FC2ブログ

日本のHIPHOPよ、日本らしくあれ! 

別に最近になっていきなり思ったわけではなく、以前から地味に感じていたことではあるんだけど、どうにも世間のジャパニーズHIPHOP(ブラックミュージック全般を指さない狭義のHIPHOP)に向ける目は冷たすぎないだろうか。

確かに行儀のいいジャンルではない。
ガラの悪さは目立つ。そもそも成り立ちからしてそういうシーンなんだし。

HIPHOP嫌いの方に話を聞いてみると、本来英語であるラップを日本語でやるとどうにもカッコ悪い、ダサいのだそうだ。

まぁ確かに日本語は昔から英語と違ってメロディーに乗せにくい言語だと言われてる。

だからこそ昔はグループサウンズや歌謡曲といった日本語に特化したジャンルが育ったんだと思う。

日本語でラップみたいにリズミカルでルールだらけの歌い方をするのは本来無理なんだよね。
韻も踏まなきゃならないし。

そういった弱点を逆手にとって、日本独自のHIPHOPを作ろうとしたのが90年代のHIPHOPシーンだと思う。

わざわざ洋楽に近づけることないじゃないか。
自分達は自分達だけの音を作ろう。

それが嫌いと言われてしまえばどうしようもないんだけど、オレは割と昔のジャパニーズHIPHOPは好きでして。

ベタなところじゃスチャダラパーとかキングギドラとか。
本当にベタだけど。

日本人による日本人のためのHIPHOPって感じで。

オレは別にHIPHOPに内容なんか期待しちゃいないんだ。
とにかく楽しければそれでいい。
ノれれば他には何も要らないからね。

ブレイクビーツだって結局は切り貼りだし、サンプリングだって元々は経費を浮かせていかに安く曲作りをするかって観点から生まれたらしいじゃない。
面白ければ全ては自由になると思う。

だから言葉遊び的要素だとかビートの面白さを追求してればそれでいいんじゃないかな。
そういう意味では最近はアレだよ、SOUL'd OUTが頑張ってると思うよ。
RHYMESTERは継続して日本のHIPHOPを引っ張っていってると思うし。

日本独自のシーンを築き上げればそれはそれで面白いことになると思う。

ただ最近はほとんどが洋楽かぶれというか、日本のHIPHOPが正に死んでしまっているので聴いてて何も面白くないのね。
そういうものに限って言えば確かにオレもHIPHOPが嫌いだ。
別にHIPHOPに限ったことじゃないけども。

HIPHOPなんて明らかに保守的なジャンルだし、革新的な何かを求めているわけじゃないけど、そもそもの発端として日本語に適してないのに無理矢理捻じ曲げようとするからリスナーの目には滑稽に写るわけで。


それまでロック一色だったPOPシーンを格段に面白くしたHIPHOPだからこそ、それを日本でやることの意味をもう一度取り戻せないものか。

スズタケのささやかな願望でした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/399-4f764853