FC2ブログ

買い物記 

いよいよ今年もクライマックスを迎えようとしています。
年納め的な何かをする元気はないのでのんびり過ごしてます。それが一番だと思います。コミケに行けば体力と財力が削れるので行きません。生き残れる自信がありません。

さて今日は椅子を探しにお上りしてきました。
こんな日でもまだまだ人出は多いようです。正直参りました。

池袋には埼玉県民がよく遊びに行くらしいです。
例に漏れずオレもちょくちょく行きます。なんせ電車で行きやすいからね。

取り急ぎハンズで椅子探し。ちょっとした小物入れも欲しかったので適当に探す。
が、あまり気に入るモノが見つかりませんでした。値段も高いし。

以前も池袋界隈で椅子を探したことがあったのだけど、ワークチェアの類を扱ってる店をあまり見つけられなかったという経験がある。
さあどうすっぺ、と、早々に行き詰ってしまった。これ以上ハンズにいても用はないので、とりあえず場所を変えてみることに。

外に出て駅に向かって歩いていると、目の前を歩いている人の服が気になった。
正確に言えば服に書いてある文字が気になったのだけど、いかにもB‐BOY、東京生まれHIPHOP育ちな白いスウェットだった。そのバックプリントがあまりにも支離滅裂だったので、2メートル後ろにピッタリと張り付いてその文字を手帳に書き記させてもらった。フヒヒ。
英語分かる人は解読してください。オレにはさっぱり分かりません。
以下がその謎の文。

「We AreThe...
It's World.
WE Love...
It's SEX.
It's MINE.」

なんだこれ・・・。大文字小文字の使い方とかそういうことはどうでもいいんだろうな・・・。
降り始めた雨と人ゴミをかいくぐりながら頑張ってメモしたよオレ。笑うの我慢したオレ偉い。
日本の服に書いてある英語は外国人の目から見たら酷いものだってことをたまに耳にするが、日本人の目から見ても明らかにおかしい英語ってのも逆に珍しい。語呂が良いわけでもないし。

そうして謎のB-BOYにホイホイ着いていき、気が付いたらポストホビーというフィギュア専門店の前に立っていたオレ。そういやこの店には今まで一度も入ったことがなかった。変な人に着いて行ったおかげで思わぬきっかけが生まれた。早速突入。
つい先日なつぺそが日記でリボルテックの綾波で遊んでるのが物凄く楽しそうだったので、この機会に買ってしまおうという算段を瞬時に立てる。こういうときだけ計算は早い。
なんせ専門店だ。否が応にも期待は高まる。
本来の目的を見失いかけているがフィギュアの前でそんなことを気にするのは野暮というものだと思う。

しかし予想に反して店内はこじんまりとしたものだった。
品揃えも一般的。いや、スターウォーズとかエイリアン関係のフィギュアに関してはやたらとコアだったように見えた。なんのことはない、店長の趣味が全開なよくある店だ。
レジの横の液晶テレビで流しっぱなしにしていた映画がゾンビ物の洋画ということを考えれば、そこはかとなく趣味嗜好も推し量れようというものだ。
とりあえず美少女フィギュアと咀嚼音は食べ合わせが悪いという事が分かった。悲鳴と叫び声と呻き声が店内に響き渡っているのでいまいちフィギュアに集中できない。なんだこの店は。
まぁゾンビ物はオレも好きだから好感を持っちゃうわけですが。

店内を一通り見て周っても、けしからんマウスパッドや魔改造ヨーコはあるのにいくら探しても綾波が見つからない。これは一体どうしたことか。
思い余って店長に尋ねてみると、「アレは入荷して2日で完売しました」と物凄く面倒くさそうに答えてくれました。愛想がないにもほどがあるだろ。この店がますます気に入りました。
目的とする綾波は手に入らなかったものの、この店に立ち寄ったおかげでそれ以上の何かを得られた気がする。そう、フィギュアの店なんてこんなもんでいいんだ。

綾波がない以上この店に用はない。さっさと階段を降りて外に出ると、さっきまで小雨だった雨が本降りになっていた。この季節にこの雨はご勘弁願いたいところだが降ってしまったものは仕方がない。とりあえず目の前にあったファミマに立ち寄ることにした。

が、入り口近くにリア充集団がいて物凄く入りづらい。雨が降った時のコンビニがどういう状況になるかは経験上よく知っていたつもりだったが、池袋という地域性はオレの想像を軽く超えてくれた。ウゼエ。思わず声に出して言ってしまった。
面倒臭いから押し入るようにして無理矢理店内に入る。奴らとすれ違うときはもちろん無言。だってあいつら恐いんだもん。

体が冷えていたのでひとまず奥のトイレに向かった。しかしそこで事件は起きた。

カギが閉まっていないことを確認しドアに手をかける。ここまではよかった。問題はそのあとだ。

ドアを開け放ったその瞬間、まず最初に目に飛び込んできたのは・・・・・

人っ!人がっ!!いるっ!!

