FC2ブログ

ネコミミとは何を指すか 

ネコミミとは何か。

もうね、自称イタイ感じのオタクのオレにしてみればね、こんな事いちいち確認するまでもないんだけどね、問題の再認識のため、新たな発見を求めて今一度問い直してみようと思う。

とりあえずグーグル先生に聞いてみました。

イメージ検索「ネコミミ」・・・と。


そしたらまぁ出るわ出るわ。

なんだ・・・。なんなんだこりゃ。

基本的にエロ方向なのね。

幼女からお姉さん、少年や中年のオジサマまで幅広い年齢層・ファン層をカバーしてる。

正直見るに堪えないものがある。

まぁオタクのやることだからだいたい予想はついてたけど。

それにしたってヒドイ。


考えてみりゃオタクって一般人がタブーとするところを好む傾向があるように思える。

同性愛、強姦、少女趣味、処女信奉、その他諸々のプレイetc etc・・・。

なんだってここまで欲望に肉薄するのか。

しかもそれでいて「萌え」は「ポルノ」じゃないって言うんだ。
一般人の理解が及ばないのも頷ける。


で、こういったオタク的要素のひとつとして「ネコミミ」がある。

その証拠はグーグル先生がご存知です。


「ネコミミ」は以下の3つに大別できると思う。

①既存のキャラクターにネコミミを付けただけのもの

②オリジナルのネコミミキャラ

③コスプレ

③は別問題として、①と②には大きな違いがある。

①には元のキャラクターにネコミミをオプションで装備したもので、②は始めからネコミミキャラとして存在しているものなのだ。
まぁそんくらい分かるか。そうか。

でだ。
純粋なネコミミっていうのはこの場合②の方になる。当然の話ですね。

では①は何者か。

それを知るには「ネコミミ」にはどのような付加価値があるのかという事を考えなくてはならない。



男が女のことを「子猫ちゃん」と呼ぶことがある。

これには少なからず侮蔑的な意味が含まれている気がするのでオレはあまり好きじゃない。
まぁそう思うかどうかは人それぞれだけど。

ここで注目すべき点は、女性が猫に例えられているところだと思う。

つまり男は猫に人間の女性的な部分を見出していると。

ではそれは一体どういったものだろうか。

恐らく、猫のしなやかな動きや気品のある表情、そして時折甘えてくる性格が「女性的」に見えるのだろう。

昔から「にゃんにゃん」と言えばセックスのことを指していることも考えると、多分これは間違ってないと思う。

世界的に見ても、女性のことを「○○キャット」なんて言ったりしているので猫は本当に女性的に見える生き物のようだ。
しかも性的な意味で。

「猫」が持つ「甘え」と「女性」のイメージ。そして「セックス」。

これらの他にも猫は「体のしなやかさ」や「イタズラっぽい性格」、「無邪気」といった様々な要素を持っている。


そういった猫的なものの象徴として「ネコミミ」はあるのだ。

ネコミミを付けるという事は、キャラクターに「猫的要素」を与える事に他ならない。

既存のキャラクターにネコミミを装備させた時にその傾向は顕著に現れる。
なぜならそのキャラクターには既に「性格」が設定されているのだ。
そこへ猫的な性格を与えるために「ネコミミ」が出動。

手軽に「甘え」や「セックス」といった性格を植えつけることができる訳だ。
ネコミミってなんて便利なんでしょう!

そしてネコミミを付けるだけで、見る者に「猫的な性格をしたキャラクターですよ」と言葉を介さずにビジュアルのみで伝える事が出来るわけだ。
つまりは単なる「記号」でしかなんですよ、ネコミミは。

オレが前から言ってる「『萌え』はカテゴリーに過ぎない」っていうのはこういう事。
そんなもんなんです。


そんなもんだから、容易にエロスや甘えを与えられる道具としてネコミミがオタク達のハートを掴んでいる訳だ。
まぁ単に猫好きが多いってだけかも知れないけど。


ただし、ネコミミを付けることでキャラクターが生きる場合も十分有り得る事なので、全てのネコミミを悲観しようとは思わない。

つうかこのオレがネコミミを否定するはずがねぇだろうがっ!!


とにかく結論。

「ネコミミとは、キャラクターにエロスや甘えをビジュアル的に与える事のできるオプションパーツである。」

こんな感じか。

いちいち確認するような内容じゃなかったね。
発見なんて一個もなかったし。

まぁ実際ネコミミ自体にはコレくらいの能力しかないだろうね。

うん。

とりあえずこれで「『ネコミミ』とは何を指すか」という問題は片付いたと思う。

次は「自分は『ネコミミ』の何が好きなのか」だ。

もうこれはオレの独壇場よ。STAND ALONEだよ。

誰にも邪魔させない。
誰も邪魔できない。

そんな孤立無援、孤軍奮闘なオレの生き様を書き殴りたいと思います。
全国のネコミミスキーに捧る。

オレの熱いネコミミ魂をぶつけてやるゼッッ!!!!
みんな!!覚悟しとけよなっっっ!!!!!!









でもあんまり引かないであげてくださいね・・・。
ね。
そういうの普通に傷つきますので・・・。
ハイ・・・。


それじゃぁおやすみなさぁい・・・。

続きはまたしばらくあとになると思う~~。チャオ~~~・・・。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/115-258a1780