FC2ブログ

「女装少年、女風呂を覗く」考察.com 

なつぺその日記で、女装をした少年が女風呂を覗いた話を書いていて、そのことでその少年の精神状態について意見を求められたので、考えました。

なんつうか、考えれば考えるほどカオスが加速する。
女装しながら女風呂を覗くっていうよく分からない行動をする少年(何歳くらいなんだろう?)がいる日本ってマジ腐ってると思う。

このことに関して最初に思うのは、女装という「見られる」ことを主体とした行為(なにも他人に見せなくても、鏡に自分を写してその姿を客観的に見ることも「見られる」と言えると思う。鏡の中の自分が外の自分に「見られて」いる。)と、覗きという「見る」行為が混在しているということだ。

もうこの時点でかなり混乱してる様子がわかる。
なんだこの人間。
ジェンダーパニックもいいところ。

で、この問題を読み解くには、与えられた条件をひとつひとつ見極めることから始めるべきだと思う。
そして最終的にそれらの結果を俯瞰してみれば掴みどころの無い全体像も見えて来ようってもんだ。

多分に素人考えや憶測、偏見の類が見られるかと思いますが、それらについては寛容な心で流していただきたいです。はい。

最初に、「女装」と「覗き」の二つに大別して考えてみる。

まず、「女装」をする精神状態とは一体何か?

「女装」という言葉から連想するのは、「変身願望」「同化願望」といった女性への憧れを基とする感情である。

特に同化願望は「憧れ→好き」に感情が繋がりやすいので、女性への興味の表出としては考えやすい。

変身願望と考えると、これは身体的に自分に欠けている部分、つまり「女性」を欲しているということになると思う。
性の対象というより自らの補完としての女装だ。
同化願望と同一視できる部分もあると思う。

ここでひとつえげつない妄想を展開してみよう。
この少年は女装した自分をネタに自慰に耽るのだろうか?

大抵の場合、答えはノーだと思う。
確かに女装をすることで一見女性に見えるようになったかも知れないが、実際は男のままなのである。

いくら女性という理想の姿に近づいたとしても、そのために男性が消えてなくなるわけではない。
どこまで行っても彼は男であり、それはオナニーをする度に確かな現実として彼の目の前に現れ続けるのである。
つまり女装の格好のまま自慰するとは考えにくい。
ここでは彼は男を捨て、恐ろしく表面的だが女となる。

女装とは、男が不完全で純潔な「少女性」を纏った姿だと思う。
※少女とは、身体的には成熟しているにも関わらず、社会的にそれを認められていない14,5歳~20歳未満の女性を指すとする。

これは、男性として女性に対して肉体的な憧れを持ちながら、結局は同化できない現実を示している。
しかしだからこそ、その少年がゲイでもなければ、女装の根本的な原因を母体回帰とすることができると思う。

それでは答えがイエスの場合はどうか。
つまり「自分をネタに自慰に耽る」タイプである。

いるのか?そんな狂った奴。
まぁいると仮定しよう。

要はナルシストである。
女装という行為自体ナルシシズムの塊だといえるが(冒頭の「鏡の中の自分が~」とはそういった意味である。)、この場合は自慰行為にまで及んでいると仮定しているので余計に話が複雑になる。

