FC2ブログ

チーム NO FEAR 

デザイン論の追試を受けに学校に行ったそうな。

いや、行った。行ってきた。

まぁそれはともかく。


学校が終わってから浦和のユザワヤに行きました。

なにしに行ったかというと、一つは趣味のため。もう一つは課題のため。

趣味の方では手縫い機を買った。手作業のミシンみたいなもんだ。

ミシンは便利だけど、いかんせん値段が高くて手が出せない。

だから手縫い機の購入に踏み切った訳で。

いやね、課題のために用意した牛革がさ、思いの他余っちゃってねぇ。もったいないし欲しかったから遠慮なく頂いたんですよ。

で、せっかくだから何か作ろうと。そのための手縫い機。

さすがに普通の縫い針でウシに立ち向かおうとは思いませぬ。

まぁ革の状態があまり良いとは言えないからそんなに大きなモノは作らないけど。財布とか小さめのモノなら全然イケるでしょう。

それから課題の方の用事は、班員との話し合いの結果、スズタケがリボンを買って来いよとの結論に至ったので。ついでだからいいんだけど。

それでね、そのリボンってヤツがべラボーに高くってね!

結局20m買うのに6000円もかかった。

しかも課題の条件で、使える金額の上限は10000円までって決まってる上にその10000円ですらもう使い切ってるから、この6000円はそっくりそのまま班員で割り勘しなきゃならないんだとさ。

ふざけんなよ・・・。サテンリボンって馬鹿に出来ないね・・・。

でも買いましたよ、班のみんなのために。

ここで自腹を切れば英雄になれるのかな。モテモテのウハウハになれるのかな。6000円で?馬鹿言ってんじゃないよ。

チープなヒーローにはなりたくないもんだね。どうせなら地球を救えるくらいビッグサイズのヒーローがいいわ。


その後、本を買うために本屋を探した。

求めていた本は「白夜行」。

今ドラマでやってるアレの原作である。

ドラマがあんまり面白いからお母さんとオレとで割り勘して買う事になったのだ。

ところがその「白夜行」が二種類あった。

ドラマの俳優が表紙になってる文庫版と、本来の姿であるハードカバーのものの2通り。

値段的には文庫版のほうが1000円近く安かった。それに小さくて軽いし。

しかしオレは迷わずハードカバーの方を選んだ。

だっていくらなんでも文庫版の装丁がダサ過ぎんだもん。

やっぱりそこは大事よ。大事。

別に綾瀬はるかと山田孝之が嫌いな訳じゃないんで。そこんとこ4649。


よくある話ですがね、ワタクシその本屋で突然便意を催しまして(デカイ奴の方)。

トイレに行ったんです。

大抵トイレの個室(?)の扉って使ってない時は開けっ放しになってますよね。そのトイレもそうだったんですが、一つ問題がありました。

置き土産があったんです・・・。

見えたんです・・・。

和式便所の淵のところにベッタリと・・・。

うわぁ・・・。

ストライクゾーンを見事に外してましたね。

これはわざとか?ビーンボールなのか?

流石にそこで用を足す勇気もなくて(糞をするのが勇気か?)、惨めな敗残兵の如く早々に退散しました。スカトロは趣味じゃない。

唯一の救いはソレの匂いを嗅がずに済んだという事でしょうか。

匂いって物質でしょ?その分子を感知して匂いを認識するんだから、つまり匂いを嗅ぐって事は、匂いの原因物質を体に取り込んでるって事になりはしまいか。

この場合に当てはめるならば、ウンコの匂いを嗅がずに済んだというのは、誰のとも知れないウンコを体内に侵入させずに済んだと言い換えられるはずなのだ。

危ないところだった。

あと少しあの場に留まっていたら、あるいはオレの体はウンコに侵されていたのかも知れなかったのである。

間一髪で脱出できた事に心から感謝したい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/35-2ba1e5d3