スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度初でございます 

新年度ですよ。びっくりだよ。つい先日22年度になったばかりじゃねえか。9つ前の記事ではまだ21年度なんだぞ。どんだけ容赦なしだよ。
気付いてみれば前回の更新は2011年で最初だったんだな。改めて記事の数を確認するとすごいな。加速度的に更新頻度が下がっている。加速度的というか、記事の数をY軸、更新日時をX軸にしたら漸近線のようなグラフが出来上がるような気がする。いや、それは言いすぎか。

せっかくなので22年度の個人的総括でもしましょうか。これといって誰かが得する内容ではないが、今後の自分のために記録しておこうと思う。


掃除洗濯が大嫌いなのは昔からだったけど、この一年でそれに拍車がかかったな。バイト先ではチャキチャキ掃除でもなんでもしてたんだよ。
でも自宅の自分のテリトリーになるとどんなに散らかっていようと掃除の「そ」の字すら考えることはなかったね。雪のように綿埃が降り積もっていようと問答無用。その埃を除雪車のごとくかき分けかき分けしながら動き回る日々。寝るときはまるでカマクラに篭るかのような格好で布団を被っていた。自室でホワイトクリスマスだよ。
流石にそれは嘘だけど、ほんとにもう、ね、掃除しなかったねー。ねー。
でも誤解して欲しくないのは、公共のスペースに関してはきっちり掃除するんだよ。上っ面いい子ちゃん体質だからな。愛され系だかんな。

それから料理な。得られたものではこれが一番大きいな。ずっと興味はあったけどなかなか手を出せなかった部分だ。
ひとまず煮物以外の自分の好きな物の作り方は把握できてきたように思う。自分の満足する味も少しずつ分かってきた。
ただし炒飯は別。一年間炒飯を作るたび思いつきで材料を変え続けてきた結果、「え?これって炒飯だったの?」と言われてもおかしくない領域へ突入しつつある。根生姜とニンニクは標準装備。昨日はオプションできんぴらの残りのゴボウを適当に細く切って投入したりもした。よく分からない食感になった。
炒飯に関してはもはや美味しいのか美味しくないのかの基準さえ見失っているので今後もガラパゴス化は進行するものと思われる。店の味は油か調味料を特定できないと再現は不可能だと確信したので、今はただご飯をパラパラに炒める技術の向上を図るのみである。
タマネギとコンソメは神。

バイトをしていたおかげで学生の頃より規則正しい生活はできていたと思う。朝起きて夜寝るっていう人間らしい生活リズムを確立できたのは大きい。寝坊が許されないっていう緊張感があったせいもあるとは思うけど。緊張感というか強迫観念よね。
ただまぁ、小売業だったこともあってシフトに左右される生活だったのはちょっと辛かったかなぁ。土日やお盆も年末年始も関係なく働くんだもの。世間の動きの逆をいく訳だからな。客商売というものがどういうものかちょっとだけ理解できました。

学校に通うための資金を貯める必要があったから、22年度はかなり財布の紐を固くした年でもあったな。清貧と言えば聞こえはいいからそういうことにしておく。
その反動か、バイトを辞めて貯金額と必要経費の皮算用が済んでからは怒涛の勢いで買い物をしている。不思議なもので、大きな買い物をしない生活を続けていると、いざ買い物をしようと店に行っても全然商品を手に取ろうと思えなくなるんだよな。で、一度買い始めるとタガが外れるっていう。そういう不安定な金の使い方してると罪悪感というかちょっと不安になったりする。誰に対する遠慮なんだっつうの。

結局コンスタントに買い物をしているのが一番いいってことなんだろうな。将来への不安から貯蓄する訳だけど、必要以上の節制は自分を小さくする気がする。卑屈にならずもっとドンと構えてしまっていいと思う。デカイ男になれよ自分!欲しいものがあるなら買えよ!ご利用は計画的にって奴だ。


小売業の内情を少しでも知りたいという狙いから選んだバイトだったけど、結局バイトとして得られた知識はそれほど特殊なものでもなかったな。客として店を観察していれば十分気付けるレベルの物でしかなかった。逆に言えばそれ以上の知識は店の運営の仕方とか経営ノウハウになるのでバイトが踏み込んでいい領域ではなかった。

でも恐らくそういった知識に関しては本屋に行けばその手の本が腐るほど売られていると思うので、今にして思えばそれほど重要なことでもなかったのかなという気はしている。ぶっちゃけた話、ルーチンでできる部分に関しては先人の知恵をそのまま拝借してしまえばいいだけでしょう。大事なのは変化に臨機応変に対応できるかどうかで、その技術は一朝一夕に学べるものでもないし人に教えられるものでもないんじゃないか。