そう思うより早く向こう側から物凄い勢いで手が伸びてきてドアを閉めてしまった。一秒に満たないその瞬間、お互いに発した言葉は

トイレの中の人「あ!」
オレ「すすいません!」

条件反射で謝ってるオレ。

相手の顔が見えなかったので、相手にもこちらの姿は見えていなかったと思う。だけどオレは見ちゃったんだな。やたら毛の生えた太腿を。フ ト モ モ を ・・・!

もう・・・もう嫌だ・・・。なんでこんなことに・・・。なにが楽しくて男の太腿なんぞ見なきゃならんの。つうかオレは謝る必要なくね?ちゃんとカギ閉めろっつうの!ちゃんとカギ閉めろっつうの!(←2回目)

それから10分ほどトイレを待ち続け(トイレの中で「見られちゃった・・・どうしよう・・・」とか考えてたのかも知れない)、釈然としない気持ちのまま用を足し、傘を買ってファミマをあとにした。その頃にはリア充集団もいなくなっていた。

気を取り直して池袋を脱出、一路渋谷へ向かう。新宿と並びオレが最も苦手とする街だ。
しかしながらモノの多さにかけては他の街の比ではない。良い物が見つかることを期待して電車でGO。

ほどなくして渋谷に到着。
改札前で立ち止まる邪魔なDQN共を尻目に目指すはLoft。とハンズ。
まずはLoftに行くことにしたのだが、目的地までの道を忘れるという大問題が発生。渋谷という敵地において縁起が悪いってレベルじゃない。
EZナビウォークを使おうにもケータイのバッテリー表示は一本しかない状態だったので余計な電力は消費したくない。仕方がないから勘だけを頼りに歩き出すことにした。どうしても迷ったら交番にでもいけばいい。官憲はガンガン利用すべし。どうせ渋谷だ。

で、まぁ結論から言えば迷ったんですけどね。
毎度思うけどなんでハチ公前の交差点はやたらと分岐しているんだ。横断歩道を渡るだけの事でさえも試されてるんじゃないかという気分になる。

あっちに行ったりこっちに行ったりしてるうちに、外壁がタグだらけのラブホが立ち並ぶ狭い通りに出ちゃったりして本格的に迷っていることに気付き焦る。挙動不審もいいところ。このときになって誰か一人でも誘ってくればよかったと思い始めた。自分がどこにいるのか分からないというだけがどれだけ不安で恐ろしいことかは自分が一番知っているはずなのに。オレはまた失敗したわけだ。

どこをどう歩いたのか、気が付いたらLoftの前にいた。思わず「うおお・・・」と感嘆の息が漏れた。通常の精神状態ならばそんなことで感動するはずないのだが、そのときのオレにとってはそれで十分だったようである。

Loftでの椅子探しも案の定難航した。一万円以下のアームチェアを探さなければならないので、それだけで既にハードルが高い。要求に応えてくれるモノはなかなか見つからない。
散々道に迷ってようやく辿り着いたのにこれではまるで意味がない。人もやたら多いし次第にイライラが蓄積されていく・・・。

イライラしててもしょーがない!次だ次!

Loftからハンズへはスムーズに移動できた。なんか初めてのおつかいみたいなノリになってるけども。道が分かれば問題ないの!

渋谷のハンズに行く度いつも思うのだけど、あの摩訶不思議な設計は一体なんなんだ。理解に苦しむ。
ちょっとウロウロするだけで階段を上ったり下りたり忙しいったらありゃしない。ナチュラルに疲労が蓄積していく建物なんて必要でなければ絶対に入りたくない。

まぁそれはともかく椅子探し。
そしたら今度はすぐに見つかった。なんだなんだ。最初からここに来ればよかったんだよ。ここに至る経緯を考えたら余計にそう思う。疲れが・・・・。今日は疲れがえらい溜まった。

椅子の在庫がないとかで家に届くのは来年になるが、それでもなお念願の新しい椅子が手に入ったことが嬉しい。これでもう重くて硬い椅子ともオサラバだ。
その後も良いテンションのまま小物入れも無事購入でき、今日の買い物は金銭的にも内容的にもとても満足のいく結果になった。オレにとっちゃ買いすぎない買い物も珍しい。これはこれで快挙ですよ。大晦日用の酒を買う金がキッチリ残ったわい。フヒヒ。


実はこのあと全ての買い物を終えて駅に向かう途中でキャッチにつかまったりしているのだけども、それはまた別の機会にお話しようと思います。今日は寝たい。ちょっと歩き疲れた。

それでは、おやすみなさい。良いお年を。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/727-7ed59287