FC2ブログ

ドーナツの穴 

ドーナツはカワイイ。おいしい。

穴が開いて初めて完成する。
ドーナツらしい形になる。

欠けた姿が完成形というのも面白い話。

穴が開いてないドーナツはどこか寂しい。想像したくない。
ドーナツは穴が開いてるからこそドーナツなんだ。

きっとあの穴には目に見えない何かが詰まっているんだ。
ドーナツがドーナツであるために必要な何かが。

矢野顕子が「ドーナツの穴にはおいしさがつまってる」と歌っていたような気がする。
たしか。
違ったっけ?

たぶん、そういうことなんだと思う。
今更ながらにすごく同感。

まぁだからと言って何かがあるわけでもないんだけども。
思いつきです。

スポンサーサイト



コメント

そうだね、プロテインだね。
そうだね、プロテインだね。

矢野顕子の歌詞間違えた。
「おいしさ」じゃない。
「しあわせ」だったわ。

でも「穴」だっけ?「中」だっけ?
それだけ思い出せん。

なんつうかアレだな。
パッションもここまで来ると万能だな。
いかなる状況も乗り切れそうだ。

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/436-01e9c642