FC2ブログ

スタックスのヘッドフォンを本社で聴いてきた感想。 

はいはい、昼頃にも書きましたけどね、スタックス本社で試聴してきましたよ。

只今よりその感想を書き殴りたいと思います。



「入門機としてはどれがいいか」という事を尋ねたところ、まず紹介されたのが「SRS-2050A」。

アンプとセットになってる比較的安い製品。

そう。スタックスのヘッドフォンは全てアンプが必要なんですね。

アンプによって音質も俄然変わってくるという本格派でございます。

で、とりあえず聴かせてもらったところ・・・




感・動!!!




参考のためにと持参したCDは、PE'Zの「スズ虫」、スティーブ・ライヒの「ライヒ/ディファレント・トレインズ」、そしてスパングル・コール・リリーラインの「TRACE」の3枚。(ちなみにスパングル~を知らない人はここでお勉強してね。すごいから。→http://www.lilliline.com/

どれも聴かせる音楽。割とおとなしめなチョイス。でも最高にアツイぜ。


一通り全てのCDで聴いたんだけど、正に別次元。オレが今まで使ってたヘッドフォンがヘボ過ぎたのかも知れん。

CDにはこんなにもたくさんの情報が詰まってたんだ~って思いました。

聞こえてなかった音がはっきりと聞こえましたね。

これを聴いてしまうと、大抵のヘッドフォンがバカらしくなってくる。

電器屋に売ってるような奴は、重低音ばかりに気をとられて音が汚くなってる。必要なのはバランスだ。ごまかされちゃダメだ。

今回そのことに気付かされた。

細かいんだよ。一つ一つの音が。キチンと分かれてるし。



で、その次に「ポータブルできるものはないか」と聞いてみた。

唯一あったものが「SR-303」。これだけ。そのほかは全て屋内用。

できれば持ち歩けるものがあればそれに越した事はなかったんだ。普段持ち歩くことがメインだし。

だからこれも聴かせていただきましたが・・・。

う~~ん。どうもこれは・・・・違うな。

きっとね、耳の中を2ヶ月位掃除しないとこういう音が聞こえるんだろうな。そんな気がする。

ぼやけた音。ボソボソ感というか。

確かに他のイヤホンなんかと比べたら段違いの音なんだけど、これは正直見るべきところは技術面のみだなぁ。

静電型をここまで小型化できるのって多分スゴイことなんだと思うよ。そこは素直に思う。

でも肝心の音の方はいまいち。

これに2万払うなら、もう2万払ってさっきの奴買った方が断然得だ。

この時点でポータブルは完全に諦めました。



せっかくだからもっと良い音を聴かせて貰おうというわけで、全クラスの製品を出してもらい、聴き比べてみることに。

で、まず聴いたのが「SR-303」。
「SRS-2050A」のヘッドフォンよりも1ランク上の製品。

まぁこんなもんだろう、1ランク上なら。

若干角が立ってるような感覚があったけど、、まぁ確かに良い音には違いない。
でもオレにはその微妙な感覚がどうも苦手だ。トゲみたいに鳴るの。

そうそう、この時辺りから聴く曲を統一して、スパングル~の「corner」で聴きました。この曲が本当にステキで、特に終盤が昇天モノ。ライナーノーツにも書いてあったけど、クラリネットのフリーキーなメロディーが脳ミソを融かします。全体にジャズの香りが強い曲なのでこういう試聴にはもってこいでしょう。

でな、刺々しい音の話なんだけどな、この曲のシンバルが特に痛々しく聞えてくるわけなんですよ。

全体的に聴きづらいかなぁ。まぁ好みによると思うけど。


次に聴いたのが「SR-404」。もう一つ上のランク。

これはさっきの問題点を克服してキレイに鳴ってます。

でもその後に最高級機「SR-007」を聴いたら目が覚めました。

なんだこれはっ!!!

正に別格!繊細さと力強さを高い次元で融合させてるよ!!
間違いなく未体験の音質!!
くあ~~~~~~っ!オレはこれを待ってたんだ!!!

試しに「SRS-2050A」と交互に聴き比べてみるとその差は歴然。

全ての点において「SRS-2050A」を遥かに凌駕してる。
明らかに、違う。

あんまり良い音だからそのままCD聴き続けちゃった。

これはね・・・、ハッキリ言って聴かないと損だよ・・・。

無料でこんな良い音を体験できるんだから、電車賃払ってでも絶対に聴くべき。

悔やまれるのは、もっと色んなタイプの音源を用意して行けば良かったなという事。
ハードロックとかファンクがどう聞こえるか試せばよかった。
もっともそういう類の音で音質を判断するのも難しいんだけど。



あ~~~、それとね。スタックスのヘッドフォンってほとんどオープンエアーなんだけど、これが並みのオープンエアーじゃなくって音が冗談みたいにだだ漏れなんですよ。

だから間違っても人の多いところとかで使っちゃいけないし、逆に言えば外の音もよく聞こえるから、聴く環境はキチンと整えなければならない。

まして静電型なんていう特殊なタイプだから埃も嫌うし。
お世話が大変なヘッドフォンのようなんだよね。

まぁ「お帰りなさいませ、ご主人様♡」とか言うようなBITCHとは話が違うということですね。

普段はツンツン。いざという時はデレデレ。
そんなヘッドフォンなんだと思う。
まったく素晴らしい事じゃないか!



良いモノには金がかかる”こともある”。
その好例なんじゃないかな。

手始めはやっぱり「SRS-2050A」でいいかな。これでも十分聴かせてくれるし。
徐々にランクを上げてけばいいや。

学生の身だからそこまで金を注ぎ込めないとは思うけど。欲しいモノは他にもたくさんあるし。

じっくり付き合おうではないか。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/191-ab2f83ab