラッタホラーでお願いします。安いB級ホラーならAV女優を出して無駄にパンツとか晒せばいいのです。逃げながら靴が脱げて転んだついでにパンツ露出。これ。ゾンビ映画のセオリーですね。パンチラが嬉しいというよりセオリーをきちんと踏んでくれているかどうかが問題なのよ。それだけで安心感に差が出ます。

変態宣言 とある独裁者の場合 

我々は一つの嗜好品(ブルマ)を失った。しかし、これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!

PTA、プロ市民、フェミ団体などに比べ、我らがマニアの力は30000分の1以下である。 にもかかわらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か? 諸君!我がジオン公国の趣味嗜好が正義だからだ。これは諸君らが一番知っている。
我々は世間を追われ、犯罪者まがいの扱いをされた。 そして、一握りのエリート(キモオタ的な意味で)らがネット上にまで膨れ上がったパンピーを(脳内で)支配して十余年、2次元、2.5次元に住む我々が自由を要求して何度世間一般に踏みにじられたか。
ジオン公国の掲げる人類一人一人の自由のための戦いを神が見捨てるはずはない。

私の夢!諸君らが愛してくれたブルマは死んだ!何故だ!?

新しい時代の覇権を選ばれた国民が得るは歴史の必然である。 ならば、我らは襟を正し、この戦局を打開しなければならぬ。
我々は過酷な3次元を生活の場としながらも共に苦悩し、錬磨して今日の文化を築き上げてきた。

かつて、ジオン・ダイクンは人類の革新は現実を捨てし我々から始まると言った。
しかしながらPTA、プロ市民、フェミ団体のモグラ共は、自分たちが倫理の支配権を有すると増長し我々に抗戦する。
諸君の父も、子も、その無思慮な世間の冷たい風当たりの前に死んでいったのだ!

この悲しみも怒りも忘れてはならない!それを、ブルマは!死をもって我々に示してくれた!
我々は今、この怒りを結集し、世間一般に叩きつけて、初めて真の勝利を得ることができる。
この勝利こそ、戦死者(憤死)全てへの最大の慰めとなる。
国民よ!悲しみを怒りに変えて立てよ!国民よ!
我らジオン国国民こそ選ばれた民であることを忘れないでほしいのだ。

優良児である我らこそ人類を救い得るのである。ジーク・ジオン!




富野御大は本当に面白いセリフ回しを考えるな。改変してて改めて凄いと思いました。ただの禿じゃないね。誇るべき禿の一人だと思う。
ジオンがこんな国家だったら死ぬまで着いて行くと思う。ブルマが死んでハーフパンツ全盛の世の中ですが私は元気です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。