FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業おめでとうございます自分 

卒業式を済ませました。これで長かった学生生活ともお別れです。

CIMG0423_20100325215530.jpg
卒業証書授与式でもらった記念品の腕時計。swatchっていうスイスのメーカーだそうで(腕時計とか詳しくないからよく分からん)、ノベルティや記念品業界ではポピュラーなのか検索するとオリンピック限定腕時計とかゴロゴロ出てくる。
まぁ中の機械が見えるのはまぁまぁいいよ。ケースの構造も樹脂の癖に結構しっかり考えてあると思う。でも芸術学部の記念品でこのデザインっていうのはどうなんだ、マジで。特にベルトのストライプ柄が理解できない。
最初は8つある学科の数を色の帯で表現しているのかと思った。ところがよく数えたら9色あったっていうね。つまりなんの意味もないただの柄なんだよ。散りばめた記号に意味を持たせることすらしてないじゃない。それともあれか、既製品に大学のロゴを入れただけとかそういう事なのか。それならそれでそもそものチョイスが問題ありでしょうよ。

もうこれムーブメントの部分だけブッコ抜いて自分でケース作った方がよっぽど楽しいんじゃないかとすら思う。木のケースならビレバンで売ってる腕時計のような感じにはなるんじゃないか。

だいたい落ち着いて考えればこういう記念品を身に付ける人なんてまずいないんだよ。基本的に引き出しの奥にしまっておくか、豪勢なものなら飾っておくとか、そういう置物としての機能さえ満たしていれば誰も文句言わないんだよ。それをわざわざこんな樹脂製の、ちょっとポップな感じにしてみましたーとでも言わんばかりの軽いデザインのものを選ぶあたり、日芸の空気の読めなさ、世間からの浮きっぷりをよく表しているようで乾いた笑いが出てくる。
記念品の腕時計と言えば、映画「スピード」でキアヌ・リーブスに恨みを持った爆弾魔がバスに仕掛けた時限装置に退職記念の金の腕時計を使っていたことを思い出すね。ほんと、記念品の利用法なんてそういうレベルっしょ。

この時計はムーブメントと電池にのみ価値があると思うので、機会をみて破壊しようと思う。元気があればケースも作ってみよう。いつになるか分からんが。


まぁとにかく5年間の大学生活が終わったんです。それで十分だよもう。多くは望まん。
心残りなのは、最後に江古田のトキでチーズカレーを食べたかったのに食べれなかった事と、入学当時とはすっかり変わってしまった江古田校舎と駅周辺を見たところで感傷的な気持ちなんぞ1mmたりとも湧いてこなかった事だ。それだけが寂しかったかなぁ。
人間関係はもう正直自業自得としかいいようがないから気にしない。今日限りで縁の切れる人も大勢いるだろうけど、逆に縁の繋がり続ける人に関してはなるようになるだけだと思う。そういうもんだろう。

5年間の総括。
確実に成長はした。思想面での成長はしてるし、やった分だけの力量はついている(逆に言えばやってない分はついていない)。自分の思考の傾向も掴めてる。
この大学に入学して5年間もの時間を過ごしていなければ、今頃はまるっきり別の方向へ進んでいたに違いない。色んな人に出会って、心底大嫌いになった人もいたし、その逆の場合もあった。
オレ自身自覚してないところできっと大勢の人を裏切って、呆れさせ、失望させていた事だろうと思う。どれだけの人に不快な思いをさせてきたかと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

思ってる事と裏腹の言動を取ってしまう性格は結局直らなかったな。そのくせお世辞や社交辞令が死ぬほど苦手なのも一向に改善してない。人付き合いをする上での素直さや気遣いの心を身に付けることが今後の課題だな。小学生かっつうの。

人の粗探しが得意になったのは人として最低だなと思う。上に書いた腕時計の事なんてまさにそれ。ものすごくネガティブなエネルギーに満ち満ちている。でも遊びというものは悪趣味なほど面白いってとあるマンガにも書いてあったし、美点を見出すために汚点を洗い出す作業をしているんだと考えればポジティブに捉えられなくもないじゃない。だからオレは今後も粗探しを続けようと思っている。

さて、今こうしてフリーターへの第一歩を踏み出したこともなるべくしてなった結果だし、それに関してそれほど悲観もしてないのはやはりそれまでの積み重ねのおかげ(と言えるほど偉いものではないが)なんじゃないかなと思う。相変わらずやりたいことも見えてるしな。ありがたい事です。
入学当初こんなことになるなんて夢にも思ってなかったわ。でも今はこの状況を面白がれるだけの余裕は持ち合わせているつもり。

本当に、クソほど楽しい5年間でした。
一年の頃から続けているこのブログも、最近はすっかり更新頻度が落ちちゃったけど、まだまだ続けていくつもりなので、これからも引き続きお付き合いの程、よろしくお願い致しまう。よろしくつっても読んでるのはほとんど身内なんだけどな。まぁだからこそのよろしくでもあるんだけど。
これからも思春期でい続けようと思います。おしまい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/1083-039a9716

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。