FC2ブログ

なんだか色々疲れましたよ。 

今夜もスズタケが毛穴全開でお送りしています「みかんの色素」。

昨日は友達に連れられて大分オタク的な事をしました。

イベントの手伝い。

「イベント」と言っても、一般人が想像するのとはちょっと違うだろうなぁ。

同人誌を売るヤツ。即売会っていうの?よく分からんが。

この手のイベントは今回が初体験。

同人誌。それもギャルゲーの。オンリーです。東鳩2でございます。
はい、この時点でパンピーはみんな置いてけぼりですね。
着いて来ないことをオススメします。ハイ。


一度ね、会場の空気とか知っておきたかったからね、いい機会だったし行ってきたんですよ。電車で。

なんかねー、アリの触覚みたいなものなのかな~。車内にいる他の乗客の中に、明らかに「ソレ」と分かる人を多数見つけたね。
行き先は一緒なんだろうけど。
ファッションが、とかそういうことじゃなくて「たたずまい」が「アレ」なんだ。

オレと同類です。奴らは間違いなく「オタク」です。

「オタク」なんだって事に気付けるようになってるオレも結構な「アレ」なんだよなぁ・・・。

そういう事なんだよなぁ・・・。

サラリーマン以外で、キャスターとかブリーフケースとかを持ってる人がいたらそれは十中八九オタクでしょう。

もうね、電車の中はオタクのオーラで充満してたね。
一般の人が完全に霞んでたね。

目的地が近づくにつれ、車内のオーラも徐々にその濃度が高まっていくのが分かる。

京急蒲田駅。

扉が開くと同時に車内に満ちた独特の空気が一気に解放された。

目指す目的地とはここなのである。

ああやっぱりオタクっぽい人達がみんな降りていくよ・・・。
ここまで予想が当たるとかえって恐ろしいもんなんだな。

オレもぐずぐずしていられない。なぜならオレも彼らと同じ所へ行かなくてはならないのだから。

駅で友達と待ち合わせてる間も、ひっきりなしに似たような容貌の人(主に男性)が同じ方向に向かってゾロゾロと歩いていた。

見知らぬ土地でこういうイベントがあると基本的に道には迷わないで済むんじゃないかって思った。

そして皆一様に満面の笑顔。笑顔の行進である。幸せそうでなによりだ。


友達とも合流していざ会場へ。

ちゃっちゃと準備を済ませて開場を待つ。


11時。遂に始まった。

気合いの入ったオタクの本性を生で見れるチャンスである。こんなに面白いことは他にないだろう。

意外と緊張することもなく、すんなり会場に馴染んでしまった自分はやっぱりオタクなんだと思う。



友達とも話してた事なんだけど、なんでこんなにもパッとしたヤツがいないんだ?

いるんだよ、オタクでもカッコよかったりオシャレだったりする人が。

でもこの会場にはそれがない。

5本の指で十分間に合うほどの数しかいない。

中肉中背、それすらない。

大抵がファットマンである。

これがオンリーイベントの濃さなのか!!

お隣さんのお姉さんに、スケブ(スケッチブック。客の要望に応じて適当にスケッチするんだそうだ。)を要求する男性。

この人何歳くらいなんだろう、普段どんな仕事をしてるんだろうと純粋に思った。

何を描いて欲しいのか、ネタを知らなかったからよく分からなかったんだけど、なんかコスチュームがどうのこうのキャラがどうのこうのと色々注文してた。満面の笑顔で。幸せそうでなによりです。
でもお姉さんの方がちょっと困ってるよ。


イベント自体どういうものなのかよく知らないオレとしては、こういうイベントでは18禁は当たり前、という認識を持っている。

今回のイベントも例外ではなく、会場中にエロマンガが溢れかえっていた。オタクじゃなきゃ発狂するだろうな、この光景は。

で、お客さんは数あるエロマンガの中から自分のお気に入りのものを買うんだけど、そこで疑問が一つ浮かんだ。

この人達は一体何を吟味しているんだろう、という事。

実際ページを開くだけ開いて買わないっていうのは当たり前。逆に表紙を見ただけで買ってくれる人もいた。

友達曰く、「絵の巧い下手じゃない」んだそうだけど、それじゃあ中身は?と言ったらそれは押しなべてエロしかない訳で。

でもオレには彼らがエロの「何を」見定めてるのかが全然分からない。

ストーリー?デフォルメの比率?アレンジのさじ加減?

「エロ」という即物的な題材を主軸と捉えているものに技術以上に見るべきものがあるとは思えない。オレにはそういう思考回路がないから分からない。

だから目の前にいるオタク達は、オレには理解できない世界の住人なんだと思った。

別次元の人。

どっちが優れているとかは言わないよ。どっちも単なるオタクじゃん。同じ穴のムジナだよ。

だから彼らに劣等感とかを抱くようなことはなかったんだけど、恐らくオレにはエロを描くことはできないという事を確信した(他にも理由はいくつかあるけど)。


まぁそんな事を考えたりしたんですわ。


あ~~~~そろそろ眠いから今日はこれにて失礼。

オタクの話はまた今度。

シーユー。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/129-26f4df5f