FC2ブログ

今日買ったマンガ。「蟲師」と「万祝」。 

「蟲師」はず~っと追いかけてるけど、すごいね、あのマンガは。

とうとう7巻。思ったより早かったね。

ココにきてストーリーに立て筋が出てきたかも知れない。

今までは各話を羅列させつつ、少しだけ関連付けて描いてたりしてたけど、7巻ではそんな些細な事には留まらない大きなことが起こっていて、なんかこのまま完結に向かって一直線に突き進みそうな気配がプンプンする。

二瓶勉の「BLAME!」みたいに、永遠に終わらないんじゃないかって思わせるマンガなだけに、オレにとってこれは少し嫌な空気だ。

ましてや生命に対する畏怖の念とか尊ぶ気持ちだとかを大切に思い、人の営みに並々ならぬ愛着を持つ作者が、なんらかの「終わり」の形を示してくるっていうのはあまり考えられない。

生命は連続してるから。終わりのない螺旋だから。
少なからずそういう思想を作中にも匂わせているので余計にそう思う。

是非とも「終わりのない終わり」を用意して欲しいと思う。
オレの希望。

まぁまだ終わるって決まったわけじゃないんだけどね。



で、「万祝」ですね。
望月峯太郎です。大好きです。

とうとう6巻。実に気持ちいいペースでリリースしております。
半年ペースってすごく丁度いい。

いやもうこの人は正に天才だね!

天才には違いないんだけど、傑作「ドラゴンヘッド」で見られたようなストーリー展開のキレの良さはあまりないかなぁ。

このマンガはひたすら作者の憂さ晴らしのためにだけ存在してるんだと思う。

無闇にデロリアンとか出してくるあたりが特に。

ロカビリーな海賊とか有り得ないと思う。

女子高生のパンツを描きたいだけなんじゃないかと思えて仕方がないんだ。

でも高度なコマ割りで繰り広げられる格闘シーンはスピード感たっぷりで見ごたえがある。

キャラクターがみんな濃い。濃すぎるくらい。

カトーが大好き!
アンタかっこよすぎるぜ!!

ロック魂をものすごく感じる。

いやいや、本当にこの人がカッコイイから読んでるようなもので。

ストーリーが今後どういう方向に行くのかも気になるけど、このマンガではあまり注目しなくてもいいんじゃないかと思う。

まぁ作者の言いたいことだけキッチリ受け取れればそれでいいかなって。

大好きな作家だから最後までちゃんと着いて行きますよ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/166-f201449c