ああ、あとバイト関連で得られた事と言えばアレね、人間的にクズでも仕事さえできれば社会的にはそっちの方が価値があるってことな。仕事ができないのが一番ダメということを学んだ。金よ、金。金を稼ぎなさい。稼げない奴がクズで稼げる奴が正義。そういうことを知りました。それを確信した時は思わずレイプ目になったわ。フリーターとはいえ社会に出て一年目でそんなんって。これから数十年どうなるってんだ。


まぁこんなとこかね。
バイトと家事しかしてないからそれ以上の感想も糞もないっつうね。総括、なのか、これは。
確実に言えるのは、得たものはあった、ということ。得たくないものも、あった。それも確かだ。

今年は一年という短い期間ながらもまた学生をやりつつ、ただでさえ厳しい状況だったのに輪をかけて熾烈を極めている就活というデスゲームに再び身を投じることが既に決定済みでございます。もうね。時間の経過と共に状況が悪化していくのはなんとかならんか。セーブポイントもなしに、ちょいとばかし無理ゲーなんじゃないか。もらえたはずの雇用保険ももらえなくなっちゃったし。

愚痴言ってても仕方ないし、やれることをひとまずやろう。うむ。人のことはとりあえず置いといて自分だけはできるだけ何事にも誠実でいようと思います。素直が一番よ。

仕事を辞めた矢先にこれだよ 

一年続けた仕事を辞めてあとは来年に向けての準備だけだと思っていたらこの地震ですよ。
震源地から遠く離れているとはいえ、震度5強なんて揺れに見舞われて身の周りの人や財産に大きな被害がなかったのは、単に運がよかったのとインフラ整備の技術力の高さのおかげだと思う。

今まで経験したことのない事に遭遇すると思っていたより動揺するもんなんだな。日頃の備えをしていなかった事を悔やんだり。懐中電灯の電池が全て切れていたのを地震発生後に確認する体たらく。

とにかく地震発生から2日経ってようやくいつもの生活に戻りつつあります。有事の際にいつでも動ける準備だけはして、油断せずできることだけをする。親と別居して実家を任されている以上オレにできるのは兄弟と家の保安くらいのもんだろう。被災地の状況がある程度落ち着くまで救援物資どうこうでこちらが動けるものでもないし。
だから、とりあえずは身の周りの事だけやる。それ以外は平常運転で、何が起きても動揺せず、常に冷静に、腰をすえて落ち着く事が今のところ最優先事項。


まぁこれだけ大きな地震が起きたわけだし、自分一人平常運転になったところで社会全体が同じように上手く回るわけじゃないからしばらくは身動きのとりづらい部分もあると思うの。アマゾンが注文を受け付けてくれなかったり。さっき灯油買ったらさっそく値上がりしてたよ(ポリタンク2つで3,300円だった。先月より140円高い)。
灯油が買える状況なだけありがたいから何も言えないんだけどさ。

もうアレよ、どこに行ってもそこにいる人らの動きが明らかに非常時のそれよ。保存食や電池・ガソリンなどのエネルギー源を買い漁る人ばかり。逆に飲食店は土日にも関わらずお客さんなんかほとんどいないからね(うちの近辺では)。不安なんだろうなと思う。大の大人がこれだけ不安がってるってことは子供なんかもっと不安だろうに。大人が大勢眉間に皺寄せてあたふたした姿を見てれば怖かろうて。
だから日頃から非常時のために十分備えておかなきゃいけないんだな。安全と安心のために。備えあれば憂いなし、と。そうですよ、私は憂いた口ですよ。


ネットが普及して確かに情報の伝達速度は上がったけど、それだけに一昔前とは比較にならないスピードで流言の類が広まるのな。恐ろしいことに。Twitterなんてやってると人の生き死にに直結するデマが平然と流れてくる。テレビを見てても、あらゆる情報が錯綜してマスコミでさえ混乱してるのが画面を通して伝わってくる。
普段から情報の吟味は必要だと思って出来る限り正しい情報を集める努力をしているつもりではいたけど、それも結局既存のメディアやインフラに頼ったものでしかなく、平常時でさえその情報の出所の一つひとつが判然としないのに、この状況になっても同じように不用意に信用してしまっていた。

既存メディアなら情報の発信源がはっきりしてるから責任の所在も確かだ。でもネットにはそれがない。正しい情報を発信するということ、それと同時に何を報せて何を報せないのか、その判断までもネット利用者には要求されてるんじゃないか。秩序なんか毛ほどしかない、各個人が自由であることが取り柄のネットで、一般人の報道倫理が問われている。


