FC2ブログ

子供の教育に関する低レベルな疑問について&静岡行ってくるわ 

「働く車は格好いい」と子供に教える(特に男の子)のは何故だろう。

昨夜想像以上にキツイ労働をしてきたおかげで未だに頭痛がするスズタケです。
明日から静岡で10日間泊り込みで仕事してきます。
静岡のどの辺に行かされるのか知らされてないっていうね。どうなることやら。
タコ部屋とかだったりしたらオレの人生は確実に終わりだな。

まぁそれは今は考えないとして、道路工事の警備をしていればショベルカーとかいろいろ出てくるじゃないですか。
それを見てて冒頭の疑問を抱いたわけですよ。
なんで?特に理由があるようにも思えないんだけど。

工事車両の無骨で鈍重な「男臭いカッコよさ」は分かるけど、子供にそれが分かるとは思えないし、子供向けなカッコよさならむしろF1カーのスマートさの方がよっぽどそれらしい気もする。


邪推するなら、子供のうちから「働く」ということに拒絶感を持たせないようにするための教育ではないかと。
労働の象徴として工事車両が引き合いに出されているわけだ。
誰がそんなことを考えたのかは知らないが。

「働く」ことを肯定させるための第一ステップとして、まずは見た目に分かり易く大きな仕事をするものであることが条件になる。さらに「苦しいことではない」ことをアピールするために「働く人間」ではなく「働く機械(車)」という煽り文句をつける。
事務仕事を見せられてその姿に憧れる子供なんてまずいないだろうしな。それがあるとしたら「楽そう」という理由からだろうし。

肉体労働という体一つあればできるシンプルなジャンルの仕事が選ばれているのも意味深だ。
仕事の現場を目にする機会が比較的子供にも多いという理由だけではないはず。

ただ「働く人間」に対して憧れを持たせないあたりがちょっと引っかかる。子供の頃にだって誰かに憧れを抱いてても良いと思うんだが。
比較的家族の中で労働者となる場合の多い父親に対してそういう感情を育てることができれば、それは結構幸せなことなんじゃないかな。まぁ幼稚園や小学校でそういうことは教えたりするわけだけど。

結局なんだか分からんな。
考えても分からないことには首を突っ込まないことにします。暑いし。


とにかく突然明日から静岡です。
明日からニコニコもない生活が始まります。ゾイド観れないよゾイド。
これは一つの禁欲週間だよ。けしからん。
まぁ不定期に日程を組まれるより泊り込みの方がコンスタントに仕事ができるので、金銭的な効率重視で安請け合いしてしまったわけなのだけど。
会社側が手の内を全く見せようとしないのが不気味に思えてきた。
思い切り右向きの会社なのでどんな扱いされるかオタクのオレには想像もつきません。色々と適当なのは研修のときから感じてるけど。

つうか静岡ってどこだ・・・。
地理・・・・・地理っ!WHERE IS 静岡!!愛知の隣だっけ!?
道路工事の現場なんだろうから海や山ということはないと思うんだが。
静岡ってお茶と富士山のイメージしかないから市街地を想像できないんだよ。

とりあえず昼間は丸々自由時間らしいので絵を描く道具だけ持っていくことにします。あとデジカメ。
10日間も見知らぬ土地に篭れるんだぜ。このチャンスを活かしきってやる。

どうせケータイは使えるんだし、ブログもmixiもなんら問題なくできるわけで。
働く場所が静岡であることとパソコンに触れないこと以外に不自由はないと思う。

まぁのんびり行くこととしますか。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/605-22f7d516