FC2ブログ

平井堅「THE CHANGING SAME」再聴 

平井堅の「THE CHANGING SAME」を超久しぶりに聴いたところ、思いの外キャッチーで驚いた。

中学の頃にハマり、「大きな古時計」で見放した平井堅だけど、平井堅初体験のアルバム「THE CHANGING SAME」はそれなりに思い入れもある。

音楽に恐ろしく疎かった小学時代から、急激に色んなジャンルを聴きだした中学時代。
中学1、2年の頃にR&Bらしい音を聴いたのは多分平井堅が最初なんじゃないかな。

R&Bらしい。
そう思わせるだけの説得力がこのアルバムにはあったと思う。

が、今聴き直してみると、ソウルっぽいクセしてネットリ感はない、しかしそれでいてメロディアス。
当時抱いていた印象よりも遥かに軽い。歌唱力についてはもはや説明不要でしょう。

それからオレ自身の音楽の好みが変わったことが明確に分かった。

アルバム内の楽曲で、中学ん時に好きだった曲と今聴き直してみて気に入る曲の傾向が全然違う。

別の言い方をするなら「LADYNAPPER」のわざと曖昧さを残した歌詞を笑えるようになった。
「アレ」とか「それ」とか代名詞多すぎだよと。
当時は歌詞のエロさにただただ大興奮するばかりだった。

歌モノの曲の合間にインストの短い曲が2曲挟まってるアルバムなんだけど、当時はそれを聴いて「なんだこれ。MDには録音しないでおこう。」と即行で除外してた。

それが今では何の抵抗もなく聴けるんだからオレも随分変わったもんだよ。
でもエレクトロニカもそれなりに聴いてる身としてはいささか物足りない音ではあった。
もっとトンがっててもいいんじゃないかと。

なんつうか、年月の重みというか、時の過ぎ行く儚さを知った。
こうやって歳とっていくんだね。

きっと今聴いてる音楽もそのうち聴かなくなって棚の奥底で眠ることになるんだよ。
そうなった時オレはどんな音楽を聴いてるのかね。

たまに昔聴いたCDを引っ張り出してきて懐かしがることもあるに違いない。

そのときどんな感想を抱くことやら。
楽しみ半分、怖さ半分。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/450-06aef98e