FC2ブログ

どうもです スズタケです 

オレの自転車の留め場所は、ウチの敷地内の植え込みの木の横なんですが、2週間ほど前からその木には鳩が住み着いていて、つい先日ついにというかとうとうヒナが孵りました。

生まれたてだから不細工です。毛がフワフワです。

どうもね、鳩って嫌いじゃないんだけどね、オレはあの無表情にどうしても馴染めなくってね・・・。

卵を温めてる間、ずっと表情変えないの。いや、鳥だから当たり前なんだけど。

抑揚のない眼差しで見つめられた日には意味もなく謝ってしまいそうになる。

これから子育てが活発になって、ヒナも成長すると、当然賑やかになるのは分かりきってることでして。
以前、オレの部屋の戸袋にムクドリが巣を作った時は悲惨だった。日がな一日鳴きっぱなしよ。

しかも今度は超至近距離なのね。
ちょうど目の高さに巣が設営されてるの。

ちょっと間違えれば親鳩に敵視されかねない。

いやいや、危ないって。つつかれるなんてゴメンだ。

その上フンの後始末だって大変だ。

ヒナがカラスに狙われようもんなら容赦なくオレも被害を被るわけで。

もうオレにとっちゃマイナスのことしかないのね。

でも両親がこの鳩を滅法気に入ってるという最悪の事態が起きてるから問題なんだよ。
微動だにせず卵を温め続ける鳩を見て、「健気だね・・・。」なんて余韻たっぷりに呟くんだもん。
密かに巣を破壊しようとしてたオレにとっては完全に先手を打たれた格好だ。

なんだ。敵は鳩じゃなく自分の親の方だったか。

だからもう鳩の親子の行く末を見守るしかない状況なのですよ。

でも、温かい眼差しとか、愛に満ち溢れた心とか、そういうのは一切与えないからね。
慈しみの感情は奴らにはやらん。

ギブアンドテイクとはいうけど、この場合ギブギブギブみたいなもんじゃない。
ちょっとはテイクがないと、これ以上のギブは許可しませんよと。

悪いけどね、オレは基本的に生き物は好きだけど、何かしら害をなす生き物に関しては容赦ないからね。

例えば蚊だって血を吸おうとしたやつしか殺さないもん。
必要以上に殺しませんよオレは。

でもオレはオレの邪魔をする奴に情けをかけるつもりはないからね。

昨日も、網戸の隙間から部屋に侵入してきた羽アリどもに対して有機溶剤で応戦したからね。
地球上の生物である以上、シンナーの恐怖からは逃れられない。
窓際に群がってた20匹くらいの羽アリが10秒で完全に沈黙しました。
この結果にはさすがに驚いたけど。

別にヒナに溶剤ぶちまけるようなことはしないけど、だからといってあんまり図に乗るなよと。

巣に焼き鳥の串でも差し込んどこうかしらね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/288-09cbc091