FC2ブログ

やわらか戦車について 

以前友達に「やわらか戦車を観て感想を聞かせて欲しい」と言われたので観ました。

実を言うと結構前に観たんだけど、なんだかんだで長文を書くような時間をとれずずっと放置してました。
しかし芸祭が終わった今だからこそ全力をもって書ける。そう思います。

まぁとりあえず「やわらか戦車」を知らない人はこちらから自分の目で実際に観て下さい。説明とかめんどくさくて嫌いなので省きます。


えっとですね、一応反戦を謳っているそうです。
非戦というか、戦わない戦車。

反戦は反戦で構わないんだけど何かが違う。
憲法ってなんだか知ってるか?と言いたくて堪らんとです。

数限りない暴力の果てに辿り着いた「戦わない国・日本」。
これの意味を思い切り踏みにじっているような気がしてならない。

「戦いを放棄する」のではなく、「戦わない」。
憲法は確固たる意思をもって戦争を否定しているわけだ。
この違いは大きいぞ。

まがりなりにもプロパガンダめいたことを言いたいらしいから、別に髭もじゃの軍服をボコボコにしていようがなんだろうが知ったこっちゃないんだけど、退却する以前にまず戦場に行くんじゃないよと言いたい。
それではまるで戦争を肯定してるようで決まりが悪い。

「感謝の心を忘れずに」とか戦争批判としては最高の台詞を吐いてるのに、それ以外がダメだからまるで意味がない。

癒し系だとか脱力系が流行りだして久しい。
「やわらか戦車」もそれらと同じ流れの中にある作品だと思う。
だからこそのやる気のなさだろうし、流行を読んだ上で生まれたキャラクターだと思う。

ただしそれを世間が求めているかどうかとはまた別の話で、これが戦争を批判していようがなんだろうが、単純にカワイイから好きになる人も数多くいることだろう。
そこが流行の恐ろしいところだと思う。

作品の真の意味から逸脱した方向で流行の波に飲まれると、意図するところとは違う意味で肯定されてしまい、「やわらか戦車」の製作者がどんなに声高に反戦を叫ぼうともそこには目を向けてもらえなくなる。

主張には方法が特に問われる部分だと思う。
そこで失敗してはいけない。
そしてその部分で「やわらか戦車」は失敗していると思う。
「やわらか戦車」にとってこの流行はかえって逆効果だ。

そもそもメリハリがなさ過ぎて全て観終えるのが苦痛ですらあった。
おもしろい、とは言えないし言いたくない。

戦争を批判するなら徹底的にやれ。
「敵」を攻撃しろ。
それこそが反戦だ。反戦とは非暴力と言論による攻撃だ。
そしてその場合、退くことは悪だ。
敗北主義者を数多く作ることが非戦ではない。

それからもう一つ。
オレがわざわざこんなことを言うことの原因の一つとして、オレ自身があまり癒し系というものを好きではないということが挙げられる。
ひょっとしたらそういう固定観念があるから「やわらか戦車」を好意的に見れないのかもしれない。

癒し系は「癒し」という言葉の厳粛な響きを軽くしたので嫌いです。

まぁなんていうか、「やわらか戦車8」はとりあえずホリエモンに見せとけ。
それだけは言っておく。

スポンサーサイト



コメント

すすめたのは私な気がするから(あれ、違うっけ!?私これ人に薦めまくってるから・・・)
やわらか戦車がだいすきな私は趣向が違うのかもしれないね!

でも
>戦争を批判するなら徹底的にやれ。
「敵」を攻撃しろ。
それこそが反戦だ。反戦とは非暴力と言論による攻撃だ。
そしてその場合、退くことは悪だ。
敗北主義者を数多く作ることが非戦ではない。

っていうのは直接殴らないで言葉でいじめをする相手に口だけで立ち向かう中学生といっしょなんじゃないのかなと思ったよ
立ち向かうなんて響きはいいけれど、それって、結局事態を悪化させることに繋がらないかな?
方法は他にもあるはずだよね。厳密にいちばん正しいものは見つからないけど
あのアニメは行きたくないのに戦争に行かなければならないこの世を嘆いている作品なんじゃないのかな。
まあたしかにブーム捏造とか言われてるからそんなに持ち上げるのもね、どうかと思うけど。好きな人だけ見ればいい的な作品ではあるよ。確かに。

言葉による反戦で退くことが悪ならそれは紛れもない言葉による戦争なんじゃないかな。
言葉も武力も攻撃には変わりないよ
戦争を放棄して経済制裁を加えるのが「平和」で戦争放棄だとは思えない
今の憲法は「武力非保持」という甘言に酔った憲法に思えるのは私だけでしょうか
だって、戦ってるじゃんいまだってさー。兵器使わなくても戦いは戦いじゃないの?
武力非保持のはずなのに、今の歴史の教科書を使った教育は攻撃や侮辱、隠蔽といわないで何とするのかと。

どうでもいいけど見続けられないぐらいおもしろくなかったら悪いが
私はあの人の台詞の間の取り方がだいすきだ
それだけは主張しておくよ。笑

はい、全くもってその通りです・・・。
確かにオレの言い方は戦争を煽ってるだけだね。
でもまぁ「やわらか戦車」がもともと反戦を主張したアニメではないということは直接訂正してくれたおかげで理解できました。

結局教育なんて洗脳と変らないでしょ?正義とか振り回さないと体裁を保てないから言ってるだけなような。
憲法はあくまで理想。理想であって現実じゃない。そのギャップを埋める方法は、多分、ない。

でも追求しなきゃいけないからこそ理想なんであって、適当に丸投げしちゃいけないんだよなぁ。丸投げした結果がイラク派遣とか、ああいうことになってんのかなと思ってみたり。

そのことに関しては考えれば考えるほどよく分からなくなっていくんだけども。

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/430-fcf6e5f1