なんだかよく分からなくなってきた。
久々の更新だし事態が事態だけにとりとめがなくなってしまうので今日はこのあたりにしておきます。晩飯作る。

いよいよ冬到来ですよ 

珍しく日曜日に休みになったので約半年ぶりに更新。
このブログに夏と秋はなかった。そう、なかったのだ。

気がついたらもう12月ですよ。師走です。年の瀬です。光陰矢のごとし。少年老いやすく学成り難し。


バイトも今年度に辞めることが決定し、来年4月からまた学生生活が始まるわけです。学割とか使えるんだって!映画が安く観れるね!
学校に通うのはいいんだけどさ、本当にもう、来年一年間はお金の問題がずっとつきまとう事になるんだろうなと戦々恐々としております。親のスネをかじるか、未来の自分に借金するかしかない。通いながらバイトしてもギリギリには違いないのよね。


この間長野の親戚のところに遊びに行った時、現地で活動してる家具職人の方に会ってお話を聞く機会があったのだけど、どうも今の家具職人というのはアーティスト気味というか、工芸作家っていう意味合いが強いみたいね。独立して個人でやってる人は特に。
工業と工芸と芸術(この場合は彫刻か)ではまるっきりジャンルが違うだろうに、その辺の線引きがどうも曖昧で分かりづらい。企業で製品を作る職人の方がやってる事自体はすごく分かりやすいよ。同じ物を同じ品質で作り続けるってんだからさ。そういう昔ながらの職人はもうあまりいないって言ってたな。それが時代の要請って奴なんだろう。

自分の好きなことだけやって暮らせればそれに越したことはないわなぁ。
それと時代の求めることが一致してればなおの事だよ。しかしだ、それ以前の前提として生活できなきゃお話にならないわけで、その生活基盤をどこに置くか、これも今後を考える上で大きな要素となってくるよね。
例えば都心と地方では生活の仕方自体が変わってくるわけだからやれる仕事だって違ってくる。長野の職人さんだって周囲を山と森に囲まれた環境下で家族と暮らしながら自宅に隣接した工房で椅子を作って生計を立てていた。そんなこと住宅地じゃまずできまい。金はないと言いつつもすごく楽しそうに話していたのが印象的だった。

将来を考える上で、何をするかという事と同時にどこに住むかという事も考えておかなきゃいかん。どこに住み、何をしてどうなりたいのか、と。
自分のやりたい事を具体的に、それをどう売るのか、誰にどうアピールしていくか。ターゲットに対してどう見せるかという事を明確にするだけでもやれる事はたくさんあると思うんだ。

・・・うむ、なにもかも具体性に欠けるな。思うに上に挙げた事にきちんと答えられたらそれこそ本の一冊も書けるぞ。夢の印税生活だぞ。

そうか、逆に考えればそのジャンルで本が書けるくらいになればいいのか。それくらいの知識と経験と評価があればいい、と。「MAX渡辺&大越友恵のガンプラ大好き」のMAX渡辺のポジションだよ。これだ!

この雨の少なさは米不足フラグなんじゃないか 

梅雨なのに全然雨が降らなくてなんだか張り合いがない。降ったら降ったで鬱陶しいけど降らなかったら降らなかったで淋しい気もする。つうか農家の方々が戦々恐々としてるんじゃないかといらぬ心配をしちゃうから梅雨時にはしっかり降って欲しい。パンより米派です。


製作中だった財布を完成直前になってやり直しております。理由は簡単。粗が目立ったから。

おばあちゃんに譲ってもらったミシンが壊れて使えなかったことで手縫いでやる羽目になったまでは別にそれほど苦痛でもなかったんだけど、いざ形にしてみたら想像以上に縫い目の適当さが目に付いて、「あ、これは毎日触ってたら遅かれ早かれ捨てたくなるわ」と感じたので、急遽アマゾン先生にコンパクトミシンを買いたいんです、それさえあれば私は幸せになれるんですどうかどうかお願いですと失禁しながら泣きついた次第。

コンパクトミシンを買うなら普通のミシンを買った方が結果的に幸せになれるという意見ももらったのだけど、ミシンって普通に買うとベラボーに高いじゃない。オレはあくまでもリーズナブルに済ませたいのよ。で、中古で買えないかなと思ってネットで情報を集めてたら、法改正だかなんだか知らんが中古のミシンって売り買いしちゃいけないみたいな話が散見された上に(たぶんPSEマーク関連の話なんじゃないかと思う)、「中古ミシンなんてリスキーだからやめとけ」という半分脅しのような文章を読んだせいで完全に疑心暗鬼モードに陥っちゃってね。そんなオレに残された道はただ一つ、すなわちコンパクトミシンを買うという安物買いの銭失いそのものの愚行である。

