スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなのってないよ 

今日は学校の入学式でした。
この地域では珍しく桜が満開の中での式となり、これはこれで感慨深いものがあった。
式もその後の挨拶も午前中に全て終わったので、その後はさいたま新都心までひとっ走りして2回目のラプンツェル鑑賞と洒落込もうじゃねえかと考えていた。学生証も発行されたから学割きくし。
しかしそんな小さな事などどうでもよくなった。帰宅して数時間が経過した今思い返しても訳がわからん。ワケワカランついでにその顛末を書いてみたい。


式を終えて校舎を後にし、GoogleMapに従い一路新都心へ。向かい風もなんのその、買ったばかりの自転車に乗ってまずは荒川土手沿いまで。行き当たりばったりがモットーなので、GPSはおおまかな方角を確認するだけで、基本的には目視と冴え渡る勘を頼りに突き進むのがオレのジャスティス。
その時も一旦方角を確認しようと見晴らしのいい土手に上がったところだった。今にして思えば、それさえしなければあんな事にはならなかったんだ。
playlistid=5aa.jpg
問題の土手。

土手に上がったオレの後から着いて来る人影が一つ。
「ここってどの辺ですか?」
そいつは出し抜けにそう尋ねてきた。

ピンク色の子供用自転車、紺色のジャンパー、汚れた軍手、首から仮面ライダーの財布を下げた少年がそこにいた。肌が浅黒い。なんだ、この泥だらけの少年は。何よりいかにも染めた風な茶髪が似合ってない。

地元の子供だろうか。小学校低学年くらいに見える。ここがどこかって?去年までのバイトの経験から、このくらいの子供なら迷子になってもおかしくない。ああ、迷ったのかな。そう思った。

とはいえ自分も目的地へは行き当たりばったりでぶらぶらしながら行くつもりだったので、当然ながら土地勘などないので分かりやすい目印だけ教えることにした。
「川越線のすぐ近く辺りだよ」あっちの方に行けばすぐに線路があるから線路沿いに行けば川越市街に出るからね、と告げてオレは颯爽と立ち去る。はずだった。

「お兄さんはどこに行くんですか?」
ん?会話続けるの?いいけどなんで?とは言えず普通に答えてしまう。
「さいたま新都心だよ。君はどこに行くの?」キャッチしたボールは投げ返すよ。
「僕は今探検してるから、親が仕事から帰ってくるまで出かけてんの」
探検か・・・。いいねえ。オレも覚えあるよ。小学生の頃は知らない土地に行くだけで冒険だったな。可愛いじゃないか。
そっかあ、などと適当に相槌を打ちながら二言三言交わす。屈託の無い子だなぁなんて思っていた。

話を聞いていると、どうやら彼はオレがさいたま新都心に行くと言ってもあまりピンときていないようだった。まぁ小学生じゃ行動範囲なんてたかが知れてるし知らなくてもおかしくない。そんなもんだろう。すると何を思ったのか「僕も行きたい」などと言い出した。

いやいや、オレはラプンツェル観たいし、見知らぬ子供を連れて10km以上のサイクリングなんて御免だよ。ましてや彼の帰り道の事も考えると倍の距離だ。そんなもの、承服致しかねます。
しかし彼は距離的にかなりある旨を伝えても「大丈夫」と言う。このくらいの子供って割と自分の体力や知識を盛って話す傾向があるから言葉をそのまま鵜呑みにするわけにはいかない。
正直困った。どう断念させるか思案していると、人の話しを聞いているのかいないのか「お腹空いた」などと言い出した。

「お昼ごはん食べてないんだよなー。お兄さんはお昼食べた?」
なんというタカリ。会って3分でこれ。訊くとお金は家に置いてきたという。それでどうして探検をしようなどと思ったのか。
しかしこうなってしまっては仕方ない。考えてもみてほしい。周囲に店らしい店などない土手沿いの道にお腹を空かせた少年一人を残して行けるだろうか。どこか近場の適当な店でご飯だけ食べさせてそこでさよならしよう。よし、それだ!いける!