ここには理想の姿としての自分(女)と、否定の対象としての自分(男)が同時に存在している。

鏡の中の世界には、全てにおいて完璧な女性としての自分がいて、その一方現実では何かが欠落した(と思い込んでいる)男性としての自分がいる。

そして現実の自分は、鏡の世界の自分をオカズに自慰に耽る。
これは自慰か、はたまた「セックス」か。

自分自身とのセックスか・・・。変な言葉思いついたな、オレ。

このとき彼は鏡に映った異性としてのもう一人の自分の存在を確かめようとしているようにさえ見える。

あまりにも刹那的で、自己への嫌悪感と陶酔が入り混じった混沌とした精神状態だと思う。

ベクトルの方向が自己の内部から外部へと向かうはずの性欲が、自分自身に帰ってきている。
もはやここまで来ると、理想像としての女性は役立たずでしかない。

こんな完全自己完結型の人間が、覗きという行為に及ぶとは考えにくい。
つまり今回の件に関してこの可能性は排除していいだろう。


さて、「女装」についてはもう書きたくない。
次は「覗き」をする精神状態とは何かについて考えてみようと思う。

もうこれは説明不要だと思う。
つうかこれといって特筆すべきことが思いつかない。

覗きをした人間が何に興奮するかといえば、覗くという行為そのものか、何の捻りも無く女性そのものが興味の対象のどちらかだと思う。

その二つの共通項は好色であるという点だ。
覗きに関してはかなり古い歴史があるので、これはもう人間の性として捉えてしまって構わないだろう。

相手に気づかれずに見ることで、相手に対して簡単に優越感を持つことが出来る一方で、バレれば一瞬にして立場が逆転してしまうという危うい状況。
即タイホ。それが覗きだ。

これだけのリスクを犯して一体彼は何をやっているのだろう。

今回の場合、女装癖のある人間の犯行なので、女性に対して何らかの感情を抱いているのは明らかで、それが性的欲求によるものなのか羨望の眼差しなのかで答えが変わってくる。

実はそこが一番のネックだったりする。

この少年は覗きの常習犯らしい。
ということは、女なら誰でもよいというわけではなく、特定の「誰か」に理想を重ねているわけで、「彼女」に近づきたいと思うあまりこういった行動に出たのかもしれない。
つまりは憧れ。同化願望。

ここでwikiからの抜粋
「性同一性障害
身体的には男性か女性のいずれかに正常に属し、身体的・精神的にも正常であるにも関わらず、自分の身体的な性別を受容できず、更に身体的性別とは反対の性であることを、もしくは自分の身体の性と社会的に一致すると見做されている(特に服飾を中心とした)性的文化を受容できず、更にはそれと反対の性的文化に属することを、自然と考える人がいる(トランスジェンダー)。

彼らの状態を一種の精神疾患ととらえた場合の呼称として、性同一性障害(せいどういつせいしょうがい; Gender Identity Disorder)と呼ぶことがある。」

ひょっとしたらと思ったけど、なんか色々引っかかる点がある。
別に彼を性同一性障害だと決めつけるわけではないけど、この文面を信用するなら、そして素人考えであることを重々承知の上であえて言うならば、性同一性障害の疑いがある。

専門知識がない状態で断定するわけにもいかないし、wikiの記事も「呼ぶことがある」という表現しかしていないのを見るとかなり慎重に判断しなければいけない問題であることが分かる。


もうひとつの可能性として、彼はレズビアンになりたかったのかも知れない、ということも考えられるが、さすがにこれは有り得ないだろ。
常識的に考えて・・・。

なんかもういいよ。
ゲンナリしてきた。
変態だろうがなんだろうが知らないよ。

ごめんなつぺそ。オレにはこの世界は遠すぎるよ・・・。



参考サイト:
続・たそがれ日記
きまぐれコラム「とっても迷惑なナルシシズム(ナルシズム)」ji.jpg

このビールおいしいよ。

スポンサーサイト



コメント

おつかれさま!!
すきなだけのむがいい!!!

ふと思った。
のぞきしてても女の姿なら怒られないとおもって女装していたのではないかと。

あ…………

え????????????
お二方、(なつぺそさんとは初絡みですが)それ思いつかなかったんですか・・・・・・。
つかそれしか無い気(ry

ですよね。

しかしそう考えるとこの少年は二つの罪を背負っているわけだな。
覗きを犯罪と自覚したその上でなお目的を達成するために、止むを得ず女装をしているのだとすれば。
この少年は、覗きも女装もどちらも「良いこと」だと思っていない。つまり罪は二つだ。

でもよく考えてみるとそれも不自然な気がする。
見つかったときのことを考えていながら、わざわざ女装という自爆系の手段に出るだろうか。


よく分からんな。

まるでスパイ。
いやぁまずその実行に移す勇気に圧巻です。

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/461-e944953c