まぁ選ぶからにはデザインとか最低限の機能だって求めたいしそれなりに調べましたよ。それで買ったのがこちら↓

コンパクト電動ミシン sewD`Lite JA525

「色と名前がなんとなくジェットアローンっぽい!買った!」と思ったとか思わなかったとか。
アマゾンなどのレビューを読んでも、他の商品と比較までして書いてる人はいないのでいまいち要領を得ず、主婦の書いたレビューなんてまるで役に立たないという偏見ばかり逞しくする結果にしかならなかった。じゃあなんでそれを選んだんだと聞かれれば、それはもう、ジェットアローン・・・だよ。

で、今は商品が到着するのを待っているところなのです。アニメ観ながら。
型紙の手直し、細部の変更、生地と糸の色味を合わせる(普通は一番最初にやる事である)などの作業はだいたい済んでいるので、もう単純に機材待ちですかね。おおまかなデザインは変更せず、流用できるパーツは流用し、作り直す部分はしっかり作り直す。それをやるだけで結構変わるんじゃないかな。基本的に裁縫なんて門外漢だし、身近なところで裁縫が得意な人がいないもんだからトライ&エラーで突き進むしかないっていうね。無駄は多いが得るものはある。この途中経過が楽しい。


あと全然話変わるけど、ここ最近MP3プレイヤーが欲しいなと思って色々探してんのよ。
CDプレイヤー原理主義者のオレが突然の心変わり。その心は?持ち運びが楽だということ。やりようによっては音質はそこまで劣化しないということ。それももちろんある。
しかしそれ以上にオレがMP3を欲しがる理由は、今使っているプレイヤーがあまりにもウンコすぎてこれ以上使い続けるのが辛いからだ。そうだよSONYだよ!泣く子も黙るWALKMANだ!それをクソだと言っている。
もちろん今使っているものへの不満は今に始まったわけではない。購入当初から感じていたことを2年近く経過した今再び蒸し返しているのだ。ほんとにもう、自分でも驚くほど根が暗い・・・。それでもなお伝えたいこの気持ち。この蓄積された思いの丈(ストレス)を受け取るがいいSONYよ・・・!オレはポータブルCDプレイヤーを使うのをやめるぞぉォオ!!!!

ということで色々MP3プレイヤーを探しているのですが、候補の中にはWALKMANがしれっと入っていたりします。
なんだかんだで日本の電化製品のオーバークオリティっぷりは目を見張るものがありますよ。あとは日本に支社のあるアジア系企業もこの手の分野では全然悪くないと思う。むしろ国内より活気があったりね。
今気になってるのはiriverのE30 MATTEっていう奴でね。実際にモックなり実機なりを触ってみないと判断できないけど、写真で見る限りではとても好みですよ。
なんでもそうだけど、過剰に装飾するのは嫌いなんだよ。最近のSONYがずっとそういう方針でデザインしてるのが気になってしょうがないんだ。もっと静かなデザインにしてくださいって思ってたところにこういう物を見つけちゃったら気持ちもクラクラきちゃいますよ。気になるのは容量が最大8Gだってところかな。
まぁ他にも面白いものがないか探してみますよ。


今年に入ってからというもの加速度的に記事数が減っているので、今月は先月より多く書くことを意識することにする。財布が完成すればその報告も書けるしな。なんだかんだである程度まとめて書くのは面白いわけだし。
しかしまぁブログを更新しようがしまいがウジ虫のごとく湧いてくるファッキンスパムは一体どうしたらいいんだ。

またトミカ 

CIMG0416_20100608220041.jpg

CIMG0417_20100608220040.jpg

お久し振りでございます。超絶久し振りに更新する内容が前回同様トミカっていうね。こういうタイミングでもないと更新を再開するタイミングが掴めなかったのよね。まぁ言い訳です。正直なところを言うと一日に自分の自由にできる時間が2時間程度しかないので、その時間をブログに割きたくなかっただけです。一度書き出すと意味もないことばかり書いちゃってしょうもないんだよ。今更だが。

そんでもって今日買ったトミカは自衛隊の軽装甲機動車と日産ディーゼルのクオンっていうミキサー車です。日産ディーゼル!本社が近所だぞ!上尾と言ったら日産ディーゼルとブリヂストンですよね(同意を求めています)。トミカになってたんだねぇ。しかも2005年に。毎日見てるつもりだったけど全然気付かなかったよ。


話は変わるけど財布作ってます。このことはブログに書いたっけ?
布やら革やらを切って糸を用意し、イラレで型紙を起こしていざ縫おうとしたらミシンから火花が出たでござる。しょうがないから今手縫いでやってます。だるい上に真っ直ぐ縫えない。手先が不器用でゲンナリしてくる。そのくせ手作業が好きなのは単になんとかの横好きって奴です。自分で使う物だから気にしない。やれるだけやってみるさ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。