FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を肯定するのは意外と難しいと知る 

命は概念です。

人間がモノに与えたものです。

そういう人間もモノですから、人間は自分で自分を規定したわけです。


モノがモノを規定する。

変な話ですね。


みんなただの物質でしょ?

原子の配列の違いでしょ?

なんで単なる物質に「命」なんてものが生まれるわけ?


・・・いや違うな。

物質はなんで「命」なんてスタイルで存在しようとしたの?


実際必要ないよね。

なんのために多様な姿で循環しようとする?


生きることの最大の目的が子孫を残すことだとするならば、何故それをしなければならないのか。

それになんの意味があるのか。

感情が脳のホルモンバランスの乱れだというのならば、そもそもなんでそんな機能が備わっているのか。

生きることとはなんだ?

「明るい未来」「先の見えない暗闇」「充実した人生」「空虚」「笑顔の絶えない家族」「全てを憎悪すること」

それらに何の意味がある?

絶対不可欠とは言い切れないでしょうに。


最初の姿のままで良かったんじゃない?

なにも生まれない、なんの変化のない、まっさらな地球のままでいいんじゃないの?


だからオレがこんな事を考えてること自体意味なんかないんだろうし、生き物っていう存在も全然特別なものなんかじゃないんだろうと思う。

オレがオレとして存在する理由なんか何一つないじゃないか。

なんだか本当に全部無駄に思えてくる。

なんだかなぁ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/121-bb5b5991

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。