FC2ブログ

駅前にチャイルドシートが打ち捨ててあった。これは資本主義社会に対する挑戦状に違いない! 

行って来ました、村田蓮爾。最終日だよギリギリだよ。

昨日の昼間は友達の引越しを手伝ったのち、夕飯後は朝までゲームをしていたので、体力的にとてもヤバイ状態で渋谷に行った。

今日は迷わなかったぞ。

スゴイぞ、オレ。


いやいや、それにしても良かったわ。村田蓮爾万歳。

村田蓮爾がデザインしたコートとかバッグとかシャツなんかを売っていたのだけれど、値段が高すぎて全然手が出せなかった。まぁそれは始めから分かってた事なんだけど。

なんせ1万オーバーなんか普通だぜ。一番高いのが10万もする革パン。超欲しい!!高っ!!

でも今回は、前々から気になってたウエストポーチに触れたのでよかった。

そう、展示じゃなくて販売だから普通に触れるのである。これは嬉しい!!

彼のパーツの一つ一つにまで及ぶこだわりに触れるのだ!!

アルミの使い方や革の選び方が本当にイイ。


ウエストポーチが高くて買えなかったので、その代わり小さめのポーチを買った。

革のポーチなんだけど、内側が渋い色のオレンジでこれがまたいい色しててさー。思わず買っちゃった。3400円。

新作のイラストや今後発売されるグッズのサンプルなんかも展示してあったので、十分楽しめた。

あの人のイラストは、デッサン力とか造形力はもとより光の扱いが凄く上手い。勉強になります。マネしたい。真似します。


他に来場してたお客さんが、なぜかみんなモノクロの服装をしていたのが気になった。

「ああ、この人達思いっきり影響されてるなぁ。」って思った。

まぁファンなのはオレも一緒だから。気持ちは分かるけど。

でも革のコートとかの黒い服って、一歩間違えると途端にオタク臭を放ち始めるから注意が必要だと思う。

中にはもう既に臭気を放出していらっしゃる方も数名おられたので、オレはああはならねぇぞと固く心に誓った次第であります。

ただその反面、ものすごくカッコよくモノクロを着こなしているカップルがいたりした。

センスって怖いわぁ。

オレは青緑っぽい服を着ていたので、その時点で不戦敗決定なんですが。

会場内でのオレの浮きようと言ったらもう・・・。イジメなんじゃないかとさえ思えた。


まぁそれはいいとして・・・。

入場券に喫茶店のコーヒーの引換券が付いてきたので、せっかくだからブレンドコーヒーを頂いた。ついでにクッキーも買った。

このクッキーが、普通のサクサクしたヤツかと思ったら手に取った感触が柔らかくてビックリした。

食べてみると味はまんまカントリーマームだった。大きさが4倍くらいあるカントリーマームだと思って差し支えないと思う。本当にCMで言ってた通りにホームメードだったようだ。カントリーマームは。

で、帰り道そのクッキーを食べながら宮益坂を下っていたときの事。

前で話しながら歩いていた数人の女性のなかの一人が「あのビッチマンが!?」と突然大きな声で叫んだ。

思わず吹いた。

何事だ!

つうかBitch manて!!

あいにく彼女らの話の内容は聞こえなかったので、なぜビッチマンなどという意味不明な単語が飛び出したのか見当もつかないのだが、叫んだその時彼女は笑っていたので、きっと何かのおまじないかなんかだったのではないかと思っている。

そう叫べばその日の金運がアップするとか。気になるカレと大接近!とか。そんな事を妄想してにやけてたのではないか。

そうでもなきゃビッチマンなんて言葉が出てくるはずがない。

それくらいありえない単語だと思う。

今の渋谷の性事情は混沌としているようだ。

おお怖い。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/31-41d99d3b