FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳宗理を巡る一日 

先日、軽井沢セミナーで同じ班になった後輩から「横浜美術館の柳宗理展に行きませんか?」と誘われたのだけど、正直横浜まで行く懐の余裕がなかったので苦し紛れに「横浜くんだりまで行ってガラスケース越しにしか眺める事ができないんだったら都内で実際に製品を触りまくった方がいいんじゃね」と提案したらあっさり了承してくれたので今日行ってきましたよ。後輩の意向をほとんど無視してる気もしないでもないがこの際気にしない。

廃盤になってる製品を見ることはできないけど、美術館でいくら貴重な椅子を見れたって、実際に座ったり触れたりできなきゃ意味ないからね。
鑑賞するんじゃない。分析が大事なんだ。(←偉そう)

そんなこんなで行ったところは、柳宗理の親族が経営し、柳宗理のデザインしたものを使って食事できるラーメン屋「麺屋 宗」と、唯一の柳宗理直営店「YANAGI SHOP」。この二ヶ所に行っておけばほぼ全ての製品に触れる。椅子はエレファントスツールくらいしか触れないけど。

CA8H9SXD.jpg
その直営店の外観はこんな感じ。四ツ谷駅から徒歩5分と聞いてたけどとても都心とは思えぬ雰囲気の狭い路地の先にそれはあった。表通りからは完全に死角になっていて、お世辞にも立地条件が良いとは言えない。しかし憎めない古臭さではある。「エーデルホーフ第1ビル」のフォントも昭和チックで実に味わい深い。

ただまぁ一応断っておくと柳宗理って世界的にも有名なデザイナーですよ。日本のデザイン史を勉強すると必ず出てくる人ですよ。MoMA(ニューヨーク近代美術館)にも永久収蔵品とか収めてる人なのに、その直営店の佇まいがこれってどういうこと。
しかもこの建物ひとつが店とかじゃないんだよ。写真中央下段あたりの窓に赤いマークのある部屋だけがその店で、その部屋の1/3くらいにあたる4畳程度のスペースに鍋やら皿やら敷物やらが所狭しと陳列されてるんだよ。残りのスペースは在庫と店員の方のスペースだった。ワールドワイドの最先端ってこんなもんなんだろうか。土日祝日休みだとよ。

CIMG0360_20090729211849.jpg
柳宗理のディナースプーンとぐい呑みでございます。

日本民藝館で買ったグラスが割れてしまって以来、酒を飲むときのグラスがなくて淋しい思いをしていたので、ここで一つ買っておくのも悪い選択じゃないと思う。B級品だとかでちょっと値段が下がっていたが、多少の傷程度で値段が下がるならラッキーと言っていいと思う。世間的には痛んだものは即廃棄というのが昨今の傾向だと言うのに、傷物を値下げしてまで売るという精神には感服する次第であります。

スプーンは地味に値が張って、フォークとセットで買うにはちょいと気が引けたので単体で購入。
数年前に買った柄が木のスプーンとフォーク(これも柳宗理デザイン)(信者なんで^^^^)は長時間水に漬けてしまうと木部が外れる恐れがあったのだけど、総ステンレスならその心配もいらず、こちらの方が造形的にも面白いものになってると思うので、実際に使いながら双方を比べて使用感を確かめていきたい。
このスプーン、写真で見るより実際に触ってみると想像以上にうねうねした形してるんだよ。平らな面がないんだぜ。ほとんど三次曲面。統計から割り出した形なのか、それとも感性から導き出した形なのかが判断できん。よくまぁこんな形を作ったもんだ。

CIMG0361_20090729211849.jpg
一通り柳宗理の製品を見て回ったらすることがなくなったので新宿に移動して世界堂でブラブラ。電器屋とか画材屋とかホームセンターの暇つぶし性能の高さは異常。

上の写真は世界堂の最上階で買った絵葉書。米倉斉加年(よねくらまさかね)って画家だそうです。この人初めて知ったよ。すげえ好みの絵だ。絵の前に立ち止まってしばらく目が離せなかったよ。ショッキング。
すごいのが、この人は画家だけじゃなく役者とか演出家とかやってるんだと。しかもNHKの大河ドラマとか映画にもたくさん出てるんだそうだ。全然知らなかった。多才というか多芸というか、随分と突き抜けた人だな。超のつく一流じゃねえか。

今日はよい買い物をした。

スポンサーサイト

コメント

おれっち明日横浜帰るぜ
来るかね横浜までwww
ちなみに所沢からだと750円ぐらいかかったはずw

  • [2009/07/30 00:07]
  • URL |
  • 薔薇とゴジラと沢口靖子
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

所沢から750円じゃ上尾から横浜まで行ったら恐ろしい金額になるな。つくづく都内に留めて正解だった・・・。

とてもじゃないが今は横浜には行けん!横浜が嫌いなわけではないけれど!

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/986-efec0f86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。