FC2ブログ

LEDトレース台制作 part1.5 「現状把握と今後の方針」編 

トレース台の制作に関して、途中経過についてその都度簡単な説明だけしておこうと思う。こういうことやっとかないとモチベーションを保てない性分なので。

このトレース台の肝の部分として導光板がある。導光板とは先日PCモニターから取り出した分厚いアクリル板の事だが、これはアクリル板の端面から導入した光がアクリル板の中を全反射しながら進んでいく(光ファイバーを同じ原理)ときに、アクリル板に加工された反射ドット(または射出成型による溝)に当たって向きを変え、光が表面に出てくる現象を用い、点発光を面発光に変換することができる優れものだ。

光を乱反射させるにはいくつか方法があるが、今回オレが解体したPCモニターからは期待していたようなものが出てきてくれなかった。
というのも、普通光を乱反射させるためにはアクリル板自体に溝をいれるか、ドットをプリントするにしても金属的な光沢を持たせるとか、光源から遠のくに従ってドットの大きさを変えるなどして均一に光るようにしているはずなのよ。ところが実際はこれだよ↓
doukouban.jpg
お分かりいただけるだろうか。ドットが等間隔に並び、しかもこれ、レーザーで刻印しているだけなのよね。これじゃあ光は反射しないよ。むしろ透けてる。ぼんやり透けてる。

まぁさすがに導光板だけってこともなく、ほかに拡散シートやらプリズムシートやら使って光を効果的に反射・拡散させようと工夫してるのは見て取れるんだけどそれにしたってちょっとなぁ。これで冷陰極管を両サイドに使ってるわけでしょ?若干古いモニターとはいえ無駄だよなぁ。

kakusansi-to.jpg
これが拡散シート。導光板から出てきた光を文字通り拡散させる役割を担ってます。まんまぼかしですね。目線を隠すだけで誰だか分かりにくくなって非常になんというかアレだな。

purizumusi-to.jpg
そしてこちらはプリズムシート。これがまた面白いもので、向こう側のものが複屈折して見えるのよ。正直これはこれで一枚余分に遊び用に欲しい。

このプリズムシートを2枚の拡散シートが挟み、導光板の上に重なっていました。
導光板の下には薄いプラスチックの反射板が2枚。

さて、この状態からどうやって望みの形に仕上げるかという話だけど、とりあえず導光板はこのままではまともに使えない。考えられる方法は、裏面に60個くらいLEDを埋め込む方法と、2ミリ幅くらいで溝を彫ってエッジライト方式にする方法のいずれかになる。
電源が5Vしかないので、いずれの方法にしろLEDは全て並列つなぎとなり、一つ一つのLEDに抵抗を付けなければならず手間が恐ろしくかかるのよね。薄型にこだわるとこういう事になる。

導光板にLEDを埋め込む方法のメリットは、光量を確実に確保できる点だ。その代わり作業量が倍に増え、厚みも数ミリ厚くなってしまう。
エッジライト方式ならLEDは最小限で済む上かなり薄く仕上げることが可能となるが、彫るべき溝の幅など光学的な部分で不備が生じる恐れがあり、結果光量不足になるのではないかと。

一度はステップアップコンバータでも組み込んで電圧を引き上げ、LED取り付けにかかる手間を省こうとも考えたが、コンバータの基盤をトレース台の厚さの中にしっかり収めることができると思えなかったためその案はなしの方向に。
それじゃあどうやったら作業量を減らせるかと考えた結果、ここは一つ失敗を覚悟でエッジライト方式にこだわってみようという事にしました。溝を彫るにしても等間隔でいいよもう。等間隔でやっても十分なくらい高輝度LED並べればいいんだろ。冷陰極管並みの光量が得られるとは思えないけど近づくことくらいできるだろう。

可変抵抗を挟んで光量調節できるようにするかどうかでも迷っている。調節できる方が便利っちゃ便利なんだよなぁ。これもまたツマミの直径が10ミリ以下のものがあればの話で、なければナシになります。ネット上だけで探すのも限界があるかしら。できる限り薄くしていきたいっていう気持ちがあるからパーツを探すだけで一苦労だ。トレース台自体の厚みは10ミリ以下はもう無理なのでせめて15ミリ以下を実現したいね。12ミリくらいになる予想だけども。

あともう一つ迷いどころは分解可能にするかどうかだ。蛍光管の場合は割れたら交換する必要があるので分解できなきゃならないんだけど、LEDのように長寿命で丈夫なものならその必要もないのかなと。完全に接着して固めてしまえばかなり強くなるから、壊れないという保障があるならそうしてしまいたい。

それからもう一つ。思いつきのアイデア。
ケータイの充電アダプターを利用したトレース台ならば、コネクターさえ取り付ければUSBから電源を取ることもできるんじゃないかと。充電アダプターとUSBでは扱っている電圧と電流がほとんど変わらないんだよね。ひょっとしたらPCから電源を取れるトレース台ってちょっと便利なんじゃないか(PCを起動しないとトレース台も使えないが)。まぁこれは最後の最後に付け足すこともできるので、作りながら考えれば良し。

とりあえず明日は学校がないのでじっくり工作できる。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/928-efcc5ff7