FC2ブログ

ボールペンを愛でる 

わざわざ池袋まで行ってボールペン探索をしてきました。
まぁハンズしか行ってないのだけど。

で、とりあえず今日のお買い物↓↓↓

pens.jpg


それぞれタイプの違うペンなので損をしたという感覚はありません。
大いに試せばよいではないか。よいではないか。

店頭で試し書きした感じでは、比較的PILOTの製品が使いやすかったように思う。
写真の一番右のペンはPILOTです。フォルムがキレイだったので買いました。
デスクボールペンっていう商品名なんだそうです。

左側の色の着いた2本はアメリカのメーカーFISHERのペン。
色がキレイだったので思わず購入。ブラウンとターコイズ。
油性でこういう色のペン欲しかったんだ。
ただ気になるのがインク漏れ。
窒素ガスが封入してあるらしく、常に内圧がかかっている状態なのでインクが掠れるようなことはないそうなのですが、逆にそれが仇となってしまっています。
素敵なデザインなのにもったいない。あとは実際に使ってみてどんな感想を持つかだな。

左から3番目、STAEDTLERのトリプラス。
かっこよかったので買いました。でもちょっと書きづらいかも。
トリプラスはカラーペンなどで結構お世話になってるシリーズなので持ちやすさに関しては問題ないと思ってたんだけどなぁ。
グリップからペン先までの距離が若干遠く感じる。
筆記に使うにはちょうどいいかも知れないけど、絵を描いたりする用途には向かないように思う。
まぁ一般的にはそんな使い方しないんだろうが。

で、一番真ん中の黒キャップは、ぺんてるの誇る超絶事務用ボールペン。
描きやすいとかそういう理屈うんぬん抜きにして、とりあえずべらぼうに安いのと、書き味を試してみたかったという好奇心が購入動機。

凄いのはぺんてるのイメージキャラクターを描いてる人が平凡・陳淑芬だってことだ。
ぺんてるマジナイスチョイス。

そして右から2本目の地味なペンは、ZEBRAのTapliclip。0.4ミリ。
もうこの細さは憎いよ。好きだ。デザインは置いておくとして。

どうでもいいんだがZEBRAの油性ボールペンのネーミングセンスがあまりにも光りすぎててビビった。
レガリアだのジョバンニ・バレンチノだのレクシムだの・・・。
どうなってんだ・・・。

この本数で¥1000弱という値段は高いのか安いのか。
とにかく一度にこんだけボールペンばっかり買う奴もそうそういないだろう。
文房具を選ぶのって楽しいもんだね。


その後適当にハンズをぶらついたあとは初めての献血に行ってきたよ!
ビュービュー血抜き取られてきた。
お腹が空いたからフラッと立ち寄っただけだったんだけどね。
それでも血液型が判明したので大収穫。
20年越しの謎がついに解明されたのです。これは記念すべきことだと思います。

親がA型とO型なので、AかOかの確率は五分五分。
正直どちらでも良かったので大した感慨もなかったです。
まぁ結局O型だったんですけど。

もしB型とかだったら即親に電話して緊急家族会議を開くつもりでした。
そのまま家に帰らずに腹違いのブラザーを探す旅に出たかも知れん。

当然そんなことがあるわけもなく、極めて平凡な結果が出たのでネタとしては不十分だったような気がしなくもないです。

いやいや、良い結果だった。安心した。

帰り際、記念品とやらを頂いた。
家に帰ってから開封してみると・・・↓↓↓














pen.jpg

なんかキティのボールペン。
なんだってこのタイミングにボールペンなんだ。
しかも2本。ふざけるなと言いたい。

スポンサーサイト



コメント

店員の悪意が感じられます。

きっと心の中で「シメシメ、ウッヒッヒ」とか思ってるんだろうな…。

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/584-03cd6c02