という経緯で初対面の少年とちょっとしたサイクリングをする羽目になった次第でございます。
まぁ結局ちょっとしたサイクリングで済まずにさいたま新都心まで行く結果になったわけだけども。

一緒に走りだしてから彼はこっちが何も訊いてないのに勝手に喋る喋る。今乗ってる自転車は拾ったもので空気を入れて使えるようにしただとか、それ大丈夫なのかという内容の事までべらべらと。
基本的に素直な子なんだが言葉の端々が妙に引っかかる。親の車がアルファードというのを聞いたら、なんか色々事情を察しちゃって考えるのが馬鹿らしくなったが(偏見)。

ひとまず飯だ。ある程度大きな通りに出れば何かしら店があるだろうと踏んで二人で走る。
ところがその店がない。途中見つけたのは「寿司」「焼肉」「ラーメン」そんくらい。
寿司は個人的に夜食べるもんだろうというのがあって却下。高いし。焼肉は論外。彼はその両方をしきりに要求していたが。
残るラーメン屋はどうかと訊いてみると「気分じゃない」とのこと。てめえ誰の金だと思ってんだと喉まで声が出かかるもグッと飲み込む。いやまぁ分かるけどさ。寿司も焼肉もいかにも小学生の「贅沢」のツートップだもんな。しかし100mごとに寿司寿司と連発されると流石に気が滅入りますよ。

面倒だから「今オレは働いてないからお金がないんだよ」とドストレートな一言で遠慮の心を教える。学生だかんな。間違いではない。

途中で休憩を挟みつつ、ゆっくり時間をかけながらなんだかんだで新都心まで着いてしまった。10kmくらいはあったと思う。ゆっくり走っていたとは言え、子供の体力で10kmはよく頑張ったなと素直に感心した。彼に自分が振り回されているのか、それとも逆なのか、とにかくこんなところまで連れてきたのはオレなんだから帰りも責任をもって送り返さなきゃならなくなったわけだ。
確実に彼を明るい時間帯に帰宅させるためには新都心を何時に出発すればいいのか、余裕をもって時間を配分する。厄介なその状況を楽しんでいる自分がいた。

さすがに新都心にも着けば食事処なんざいくらでもありますよ。その中で比較的オレの懐を傷めさせずに、かつ彼を満足させる選択をせねばならん。じゃあマックでっつうことで、金額の上限を設定した上で好きな物を選ばせた。この判断が甘かった事をオレは反省して今後に活かさなければならない。

明らかに頼む量が多すぎる。そんなに食べきれないでしょっつってんのにセットと単品のハンバーガー、シェイク(選べる範囲で一番でかいものを選ぶ周到さ)を注文。金額はともかく自分の胃の大きさを理解してない。
結局ジュースもシェイクも飲みきれず、ポテトは丸々オレが食べることになった。

食べながらずっと気になってたことを訊いてみた。「君は何歳なの?」と。
すると「16・・・いや、14歳です」と彼は答えた。
今お前言い直しただろ、とは言えなかった。口の周りにテリヤキソースをべったべたに付ける14歳がいてたまるか、とも言えなかった。どう控えめに見ても小学生、せいぜい7~10歳がいいところだろう。一度トイレに立った後にもう一度「で、ほんとは何歳なの?」と訊き直しても「だから14歳だよ」と言われてしまった。そこでようやくオレは悟った。なるほどこういう子か。

試しに帰り道のルートを検索する振りをして「君ん家の近くに大きな建物とか分かりやすい物はある?」と尋ねてみると、即座に「〇〇小学校」と答えた。ツメが甘いというかなんというか。なんで年齢なんかで嘘をつく必要があるのか全く分からなかった。

お腹がいっぱいになって人心地がつくとおねだり攻勢が強まる。
「妹がおもちゃを欲しがるかも」
「妹がテリヤキバーガーが好きだからおみやげを買ってあげたい」
「やっぱりプレゼントが必要だよ」
君はお金を持ってないんだよね?と言っても聞いてるのか聞いてないのかはぐらかす。厚かましいなぁと呆れつつ、こういう子供っぽい図々しさを忘れずに成長した大人が美味い汁を吸えるんだろうなぁとか全然関係ないことをぼんやり考えていた。

そのうち要求の仕方も高度になってきて、「今欲しいものがあって、DSが欲しいんだ」と言うので「そのお金は誰が出すの?」と返すと「前のDSなら安いのがあるよ」などと代理案を提案するようになった。買わねえよ、当たり前だろと突っぱねる以外ないにしても、“フリ”でもないのに初対面の人間にどうしてこうも色々要求できるのか純粋に疑問だった。自分が子供の頃、親にすらおねだりする事がほとんどなかったのと比べると別次元の生物にしか見えない。

