FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこに戦略はあるのか 

企業によってメール一つにも丁寧に対応してくれるところもあれば、まるっきり梨のつぶてのところもあるという事に少しだけとまどいを感じております。残暑お見舞い申し上げます。スズタケです。

企業ごとのこの対応の差はなんなんだ。オレのメールの出し方が悪いのか。仮にそうだとしたらどこが悪いのか分からないからすぐには直しようがないというジレンマ。辞書とネットを駆使して修正するしかない。日本語の壁は高い。トライ&エラー。


気がつけば8月も残りわずかとなってまいりました。ちょっと前に8月になって「嘘だろ・・・」とか言ってた覚えがあるのに。
いや!オレ達の戦いはまだ始まったばっかりだ!オレはようやく登りはじめたばかりだからな。このはてしなく遠い就活坂をよ…。


そうそう、今週の金曜に愛知に行く事になりました。たった2時間の説明会のためだけに。愛知の瀬戸市ってところまで行って来ます。万博のメイン会場の跡地に近いらしいけど説明会が午後からなので遊ぶ余裕はありません。説明会くらい都内でやってほしいもんだ。

でも説明会やってくれるだけでも十分良心的ですよ。食器メーカーを調べてると説明なしにいきなり面接、給料は要相談というパターンの多い事多い事。その会社の考え方などを知る機会もろくに与えられず、HPの会社概要などから内情を推測するしかないってのはちょいとばかし骨の折れる作業ですぜ。もっと外に向けてアピールしてよ!回転の遅い業界なのは分かるけどもっとアピールしないと業界自体がどんどん廃れていっちゃいそうな気がしちゃうのよね。

実際就活支援サイトを活用しているのは、ノリタケ、鳴海、ニッコーの大手3社くらいのもので、それ以外の中小企業は皆無といった状況。これって正直どうなんだ。いや、そういうサイトを使うのにも金がかかるのは分かるんだ。「食器業界に進みたいって人は何も言わなくても勝手に寄って来るだろう」っていう算段だとしてもまぁ理解できる。ただ、どんどん業界自体が地味になっていってるのは、外に向けて積極的にコマーシャルしていないせいもあると思うのね。就活を通して業界全体に漂う閉塞感のようなものが見えてきた。

自分自身が華やかな職業に就きたいというわけではないけども、業界自体が一般人から華やかな印象を持たれるというのは、商品への興味を持たせやすくなるだけでなく、良い人材も確保しやすくなるという点からもその業界にとってプラスに働くと思うので、広報活動をないがしろにするのはいかがなものかと思うのですよ。ましてや若い世代にも日常生活を充実させようという考え方が一般的になってきた傾向があるのに、ここで打って出ないのは何故なんだ。客は主婦層だけじゃないのに。
文化的な生活に必要不可欠な物を扱ってるんだから、そこに注目させる方法なんていくらでもあると思うんだが。
そしてそういう事は金を持ってる大手が率先してやれよと言いたい。業界全体を盛り上げろよカス、と。

いやまぁ、その業界に入る事もできていない素人の世迷言ですが。
もうじき夜が明ける。随分涼しくなってきたもんだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
※SPAM防止のため、「http://」を禁止ワードに設定しています。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mikannoshikiso.blog44.fc2.com/tb.php/998-69ef8afd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。