FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理論の鎧を着込むのだ 

意識して髪を伸ばし始めてから何ヶ月が経過しただろうか。

元来癖っ毛であるオレは、日常的にできる範囲で密かに髪のうねりと戦い続けてきた。しかしこの髪はその努力を嘲笑うかのように身をクネらせ、ますます増長(髪だけに)の一途を辿っている。

伸び始めの時期はCの字にカーブしていたのに、今ではS字を描くというアクロバティックぶりを遺憾なく発揮している。まったくヘアピンカーブとはよく言ったものだ(←うまい!)。

このままではいけない--。
なんとか方法があるなら対処したい。ご家庭でできる手軽な方法ではどれも納得できる効果が得られなかった。伸びればいずれ切ってしまうものに一時的な投資をするのも惜しい気がする。しかし…。

頭を抱えている間にも髪は伸び、癖は強くなり続けた。時間はいたずらに経過し、戸惑うオレを容赦なく置き去りにしていった。

そうして苦悩の日々を送っていたある日(つうかさっき)、一筋の希望となる疑問が沸き上がってきた。
C字の髪が伸びるとS字になった。では更に伸ばしたら次はどんな形になるのだろうか、と。

CからS。ジーニアス和英辞典によると、アルファベット順ではCから16文字目でSになるという。
Zの次はAに循環すると仮定し、この理論を応用すると、Sから16文字をカウントしていくとIになると推測される。
この「C→S→I」という変化は、髪の毛の長さに従った形態変化を表していると考えられるので、S字状態から伸ばし続ければいずれI字ヘアーに、つまりストレートヘアを手に入れることが可能になることを示している。

なんという事だろうか。癖毛を極めると労せずして髪の毛が真っ直ぐになるという結論が導き出されたではないか。
全国の癖毛に悩む人々に光明をもたらす新理論誕生の瞬間である。
この世紀の大発見を讃え、理論の名を「科学捜査班じゃない方のCSIの法則」と定める。

この理論でもう悩み無用。あなたの髪きっと伸びてくる(癖毛的な意味で)。


以上、おばあちゃん家からお送りしました。明日は芸祭に行くぞ。雨らしいけど行くぞ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/1031-35d18c19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。