マックを出てからもとにかく目につくもの全てを欲しがる。特に食べ物に関してすごかった。「あ、たこ焼き売ってるね。食べないの?」「メキシカンドッグだって。美味しそう」「アイスクリームかぁ」「これってドリンクバーついてるの?」。全てオレが金を出すという前提で話を進めて、そうするのが当然という話し方をする。分からん。ナメられてるだけなんか。純朴そうな目ェしてからに。

それから彼が作っているという紙工作を見せてもらった。
張り子の要領で紙を糊で貼りあわせたゴーイングメリー号だった。いつも持ち歩いているそう。

その出来が案外よくできてて感心した。糊でベタベタなんだけど、形自体は小学校低学年にしてはよくやってると思えるレベルだった。その時「新しく作りたいから紙を買って」とまたしてもおねだり。しかしこの場合は金を出す意味はあるんじゃないかと思い、文具売り場に行き最低限の折り紙だけ買ったあげた。どういうわけかスティック糊は自前で持ち歩いていた。

すぐに作りたいというので、地下のフードコートに移動し、客が少ないのを確認してから一角を占拠して二人で工作を始めた。白一色だったものが一気にカラーになっていくのは見た目に変化が大きくて面白い。
工作しながら話をよく聞くと、厳密にはそれはゴーイングメリー号ではなく、彼のペットであるオカメインコのテンちゃんをフィーチャーしたゴーイングテンちゃん号ということだった。

どんなに図々しかろうが厚かましかろうが、子供が何かに熱中してる姿ってのはいいものだなと思いながら眺めていた。放ったらかしにしてオレはオレで絵を描いたりしていたらテンちゃんの顔を作れと言われたので一緒に作ったりもした(この時「なんでこんなことやってるのか」感がピークに)。
PH_30aa.jpg
当初の出発予定時間より35分過ぎてからようやく席を立つ。帰り道はまた長距離になるので出発する前にトイレを済ませ、糊だらけの手を洗わせ、机のゴミを掃除させた。そしてこのタイミングでアイスクリームを買っていた。お前お金は家に置いてきたって最初に言ってなかったか。なんなんだこの子は。

さいたま新都心から彼のテリトリーである志木市まで送る。だいたい10km弱の道のりだ。休み休みえっちらおっちら自転車をこいだものだ。
自転車に乗ってる時はさすがの彼も大人しい。交通ルールは言われたように守るし、狭い道を人とすれ違う時は「すみません」と一言言えるし、基本的にはいい子なはずなんだよなぁ。

今日は面白かったと言う彼は無害な子供そのもの。自分の力で遠出したい、探検したいという気持ちも健全そのものでしょう。なのにあの欲張りようはなんだったんだ。どこまでもそこだけが違和感として残る。

オレが言ったところで説得力も糞もないんだが、別れ際に「あんまり知らない人にほいほい着いて行くのは危ないことだから気を付けなよ」と取ってつけたように言っておいた。無事に帰れてるといいんだが。


あの子は人を疑う事を知らないし物怖じしない。今日みたいな訳の分からない状況を作ったのは結局大人であるオレの責任で、いくらあの子が無遠慮だろうとそれを突っぱねる必要だってあったはずなのよね。荒川の土手で一緒に行きたいと言われた時に「来んなクソガキ!」っつって世間の厳しさ世知辛さを教える務めもあったんじゃないか。

想像だけど、きっとあの子は今までも今日と同じように誰に対しても物怖じせずに話しかけてたんだろうなと思う。今日オレが色々買い与えたことでさらにそれに拍車をかけることになったろうし。
そこで怖くなるのはこれからの事で、あの子、あのままで大丈夫なのかな。初対面のオレに対して「遊びに行くから住所教えてよ」なんて言っちゃうくらい無防備なんだよ。幼稚園児でも「飴くれても知らない人について行っちゃダメ」くらいの事は認識してるよなぁ。それを教えるのは親の仕事だろうか。学校の仕事だろうか。オレが教えるべきことだったんだろうか。

まぁなんにせよ、このご時世オレのやったことは客観的に見れば黒に近いグレーなのは間違いないので、そういう意味でも「不憫な子供を見かけても連れていっちゃダメ」を徹底し、それをやるなら警察に届け出るのが一番の解決法であると肝に銘じるべきである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/1096-aa3c7f83

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。